左下に 検索窓 があります。関連記事をまとめて読めます。 □このブログを検索 〆して下さい。

2013/7/24

新しいエネルギー シェール  原油・石油・エネルギー
アルゼンチンのシェールガスに関するニュースの紹介です。

画像を見れば、広大な荒れ地の コウダイ さに驚きます。

ゲートボール場や野球場が幾つでも、一杯できそうです。。。。

エネルギー問題の実質は輸送の問題だけなのかと、ふと思いました。


食料の配分など、余剰生産物で暴落する現実があるように、

エネルギー問題とは 地域の偏り、偏在が本質的な問題なのかもと思います。


液体エネルギー、ガスエネルギーは国際友好関係が順調ならば何も心配ないようです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

引用

米エネルギー省の報告書によると、アルゼンチンでは頁岩(シェール)層に802兆立方フィートの天然ガス、270億バレルのオイルが埋蔵されており、シェール層の大部分がバカムエルタに位置している。

これにより、アルゼンチンは中国に続き、世界2位のシェールガス埋蔵量を持つほか、世界4位のシェールオイル埋蔵量を持つことになる。

(Karina Grazina記者、執筆協力 Hugh Bronstein;翻訳 川上健一;編集 吉瀬邦彦)


http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE96N05O20130724?pageNumber=2&virtualBrandChannel=0

クリックすると元のサイズで表示します


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



新燃料研究所

この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ