左下に 検索窓 があります。関連記事をまとめて読めます。 □このブログを検索 〆して下さい。

2009/12/18

伝統技術 洗浄毒水の無害化  BDF排水処理
人類は新たな知見を得て、進歩しています。

進歩の過程で、予見できなかった知識不足や利己主義で公害が発生しています。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

バイオディーゼル燃料の精製において、

洗浄毒水の毒性程度指標として BOD あるいは、 COD が使用されています。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

先進諸国はもちろん、

近代科学を有する150地域・国家を超える数で毒水の無害化は確立しています。


この技術は、

BODという指標がイギリスのテムズ川に由来すると無毒化技術者の教科書にある。

当然、日本の専門家養成教科書にも明記されています。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

どんな技術でも、根本の伝統を知るべきです。


バイオディーゼル燃料というのが珍しいのは、地域特性のようです。

科学、化学を学ぶほどに 水洗浄に勝る確実さはないようです。

洗浄毒水の無毒化を問題にされても、

透明であれる現実を知らない無知には、各自が学ぶべし。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

技術は相関します。

冬季使用できるBDFや、排気ガスがニオイないBDF、燃費がいい、などなど。

新燃料研究所系は再現できます。


どこのBDFメーカー製であっても装置無改造でBDF品質を改善できます。

使用薬剤の種類を変更しなくても、それなりに改善してきています。


地域で一番になって、生き残りましょう。

化学知識は不要です。

------化学知識あるほどに、新燃料研究所系と会話が楽しめます。

ああ、そうなんだ・・・・・実は こうなんですよ。

私も、そこで数年 浪費しました・・・・・

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

工夫も不要です。

指示に従える英知が必要です。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

新燃料研究所は議論を好みません。BDFを生産していれば判明できます。

新燃料研究所は質問や疑問を徹底的に解決します。

BDF釜持ちでないと、最低限 アルカリ算出ソフト使用でないと交点がありません。


BDF生産所でないと理解できない現実が多くあります。

私が決定しているのでなく、現実があります。


新燃料研究所

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ