左下に 検索窓 があります。関連記事をまとめて読めます。 □このブログを検索 〆して下さい。

2014/10/7

バイオディーゼルに関する知識は、高品質製造や利益採算性などに分類できます。

BDFは脂肪酸メチルエステルという化学物質であり、普通の理解で対応できます。

知らないと不思議だけれど、知ってしまえばBDF高品質製造に反映できます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

公害防止管理者試験 水質 平成25年度 汚水処理特論 問6 の問題です。

クリックすると元のサイズで表示します


問6 ある金属Mは、水中でA,Bの2つの異なるイオンで存在し、それぞれのイオン

の溶解度はpHの関数として、下図のようになるとする。

この図の説明として誤っているものはどれか。

クリックすると元のサイズで表示します


解答

http://www.jemai.or.jp/polconman/examination/dd4ht300000005fn-att/h25_answer.pdf

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【 新燃料研究所からのBDF品質向上への助言 】

BDF利用における自動車故障のかなりには、pH依存によるイオンの変化があります。

具体的には、

1: 無水製法における シリカ  白土などの溶解度がpHに関係します。

   シリカは温度による溶解度も大きく異なります。10℃と20℃では2倍も異なります。

2: 旧式車を問わず 亜鉛 などの溶解度がpHに関係します。

3: 過去の製法には 硫酸亜鉛 が使用される事例があり、溶解度がpHに関係します。

4: 原料の回収や製造および貯蔵における 鉄 の溶解度がpHに関係します。

代表的な一部として、上記の シリカ 亜鉛 鉄 などは基礎理解の範囲です。


溶解度 mol/L の表における 上側 ほど溶解し、下側ほど沈殿しやすい。

10 マイナス8 というのは 小数点以下の数値として、かなり小さいことです。

溶け難い・溶解が少ない ということです。



故障の原因がどこにあるのかを知れば、故障を回避できます。

BDF利用による多くの故障事例が報告されており、

既にわかっている事が多くあるので、新燃料研究所は故障を回避しています。


燃料フィルターの健康診断は故障予防に大変有効です。





新燃料研究所

この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ