2012/2/28

les fleurs de la tristesse 〜哀しみのお花〜  fleurs/お花のこと


ここ最近ぽつりぽつりと古い友人たちからの哀しいお知らせが届くようになってきた。

もちろん同世代、同級生たち。

そのたびになんともいえず切なく胸がぎゅーっと締め付けられるような気持ちになる。

自分の今まで生きてきた年数を考えればそろりそろりとそういう時がやってきて当然。

それでもやっぱり人ごとではなくとても哀しい。

彼女たちの大切な人はどんな方々だったのかしら・・・と

想いを馳せながら私にできることは何かと思ってもやはり花に託すしかなくて。

ほんの少しでも哀しみが癒されますように・・・







クリックすると元のサイズで表示します
0

2011/12/15

今年も早・・・  fleurs/お花のこと

あぁ。また一年が終わろうとしています。

早い・・・

12月。


今年のリースたち。



クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します
0

2011/12/13

オズノマホウツカイ  fleurs/お花のこと

高校時代の友人が、お友達の大切な家族のワンちゃんが亡くなったからと、

お花の依頼をしてくれました。

女の子だったから、可愛い感じでとのこと。

可愛い感じ、可愛い感じと。

市場でこの日のかわいこちゃんを探していると・・・

見つけました☆

ぴかぴかのかわいこちゃんです。


クリックすると元のサイズで表示します


このなんともいえない優しい優しい色合いといい、

繊細に重なる花弁、ほっそりした茎にまあるくぽってりと。

そして何よりもその名前がまた素敵すぎます。

「オズノマホウツカイ」なんて・・・

このダリア、一体どんな方が大切に育て、名前をつけ、出荷されているのかと

すっかり心をうばわれてしまったのです。


このかわいこちゃんが、

大切な家族だったわんちゃんを亡くした哀しみを少しでも癒してくれますように。







クリックすると元のサイズで表示します

0

2011/8/15

なんの花?  plante/植物のこと



父が大事そうに何かを持って帰ってきた。

「なになに?」と見ると不思議な姿形の一輪の花。

「わわっ!何の花??」

「知らんのかいな?これはカラスウリの花や。」



クリックすると元のサイズで表示します

ほほ〜

はい、知らんかった。

こんな花が咲くのね〜


この花は、夜に咲き始め朝にはもうしぼんでしまう。

そしてこの真っ白な姿は、夜の月の光に照らされて、

花粉を運んでくれる虫たちに怪しげにアピールするらしい。


うーん。いくら見ても不思議。


翌朝には、すべてのこの糸状の花弁もなかに包み込み、

小さく小さくなってしまった。

たった一夜を精一杯に咲ききって。

ほんの一輪の小さな花のものすごい力強さを見た気がした。


また秋には実をつける。





0

2011/8/12

L'ILLUSIONNISTE  cinema

クリックすると元のサイズで表示します


このイラストを見た瞬間に、なんかどきどきしてぴぴっときた。




「ぼくの伯父さん」のジャック・タチ氏の眠っていた脚本に、

「ベルヴィル・ランデブー」のシルヴァン・ショメ氏監督作品。

すごいコラボレーション!観に行くしかない。


「ベルヴィル・ランデブー」はパリでの留学時代に、語学学校の授業で観て、

すごく印象に残っていた作品。

つたないフランス語で感想なんかを発表したりして・・・



どこかもの哀しくて、切なくて、でもなんかあったかくて懐かしい。

そこに、ジャック・タチのユーモアが加わって。


美しい映像と音楽を堪能し、大満足のひとときでした。





0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ