左下に 検索窓 があります。関連記事をまとめて読めます。 □このブログを検索 〆して下さい。

2005/3/31

BDFの御質問と返事 3  バイオディーゼル Q&A
BDFに関するお問い合わせ 価格競争力

***********************************

・市販軽油が安いです

70〜円/Lでガソリンスタンドで売られている軽油は、高品質かつ安価で大量に供給されています。
そのうち、30円ほどは軽油税であるため、実質40円ほどで売られていることになります。
軽油税を払うとすれば現行の石油産業にとても太刀打ちできないと思います。

***********************************

おっしゃる通りです。

私見で異なる部分を若干述べます。
原油は産地で特性値が異なるようです。屈折率も異なるそうです。
供給企業は精製と調整を行っているようです。

BDFの小規模生産において、薬品代は¥35−程度必要です。

BDF100%なら、あるいは道路を走行しないのなら無税です。
私は約2リットル程度を添加する場合が多いです。
厳密に解釈すれば ¥32程度×2リットル分 = 約¥64− の税金を納入すべきです。
しかし、多くて 月に4回〜5回 計10L未満の ¥640−の税金を納入するのは
現段階の仕組みにおいて不条理と考えています。

税金を納める手続きにおいて、高価な人件費を浪費させてしまうと判断します。
嫌がらせみたいな行為なのではないか? と考えています。

違法性が低いと考えています。可罰的違法性は元最高裁判所判事であった方の学説
であって、税金に関して適用するのはそぐわないかと思うものの・・・・・
支払いなさい! とされたら支払うつもりです。
近い将来には BDF 100% で走行予定です。

**********************************

価格比較について 私見
よくコスト比較の話が軽油とされます。

コストの中にエンジンへの良い影響・環境への良い結果・満足感と充実感
それらが欠落というより 計上されていないのはBDF給油経験が無いからかと
思います。製造経験の満足感や充実感は感動しますよ!

pchangsoo@aol.com

この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ