左下に 検索窓 があります。関連記事をまとめて読めます。 □このブログを検索 〆して下さい。

2013/7/21

原料の劣化は金銭的な損失  BDF職人の技
BDF製造所との、原料の劣化に関するメールのやりとりを紹介します。

   1:新燃料研究所からの送信

   2:BDF製造所からのメール

   3:新燃料研究所からの技術指導 第63 ( 抜粋 )

   過去の関係が深い記事

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1:新燃料研究所からの送信

AV値2 のような原料ばかりだとメタノール使用量やアルカリ量が少なくて歓迎ですね。

原料の劣化は金銭的な損失だと理解できてきましたでしょうか?


品質 薬剤の節約 時間の有効利用 などなど、全ては深く関係してつながっています。

───────────────────────────────────

2:BDF製造所からのメール

AV2ぐらいだと、メタノール、アルカリが少なくて済み作業や処理がとても楽です。

きれいな原料を集められるようにしていきたいです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

3:新燃料研究所からの技術指導 第63 ( 抜粋 )


   調理油として、AV2まで使用されている事例は本当は非常に少ないようです。

   回収のやりかた、店舗回収容器の劣化沈殿物や回収時の容器、

   そして回収してきてからの輸液や貯蔵などが不適切であると劣化します。


   家庭や店舗での使用後を測定してみれば、それほど劣化していないことに驚きます。

   AV2を越えて、普通は調理なんかしないと思います。

   試しに、あちこちの台所で測定してみればわかります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

過去の関係が深い記事


     2009/7/15  油の劣化 TBA

     http://green.ap.teacup.com/biofuel/2482.html




     廃食用油からバイオディーゼル燃料を作る場合のパソコンソフト

     廃食用油の酸価評価を行なって適正なアルカリ量を投入できてこそ

     高品質なFAME BDF燃料となります。


     http://newfuel1.com/biofuel/2006soft.html     




     2013/2/15  熱による劣化 酸化物

     酸化されたため−OH 基の吸収が強くなり、

     C=C は、酸化や重合により消滅したと思われる。


     http://green.ap.teacup.com/biofuel/3745.html

        粘着性物質について分離と生成に関する実験を重ねてきたが、

        その結果次のことがわかった。

        略

        ○ 粘着性物質は、元々の廃食用油中には存在しない。

        ○ 廃食用油には、酸化劣化しやすい物質が含まれているため

          200℃以上の温度条件で高分子状の粘着性物質を生成する。

        温度が高くなるほど短時間で生成する。

        34/104 ページ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



新燃料研究所

この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ