2008/8/31

プチ旅行〜その3〜  voyage/旅のこと

ずっと来たかった、現代アートの島、直島。

モーニングうどんを堪能し、いざ船にて出発!と高松港へ。
当初の予定ではゆったりフェリーでどんぶらこ〜と優雅な船旅のはず・・・
が、しかし。
着いてみると、ん??
あれはどうみても小型高速船。
え〜っと。恐る恐るうめちゃんを見てみると・・・
心なしか、顔色が悪い。おまけになんだかそわそわと挙動不審。
どうやら、もっとも高速船なるものが苦手だったらしく。
私の調査不足だよね。ごめんね〜
「大丈夫、だいじょうぶ、だ、だ、だいじょうぶ・・・ (たぶん)←心の声」
って、なんか自分に言い聞かせてる。
とりあえず乗り込む。と、デッキ席が若干。
潮風に吹かれたほうがきっと気持ちいいよ!てなことで、デッキ席に座ることに。
さあ、しゅっぱつ!!
ざっぷーん、ごおーん、ざっぷーん。
いやあ、波の上を飛ぶように進んで行きました。
潮風に吹かれたのが、功を奏したのか、さわやかに無事に到着しました。ほっ。

早速赤かぼちゃが港で私たちを迎えてくれました。

クリックすると元のサイズで表示します

早くあの中へ入りたいのをぐっとがまんして、「地中美術館」行きのバスへ。

〜地中美術館〜
その名の通り、安藤忠雄氏の設計で地中の中に美術館がある。
バス停からの道は、まるでジヴェルニーのよう。
色とりどりの睡蓮やハーブたちが咲いていました。

クリックすると元のサイズで表示します

モネ、ジェームズ・タレル、ウォルター・デ・マリアの作品を見る事ができる。
それぞれの作品だけでなく、美術館そのもの、作品を展示している各部屋そのものが、
もうひとつの作品として創られている。

真っ白な大理石の中に自然光だけで見る事ができる、モネの「睡蓮」。
パリで見た「睡蓮」もすばらしかったけれど、自然光の優しさの中の睡蓮は、
見ている私たちも優しく包み込んでくれるよう。
とても静かな優しい優しい空間。

そして、ジェームズ・タレルの不思議な青い光の世界に引き込まれた。

そして最後はもちろん、「カフェ地中」。
食べるか飲むかせずには終われません。わたしたち。
瀬戸内海に浮かぶお船をのんびりと眺めながら、美味しいコーヒーを飲みながら、
あと少しの旅に思いを馳せました。

直島には、他にも「家プロジェクト」「ベネッセハウス」などまだまだ、
現代アートが盛りだくさん!
町家風のカフェなどもいろいろありました。

楽しかった旅の時間もあっという間に過ぎて行き、岡山行きのフェリー乗り場へ。
ほんの少しだけ時間があったので、楽しみにしていた赤かぼちゃの中へ無事入ってきました〜
こんな感じ。ふふ。可愛いの。


クリックすると元のサイズで表示します

2泊3日という、とっても短い時間だったけれど、結構充実してたプチ旅行。
さあ、また仕事がんばるか〜
と神戸と京都に分かれて帰路につきました。
うめちゃんありがとね〜また行こうね。
0

2008/8/30

プチ旅行〜その2〜  voyage/旅のこと

小豆島からまたまた船に乗ってうどん王国高松へ!!

もちろん、うどんはしご気分満々で究極におなかを減らし、
まずはホテルにチェックイン。
荷物を取り合えず置いて、身軽になったところでいざ出陣!!
と張り切ってガイドブック片手にずんずん歩く歩く。
ただ、目的のお店は売切れ次第終了って書いてある。14時ごろまでみたいなことも。
ちょっとあせりながら行ってみると・・・やっぱり・・・がっくし・・・
「本日終了しました」のふだ。えーん。
はい、次!と歩き出し2件目、3件目・・・ことごとくだめでした。
認識不足だったわ。早くいかないと終わっちゃうのね〜
でも、とりあえず二人とも空腹。
と、そこに一件おうどんやさんが!!やったー開いてる。
頼み方もあんまりわからなくて、おどおどしてると親切にお店の人が教えてくれました。
無事に、ぶっかけうどん卵のてんぷらのせにありつけました。
う〜ん。おいしい〜〜これが本場さぬきうどんね〜とすっかり満足してお店をあとにしたのでした。
明日は、朝から今日閉まっていたお店に行くぞ!と誓い合って・・・


クリックすると元のサイズで表示します

うどんを満喫した後は、うめちゃんの事前リサーチによる行きたいお店へ!
そこは、お茶を飲みながらお裁縫が楽しめちゃう!っていうなんか絶対素敵なお店だろな〜って思わせてくれるところ。
ちょっとくるくる迷いながら歩いていると、ふと気になる雰囲気のお店発見。
「氷」の旗がひらひら・・・熱さにちょっぴりばて気味だったので、ついふらふらと、
その旗に惹かれて行ってみると。
「あ〜!!ここや〜」とうめちゃん。きゃ。やった。
中に入ってみると、昔のレトロな建物をそのままお店にしてあって、
古いミシンや家具や、教室の黒板などもあって、とってもいい雰囲気。

クリックすると元のサイズで表示します

早速何を作ろうかあーやこーや悩んで、うめちゃんははんかちに刺繍、
私はコサージュを作ることに。

せっせせっせ、ちくちくちくちく・・・
どれほど時間が経ったのか。夢中で二人とも針を動かして。
なかなか素敵な作品になりました。楽しかった〜
とっても贅沢な時間でした。

あまりにも集中しすぎて、ちょっと冷やしたいね〜と気になっていた、カキ氷を注文。
二人とも、はちみつレモンジンジャーかけってのを頼みました。
はちみつレモンも、こちらのお店の手作りで、氷はふわふわ。
素朴な味わいでとってもおいしかった。ふふ。しあわせ〜

クリックすると元のサイズで表示します

おいしい一日が終わりました。
さあ、明日はモーニングうどんに始まりアートで締めくくろう!!
と深い深い眠りに無事つきました。

0

2008/8/29

プチ旅行  voyage/旅のこと

クリックすると元のサイズで表示します
久しぶりの旅行らしい旅行に行ってきました!

休みの不規則な私に、予定を合わせてくれたパリ友うめちゃんと3日間の小旅行。
当初は「屋久島に行こう!!」ってやや盛り上がってたのだけれど・・・
3日間ではもったいないね。でも「めがね」を見た私たちは島に憧れ・・・
そして選んだ先は・・・「小豆島」!島だ島だ〜海・海〜

小豆島行く?なら高松行ってうどん食べる?ほな、ついでに直島に行ってアートもしちゃおう!!ってことになり・・・
2泊3日 小豆島〜高松〜直島 と四国めぐりの旅となりました。
少しずつアップします。

まず初日。
京都から新幹線に女二人乗り込み、いきなり旅気分まんたん。
新幹線っていいよな〜とあらためて鉄子さん気分。
岡山からいよいよ船で小豆島へ。
船酔いが心配なうめちゃん。大丈夫かなあ〜とちょっと心配だったのですが。
デッキで潮風に当たろうと上がったら、足湯発見!!
早速二人でつかってみた。きゃ〜気持ちいい!!!
潮風に当たりながら、のんびりと足湯しながらの船旅となりました。
ほんとに気持ちよかった〜

さてさて、小豆島へ到着。
さ、レンタカーを借りよう!とレンタカー屋さんへ。
「レンタカー借りたいんですけどぉ〜」
「ご予約は?今日は満車ですよ?」
・・・・・・・が〜ん・・・・・・・
「え?あの、あの、他にレンタカー会社はあります??」
「あ〜あと一件ありますけど。」
「ありがとうございます!」
もう一件のレンタカー屋さんへ急ぎ足。
ようやくたどり着くと、ドアに・・・
「本日満車!」のメッセージが・・・
ひええ〜うそ〜

そういうわけで、レンタカーは泣く泣くあきらめ、バスでの旅となりました。
案内所にかけこむと、お姉さんやおっちゃんたちが、すっごい親切にいろいろ教えてくれました。こんな出会いが素敵ですよね。

クリックすると元のサイズで表示します
小豆島といえば、まずは「オリーブ」。
そして、お醤油にそうめんっ!食べるもんばっかりやん・・・
はい、堪能いたしました。
オリーブソフト、醤油ソフト、オリーブそうめん!
どれもとってもおいしかったです。

小豆島には自然がまだまだたくさん残っていて、
時間がゆるりと流れていました。
うん、こんな旅もいい。

夜は、さてさて何年ぶり!?のおんせーん!
はあ〜日本人に生まれてよかったよ・・・としみじみ。
露天風呂にたっぷりとつかり、少々(だいぶん?)くたびれ気味のお肌も、
しゃっきりぴーん!極楽極楽。

さあ、明日は高松へ「うどん」を食べに!
ということで、ふかふかおふとんに入り、速攻で夢の中なのでした。






0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ