2005/9/27

ゲージツの秋  閑話

先週の連休は、飛騨高山まで一泊二日の家族旅行に行ってきました。温泉旅館に泊まるのは約半年振りだったので、久しぶりにリフレッシュできました。

帰路、下呂温泉にも立ち寄り、足湯などを楽しみましたが、温泉街の一角に“市民ギャラリー”なるものを発見。下呂温泉の思い出を水彩画で描いた絵手紙が、整然と並べられておりました。

我々も描くことができるということで、早速挑戦。息子は筆につけてもらいたい色を yellow・green・blue・black・gray・white・beige・ocher・brown・orange・red・pink・purple と英語で指名し、2歳なったばかりとは思えぬ筆使いで、芸術の秋を満喫。
クリックすると元のサイズで表示します

左から、妻・息子・私の作品です。
クリックすると元のサイズで表示します
ゲージツは爆発だ〜!

2005/9/24

目標の分割  指導現場にて

本ブログにも度々登場している(株)オーシャンブリッジ社長の高山知朗氏と、一昨日の晩に飲みに行った。

私の場合、普段は仕事が夜の11時近くに終わり、しかも原付バイクで通勤しているため、平日に飲みに出ることは皆無。しかし、今回は連休前で高山氏が伊那に帰省しているということもあり、久しぶりに楽しいお酒が飲めた。

11時ぐらいから飲み始めたのだが、話に夢中になり、せっかく持参したデジカメで写真を撮るのも忘れるほど。焼酎のボトルが1本空いたときは、既に2時を回っていた。仕事やブログ、友人など話のネタは尽きなかったが、今回特に熱く語ったのは、最近の高校生の向上心の無さである。

「僕達の高校時代は・・・」というフレーズは我々の過去を顕示せしめるようで使いたくはないのだが、今の高校生と比べると、我々の高校時代のほうが向上心があり、積極的に自分の行きたい大学を目指して我武者羅であった、という点で意見が一致した。

大学全入時代と言われる昨今、「入れる大学ならどこでもいい」という風潮が高校生の中では多い。浪人してまでも「この大学に行ってやろう」という意気込みを持った生徒はいない。高山曰く、経営者として採用面接をやると、地方の高校から難関大学に合格できた人の方が、目標設定が明確に出来、その目標に向かって、その時その時ですべきことを自分で考えて行動に移せるとのこと。

つまり、目標を小さく分割し、それを達成し積み重ねていくことで、大きな目標をクリアできるのだ、と私は考える。「入れる大学ならどこでもいいや」では、妥協の人生を歩むことにはならないか。

何も浪人を薦めているのではない。浪人せずに志望校に合格するという目標を定め、今何をすべきか考え、それを実行していけばいいだけのことだ。

1次会の居酒屋を出て、ラーメンを食べ終わったら、既に3時。その日、家族で一泊二日の温泉旅行に出かけることになっていたにも拘らず、深酒をしてしまった私。ついつい飲みすぎてしまうということは、「二日酔いをしない」という“目標設定”が出来ていなかった証拠かも・・・。

2005/9/22

THE CRITICAL DAY  閑話

明日は9月23日。この日は私の人生にとって、大切な日 (critical days) の一つである。4年前のこの日、留学のため Seattle に向けて旅立ったからだ。

大学を卒業し、地元の大企業に就職。安泰な人生を送っていた日常の中、三十路を迎えようとしていた時、ふと考えた。「僕の人生はこれでいいのだろうか」と。妻と共に今後の人生について語り合い、出した答えは「自分のやりたいことをやろう。」

それからは行動が速かった。留学先を決め、両親や会社の上司を説得し、退職。今思えば、よくあそこまでの行動力があったと思ってしまうほどだ。

そして、9月23日の渡米日が早く来て欲しいと思う気持ちと、未知の世界に飛び込む恐怖から、その日が来ないで欲しいと思う気持ちが共存し、葛藤した日々。

人生の restart を切ったこの日は、何年が経過しようとも、僕の中では決して色褪せない。

2005/9/21

HAPPY BIRTHDAY!!  子育て

クリックすると元のサイズで表示します
先日、息子は満2歳の誕生日を迎えました。そのお祝いも兼ね、18・19日の連休はジジ・ババを引き連れて、長野の茶臼山動物園に行ってきました。

車中の息子は英語を連発。例えば、高速道路でトンネルがあると "In" "Out" を連呼。数字や色が目に入ってくれば、それらを英語で言ったり、車中で流していた英語の童謡にあわせて歌を歌ったりと、ジジ・ババを驚かせていました。

しかし、私が最も驚いたことは、64歳になるババ、つまり私の母が「これは英語で言うと何ていうの」と私に尋ね、息子に英語で話しかけてくれていたことです。母親が英語を口にしたところなど今までは見たことも無かったのに。恐るべし、孫パワー。

ジジ・ババも私達夫婦の英語による子育てに理解を示してくれているため、ありがたい限りです。

2歳の誕生日プレゼントは、EX-Padと専用ソフト『アルク2000語絵じてん 1』。これらを使って、小学生に上がるまでには何とか2000語の英単語を覚えさせたいと考えています。
クリックすると元のサイズで表示します
彼も既にこのEX-Padに夢中。子供の脳は無限の可能性を秘めているので、どんどんと英単語を覚えていってもらいたいと思うばかりです。
クリックすると元のサイズで表示します

2005/9/19

DON'T BE SHY!  子育て

我が愛息も満2歳を迎え、先日は私の前勤務先である 外国語学校 AtoZ の Mother & Baby の体験授業に行ってきた。

約20分の体験授業では、講師自ら弾くギターに併せて "If you're happy and you know it, clap your hands." や "Alphabet Song" を歌ったり、身体を動かしながら、数字や色を英語で覚えていく内容であった。

息子は既に数字は20まで英語で数えることができ、また、beige, ocher といった区別の難しい色も含め、ほとんどの色を英語で発音できる。家の中では、近所に聞こえるぐらい大きな声で英語を発話しているにもかかわらず、いざネイティブの先生を目の前にすると、声も小さく遠慮して言わない場面もあった。

私はここにコミュニケーションの大切さを痛感した。充分な知識や会話を出来る能力があっても、積極的に自ら発話しアウトプットをしない限り、それらは宝の持ち腐れになってしまうのである。やはり、コミュニケーションというものは場数を踏んで慣れなければならない。自ら発話し意見するという姿勢が大切なのである。

息子は2歳になったばかりで、家族以外の人の前では、たとえ日本人であったとしても静かになってしまう内弁慶なところがあるので、ただ単に人に慣れていないというだけかもしれない。これからは、外国人・日本人の区別無くコミュニケーションをできるようになってもらいたいと思う。

英語力向上のための更なる知識のインプットはもちろん、コミュニケーションの天敵であるshyness を取り除くことが、これからの息子の課題であろう。

2005/9/16

ボキャブラリー増強法および失念防止法  英語勉強法

人間は忘れる動物である。しかし、せっかく覚えた英単熟語は忘れたくないし、もっと多くのボキャブラリーを覚えたいと思うのが英語学習者の常。今日は、私のボキャブラリー増強法を紹介したい。

続きを読む

2005/9/15

英検対策の勉強?  TOEIC・英検など

10月16日は本年度第2回英検である。我が塾も準会場となっているため、多くの生徒が受検する。そして、この時期によく聞かれる質問がある。「英検に合格するために、どのような勉強をしたらいいですか?」

結論から言っておきます。英検対策用の勉強など、この世には存在しない!普段からやっている英語の勉強を続けていればよい。中学1年の学習内容をようやく理解できる程度の人が、2級を受検するとなると、それなりの対策は必要である。しかし、そのような無謀なことをする人はいる筈も無く、受検級は自分の実力を考えて申込む筈である。ならば今の学習を続けていけば良い。背伸びして、英検対策用の問題集を買ったり、難しいことをやろうとすると、消化不良を起こし、結局何も身につかないまま、検定日を迎える羽目になるのだ。

私の場合、4級を中2で受かり、3級は中3で落ちた。その次に英検を受けたのは、早稲田に合格した3ヶ月後に受けた2級。この時は、何の対策もせずに受検し、余裕で合格を果たした。2次の面接も自信を持って望めた。つまり、大学受験レベルでは2級は受かって当然なので、気持ち的にも余裕があったのだ。

英語の勉強に英検対策用など無い。普段から、自分のレベルアップを目指してやっていれば、自ずと現在のレベルもわかるし、それ相応の級を受検するはずである。

普段の学習の延長線上に各種試験があるのだ、ということを肝に銘じて英語学習に勤しんでもらいたい。

2005/9/13

祝!3,000件突破  閑話

本日、総アクセス数が3,000件を突破しました。3,000件突破は、2,000件突破から9日間で達成することが出来ました。

これは、信毎HP大賞ノミネートで紙上に掲載されたことが大きな要因と考えられます。

今回のノミネートで当ブログにアクセスいただき、お知り合いになれたブロガーの方々とも、なお一層の情報交換をしていきたいと考えておりますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。

2005/9/11

友人からの便り  実用英語

シアトル・ワシントン大学留学時代のクラスメートで、共に参加したビジネスプログラムを修了した後も、現地の大学に編入し頑張っている友人 Yukku から、やる気の出るスピーチを紹介してもらった。

Apple Computer CEOの Steve Jobs 氏が今年6月のスタンフォード大学の卒業式で卒業生に対して行ったお祝いのスピーチで、長野智子さんのブログで紹介されているとのことだが、読み終わってから、身体の中に沸々と漲ってくるパワーを感ぜずにはいられなかった。

日々の忙しさに埋没することなく、その中にこそ明日への目標を見出し、夢を持ち続けて頑張っていこうと思う。

2005/9/11

回想 September 11th  閑話

今年も9/11がやってきた。アメリカ同時多発テロから丸4年である。世界中に衝撃を与えた事件であるため、脳裏から離れることは到底無いのだが、この事件は私にも少なからず影響を与えている。なぜなら、その12日後に留学のため渡米することになっていたからだ。

ホストマザーのJudyが送ってきたメールを今でも思い出す。
We are so devastated・・・.

渡米当日、搭乗したアメリカン航空の座席はガラガラ。出迎えたくれたJudyは、テロの話になると涙し、アメリカ国内のメディアは全てテロ一色であった。

大学の講義も、必然的にテロに関するものが多くなった。航空業界が受けた影響も大きく、ボーイングのお膝元であるシアトルにも不穏な空気が漂っていた。1ヶ月後の10/11は、ワシントン大学の通常授業はキャンセルされ、同時多発テロに関する特別講義があらゆる教室で行われた。

その年の大晦日には、ground zero を妻と見に行った。何回となくテレビで流された衝撃の現場が現前したため、その光景を目の当たりにしたときの気持ちは、筆舌に尽くしがたい。

毎年この日はやってくる。英語を学び、そして指導している者として、この事件は後世に伝えていかなければならない。

2005/9/10

GOING POSTAL  実用英語

毎週金曜日は定期購読している TIME が届く日である。ここ数年はイラク戦争がらみの記事が多く、かなり fed up しているのだが、今週号(September 12, 2005)は、日本の衆院選の特集が組まれており、興味深く読めた。その中で、さすが TIME と思わせる表現に出会えたので紹介したい。

郵政民営化についての Q&A 形式の記事で、見出しに「Going Postal」という表現がある。postal はもちろん post の形容詞だが、go postal で“狂気の沙汰の、暴力的な”といった意味になる。おそらく、日本の英和辞典には出てこない表現だ。

シアトル留学時代、授業の一環として、毎週地元の entrepreneur に講演に来ていただいたのだが、その一人が、この go postal という表現を用いたため、後日先生が授業中に意味や成り立ちを教えてくれた。

go postal は、ここ10年ぐらいで使われるようになった表現らしい。そもそもは、アメリカで銃を持った人がいきなり郵便局で発砲し、何人もの死傷者を出す事件が発生。その事件以来、go postal(直訳すると“郵便局の状態になる”)は、「気が狂れて、凄まじいことをする」という意味で使われるようになったとのこと。

今回の TIME の記事では、郵政民営化が最大の争点である衆院選一色になっている日本を、見事 go postal という簡潔な表現で描写している。さすが TIME だ。

因みに、私が愛用している英英辞典 LONGMAN AMERICAN DICTIONARY Advanced には、ちゃんと定義が出ているので、以下引用する。

go postal
《SLANG》 to become very angry and behave in a violent way

蛇足であるが、こういうときに、英英辞典は役に立つ。ある程度英語の力がある人(英検準1級もしくはTOEIC800点以上)は、英英辞典に切り替えた方がよい。英語独自の発想や、単語の微妙なニュアンスがわかるからだ。私も、留学してからは英和辞典は使っていない。

英語を英語で考える、これこそ英語道を極めるための奥義である。

2005/9/7

『働く留学 インターンシップ』掲載  取材・出版関係

働く留学 インターンシップ Vol.8』(ICC国際交流委員会監修、イカロス出版)の95・99ページに、私のインタビュー記事が掲載されました。全国の大手書店で発売されてますので、是非チェックをお願いします。

2005/9/4

Train, train!  子育て

今日は愛息を電車に乗せてあげようと計画。

実家の最寄駅から飯田線に乗車し、単線の鈍行に揺られ、隣の市まで行ってきました。乗車時間は往復1時間足らずでしたが、1歳の愛息にとっては大旅行となったに違いありません。

クリックすると元のサイズで表示します
乗車駅では、駅構内から初めて見るの踏切に相当感動したのか、「カン、カン、カン、・・・」を連呼。また、あらゆる所に数字やアルファベットがあるため、目に入ってくるものはすべて英語でこれまた連呼。

電車に乗ると、シートに立ち膝で登り、流れる景色を満喫。その愛息の愛しい姿を見て、私も大満足。
クリックすると元のサイズで表示します
帰りの電車まで1時間ほど時間があったので、駅前を散策し、近くのスーパーでおやつを買ってしばし休憩。

帰りの車内は混んでいたので途中までは立ったまま。疲れと心地よい電車の揺れのせいか、愛息は器用にも立ち寝を敢行。あと一駅というところでシートに座れたのですが、既に sound asleep 状態でした。

この電車小旅行をただでは終わらせたくありません。英単語を覚えさせるべく、数字やアルファベットはもちろんのこと、train, railroad crossing, arrow などの英単語を愛息に教えました。電車に乗るときも、Let's get on! 電車が動き出せば、Here we go! などを意識的に口に出し、英語を意識させるよう努力しているのです。

2005/9/4

祝!2,000件突破  閑話

本日、総アクセス数が2,000件を突破しました。当ブログ開設してから1,000件を突破するのに2ヵ月半を要したのに対し、2,000件突破は、1,000件突破からから1ヶ月と1週間で達成することが出来ました。

これも普段からアクセス頂いている皆様のお陰です。これからも、皆様の期待に添うような情報発信を心掛けていきたいと思いますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。

2005/9/3

危機的状況からの脱出  指導現場にて

本ブログ8/27投稿の『教師の資質』で述べたように、再び同問題で同じ生徒たちに小テストを行った。

結果は、予想通り誰一人として完璧に出来たものはいなかった。ちなみに前回の平均点は23点中10.9。今回は平均点こそ2,3点上がったものの、中には前回よりも点を落とした者もいた。つまり、前回はたまたま正解していたということである。

そして、私は大声で怒鳴り上げた。去年の3月から今の塾に勤めて以来、最も大声を張り上げた瞬間だ。この説教の理由を生徒たちには以下のように説明した。

@先週の小テスト後、答案を回収したが、誰一人として結果を気にするものがおらず、また、その日のうちに出来なかった単語を覚えようと行動に移しているものが見受けられなかった。
A普段から口では「やばい、やばい」と言っているだけで、具体的な行動をしていない。
B赤の他人である僕が、本人以上に生徒一人一人の将来を危惧しているのに、当の本人からは危機感が全く感じられない。
C人生を甘く考えている。
D考え方が小学生並。自分で考え、自分で人生を切り開こうとする意思が全く感じられない。
Eこれだけ言われて勉強姿勢が変わらなければ、人間として異常である。

文句を言う生徒は誰一人としていない。当たり前のことを分からせてあげただけだからだ。その後は全員を居残りさせ、23個の単語を完璧に覚えるまでは帰宅させなかった。誰一人として集中力を切らすものは無く、みな真剣に単語を書きまくっていた。

そう、この姿を見たかったのだ。しかし、遅すぎる。センター試験まで後140日しかないのだ。でも彼らが真剣に取り組む限りは、僕も本気で彼らと向き合う覚悟だ。

自分でいうのもなんだが、普段は温和でニコニコして、生徒の前で怒ったり、声を荒げることはまず無い。それだけに、大声を張り上げて喝を入れると、生徒はかなり驚く。実際、今日も半泣きする女子生徒、僕が近づくと手を震わせていた男子生徒もいた。

でも、これだけは彼らには分かって欲しい。怒った後、言い過ぎたのではないかと思い、僕が一番反省し、腹痛を起こし、また、極度の後悔と脱力感に襲われていたことを。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ