左下に 検索窓 があります。関連記事をまとめて読めます。 □このブログを検索 〆して下さい。

2016/6/16

薬剤の理論値  化学構造や反応
文献や講演において、理論値がどうだとか言いつつ その数倍だとか 明確でない。

それは、本質的な事情があるんです。

紙の上で、見事に であって 反応する・・・・。


実際には3次元であるだけでなく、判定基準が ぶれて 間違って・・・・。


滴定はすべきではありません。

なぜなら、始点 終点 などの根本の基礎知識が誤解だからです。



したければ、すればいいけれど  するほどに迷路になるようです。

キチント、正規の新鮮な反応液を購入して、正式な器具を使用すれば理解できます。


誰が、注射器のいいかげん目盛で基礎条件を満たすと・・・ ど素人が迷惑。



有名であろうが、学歴があろうが、   あんた ちゃうよ!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


      公害防止管理者 水質 第1種
      毒物・劇物取扱者 京都 第21-13号


      携帯電話 090-4648-9467

      メール  pchangsoo@aol.com




新燃料研究所

この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ