左下に 検索窓 があります。関連記事をまとめて読めます。 □このブログを検索 〆して下さい。

2009/7/15

油の劣化 TBA  化学構造や反応
バイオディーゼル燃料の生産所は運送業や自動車関連業界が多いようです。

食品栄養学や化学とは全く無関係である事例が多いようです。

クリックすると元のサイズで表示します


原料となる廃食用油の劣化判断には多くの種類があります。


総極性物質(TPM)の測定画像 2009/2/8 極性化合物
 
http://green.ap.teacup.com/biofuel/2314.html

一般には、AV,POV、TBA などが簡便です。

AVは料理中に判定できる高温タイプと、

常温で判定する室温タイプがあり、長所がそれぞれにあります。


滴定する方もおられるようですけれど、かえって問題をおこす危険もあります。

クリックすると元のサイズで表示します



必要な予防策を実施し、貴重な原料を有効利用しましょう。

どんな課題も解決できる手段はあると考えています。

予防できなくても問題が発生すれば解決できると考えています。

予防できるものは実行しましょう。



新燃料研究所

この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ