左下に 検索窓 があります。関連記事をまとめて読めます。 □このブログを検索 〆して下さい。

2006/12/30

小さな ちいさな しあわせ 自給自足  総合的な お知らせ ・ 御案内
ちいさな しあわせ

小さな村がありました。

発電機 トラクター 病院 学校 農園 工場 宗教施設 博物館 図書館があり、

映画館 動物園 水族館 居酒屋 音楽ホール グランド 公園 体育館 プール

水道 下水道がありました。消防署 警察署がありました。

どこの家にもインターネットが利用できました。


携帯電話やテレビはありませんでした。 新聞や雑誌や広告看板やネオンはありません。

どこの家にも 

ニワトリ 犬 猫 ブタ あひる 羊 やぎ 牛 などの何かが飼われていました。


きれいな川や滝 温泉もありました。

小さな港もありました。


エネルギーは 水力 太陽熱利用の蓄熱 発酵ガス利用 バイオディーゼル燃料
そして 小さな 原子力発電所もありました。小さな火力発電所もありました。

誰でも 川に入って釣りができました。

誰でも 海に行って何でも獲るのが許可されていました。

誰でも 山や池にいって イノシシ や 鹿 渡り鳥を獲れる免許制度がありました。


働かずとも 生きていけるほど どんな弱い人でも生きていける村でした。


この村には シンボルの旗 シンボルの歌 ありませんでした。


いろんな宗教 いろんな肌の色 いろんな言葉を話す人がいっぱいいました。


時々 会合があって この商品は この価格にすべきだ! そういう会議がありました。

時々 もう ついていけない! と去る企業もありました。


追い出すのか? 引き止めるのか?  それは村人が決めました。


自動車もあるしバイクもあるけれど 市電 市バス が無料なので 自転車が主体でした。

信号機はどこにもありません。

戦車みたいな建設機械はありました。

軍艦のような貨物船やタンカーもありました。

ヘリコプターやプロペラ飛行機も空港から飛んでいました。


新幹線はありませんでした。



初夢 だったのか???   おっと まだ 2006年!

パク チャンス






この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ