左下に 検索窓 があります。関連記事をまとめて読めます。 □このブログを検索 〆して下さい。

2012/10/28

遊離脂肪酸 カルボン酸  化学構造や反応
BDFの情報をインターネットで調べると、素晴らし過ぎるトンデモ品が見つかります。

あまりの画期的な内容に、唖然 ボウゼン 当然に見ていないことにしています。。。

どうも日本にしかないような特異解釈だとか、

海外の、優秀な技術や製品だとする紹介宣伝文に理解できない部分があります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

世界的な化学水準がどういうものなのか、本当の専門家達が使用している薬剤は何なのか?

シグマアルドリッチ社の資料を紹介します。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
引用


遊離脂肪酸(FFAs)、揮発性脂肪酸(VFA)、またはカルボン酸


遊離脂肪酸のGC分析

http://www.sigma-aldrich.co.jp/up_catalog/SAJ1257.pdf


このカタログは、遊離脂肪酸として、または脂肪酸メチルエステルとして、

脂肪酸のGC分析における適切な製品を特定する際に役立つ手段を食物化学者に提供するために作成しました。


シグマ アルドリッチ ジャパン合同会社

http://www.sigmaaldrich.com/japan/about-us.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

事実を正確に知る必要から、専門家向けの技術や薬品や資材が提供されています。

確実に知る という目的が明確にあるから、専門的になります。


簡単に知りたいのならば、イイカゲンさ あいまいさ 不確かさが濃くなります。

あやふやさを正直に明確にできないのならば、科学ではなくなるんだろうと思います。


とんでもなく素晴らしい成果を誇る、

トンデモ素晴らしい、BDF装置メーカーや大学の先生がおられるようです。



新燃料研究所

この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ