2012/5/1

ゆったりと  日々のこと

久しぶりに一日のんびり。

今日はゆったりと珈琲を淹れよう。


先日インターネットで注文していた、お家で手軽にできる珈琲豆の焙煎機。

・・・といってもそんなに大そうなものではなくて、こんなの。




クリックすると元のサイズで表示します


見た目は・・・まあ。決して、お洒落〜♪

ってかんじではないのだけれど、実際にいろいろ試された方々曰く、

これが一番いい感じに煎り上がるらしいのです。

その名も‘いりたて名人’。

これに、コーヒーの生豆を入れてさあ焙煎!


クリックすると元のサイズで表示します

煎る前の生豆はこんな色をしています。

香りも青臭い感じです。

焙煎機を火にかけてシャカシャカと揺すりながらしばらくすると、

パチパチという音とともに煙がゆらゆらと。

まだちょっと青っぽい香り。

またちょっとすると、今度は音も少し変わってもくもくと煙が!

私は酸味が苦手なので、深煎りに。

豆の色を見ながら火を止めて余熱でお気に入りの色になるまで焙煎。

煎り上がったら、ざるに上げて一気に冷まします。





クリックすると元のサイズで表示します


こんな感じ。大分深煎りです。


さてさて、十分に冷ましたあとはミルでがりがりと挽いていきます。

この作業も結構好き。

無心でがりがりごりごり・・・


最近凝っているネルドリップ。

ちょっとお手入れとか管理が手間だけれど、なんとなくまろやかな味になる気がして。

煎りたて挽きたての豆にお湯をそおっとおとしていくのは、

本当にわくわく!

ふわーっと広がる香りとともに、豆もふっくらと膨らんで。




クリックすると元のサイズで表示します


ゆっくりゆっくり少しずつお湯をそそいでぽたぽたと落ちていく液体は、

とっても澄んでいて良い色です。


仕上げはお気に入りのカップにそそいでいただきます。

あ〜しあわせ。


クリックすると元のサイズで表示します


あ、そうそう!

珈琲豆、焙煎していくとこんな風に色が変わるんです♪


クリックすると元のサイズで表示します
0
タグ: 珈琲 自家焙煎

2012/4/24

食べるということ  日々のこと

京都の山間、静原にある「cafe millet」さんへ、パン作りに行ってきました。

ずっと以前から行きたかったのだけれど、ようやく日程が合い参加できることに。

まずは石臼で粉を挽くことから始まり、昔ながらの秤で計量。




クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します


この生地を発酵させている間に、前日から仕込んで下さっていた生地を成形。

じっくりと発酵させている生地は、見た目はふんわり。

でもひっくり返しても崩れてしまうことはなく、しっかりしています。

そうして成形した生地を天板にのせて、石釜へ。



クリックすると元のサイズで表示します



この間、着々とお昼ご飯の準備をしてくださっていて。

みんなでテーブルセッティング。

次々とお皿に盛りつけらる食事は、どれもこれも見るからにおいしそう!

そうこうしている間に、待望の石釜パンも焼きあがり〜♪

ちいちゃなお嬢ちゃんの掛け声で「いただきまーす!」


クリックすると元のサイズで表示します


隅岡樹里さん。

彼女の作るお料理はどれも、とても優しくてほっとするようなお料理。

素材の良さをとてもよく出されていて、ついついたくさん食べてすぎてしまいます。

もちろん、お野菜たっぷりでとてもヘルシー。

たくさんあったお料理もあっという間にきれいになくなりました。

そうして、みんなでお片付けをして最後に焼きあがったパンをお土産にいただいて帰りました。


以前に、あるイベントでmilletさんがケータリングされていて、

その時に初めて知ってすぐにインターネットで見てこのワークショップを知り、

パン好きにはたまらない! と思いようやく参加できたのです。


もちろんそのイベントでいただいたお料理もとても美味しかったのもあったけれど、

パンが大好きなもので、石釜で焼いたパンはどれほどおいしいのかしらん?

と、頭の中は「パン!パン!パン〜!」だったのだけれど・・・


今回、隅岡さんのお料理を存分にいただいて、なんていうのかうまく言えないけれど、

美味しいものを食べるっていうことにものすごく興味がでてしまった。

もともと食いしん坊なんだけれど、こういう本当に丁寧に工夫して作られたお料理っていうのは、

こんなに幸せな気持ちにさせてくれるのかと改めて感じたのでした。


もちろん石釜パンもとっても素朴だけれど、しっとりとずっしりととても滋味深い味でした。


あ、そうそう!

それと今回大収穫(!?)だったのが、コーヒー豆の焙煎機!

家庭用の小さなもので、カセットコンロなんかでコーヒーが焙煎できてしまう!!

コーヒー好きにはたまらない、そんな素敵なものを教えていただきました。

さっそくネットで現在注文中♪



自分で豆を炒ってミルで挽いて粉にしてお湯をそそいでいただく。


小麦を石臼で挽いて粉にしてそれに必要最小限のものを加えて焼く。


本当にシンプルなこと。

あまりにもいろんなものが簡単に手に入る時代だから、つい忘れてしまいがちだけれど、

ちょっとだけ一息ついて、原点に戻って丁寧に何かをしてみるっていうことは、

きっととても大切なことなのかな。


この日は一日ずっと雨降りだったけれど、

静原はとても静かで自然がまだたっぷり残っているどこか懐かしいとても素敵な場所。

またお天気の良い日にのんびりと散策してみたい。




クリックすると元のサイズで表示します
0

2012/3/30

休日のお庭から  日々のこと

久しぶりの休日。

庭に出てみたら、すっかり春の準備が整って。



クリックすると元のサイズで表示します


アズマイチゲ(東一華):キンポウゲ科


クリックすると元のサイズで表示します


キクザキチゲ(菊咲一華):キンポウゲ科



クリックすると元のサイズで表示します

しょうじょうばかま(猩々袴):ゆり科









クリックすると元のサイズで表示します

あ、かっぱ。

0

2011/4/17

今日という1日  日々のこと

日付は変わったけれど、今日も1日いつものように仕事をして、

帰り道ちょっと寄り道。

たまに立ち寄る本屋さん。

ここは、いつも何かしら「わわっ!」と思わせてくれる本がある。

以前も、「欲しいなあ〜」と思っていたけれど、すでに絶版となっていて、

すっかりあきらめていた画集が、

ふらっと立ち寄った時にすぅ〜っと目に飛び込んできて、

ほんとにびっくりしたことがあった。

復刻してほしいという声が多く実現したとのことだったので、

本当にたまたまだったのだとは思うけれど、なんか嬉しくて。

そんな密かにお気に入りだった本屋さん。

今日は、またふらっと前を通りかかかったら、また目に飛び込んできた一冊の本が!!

じゃーん!

本 秀康さん作 「まじかるきのこさん」

なんてキュートなイラストにこのネーミング!

きのこ好きにはたまりません。




クリックすると元のサイズで表示します


なんでこれやねん!とつっこみどころ満載なのですが

中もかわいいんですの。



クリックすると元のサイズで表示します


きのこが走って逃げてるねん。

きのこさんはきのしたきのこさんというお名前できのこはかせなんです。


そんな小さな幸せをかみしめた1日の終わりだったのですが、

ちょっぴり残念なお知らせも。

この本屋さん、明日(というか今日)17日で閉店してしまうとのこと。

今度四条河原町に「京都マルイ」が誕生するので、そこに移るとのこと。

まったく無くなってしまうわけではないけれど、なんかさみし。

やっぱり、あの場所にあってあのこじんまりした雰囲気だったからよかったのにな。

うん。でもまた行ってみよう!


そして、今日は朝から友人たちから様々なメッセージを受け取った。

ある友人からはリアルな年齢「○○才のお誕生日おめでとう♪」と書かれてあって。

なんとなく現実逃避しかけていたけれど、しっかりとインプットされました・・・


古くからのいつも尊敬してやまない東京に住む先輩からは、

「贅沢ではなく、みんな、健康で毎日無事でいることをささやかに願って生きていけて、

時々会ったり話したりできることが、本当に大事なことだと思います。」

とメッセージをいただいて、本当にそうだなと思った。

あの地震を東京で経験されて毎日いまだに余震も続いている中での、

真の想いなのだと。

私も毎日1日1日を大切に丁寧に生きていきたいと改めて思うことができた1日でした。


ありがとうございます。




0

2011/4/12

春うらら  日々のこと

あれから1カ月が経った今でも、毎日どこかしらで余震が伝えられています。

新聞やテレビで流れてくるニュースも

少し明りが見えてくるものもあれば

やはり切なくてやるせないものも多くて。


それでも季節は変わらずに廻ってきています。

京都ではもう桜は満開。

朝夕はまだまだ肌寒いけれど、お昼間にはすっかり春らしくぽかぽかと。

プロ野球もようやく開幕しましたね。


季節は春うらら

日本中のすべての人々がうららかに日々過ごせる日が一日でも早く訪れますように。





クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ