左下に 検索窓 があります。関連記事をまとめて読めます。 □このブログを検索 〆して下さい。

2006/11/27

ワルシャワのバイオ燃料会議  ヨーロッパのBDF情報
どんな会議だったんでしょうか?

クリックすると元のサイズで表示します

ヨーロッパの厳しい規格では小規模生産者は生き残れなかったようです。

USAでも同じく流通させる資格には高価な継続検査費用に耐えられる量産が必要なようです。

高品質なバイオディーゼル燃料の生産方法を確立させる方向には人類は向えなかった。

生産方法を検査すれば安価な燃料となったでしょうに。

安価な検査方法を設定すれば安価な燃料になったでしょうに。


まあ まじめな生産者が 稼げる 環境が出現したと解釈するしかないのか?

*************************************

上記のワルシャワでの会議では何が話されたのでしょうか?

知った頃には終わっていますね。


事前に知っていてもどうしようもないけれど・・・・


新燃料研究所



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ