2009/4/15

ぶらりお散歩  

最近のちょこっとお気に入りの地区。

大阪にある玉造。

とってもおいしいパン屋さんや素敵な家具や雑貨屋さん。

まだ行けてないのだけれど教会や公園に神社など、みどころ満載な感じ。

とってもよいお天気の先日、
お目当てのパン屋さんに行きつつ、ぶらぶらとお散歩がてら歩いていると、
ふと入り込んだなんともレトロな商店街。

なんか楽しそうな匂いがぷんぷん・・・

昔ながらのお肉屋さんや、八百屋さんに、下駄屋さんなんかあって。

そしてどうにも気になるパン屋さん?喫茶店?発見!
その名も「トロイカ&リビエラ」さん。
なんかいいなぁ〜
一気にテンションアップ。
一度通り過ぎたのだけれど、どうにも気になって入ってみた。
手前がパンを売っていて、奥がレストランのような喫茶店のような造りのお店。
パンはとっても素朴な感じの品揃え。
その中でも気になって仕方がないのが食パン(の袋!?)。


クリックすると元のサイズで表示します



このイラストは一体いつデザインされたのかしら・・・
かわいすぎる。
すっかりこのレトロさにやられお家に連れて帰ることにしました。

他にもいくつかパンをチョイスして、さてお会計は?
ときょろきょろしてると、奥のレストランの手前にレジがあって、
コックさん帽のおじさんがにこにこと“こっちやで〜”って待っててくれた。
慌ててレジへ向かうと「急がせてしもたなあ〜」ととっても優しい笑顔。
なんかこのところちょっとしんどかった心につーんと沁みた。

やっぱりよいわ。玉造。

今度はもっとゆっくりと、教会や公園なんかにものんびり行ってみよう。

あ、食パン。

もっちりとほんのり甘くておじさんの笑顔みたく優しいお味でした。

0

2009/4/8

檸檬  

1週間前の朝。

起きたら声が出なくなってた。

数日前からちょっとのどが痛いなあって思ってて、用心に用心を重ねて毎日のうがいに早寝はもちろん、生姜湯・梅干・かりんのはちみつ漬け・・・

思いつく限りのものを喉に流し込む。

その甲斐も空しく負けてしまった・・・

声が出ないってこんなにつらいものだったのね。うう。

そんな中でも毎日ちょこっと楽しみにしてたのが“ホットレモン”。

レモンをまるごと一個ぎゅっと絞り、たっぷりのはちみつを入れてお湯で割って。

おかげでようやく声が戻ってきた。

ほっ。


今回大活躍してくれたレモンさん。

沢山買いこんでてまだ残っていたからケーキにしてみたんだけど・・・







クリックすると元のサイズで表示します

お味はそこそこなんだけど、焼き上がりがやっぱりガスオーブンじゃないと、
ふっくらいかないみたい。う〜ん、残念。


でもほんとにいっぱいいっぱいお世話になりました。

檸檬さん。

ありがと。
0

2009/4/7

気がつけば・・・  

はや4月になってしまった・・・

今か今かと待ちわびていた桜たちが、
風にそよそよ吹かれながら、歌を歌うように咲き誇って。


クリックすると元のサイズで表示します

プロ野球も開幕。

ようやくこのブログもAOLさんから無事移行。

さてまたぼちぼち歩いていかなくちゃ。

0

2008/10/22

ことこと・・・  

すっかり秋の空。
ここ数日とっても気持ちいいお天気続き。

秋といえば・・・もちろん食欲の秋!
って年中食欲あるやん・・・てな声もあるかと思いますがまあまあ。

一昨年からこの時期になると秋の食材の中でも、特に大好物の「栗」をゲット。
じっくりことこと時間をかけて渋皮つきで甘く煮ることに。



クリックすると元のサイズで表示します

お料理の中でも、お気に入りのお鍋でことことじっくりと煮るのが好き。
材料を入れて、ことことしている時間がなんだか贅沢な気がして。

さて、栗の渋皮煮。
今年のできはどおかなあ・・・

初めての年は、火加減がまだよく分からなくてせっかくの栗が爆発・・・
味はまあまあだったんだけどな。

去年は、反省を生かしてうーんと弱火でことことことこと。
大成功!とってもきれいに美味しくできました。


クリックすると元のサイズで表示します



そして、3年目の今年はというと。
ふふふ。ふっくらとしっかり味がしみて美味しくできました♪
ちょっと奮発して、大きなのを買ったのも良かったのかな。
ケーキに入れてもよさそうだし、じっくり楽しみましょ。

あ〜冬になる前にすっかりお肉が蓄えられそう・・・
防寒対策ってことで。まいっか。



0

2008/10/11

とても・・・  

悲しい日となった。
今日。

大好きな友人であり第2のお母さんのような存在の人の大切な人の訃報。
なので第2のお父さんのような存在の人。

ほんの数回しかお会いしたことはなかったけれど、
いつも本当に柔和な優しい優しい笑顔で迎えて下さった。
多くの言葉はなくても、
心から安心できる包み込むような笑顔ってあるんだなって思った。


心からご冥福をお祈りします。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ