左下に 検索窓 があります。関連記事をまとめて読めます。 □このブログを検索 〆して下さい。

2017/12/12

BDF堆積物 デポジット  BDF燃料使用トラブル参考情報集
バイオディーゼルに関する各種薬剤は多くの実験と慎重な実績解析が不可欠です。

銘柄と使用濃度と、前処理や後処理などが一貫させてこそ効果がでます。

例えば、混和後に除去されてしまったり、

酸化や加熱分解されてしまう事例があるようです。

  
 ・気体にならないと分析できないガスクロで、

  検出できないと喜んだりしていないのか。


 ・低倍率の顕微鏡でさえ、観察すれば判明するのに専門検査会社や大学での、

  高尚な高額検査こそが高品位と優良誤認させてもらっていないだろうか。



金属との接触はBDF品質に深く関係しています。

新燃料研究所系のBDF製造所でも金属系トラブル防止の段階では差異があります。

いろいろ対策を実施しても、酸化防止剤の薬剤使用は必要不可欠と考えています。


  最新コモンレール適用の高品質BDFになれば、

  旧式車での使用でさえテンプラ臭がほとんどしない段階になります。


  旧式車でさえ、酸化防止剤は使用しなければ生き残れないようです。

  新燃料研究所系の現在における継続技術指導でみれば、

  10年前からの理論的対策を順守している場合には問題が少ないようです。


  金属イオンはpHで性質が変わる場合があります。

  生成される影響物は遭遇するイオン種を予想して予防すべきです。

  積み重ねている知見による慎重な対応が、過去から一貫して継続しています。

  新燃料研究所の技術指導や薬剤提供は、ぶれない変化ないと同意できるはずです。

  

  DLC対策車でない旧式車での使用実績が長い高品質なBDFとは、

  旧式車でさえ、排気ガスがテンプラクサクナイ。
  
  新燃料研究所の技術指導を受けてみませんか。



以下の、デポジットに関する公開論文を紹介します。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

引用


  摩擦中のバイオディーゼルの構造変化その場観察

  デンソーテクニカルレビュー Vol. 19 2014

https://www.denso.com/jp/ja/innovation/technology/dtr/v19/23.pdf


 引用 おわり

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  
 新燃料研究所

 公害防止管理者 水質 第1種 05020652号

 毒物・劇物取扱者 京都 第21-13号

 代表 朴 昶 壽 ( パク チャンス)


 〒528-0047
 滋賀県甲賀市水口町岩坂318
 電話 0748-62-2176
 FAX  0748-63-5891
 携帯 090-464-89467

 公開研究日誌
 http://green.ap.teacup.com/biofuel/

 http://newfuel1.com/

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ