左下に 検索窓 があります。関連記事をまとめて読めます。 □このブログを検索 〆して下さい。

2009/7/29

バイオディーゼル燃料の使用にあたり、過去の知見を反映させなくては繰り返します。

クリックすると元のサイズで表示します

画像のポンプは鋳鉄製のように見えます。
鉄イオンの混入や錆の混入が心配です。

ドラム缶の場合、インターネットで注意を公開しているBDF生産所もあります。
ドラム缶の内部・天井に錆が強く発生する事例を私も観察しています。
穴から懐中電燈で照らしても見えません。

既に解明されている問題回避の知見を活用しなければ、繰り返します。


新燃料研究所

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ