左下に 検索窓 があります。関連記事をまとめて読めます。 □このブログを検索 〆して下さい。

2015/12/7

BDFの原料に起因する自動車燃料特性が顕著に観察できる筆頭に気温要因があります。

自宅の帰宅後、週末を利用しての個人実験すれば理解できます。

BDFは、無責任な他人の権威を借りた無知な人が混乱を広げてしまいました。

自分で実験し、観察すれば、誰がウソツキ インチキ まがいもの か見えます。


寒すぎるならば、短鎖の化学構造が流動性あるのは当然です。

低温対策剤は、新燃料研究所においては短鎖化では無い。結晶成長に関する作用です。

新燃料研究所の低温対策剤は、結晶に関する薬剤であるからこそ不純物に関係します。


新燃料研究所は、普通の人ができないウルトラ技や、サーカス、マジックは無関係です。

誰でもできる、どこでも再現できる基本知識訓練と、確実な資材の提供しています。



冬季が暖かくて、寒くないならば BDF利用はトラブルが増えます。

BDFの低温特性に関して、温度勾配と不純物は強く関係するようです。



新燃料研究所のNFLフィルターは、低温対策に有効なようです。

基礎は、アルカリ量算出パソコンソフトを提供する前提の釜特性解析です。

アルカリ触媒 液温 攪拌強度 原料履歴 対策処方の有無 メタノール投入量

それらの、あれが減り これを増やし それは変化させず。


そういう総合が アルカリ量算出パソコンソフトです。

最近のPCでも動くように向上させています。

どのマシン、どのオペレーションシステム OS で動くのかが問題ではありません。

できるだけ、動くように言語対応は幾つもしています。




新燃料研究所


トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ