2021/1/30

毎年恒例の  

 J1順位予想を忘れていた。

 昨年は川崎フロンターレに圧倒的に結果を残されてしまった。

 他チームの捲土重来はあるのだろうか・・・



 ということで以下に・・・

 鹿島
 横浜FM
 名古屋
 広島
 神戸
 川崎
 東京
 浦和
 札幌
 G大阪
 C大阪
 柏
 仙台
 鳥栖
 大分
 清水
 横浜FC
 湘南
 徳島
 福岡


 けっこうなチーム数が降格争いをすると思われる。

 ACL参加組で、なんとなく残れそうなのが、名古屋とみた。

 川崎とG大阪は、予選リーグで負けたら、もう少し順位を上げられるかな?


 こんなに準備ができて、過密日程でもない鹿島は、今年は絶対優勝しなければならない。

 2回目の3冠を取ろう!!

 今年はいける!!!
2

2021/1/28

昨日  

 移動中、国会中継を聞いていたら・・・

 立憲民主党のある議員が、日銀総裁を呼び出して、問うていた。

 その一部に



 某議員:日銀が、株で儲けているの、なんぼ?

 総裁:約12兆円です

(俺:現時点で儲けがでているのならよくね?問題はどう売るかだよね・・・)

 とおもっていたら・・・

 前回、国民に10万配った費用は12兆円。だからそれ全部売って、国民にもう一回配ればいいんだ・・・

 と・・・

 言いたかったこと、これかっ!!

 と・・・

 ほんと頭悪い。

 東京証券取引所で、1日どれくらい売買されているかわからなかったけれど・・・

 どう考えても、12兆円儲けがでている株の保有額がはるかにそれを上回るであろうことは、素人でも想像がついた。

 それを瞬間的に全部売ろうとしたら、まず下落するのは間違いなく。おそらく大暴落になる。

 日銀のそれまでの利益は吹き飛び。

 その他株主が持っていた利益も吹き飛び。

 残るのは経済悪化でしかない。


 仮に、万が一もないけれども、12兆円利益が出たまま売り抜け、国民に一時的な10万円を配って、結局その半分くらいが預金に回って・・・

 経済効果、ある??

 それと、株価を安定させ将来的な波及を目指す方と、どちらが効果があるんでしょうね?


 で、ネットで調べてみた。

 日銀の保有額は昨年5月で約30兆円(https://www.asahi.com/articles/ASN5W7DGMN5WULFA01X.html

 東京証券取引所1部の1日の取引額は約3兆円(https://stock-marketdata.com/trading-value.html#SEC3

 だいたいな・・・


 これ、日銀が売りに出したら、どうなるかくらい、わからんものかね????


 1兆円の利益も出ないような気がするのは、わたくしだけでしょうか・・・


 こんな方に半キレ状態で質問された方も大変。

 しかも呼びつけておいて(これは想像)、質問終わりに、お礼もなく、退出させていた・・・

 と・・・


 ニュースで映るのは、そのメディアの作為が満点なので・・・

 一般国民は、その前後も見逃さないようにしないと、扇動されてしまう。

 気を付けましょう(心からそう思う)
0

2021/1/26

本当に  

 こう発言してくださる方、取り上げてくださる方メディアがあるだけで、ありがたいですね・・・

https://www.msn.com/ja-jp/news/opinion/%E6%A9%8B%E4%B8%8B%E5%BE%B9%E6%B0%8F-%E4%B8%80%E9%83%A8%E7%99%BA%E8%A8%80-%E7%82%8E%E4%B8%8A-%E3%81%AE%E4%BA%8C%E9%9A%8E%E5%B9%B9%E4%BA%8B%E9%95%B7-%E9%BA%BB%E7%94%9F%E8%B2%A1%E5%8B%99%E7%9B%B8%E3%81%AB-%E8%BA%AB%E8%BF%91%E3%81%AA%E5%9B%BD%E4%BC%9A%E8%AD%B0%E5%93%A1%E3%81%8B%E3%82%89%E3%81%AF%E6%85%95%E3%82%8F%E3%82%8C%E3%81%A6%E3%81%84%E3%82%8B/ar-BB1d3QgI?ocid=msedgntp

 与野党関係なく。



 先日、Jリーグの日程が発表された。

 今年もコロナの影響を受ける節があるだろうけれども、なんとか乗り切ってもらいたい。

 ブラウブリッツ秋田はなんとかJ2残留を決めてほしく・・・

 ユニも買うので(それだけで?(;'∀'))、開幕ダッシュを望む。

 鹿島もユニを買おうかな、と思っているのだけれども・・・

 セカンドにしようかな・・・

 けっこう高いのよね・・・・・
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ