左下に 検索窓 があります。関連記事をまとめて読めます。 □このブログを検索 〆して下さい。

2009/7/29

派生物の出発物質  化学構造や反応
あれこれ、分岐した物質をああだ こうだ でなく。

出発点に近い、あるいは途中生成物が何かきっとあると考えています。


今回はガム質関連で、過去には追究していなかった系列になろうかと考えます。

クリックすると元のサイズで表示します


構造がわかりやすいように下記画像を追加します。 2009年7月30日

クリックすると元のサイズで表示します


C5H8

品質向上の結果があって解明しつつ、

設備改善の結果から解明しつつ、使用薬剤の結果から追い詰めています。


今回は それほど重要ではないものの、

考え方の基盤に位置させてもいいような気分もあります。


話題はBDFの無臭化成功の原因追究における技法でなく、対象物の特定です。

結果は再現性あります。


BDFの排気ガスは無臭になってしまいました。

どうして、何を除去したのかを追い込んでいます。



新燃料研究所


この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ