左下に 検索窓 があります。関連記事をまとめて読めます。 □このブログを検索 〆して下さい。

2015/11/10

水抜き剤 故障する原因  BDF燃料使用トラブル参考情報集
ディーゼル車において、水抜き剤を使用すると故障する危険が極端に高くなります。

BDF製造において、水を非常に警戒すべきなのは マグネシウム カルシウム など

白土やゼオライト、イオン交換樹脂を直接にBDF液と接触させる場合が危険です。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【新燃料研究所の詳細解説】

  インチキ うそつき 無断引用を防止する必要から、

  一般公開はしていません。

  化学系の知識なく、国家資格ないのに水処理などを解説している事例あります。

  専門知識ないのに大言壮語 迷惑です。


  国家資格あっても、無くても 観察や解説が適切なのかどうか そこが大切です。


    国家資格が話題でなく、知識や解説が間違っているのが問題の所在です。

    バイオディーゼル関係者の一部に問題あります。


  インチキ ウソ 誤解 錯覚 ごまかし などが多いインターネット情報があります。

  多くの人が努力し、観察して公開して共有して前進しています。


   古くて間違って訂正されていない情報に注意しましょう。

   最近でも、インチキ うそつき 錯覚 誤解 が残っているようです。



  新燃料研究所系には化学反応式など、詳細な説明をトコトンしています。

  公開研究日誌を検索すれば、かなり公開しています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


   水があるていど含まれるのは、含水率や吸水率と表現されます。

   それを越えたら、分離しています。含みきれないのだから。

水洗浄技法においては水和物はクリーニングされています。持っていかれています。

乾式製法の場合、水に接するのが燃料タンク内が最初となれば非常に深刻です。


水と反応するのが、どこで いつなのか?

特に、溶解していられた pH などの条件が空気中の炭酸ガスや結露、あるいは酸化

あるいは 中和水 などによって溶解していられない・・・・ 


  高校の化学教科書や参考書に明確に記述されています。

  高校化学です。


そもそも、カルシウム マグネシウム かなり注意すべきです。


     ここまで読んでも理解できないのならば、水洗浄製法にすべきです。

     作れても、安全に使えない危険なBDFでは困ります。

     
     水洗浄製法ならば、安全な品質のBDFを作りやすいのです。

     既に水の洗礼を受けて、水和物が除去できている可能性が高いから高品質です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 国家資格のあるなしが問題では無い。

 観察と解説が不適切なのかどうか、そこが問題の所在です。


学歴や肩書きなんかが問題では無い。

   新燃料研究所系は、学歴も肩書きも 実績も 豊富にあります。

   問題の所在は、 ホンモノ なのかどうかのみです。


 新燃料研究所は必要な国家資格を所持しており、必要な観察も公開しています。

 誰が ニセモノ インチキ うそつき なのかが問題では無い。



    新燃料研究所系は ほんもの それにつきます。

    私達は正直で、バイオディーゼルの最前線を開拓しているパイオニア集団です。

    最新の化学を追いかけている、新しい燃料を作っている集団です。

    たぶん、私達の前にいるのは 新燃料研究所系です。

    私たちの隣に並んでいるのも、新燃料研究所系だと確信しています。


      後ろは見ていないので、わかりません。




      公害防止管理者 水質 第1種
      毒物・劇物取扱者 京都 第21-13号


      携帯電話 090-4648-9467

      メール  pchangsoo@aol.com



新燃料研究所

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ