2011/5/28

Rhubarb...  お菓子

クリックすると元のサイズで表示します

イギリスに来てから、初めて口にした野菜・果物は色々あります。ルバーブもそのひとつ。見た目は"ふき"のようですが、たいていスイーツに使われるこの果物(?)。このままではとてもとても酸っぱくて食べられない(小さい頃にそのまま砂糖に付けて食べた何て言う人もいますが・・・)のですが、クランブルになどするとこの酸味が後を引くおいしさになるのです。色々あるクランブルの中でも私の一番のお気に入り♪生姜と相性がよく、ジンジャーパウダーや生姜のシロップ漬けを加えたりします。
ちなみに葉っぱの部分は毒とされていれて、食べるのは茎のところのみ。

クリックすると元のサイズで表示します

クリームをかけてシンプルに・・・♪

クリックすると元のサイズで表示します

イギリスは今週末、バンクホリデーで3連休。天気がよければ、明日は友人と共にカーブーツセール(日本で言うフリマみたいなものかな?)に参加して、東日本大震災の義援金を集める予定。慣れない、早朝5時起き・・・できるか私・・・(苦笑)。

2011/5/19

Sweet day!  お菓子

5月も半ば。イギリスは、4月とは打って変わって、5月に入ってからは、曇りのち雨・・・な天気がずっと続いていたのですが、今日は久しぶりに天気がいいです♪

さて、実は、先日お菓子作り1日教室に行ってきました。場所は、北イングランドでは結構有名なティールームBettys併設の料理学校。

クリックすると元のサイズで表示します

朝、8時45分集まりの4時半終わりと1日結構しっかり習います。
朝は、クロワッサンとTea or Coffeeでウェルカム。その後、作り方の手順を習って料理開始。

教室内

クリックすると元のサイズで表示します

デモ用のテレビ

クリックすると元のサイズで表示します

今回作ったのは、こちら。

クリックすると元のサイズで表示します

左から、Egg custard tart(カスタードのタルト)、 Millionaire's shortbread(3層のビスケット)、 Black forest roulade(チェリーロールケーキ)、 Strawberry fool(いちごのフール←生クリームのデザート)。

ナツメグの香りがとってもおいしいタルト♪

クリックすると元のサイズで表示します

今回作った4品の中で一番のお気に入り♪Foolは英語では"おろかもの"と言う意味で、このお菓子は誰でもできるほど簡単なことからそう呼ばれるようになったと言う説もあるけれど、Bettysの先生曰く、フランス語のFouler(つぶした)からきているとのこと。

クリックすると元のサイズで表示します

リキュールたっぷりでちょっと大人の味♪

クリックすると元のサイズで表示します

上はチョコレート、真ん中はキャラメルのような感じ、下はバターたっぷりのビスケット・・・とカロリーを気にしたら食べられないお菓子・・・(苦笑)。

クリックすると元のサイズで表示します

途中、ランチを挟んで休憩。この日のメニューは、アスパラガスとクレソンのキッシュ、にんじんサラダ、新じゃがのバター和え+白 or ロゼワイン。その後は、メレンゲのお菓子で〆。

クリックすると元のサイズで表示します

裏手にはガーデンがあり、学校で使われる野菜やハーブを育てているのだそう。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

帰りは、作ったものをこんな風に持ち帰れます。

クリックすると元のサイズで表示します

いるいらないは別として、エプロンももらえます(笑)。Bettys cookery schoolと刺繍入り(苦笑)。

クリックすると元のサイズで表示します


ちょっと値段のはったこのコース。アンケート用紙の質問のひとつの、「Was it value for money?」(金額に見合う内容でしたか?)的な質問に、「まずまず」とちょっと皮肉めいた答えをしてしまったけれど・・・。いや、いや、でもいいコースでしたよ。学んだこともたくさんあったし♪
ランチで出されたキッシュがとってもおいしかったので、今度はSavoury(ごはん系)のコースに行こうかな?と密かに思っています。


2010/8/22

ひとりランチ  お菓子

今日も、アンドリューは日曜日だというのに仕事。。。最近、こんなことがしょっちゅうでひとりでの休日ってことが多いかも。


お昼は簡単にサンドウィッチとかでもよかったんだけど、友達のブログでナポリタンスパゲティを作っているのを見たら、何だか無性に食べたくなって・・・。

クリックすると元のサイズで表示します

今日のひとりランチに♪
ナポリタンって何かほっとする懐かしい、やさしい味♪♪

後ろに見えるのは、かぶときゅうりの浅漬け

クリックすると元のサイズで表示します

職場のガーデンからいただいた(勝手に取ってきた(苦笑))、みずみずしいこんなかぶで作ってみた。英語ではTurnip(ターニップ)と呼ばれるんだけど、Swede(スイード)とよく混乱して考えられるんだよね。でも、かぶのほうが断然おいしい♪

クリックすると元のサイズで表示します


おやつにスコーンも作ったよ。

クリックすると元のサイズで表示します

今日は"狼の口"もうまくできた!

クリックすると元のサイズで表示します

2010/8/6

久々にお菓子作り  お菓子

引越し、無事終わりました♪新しい家に住みだしてから、あっという間にもう1ヶ月半。この家にもすっかり慣れたかな。

この前、しばらくぶりにベーキングをしました。作ったのは、私の住んでいる地域、ヨークシャーで有名なParkin(パーキン)というお菓子。Bonfire Night(ボンファイヤ・ナイト)という11月5日の花火大会(?)のような行事に食べるのが伝統らしい。

クリックすると元のサイズで表示します

見た目も、味も素朴なこのお菓子を作ってみたのは今回が初めて。というか、食べるのも初めて!その作り方が材料を混ぜて焼くだけ・・・とあまりにも簡単でびっくり。焼き立てよりも何日か経ってからのほうがしっとりして美味しいということで、ケーキ缶に入れて待つ事・・・数日。焼きたての時にはキツネ色だったケーキが、こんなキレイなあめ色になり、表面もSticky(触るとくっつく感じ)♪
ゴールデンシロップ(水あめのようなもの)と砂糖がた〜っぷり入っているにも関わらず、食べてみると黒糖の蒸パンのようで、以外にあさっりといていていくらでも食べれそう。カロリーは気にせず・・・(苦笑)
ミルキィな飲み物と合いそうだなっと思ったので、今日は最後の一切れを豆乳と一緒に・・・。おいしかったです、ごちそうさま♪


下の写真は先週、ウォーキングへ出かけた時のひとコマ。

クリックすると元のサイズで表示します

一生懸命、私のリックの紐を食べようとしてる・・・?かわいいなぁ(笑)

2010/3/8

スコーン  お菓子

今日もまた、気持ちのいい天気♪今日は、職場に向かう途中で道端にクロッカスのつぼみを見かけました。こうやって、だんだんとまわりがカラフルになっていく春はやっぱり好きな季節♪

先週のお休みは家でイギリス菓子の代表、スコーンを作ってみたよ。

クリックすると元のサイズで表示します

スコーンのレシピは色々あるけれど、今回参考にしたのはこちら。「レモン汁を加えることで、よく膨らむ!」ってところに惹かれて選んでみました。残念ながらよいスコーンの印、"オオカミの口"(スコーンに出来る割れ目)はできなかった(>−<)けど、食感はほろほろで私の好みに仕上がったよ[[pict:symbol4]でもまだ、改善の余地ありだな。

ジャムとクリームをのせて・・・♪
クリックすると元のサイズで表示します

スコーン用の型をずっと探していたんですが、ちょうどいいのが見つかりました。
クリックすると元のサイズで表示します

ケース付きで、しかも片面ずつ丸型、花型と違っていて、両面使えるようになってます。これはうれしい♪Lakelandで買ったよ。
クリックすると元のサイズで表示します

先週は、マーケットでこんなかわいい花束を見つけて思わず買っちゃいました。花瓶にちょっとリボンを結んで・・・・。なかなか上手にフラワーアレンジが出来た気がする。←自己満足ですが・・・(笑)
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
ガーベラ、今が旬なのかな?手ごろな値段で売ってます。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ