左下に 検索窓 があります。関連記事をまとめて読めます。 □このブログを検索 〆して下さい。

2010/6/18

高分子吸収剤  BDF廃棄物処理
高分子吸収剤の実験をしました。

最近できたBDF量産所のHPに類似品の使用が記載されています。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

クリックすると元のサイズで表示します

1:水だけを吸わせてみた。

2:BDFだけを吸わせてみた。

3:水を先に + 後からBDF を吸わせてみた。

4:BDFを先に + 後から水 を吸わせてみた。

5:光学顕微鏡で、比較観察した。

6:燃焼させてみた。


高分子吸収剤の解説は以下

http://www.chem.gunma-u.ac.jp/~taiken/T_8.pdf

http://www.chemuseum.com/professional/report/9/index.html

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

実に大量の水を吸収します。

類似品は日常生活にも紙オムツなどに利用されているようです。


実験を行った三重810氏の感想は、

こんな事するよりも洗浄毒水の無毒化の方が簡単で安価である。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

吸収剤を、大量生産の紙おむつよりも安価と仮定したとしても

ソロバン勘定はあいそうもないです。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

上記の話題とは無関係な話題です。

関東・千葉県で4年近い実績ある量産生産所がBDF販売から撤退されたそうです。


いろんな考え方、事情があるんだろうけれど 何とかなったはずだと考えます。


ある関西のBDF生産所の社長の言葉を思い出します。

・・・・ 進むも地獄、退くのも地獄、どうしましょう?

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

先ず、排気ガスをテンプラくさくないようにすべきです。

次に、コモンレール車にBDF100%使用できるようにすべきです。

そして、コモンレール + DPF に100%使用できる品質にすべきです。


技術進化させていかないと生き残れません。


おそらく今年から来年にかけてBDF生産所は減少していくと思います。

原料入手が楽になっていくと思います。

この1年で新規工場も増えたものの、撤退が増えているようです。



新燃料研究所

この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ