2005/6/26

第114回TOEIC結果  TOEIC・英検など

先月受験したTOEICの結果が返ってきた。結果は920点(Listening 465点, Reading 455点)だった。これで、5回目の over 900 となった。

以下に、シアトルに留学する直前からの私のTOEICスコアの変遷を示したい。

〔左より、受験日、Totalスコア、Listeningスコア、Readingスコア〕

2001/01/28 800 375 425
2002/01/26 835 420 415
2002/05/24 920 460 460
2003/03/23 940 475 465
2003/05/25 915 460 455
2003/07/27 910 465 445
2004/11/28 865 435 430
2005/05/29 920 465 455

留学から帰国して受けた2003/03/23のTOEICで自己最高の940点を出して以来、915 → 910 → 865 と下がってきていたので、正直、今回の920点はホッとしている。特に、昨年3月に今の仕事に転職してからは仕事の忙しさに追われ、前回は865点という不甲斐無いスコアだったので、900点代に復活した意味合いは自分の中では相当に大きい。

今回は Listening で多少てこずったが、Reading は完璧に全問正解できた感じがあった。しかし、蓋を開けてみると、Reading の結果は455点。まだまだ、修行が足りない証拠だ。

昨日は、本屋に注文していた『2006 全国大学入試問題正解 英語』の私立大編と国公立大編が手元に届いた。塾の生徒への使用教材として、また、昨年度入試の傾向を知る意味でも、掲載されている全大学の問題を解かなくてはならない。これまたゴールが見えない作業になるが、一日一学部ずつ解いていくつもりだ。TOEIC の Reading対策にもなる。

今日は青山学院の文学部と法学部を解いた。大学入試の長文は、内容的にも濃度があり、それだけで知的好奇心をそそる絶好の読み物となる。これでしばらくは、読書には困らない日が続きそう・・・。

2005/6/23

斬れる表現  実用英語

『TIME』アジア版 6月20日号の“The North's Bitter Harvest”の特集記事中で、面白い表現に再会した。P24で If you let things slide, it can go south really quick. という文中の go south である。

この英文は、北朝鮮への援助を外交的な戦略手段に用いようとすると、北朝鮮の食糧危機回避を遅らせることにもなる、という文脈の次に出てきた文である。直訳すれば、「事態をそのままにしておけば、状況は早急に悪くなりかねない。」といったところか。

この go south という表現。LONGMANでは、if a situation, organization, or standard of quality goes south, it becomes very bad although it was once very good と定義されている。つまり、事態などが悪くなる、という意味。

実はこの表現、シアトル留学中によく見ていたテレビ番組「ELIMIDATE」という番組で、耳にしたことがある。この番組名は eliminate(除外する)と date(デートする)の造語。一人の男性(女性)が、複数の異性と一緒に一日デートして、気に入らない異性を振り落としていくという内容のもの。出演者の一人が、確か The relation has gone south. と言っていた。

今回の『TIME』でこの表現が斬れると思ったのは、「北朝鮮に関連した状況が悪くなる」と、南に行く、つまり「韓国に亡命しようとする人々が増える」ということを、掛けている点だ。さすが TIME。読めば読むほど奥が深い。

2005/6/21

留学体験記  取材・出版関係

私がシアトルのワシントン大学に留学したときのエージェントである「ICC国際交流委員会」のホームページトップ『Monthly Interview』のコーナーで、私の留学体験が掲載されました。

本ブログ6月7日投稿の体験記
http://www.ibpprogram.com/06voice/02/07uw.html
とも大きく異なりますので、是非以下のURLにアクセスしていただき、ご一読下さい。
http://www.iccworld.co.jp/m_interview/vol6/index.html


2005/6/17

私の『英語道』の原点  英語勉強法

昨日の就寝前、松本道弘著『「タイム」を読んで英語名人』を久しぶりに本棚から引っ張り出して読んでみた。これは、私が米国留学前、英語力の伸び悩みを感じていた時に読んだ英語関係の書籍の中で、最も刺激を受けたものである。

松本先生が示す英語道の道程は以下の通りである。

迷人(点で英語を読むレベル)英検2級レベル、英語道3級以下
鉄人(線で英語を読むレベル)英検1級レベル、英語道2級
達人(円で英語を読むレベル)英語道初段〜2段
名人(球で英語を読むレベル)英語道3段以上

冷静に今の自分を判断すると、かろうじて初段のレベルに入ったぐらいのように思われる。ここから段を上げていくには相当の覚悟が必要。

まだまだ英語の乱読や速読が足りない。英和辞典の使用を止め、もっぱら英英辞典を使うようになって4年が経とうとするが、まだまだ英語そのものとの対話が必要だ。認識語彙を倍増させ、運用語彙の底上げも図っていかなければならない。やるべきことは山のようにあるが、3年以内には、2段になりたいと思う。

2005/6/16

routine 確認  英語勉強法

近頃は仕事に追われ、自分自身の英語道修行の時間が充分に取れていないのが現状。しかし、これは、英語道を極める上では、単なる言い訳 (a feeble excuse) に過ぎないこともわかっている。
自分の性格上、何をやるべきかを記し公言することで、今までは様々なことが実行できた。今日はここに、私の普段やっている勉強方法、つまり英語道を極める上での基礎トレーニングを述べたいと思う。

【Reading】
 『TIME』の講読
【Listening】
 月刊誌『English Journal』 の別売CD 
【Speaking】
 NHKラジオ『やさしいビジネス英会話(2002年10月〜2003年3月)』のshadowing
【Vocabulary】
 留学中に作成した単語帳の見直し
 植田一三著『発信型英語 10000語レベル スーパーボキャビル』

やはり基本はListeningになるだろう。自分の中ではListeningが調子いい時は、英語力全般もいいと実感できる。
しかし、英語をやっている上で調子の良し悪しが出るようでは、英語道を極めることは不可能。常に平常心で高いレベルを維持し、それ以上を追い求めなければならい。

実際、自分の英語力は高原現象(plateau)にあると思う。これを打破するには、相当の負荷を自分にかけて、上記基礎トレーニングのうちのどれかを徹底的にやりぬくことが必要だ。

まずは『やさしいビジネス英会話(2002年10月〜2003年3月)』にこだわってやってみようと思う。これは杉田敏氏が手がけたもので、全然「やさしく」ない教材。半年分をもう一度徹底的に復習し、shadowing することで何か見えてくるかもしれない。

2005/6/13

愛息が覚えた New Words  子育て

最近、アルファベットのパズルに夢中の我が子。なぜかBだけは得意で、いつも「ビー」と叫んでいる。このお気に入りの「ABCパズル」(1365円)は、『たまひよ こっこクラブ 2月号』綴じ込みのたまひよSHOPで購入したものだ。しかし、ここ2〜3日“J”のピースが missing 。息子も、Jがないボードを見て、「うー、うー」と嘆いている。Jさん、早く出てきてね。

昨日は感動的なことがあった。毎朝欠かさずに見ている教育テレビの“英語で遊ぼう”で、先週は open と close が連呼されていたのだが、そのお陰で、本を開く時に息子の口から「open」という英単語が発せられた。その直後、ママが「close」というと、「クロチュ」とまねていた。なんと天才なんだろう!(I know I'm a doting parent!)

→ここまで来ると「親バカ」というよりは「バカ親」ですね。

2005/6/12

最近の高校生  指導現場にて

最近、塾で指導している高校3年生らと受験について話をした。危機感が全く感じられないため、唖然としてしまう。大学受験の本当の厳しさを知らないからだ。
続きを読む

2005/6/11

確実に英語力がつく方法  英語勉強法

「どうしたら英語ができるようになりますか?」---英語指導に携わっている者が最も多く耳にする質問です。

「単語を覚えなさい」「文法をやりなさい」「やさしい英文で書かれた長文を読みなさい」等々、アドバイスや方法は様々だと思いますが、私はいつもこう答えます。
「習った英文を大声で音読しなさい。」
以下、具体的なやり方とその効用を、私自身の経験に基づいて述べたいと思います。


私の場合、小学校6年の時から英語塾に通わされていたため、「他の人よりも英語はできるはずだ」という自負がありましたが、中学1年1学期の通知表は“4”。この最初の“4”は私にとって、“1”に等しく、その悔しさをバネに英語を極めるための努力が始まりました。

まず、教科書は丸暗記する。繰り返し大声で音読し、自分の体に英語を染み込ませる。3年間これを続けた結果、教科書の何ページに何が書いてあるかまで、諳んずることができるまでになりました。

次に、覚えられない単語は、新聞の折り込みチラシの裏に書きまくります。そして、問題演習。塾の教科書準拠の問題集を繰り返し解き、わからないところは先生にしつこく聞きました。その結果、中学時代は英語は常に学年トップクラスとなり、通知票は1年1学期以外はすべて“5”となりました。

こうして、地元の進学校に入学しましたが、「自分は英語はできる」という思い込みのため勉強しなくなり、最初の中間テストは40点台。他科目も振るわず、1学期は405人中328位という散々な結果に終わりました。

2学期のある日、「これではいかん」と思い、英語の教科書を読んでみました。遅々として先に進まない。文章も長い、それ以前に一つ一つの単語の発音もままならない。まして、文章の意味や構文など区別できるはずもない・・・。それまで英語を甘く見ていた自分が情けなくなりました。そして、なぜ中学の時は英語ができたのか、と考えました。それは、「暗記するために、英語を音読していたからに他ならない」と気づいたのです。

そこから久しぶりに英語との格闘が始まりました。中学に比べ、高校の英語の教科書の文章は途方もなく多い。暗記するのは無理だ。ならば声に出して音読した回数を tally(正の字)で記録していこう。単語も相当数だから、カード化して効率よく覚えよう。文法も、徹底的にやりこもう。

この結果、2年次には、英語に関しては405人中30番以内をキープできるようになり、3年夏の河合塾の全統記述模試では偏差値60以上をとることができました。

結局は浪人することになりましたが、浪人してからは代ゼミの潮田五郎先生に師事。そのときも音読学習に重点を置きました。まず、師が作成されたテキストの英文をコピーして、B4ノート見開きの左側に貼る。授業は常に最前列で聞き、講義で習う重要ポイントや単語の意味や例文等を右側に書く。英文は全て大学入試問題の長文から精選されており、内容は非常に濃い。そして、苦労して読解したその英文を大声で音読し、英文そのものを自分の体に血肉化させていきました。
クリックすると元のサイズで表示します
当時のノート
この英文音読学習にも注意点があります。
@構文(or文型)と一つ一つの単語の発音まで理解したうえで読む。
A音読する時の切れ目は、意味の切れ目。
B音読しながら、同時に、頭の中では日本語に訳していく。
Cすらすら読めるようになるまで、同じ英文を20〜30回読み込む。

上記@〜Cを心がけると、一石二鳥にも三鳥にもなります。単語は書かなくても覚えられてしまう。発音問題にも強くなる。流暢に英文を読もうとすると、必然的に英文構造を瞬時に捉えられなければならず、しかも英語の語順で直読直解せざるを得ないので、速読力もつくのです。

この音読学習により英語力は爆発的に伸び、偏差値は70前後で常に安定。早稲田受験前日、全英文の音読回数を総計してみると、なんと1,200回以上音読をしていました。

早稲田合格後に受けた英検2級は何の対策もしませんでしたが、余裕で合格。結論としては、ここまでできれば、大学入試に関する英語は充分です(英検準1級合格とTOEIC高得点取得ためには、乗り越えなければならない更なる巨大な壁がある、ということを当時知る由もありませんでしたが・・・)。


>>トラスト英語学院長のプロフィールを見る
>>トラスト英語学院のフェイスブックを見る
>>トラスト英語学院のホームページを見る

2005/6/10

Active English 掲載  取材・出版関係

昨日(9日)発売の『Active English 7月号』(アルク刊)の71ページに、私のインタビュー記事が掲載されました。全国の書店で販売されておりますので、是非ご一読をお願いします。

2005/6/8

大学受験  指導現場にて

私が指導している塾の高校生もインターハイ予選が終わり、いよいよ受験モードに突入してきた。この時期は、自分が受験勉強を始めたころのことを思い出す時でもある。
友人と「早稲田に行こう!」と決意し、勉強に明け暮れた日々。今となれば良き青春の1ページ。
私が大学受験勉強を始めた時に役立った本がある。それが和田秀樹著『偏差値50から早慶を突破する法』。

和田氏を最近テレビでよく目にする。彼を見るたびに、彼なくして自分の大学合格はなかったと、感謝の気持ちを抱かざるを得ない。受験勉強に悩める諸君には一読を勧めます。

2005/6/7

留学体験談掲載  取材・出版関係

私がシアトルのワシントン大学に留学したときのエージェントである「ICC国際交流委員会」が、私の留学体験をHPに掲載してくれました。以下のアドレスにアクセスしてみて下さい。

http://www.ibpprogram.com/06voice/02/07uw.html

2005/6/5

愛息への英語指導  子育て

我が愛息には、ママのお腹の中にいた時からアルクのエンジェルコースを読み聞かせ、産まれてからも単語のレベルでは全て英語で話し掛けている。可能な限り英語を耳にさせるため、マザーグースや日本の童謡の英語バージョンを、CDで流している。

1歳8ヶ月にして、識別できる単語は、head, forehead, eye, ear, nose, eyebrow, mouth, teeth, back, hip, nipple, navel, hand, pacifier, owl, ring, glasses, sun, cloud, star, umbrella, circle, heart, triangle, square, telephone, clock, television, watch, traffic signal, red, blue などなど。その他、昆虫や野菜などの英単語もこちらが発音したものは、間違いなく指でさせるようになった。

また、アルファベットのパズルを先日購入したのだが、3日目ぐらいから、全てのアルファベットを区別できるようになった。

幼少のころからの英語教育には賛否両論あるが、我が家では、名前負けしないよう、とにかく英語を学ばせようと決めている。日本語は、日本にいる限り、自然とできるようになるのだから・・・。

2005/6/3

復習で復讐  英語勉強法

昨日の午前中はオフだったので、留学中に作成した単語カードを引っ張り出してみた。ワシントン大学での授業や新聞・TV・雑誌で出くわした単語や熟語、周囲の会話を盗み聞き(eavesdrop)した中で使える表現をまとめたものだ。

シアトルにいた時は常に携帯して暗記に努め、帰国後の英検1級合格の大きな武器ともなったこのカードであったが、最近はとんとご無沙汰。その数なんと13冊。1冊100枚程度だから、膨大な量になる。日本の単語カードとは違い、縦7.6センチ×横12.7センチと大きく、書き込める情報量も多い。単語の意味や例文などは、英英辞典から引用したものが書き込んであり、英和辞典は一切使っていない。しかも、全て conversation partner がチェックしてくれてあるので、信頼度も抜群。

見直していて気づいたことは、人間は忘れる生き物だということ。初めて目にするような気がする単語もある。悔しさが込み上げてくるのと同時に、復習の大切さも改めて痛感した。確かに暗記は根気の要る作業であるが、一度やったものは、明らかに初めて目にするものより暗記しやすいはずだ。この悔しさを晴らすため、“復習”することで“復讐”しようと決心した。

参考書や問題集に手をひろげすぎることなく、これと決めたものを何回も繰り返して自分のものにしていく。そうすると、自ずと自信も涌いてくる。

現状の英語力に満足することなく、常に先を見据え、また、過去の学習も振り返りながら、確固たる英語力の礎を築かないと、英語道の追求は不可能だ。

2005/6/2

高校で行われている英語授業  指導現場にて

あたかも意図的に“英語難民”を産み出そうとしているかのような、高校の授業および指導には愕然とします。

1.ノートに、リーダーの教科書の全文を書かせ、全訳させる。
2.授業中、生徒に訳させた時、「きれいな和訳でない」と一喝し、きちんとした日本語訳をするように指導している。

以上2点は、意味のない無駄な時間を費やすだけの単なる「作業」であり英語力向上とは何ら関係ない、ということを、以下の理由から断言しておきます。

1について。
全文をノートに書いている時、生徒はただ機械的に写しているだけ。そこに建設的なものは何も見出せない。しかも、全訳してどうすんの!中学レベルの知識で訳せるところもたくさんあるでしょうが。新出単語の意味や、訳しにく箇所だけを教科書に書き込めばいい。きれいなノートを作っている暇があれば、一つでも単語を書きまくって覚えろ、という指導がなぜできないのか。

2について。
一体いつから、高校の英語授業は、翻訳家養成講座と化したのか?英語力を向上させる上で最も大切なことは、きちんとした文法知識に基づいて、どんなに複雑な英文でも瞬時に英文構造を見抜くことができる力を養うことである。和訳に夢中になっていては構文を見抜けない。これでは、直読直解の速読力もつかず、大学入試やコミュニケーションの場で通用する英語力などつくはずもない。そんな指導だから、定期テストですら平均点が低くなってしまう。

先日、ある生徒からこんな話を聞きました。
「教科書のある単語の訳し方について職員室に聞きに行ったら、答えてくれた先生の隣の先生が、『その訳は違う、こっちの訳の方がいい』と反論して、先生同士で口論になったよ」と。

英語から日本語に訳すことは、極論的に言えば、不可能。英語は英語、日本語は日本語なのだから。「英語は英語のまま理解し、英文構造に注目しろ。英文構造を見抜くには、揺ぎ無い文法力をつけることだ」と何故言えないのか。

全ての高校英語教師が、上に述べたものに当てはまるとは決して言いません。ご自分で日々英語力アップや指導法の研究に取り組まれておられる方もいるからです。しかし、上に述べたような授業や指導をしている英語教師は、確実に生徒の可能性を潰しています。

私が塾で指導してきた経験上、高校授業で植え付けられた訳読中心の英語学習から抜け出せない生徒は、全く英語力が伸びません。

こういう英語学習をしてしまった生徒が、大人になって英語をやり直そうとした時、平気で「私は文法的なことはいいから、会話ができるようなりたい」と口走ってしまうのです。

日本語で頭がガチガチに固まってしまった大人が英語を話そうとする時、文法力なくしてどうやって話すことができるのでしょうか?そんなに簡単に英語が話せたら、誰も苦労しません。

英語指導には目的別にきちんとしたやり方があります。ただ、知識を教えていればいいというものでもありません。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ