2011/8/12

L'ILLUSIONNISTE  cinema

クリックすると元のサイズで表示します


このイラストを見た瞬間に、なんかどきどきしてぴぴっときた。




「ぼくの伯父さん」のジャック・タチ氏の眠っていた脚本に、

「ベルヴィル・ランデブー」のシルヴァン・ショメ氏監督作品。

すごいコラボレーション!観に行くしかない。


「ベルヴィル・ランデブー」はパリでの留学時代に、語学学校の授業で観て、

すごく印象に残っていた作品。

つたないフランス語で感想なんかを発表したりして・・・



どこかもの哀しくて、切なくて、でもなんかあったかくて懐かしい。

そこに、ジャック・タチのユーモアが加わって。


美しい映像と音楽を堪能し、大満足のひとときでした。





0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ