左下に 検索窓 があります。関連記事をまとめて読めます。 □このブログを検索 〆して下さい。

2015/2/27

電気自動車の中古  原油・石油・エネルギー
環境に優しい自動車燃料としてバイオディーゼルがあります。

環境に優しい自動車としてクリーンディーゼルがあり、電気自動車もあります。

電気自動車に関する資料の紹介です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

引用

引用元 

http://jp.wsj.com/articles/SB12081608772373954249104580486751434851766?mod=WSJ_article_EditorsPicks


米で電気自動車の中古価格が暴落−日産リーフなど - WSJ


米ジョージア州アトランタの自動車販売業者パット・ホーバン氏の店舗では過去3年間、日産の電気自動車(EV)「リーフ」が人気商品だった。月額のリース料金が安いことが寄与した。しかし、ガソリン価格が安くなる中で、リース契約が満了を迎えるリーフは悩みの種になりつつある。

 ホーバン氏はリース契約の満了に伴い、向こう2年間にわたり月に100―150台のリーフが自身の経営する「キャピトル・シティ・ニッサン」に返却されると見込んでいる。だが中古のリーフへの需要はあまりない。

 ガソリン価格が1年前から33%下がり、購入者のEV熱が冷めるなか、一部の自動車メーカーはEVやプラグインハイブリッド車(PHV)について、大幅な値引きをしたり、魅力的なリース条件を提示したりしている。

 日産は2013年にリーフの新車価格を6400ドル(約76万円)引き下げたが、今では、新車のリーフを月額199ドルでリースすることも可能なほか、3500ドルのキャッシュバックに加え72カ月間のローン金利免除といった販売奨励策を講じている。

 購入者はまた、リーフの新車1台の購入につき、連邦政府から7500ドルの価格控除を受けられる。このため、中古車を求める理由がほとんどないほか、高価なバッテリーを交換しなければならないかもしれないことを懸念する向きもある。ホーバン氏は「中古のリーフはあまり売れていない」と述べ、「消費者は新車をより安くリースできるだけに、中古を買おうという気に全くならない」と話した。


http://jp.wsj.com/articles/SB12081608772373954249104580486751434851766?mod=WSJ_article_EditorsPicks

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【 新燃料研究所のコメント 】

月額のリース料金が安くなる!

ハイブリッド車や電気自動車のリース料金が安くなるかもしれないようです。

リース料金が上記のような月額になったら、電気自動車をリースしてみたいものです。


原油価格の低下から電気自動車のリース価格が下がるとは・・・・

風が吹けば、桶屋がもうかるという 因果関係 のようです。


電気自動車のリース !!  なんか わくわくしてしまいますね。

税金や補助金などの要素が無きならば、電気自動車のような高コストは個人では無理です。

原油の低価格によって、一時的な現象なんだろうと思うところのリース価格低下ですね。



新燃料研究所


この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ