左下に 検索窓 があります。関連記事をまとめて読めます。 □このブログを検索 〆して下さい。

2005/8/31

英語地域のBDFの感想  ヨーロッパのBDF情報
技術的には ありきたり だけど、実績がすごい !!

購入したBDF関係のパンフレットや本、薬品に記述されているURL。
つまり、インターネット上の住所を尋ねています。

多彩 多量 ものすごいですね!

*********************************

意外に NaOH 水酸化ナトリウムを使用する事例が多いです。

素朴な製造方法なのにも感心します。

時間をかけて、丁寧に作っているんだなって つくづく思います。

*********************************

USAは少々 BDF関係者が もめている ??

高品質のBDF販売のみを認める立場と、使えれば それでいいじゃん?
の対立構造があるように感じました。

規制と、アマチュアかな??

残念ながら 企業ノウハウ の情報は一切公開されていないようです。

BDF自作中級の序章程度しか公開されていないようです。

********************************

あまりにも多くのBDF関連団体・機関があります。


何か 強引っていうか 繊細さがないというか・・・・
ともかく あっちゃこっちゃで ものすごく製造しているってこと
だけは理解できました。

そんな部品や、そんな構成なら 困っているのでは?
寒くならないから いいんだろうけれど・・・・
休まず 製造しているから問題がでないのだろうけれど・・・

アバウト っていうか 雑っていうか・・・・
実績の前には 何も言えないけれど・・・・

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ