左下に 検索窓 があります。関連記事をまとめて読めます。 □このブログを検索 〆して下さい。

2009/7/16

最近の自動車  自動車
当面の究極は、ディーゼルハイブリッド車だとされています。
過去のヨーロッパ、フランスが税制を低く抑えた時期があってディーゼル車の普及の大きな転機だったとされています。

最近では、USのオバマ大統領の判断が注目されます。
まずはクリーンディーゼルの拡大があって、ハイブリッドディーゼルへと道が繋がるのではないでしょうか?

日本の場合は輸入原油の80%程度が中東原油という事情が背景にあってディーゼル化が遅れてしまったと感じています。国策中心という柔軟さのないのも原因と感じます。

クリックすると元のサイズで表示します

日本の高速道路料金の限定割引が拡大していくのか?
クリーンディーゼル乗用車の本格投入・輸入拡大がいつごろなのかと考えています。

ハイブリッドディーゼル乗用車が6人乗りで、
オートマ車で、
4輪駆動であることを願います。

さらなる希望は、マニュアルへの切り換へ も欲しい。
ディーゼル車のパワフルさを存分に味わうにはマニュアルが好都合です。


新燃料研究所

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ