左下に 検索窓 があります。関連記事をまとめて読めます。 □このブログを検索 〆して下さい。

2018/1/8

高品質なBDFの作り方  
BDF製造で話題が混乱するのは、炭化水素と水の化学構造です。

一定の比率で水分は含み、含水率と表現されます。

ここで混乱するのが、油と水で混和が非常に少ないという前提があります。



同じような混乱に、イオン交換樹脂の使い方があります。

原料の調理済み食用油という高精製の恩恵を理解できないと混乱します。


イオン交換樹脂の正しい使い方は、

効率と採算などどの要素においても精製水製造が正解です。



乳濁した毒水は電解除去というよりも、電子分別で清浄分離できます。


いろんな測定器があり、いつくかの薬品が必要です。



きれいに作ったBDFは、排気ガスがほぼ無臭で燃費が良いという結果があります。

きれいなBDFは、

屈折計や、透視度や、比重などの安くて簡単な精度の良い判定ができます。



繰り返し実験しないとわからない薬品と、その使い方があります。

高額な設備は不要です。

適切なタイミングにおいて、適切な濃度の薬剤を混和させて不純物を除去させます。

はさみこんで、とじこめて。


 それから除去するという2段階だけれど短時間です。



新燃料研究所 2018年1月8日

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ