左下に 検索窓 があります。関連記事をまとめて読めます。 □このブログを検索 〆して下さい。

2006/4/28

BDFの対話 生産従事者との情報交換  
有名なBDF生産施設でBDF生産に従事されていた方との対話です。
ここは現在生産停止され、損害賠償請求裁判を大学や企業にされています。

**********************************

私:

BDF原理を平衡で理解されているのですか?

うーーーん ウーーーン どう説明すればいいのか?

********************

BDFから戻せますか?

元祖ナンバー810さんが こう言っています。

灰からマキに戻せるなら戻して見せてと・・・

********************

化学反応の平衡理論でBDFを説明している
海外のサイトは少ないように思います。

日本では何故か多いようです。


Posted by 新燃料研究所 at 2006年04月24日 02:13

*********************************

相手 :

マキじゃなくてマキ=モドキの表現でしょう?
均衡状態が発生しないか?という趣旨で書いたつまりなんですけど?誤解されたかな?

元祖さんに言ってください。
それなら、等量MOL数でBDF反応100%やれ…と!
何の為に過剰なメタノールを供給するのか?
なんで触媒必要なのか?
元祖さんの作ったBDFのGLC(ガスクロマトグラフィー)データ見てみたいですね?
お粗末な物作ってんじゃないの?
グリセリドは、何PPMですか?
およそ、朴さんからこのような言葉が出るとは…?至極残念です。深い意味で言ったのならココは初心者の為に判りやすく説明する場ですので、慎んでください。
以前、朴さんに紹介したサイトをオープンで紹介します。

*************** 外部 URL ジャンプ削除 2007-11-16 ***************************

BDFによる自動車故障を誘発する危険が増大していると判断してURLへのリンク記述を削除します。

燃料タンク内の発錆などが発生し、BDF普及に悪影響であると判断しました。
*******************************************************************************

at 2006年04月24日 22:44

*******************************

私:

平衡理論や加水分解理論などあります。

化学は結果の説明のしかただけの話と思っています。言葉にとらわれては本末転倒になると思います。

まず目の前にある現象。
説明つかない現象を見つめるのが大切派が私達。
水口町BDF研究会と新燃料研究所は説明は探すものの現象を否定しません。

まず現象を考えます。

フリーラジカル反応が近いようです。
構造のどっちから接近するのか?

そんな周辺を無知ながら探っています。

キュウカクチカン反応が近い説明と考えて
います。

新燃料研究所 パク チャンス

この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ