左下に 検索窓 があります。関連記事をまとめて読めます。 □このブログを検索 〆して下さい。

2016/6/22

高濃度 1割混合BDF  海外のBDF情報
マレーシアのBDF情報を紹介します。

導入発表と、延期と実施予定の記事があります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

引用  部分実施

2014年10月30日 11:07 JST配信

バイオディーゼル「B7」、11月に半島部で導入

【クアラルンプール】 マレーシア政府は、軽油にパーム油バイオディーゼルを7%添加した「B7」の推進プログラムに関して、農園一次産業省はマレーシア半島部において11月に導入すると発表した。サバ州およびサラワク州においては12月に導入する。

「B7」プログラムが導入されることで、バイオディーゼルの消費量は57万5,000トンとなり、年間6億6,760万トンのディーゼル油の消費量削減につながる。またパーム油ベースのバイオディーゼル油の消費量拡大につながると見込まれている。

政府は、バイオディーゼル油の消費量を拡大することで、二酸化炭素放出量を削減させることや、パーム油価格を安定させることを目的にしている。

「B7」は2009年に欧州連合(EU)で導入されている。またタイでも今年1月より導入された。インドネシアでは「B7.5」が2012年2月より導入されている。

(ザ・スター、ニュー・ストレーツ・タイムズ、10月29日、ベルナマ通信、10月28日)

http://www.malaysia-navi.jp/news/?mode=d&i=3800


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

引用  B10 導入計画

2015年03月05日 16:46 JST配信

パーム油10%添加「B10」、年内に導入へ

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 マレーシア政府は今年、軽油にパーム油バイオディーゼルを10%添加した「B10」を導入する。

ダグラス・ウガー・エンバス農園産業一次産品相によると、「B10」導入により、国内のパーム油消費量の増加が見込まれており、消費量が120万トン増加することが予想されている。多種の産業向けや発電などでの利用も検討している。

マレーシア政府は2011年からバイオ燃料プログラムを実施、パーム油バイオディーゼルを5%を混合した「B5」を発表した。昨年11月には、マレーシア半島で7%添加した「B7」を導入、12月にはサバ州およびサラワク州で導入された。

マレーシア・パーム油委員会(MPOB)の発表によると、2015年1月のパーム原油(CPO)生産量は116万687トンで、前月比14.96%の減少となった。CPO在庫量は半島部、サラワク州、サバ州でそれぞれ10.54%、14.76%、2.53%それぞれ減少し、全体で11.49%の減少となった。

http://www.malaysia-navi.jp/news/?mode=d&i=4273

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

引用  導入

10%添加バイオディーゼル「B10」、10月までに導入

2015年06月10日 13:23 JST配信

【クアラルンプール】 軽油にパーム油から製造したメチルエステルを10%添加したバイオディーゼル「B10」を、10月までに導入する。ダグラス・ウガー・エンバス農園産業一次産品相が明らかにした。

現在販売されている添加率5%の「B5」の代替として「B10」を導入する。今月末に農園業者との協議を行い、閣議に提出する。「B10」導入により、国内のパーム油消費量が年間100万トンに増加すると見込まれている。

「B10」導入方針に対しBMWグループ・マレーシアは、「B10」がエンジンに重大なダメージを与える原因になると指摘し、近代型のディーゼルエンジンには適していないとの声明を発表した。試用テストを実施したところ、脂肪酸メチルエステル(FAME)がエンジンの燃焼室から潤滑油にまわり、汚染することが分かったという。近代型のエンジンには、添加率7%の「B7」程度が適切であると指摘した。

(ニュー・ストレーツ・タイムズ、ザ・サン、6月9日、ベルナマ通信、マレーメイル・オンライン、6月8日)

http://www.malaysia-navi.jp/news/?mode=d&i=4616

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

引用  延期

2016年06月21日 15:45 JST配信

バイオディーゼル「B10」の導入、政府が延期を決定

【ペタリンジャヤ】 政府は自動車業界の意見を考慮し、パーム油から精製した脂肪酸メチルエステルを10%混合したバイオディーゼル「B10」の導入を延期する。

農園・一次産業省で、マレーシア・パーム油委員会(MPOB)、マレーシア・バイオディーゼル協会、マレーシア自動車研究所、通産省、マレーシア自動車協会(MAA)の関係者による会合が17日、開かれ、延期が伝えられた。



会議参加者によると、当局はキャメロン・ハイランドで数日間、数台の乗用車を使い試験走行したが、試験として不十分だったと認めた。自動車メーカーの協力の下、MPOBが研究を行うのが望ましいとされた。

http://www.malaysia-navi.jp/news/?mode=d&i=5564


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

引用  実施予定

2016年06月22日 06:39 JST配信

バイオディーゼル「B10」、7月から段階的に導入

【ペタリンジャヤ】 農園・一次産業省は20日、パーム油から精製したメチルエステルを10%添加したバイオディーゼル「B10」について、7月から段階的に導入すると発表した。当初は6月の導入を予定していた。

運輸部門では「B10」、産業部門では混合率7%の「B7」の使用が求められる。



同省によると、自動車メーカーと7月の導入に向けて協議を進めており、メルセデスベンツ、スカニア、プジョー、UDトラックス(旧日産ディーゼル工業)、ボルボ・トラックなど多数の自動車メーカーが「B10」の受け入れを表明している。

http://www.malaysia-navi.jp/news/?mode=d&i=5566

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


バイオディーゼルの普及は確実に広がっています。



新燃料研究所

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ