左下に 検索窓 があります。関連記事をまとめて読めます。 □このブログを検索 〆して下さい。

2020/8/6

コロナウイルス ノロウイルス 靴底の除菌  次亜塩素酸
地元でコロナのクラスター発生しました。

試作中の除菌足底マットを実践投入せざるを得ません。

紫外線劣化対策を行って、5月から試行しています。

転倒防止と除菌効果維持と目立つアピールなどを狙っています。

足踏みマットの場合、紫外線や靴底付着物による有効塩素濃度の維持が大切です。

現場の設置環境は多様なので対応できる範囲を配慮するのに工夫しています。

軽くて簡単に清掃できます。



次亜塩素酸含有水には幾つも種類があって、

特長を活かした使い方ができるほどに効果的です。


残留塩素濃度は安い測定紙がありますので簡単に数秒でわかります。




販売代理店募集します。



クリックすると元のサイズで表示します

2020/8/4

超音波加湿器による高濃度次亜塩素酸空間放出危険実験結果  次亜塩素酸
超音波加湿器による高濃度次亜塩素酸空間放出危険実験結果です。

環境基準 0.5ppm

放出実験空間 ポリエチレン製 1立方メートルタンク内

No.8LL測定 0.025ppm 以下


危険だとされている超音波加湿器による高濃度噴霧では、

塩素濃度に関して危険が検証できませんでした。




【 危険な事例を仮定する 】

pHが高い状態の液体を放出した場合には、

沈降落下水滴が水分蒸発によって濃縮されて、さらに高い pH となるであろう。

その場合は噴霧を間違いとする前に、希釈が間違っているということである。

このことは、日常生活において

自動車が危険という前に、

法定速度を超過しては危険であるということと近いことではないだろうか。


現実的には空中の炭酸ガス・二酸化炭素によって pH は低下するので、

どれほど危険なのかを議論するとするならば、

スタートの塩基性・アルカリ程度の pH 値から 誤希釈の蓋然性を議論すべきです。



通風気化は以下

https://green.ap.teacup.com/biofuel/4253.html



クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

2020/7/29

次亜塩素酸濃度測定  次亜塩素酸
80ppm 次亜塩素酸水

50ppm 次亜塩素酸水

このあたりは測定が比較的やりやすい。


保存条件や保存期間による遊離塩素濃度の測定をすると、

検水は10mLが最低で、20mLが必要だと感じます。

希釈倍率も100倍から150倍程度が誤差少ないと経験します。

DPD比色は 0.8ppm 前後が比較しやすいです。


試験紙は誤差が大きくて、貴重な実験労力が無駄になる。

DPD試薬は粉末と錠剤があります。

錠剤はパウチがキレイに破れなくて、錠剤全量を投入できないトラブルがしばし発生します。

やや小さめの数値がでるような気がします。


粉末は、反応色がでない時があり、幾度か繰り返して確認しています。


比色の丸い窓に発生する曇りはエアーホットガンで水滴除去しています。

結露が多いのは、塩素が抜けないように20℃の希釈液を使用しているからです。


何気ない測定ですけれど、かなり細やかな配慮しています。

気になる場合は 市販の20L入 精製水 を使用しています。


測定は 検水の採取

三角メスシリンダー20mL ガラス製メスシリンダー100mL 

希釈は 1000mL 3000mL 5000mL 10L です。


1mLピペット 3mLピペット などは誤差が大きな数値となるので

使わないようにしています。


マイクロピペットは 塩酸 などの添加剤を採る場合にのみ使用です。


調整水は 10L ペシャンコになる水タンクで保存しています。

使用して減っていくと容器上部空間が大きくなって、炭酸ガスの影響や溶解塩素が抜けて

いくだろうと、ペシャンコになる用気を使っています。


いろいろ面倒で時間もかかるけれど、基礎的な重要項目は大切に実行しています。



次亜塩素酸を日常的に使用すれば、除菌効果を話題にするだけでなく、

使用後の残留物の濃度や種類なども配慮する必要があります。

測定する対象を知り、方法を知りましょう。



新燃料研究所

クリックすると元のサイズで表示します

2020/7/27

細菌培養で次亜塩素酸の効果を検証しました。  次亜塩素酸
次亜塩素酸が効果あるのかどうか、

自分で細菌培養して検証しました。

培養は別の方式とでダブル検証しています。

次亜塩素酸の除菌パワーは、

知らないどこかの人達の言う事よりも、自分で確認しましょう。

効果なければ、効果でるようにしましょう。

HclO

次亜塩素酸水の空間放出で落下菌はほぼ除菌できました。

放出のしかたによっては、

空気中の炭酸ガスの影響でpHが下がって40ppmより希薄でもよさそうです。

ガス検知管の低濃度タイプと標準タイプの両方で検証しています。

次亜塩素酸水の pH ppm 測定は念入りです。

検査紙の国産複数や海外製の複数、

DPD反応色は粉末と錠剤で念入りに測定しています。

次亜塩素酸が効果ないという人は、

検査のしかたを知らないから、効果でるように改善工夫できない人達です。

効果ないのでなく、効果をだせていない技術と知識ということです。

細菌培養で確認できます。


新燃料研究所

クリックすると元のサイズで表示します

2020/7/26

次亜塩素酸の除菌パワー  次亜塩素酸
次亜塩素酸の除菌パワーは猛烈です。

NITEも認め、新型コロナウイルス除菌は日本政府公認です。

pH ppm は基礎的な数値です。

実際に有効かどうか細菌培養すれば明白です。

空間除菌や、ドアノブ、タッチパネル除菌を確認できます。

宅配便で検証できます。

mail : kappaboss@aol.com  新燃料研究所

クリックすると元のサイズで表示します

2020/7/21

次亜塩素酸水 同類  次亜塩素酸

次亜塩素酸ナトリウム希釈液と化学的に同類である次亜塩素酸水



次亜塩素酸を巡る話題の混乱原因にはいくつか主要なポイントがあります。

A説 : 次亜塩素酸ナトリウム水溶液液と次亜塩素酸水は別物である。

B説 : 次亜塩素酸ナトリウム希釈液と次亜塩素酸水は化学的に同類である。


クリックすると元のサイズで表示します

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

引用 :

次亜塩素酸ナトリウム希釈液と化学的に同類である次亜塩
素酸水も使用できることを認めてくださるよう要望します。

次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウム希釈液が同類であることに関する資料を別
紙として添付いたします。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

【 新燃料研究所の指摘 】


企業間の市場競争から、優位性強調は普通に見受けられます。

ただ、誤解から出発している場合も多くあると思えます。


2009年 平成21年 
生食用鮮魚介類の加工への次亜塩素酸水の使用についての要望書は以下の URL

https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r9852000002wy32-att/2r9852000002wyao.pdf



いろんな誤解に関して、

どうしてそのような主張をするのかと、 少し冷静になって原因を探れば

相互理解がスタートできて、

世間からの偏見や誤解が薄らいで業界が盛り上がると思います。


次亜塩素酸含有水 次亜塩素酸水溶液 として把握してから、

pHと ppm 残留塩素濃度、

Na もしくは カリウム 

あるいは Hcl 塩酸 などなどの具体的項目で整理していくべきだと思います。



ピューラックスの存在を知らないで漂白剤のハイターと混同している人達が多いのも、

このような基本から解説していく根気が必要に思います。





新燃料研究所

2020/7/20

第2類医薬品 次亜塩素酸 ピューラックス  次亜塩素酸
次亜塩素酸への誤解原因を調べていると、

基礎的な部分で勘違いして、思い込みを深めて増幅しているようです。

消毒薬である次亜塩素酸ナトリウム6%製品の使い方を間違っている事案を誤解しているようです。


そもそも、

細菌やウイルスの広範囲に殺菌消毒作用のある次亜塩素酸含有水の存在を知らない人、

次亜塩素酸ナトリウムが正式に認められた殺菌消毒薬であることを知らない人、

次亜塩素酸水という名称が食品添加物申請における名称であって、

次亜塩素酸ナトリウムと同等であるからと申請されていた経緯を知らない人、

などなど、

感情的になって正義の味方であるとの言動もあるようです。



第2類医薬品ピューラックスと漂白剤ハイターは別物です。

ピューラックスは薬局で販売しています。

殺菌消毒剤の次亜塩素酸ナトリウムです。


第2類医薬品ピューラックスは6%次亜塩素酸含有水です。

第2類医薬品ピューラックスは6%次亜塩素酸水溶液です。

市販品です。


第2類医薬品ピューラックスの便利な使い方として、

各種の次亜塩素酸濃度測定紙の基準液として使用しています。

6万ppmです。



希釈方法が適切なのか、判定紙の表示が正確なのか、

測定方法が適正なのかは、どんどん希釈してみればわかります。


採水のサンプル水は最低でも 10mL で希釈するようにしています。

5mLや それ以下では誤差が大きくて、ppm 濃度が正確にはでません。


第2類医薬品ピューラックスは

残留塩素濃度測定における標準液として使用している ひとつ です。


新燃料研究所

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

2020/7/19

食塩水の電気分解で次亜塩素酸  次亜塩素酸
次亜塩素酸水の製造実験画像です。

規模を大きくするだけで実用装置となります。

右側がプラス電極側で塩素ガスが発生しています。
左側がマイナス電極側で水素ガスが発生しています。

右側の発生気体は水に溶解しやすく、上部空間が少ないです。
ガス検知管で塩素ガスと確認しました。

左側の発生気体は水素ガスで、火を近づけて キュシュン もしくは スポン という独特の爆鳴を発生して試験管内部に水滴が発生しました。


いろんな次亜塩素酸含有水があります。


保存性を実現する目的で、
 
NaOH 水酸化ナトリウム 苛性ソーダ を併用するのが以前から行われており、

食品添加物や漂白剤として広く社会では使用されています。

ピューラックスという商品は第2類医薬品として6%次亜塩素酸ナトリウムであり、

医薬品の殺菌消毒剤です。

社会では以前からいろんな業界で盛んに使われているものの、
それぞれの専門性が高い業界内の使用なので部外者にとっては知らないことです。

知らないということは悪きことではないものの、
自分の無知が他人を強く攻撃したり、中傷することになっているのが最近あるようです。



この画像は単独水槽でのアルカリ性の次亜塩素酸水溶液となります。
この後、pH調整する場合もあります。


次亜塩素酸水に関しては事実に反する伝聞を、正しいと思い込んで
断言するほどに正義感が強い人が多くいます。

基礎から、ゆっくり追いかけていけば ウソ ホンモノ 明確です。


次亜塩素酸の良さはアルコールには無い特性にあります。


保管や使用で、火事にならない。

ウイルスや細菌の広範囲を消毒できる。

肌の弱い人向けに調整した濃度でも効果が高く残る。

安く入手できる。

未成年にも非アルコールとして安心。

宗教的に、アルコール禁止地域でも使用できます。

消毒目的の濃度調整が簡単で確実。

アルコール等よりも濃度の確認が簡単で、安くて、すぐにできる。

他の消毒薬は残留薬効き目の判断が難しい。

次亜塩素酸水の濃度確認は簡単で安くて、早い。



有償で技術指導します。




新燃料研究所クリックすると元のサイズで表示します

2020/7/17

次亜塩素酸水 塩酸添加  次亜塩素酸
隔壁方式で塩酸添加の次亜塩素酸水を作ってみた。

pH小さく、ppm大きい。

短時間であっさりできたけれど、翌日まで濃度維持できなかった。

掛け流しでしっかり消毒できて残留ない。

市場流通は無理な新鮮さが特徴。


安くて早くて、しっかり濃度で後の問題無い。

この方式ならばメンテナンスも簡単で、装置構成も単純で安くできます。


残留塩分はそれなりにあります。

どの製法にも特性があって、誤解すれば欠点と思い込む。

生かせたら長所と賛辞。


これが話題の次亜塩素酸水事例だと納得。



新燃料研究所

2020/7/13

次亜塩素酸含有水の空間放出による除菌結果画像  次亜塩素酸
次亜塩素酸含有水による除菌効果の事例画像です。

サンプルA 居室内の浮遊菌が床に降下している培養結果。

サンプルB 次亜塩素酸含有水を空間放出した後の居室床に降下した浮遊菌の培養結果。

放出時間は4時間 一般生菌の5分放置 35℃ 48時間培養

空間濃度はガス検知管測定によって、環境基準以下を確認しました。

健康被害への懸念なく、確実な除菌効果を どこでも出張作業します。


ドアノブやボタンスイッチ類への除菌効果は ふきとり 培養でわかります。

培養器は小型で携帯できますので、現地での除菌効果確認や改善の基礎資料とできます。


新燃料研究所 090-4648-9467クリックすると元のサイズで表示します


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ