2005/10/27


本日、【信毎ホームページ大賞2005】の各賞が発表されました。残念ながら、本ブログ「英語道」は受賞できませんでしたが、9月6日のノミネート以来、ウェブ投票やコメントなどで応援を頂いた方々には重ねて御礼を申し上げます。10月31日の信毎朝刊では、受賞作品の紹介が特集されますので是非ご覧下さい。

また、11月5日に長野市で開かれる贈呈式には妻・息子と共に出席予定です。受賞者やノミネートされた方々との交流を通じて、更なる魅力的なブログ作りを心掛けていきたいと思います。

2005/10/25

国連英検  TOEIC・英検など

世の中には“英語検定試験の三冠(the Triple Crown)”と呼ばれるものがある。実用英語技能検定(英検)1級・TOEIC900点以上・国際連合公用語英語検定試験(国連英検)特A級である。

私の場合、英検1級とTOEIC900点以上は既にクリアーしているものの、国連英検を意識したことは余り無かった。十数年前の大学1年時にB級を受検したときは見事に落ち、それ以来、国連英検は、私の中では影が薄くなっていった。

昨年3月の英検1級合格で、英語に対する自信は揺ぎ無いものになったが、更に上を目指そうという incentive や booster が無くなってしまったのは事実。そこで、レベル的には英検1級と同水準ではあるが、国連英検特A級合格を自分の更なる英語力向上のきっかけに出来ればと思い、受検を決意した。来春の合格を目指して今日から一歩を踏み出したい。

まずは指定テキスト 『Today's Guide to the United Nations』 の読破と、文法事項の再確認のため 『NEXT STAGE』 を完璧にしておきたい。

今日から出来ることを少しずつ。
Where there's a will, there's way!

2005/10/23

漢検2級受検  TOEIC・英検など

本ブログ8月28日の投稿記事にあるように、今日は漢検2級を受検しました。

ここ最近は仕事が多忙を極め、前々日は3時間睡眠。そのため、検定前日の昨夜は問題集を開くことも無く、午後10時には寝てしまい、気付いたら朝の8時でした。

それが幸いしたのか、検定中はすっきりした気分で受検でき、自己採点は167点。8割(160点)とっていれば合格確実なので、結果を楽しみに待ちたいと思います。

2005/10/21

a big yawn  子育て

愛息も2歳になり、順調に英語のボキャブラリーを増やしている。彼の最近のお気に入りのフレーズは "big yawn" だ。

風疹予防接種の副反応で発熱し、夜中に目覚めてしまった息子。自分で大きなあくびをするたびに必ず一言、"big yawn"。見ているこちらも眠くなり大きなあくびをすると、それに対しても"big yawn"。すっかりお気に入りのフレーズのようだ。

私が yawn (あくび、あくびをする) を覚えたのは、大学一年生で英会話学校に通っていた時。同じクラスの上智大学の女の子が英会話の中で yawn という単語を使うのを聞き、「やっぱり上智は英語ができる人が多いな」と感心させられたことを、昨日のことのように思い出す。

因みに、『LONGMAN AMERICAN DICTIONARY Advanced』 によると、yawn には
《INFORMAL》 someone or something that is boring (退屈な人や物事)
という意味があり、
The party was a big yawn.(そのパーティーは全くもって退屈だった。)
という例文も出ている。

息子に、 "Studying English is a big yawn." と言わせないように、楽しく英語を教えていくのは、私の責務でもあります。

2005/10/16

soba festival  閑話

I went to Uchinokaya in Ina with my family to join a soba festival. They served the "gyoja" soba.

クリックすると元のサイズで表示します
Gyoja soba

"Gyoja" means a monk in Japanese. Long ago, a monk stopped by there on his way to the Mt. Komagatake, where he was supposed to have an ascetic training.

Because he was only too glad to be heartily received there, he gave them a handful of seeds of buckweat. Since then, they have raised and enjoyed the soba.

Generally, we enjoy the Gyoja soba with sauce dip, which is a sort of miso soup with pungent grated radish.

I enjoyed the same way above over a can of beer. That really hit the spot!!

2005/10/14

immersed in English  英語勉強法

先月申込んだにも拘らず、システム上の不具合で見られなかったスカパーが、先日から見られるようになった。CNN・BBC・Bloomberg・GLCの「英語セットマスター4」に加え、FOXが視聴できる。

早速、午前中からCNNを流しっぱなしにしてみた。2時間ほど聴いていたのだが、それだけで脳内の英語野が刺激され、活性化するのを実感できた。

これまで、私の Listening 学習と言えば、The Voice of EJ を聞く程度。このままでは、更なる Listening Skill の向上は望めない。スクリプトもなく、集中砲火的に流される英語のシャワーを浴びてこそ、英語脳が再生・活性化する。

今も 「LARRY KING LIVE」 を見ながらこのブログを書いている。もちろん、このような英語の多聴・乱聴のほかに、精聴も必要となる。The Voice of EJ は、今後も精聴用に活躍することであろう。

私は、以前から Listeing が苦手であった。TOEICの点数を比較しても、留学前は Reading の平均点の方が高かった。これは大学受験英語の影響であろう。シアトル留学時代、Listening を克服しない限り飛躍的な英語力の向上は望めないと悟り、四六時中携帯ラジオで NPR を聞き続けた。そして、渡米して4ヶ月が過ぎようとしていたある日、突然、放送されている英語が全て理解できるようになった。所謂、閾値を越えた瞬間(Breakthrough)であった。

英語によるコミュニケーションにおいて、相手の言っていることが理解できることは、自分の意見を発する時の精神安定剤として、不可欠な要素である。「英語が話せない」と嘆いている人の殆どは、Listening skill が不十分である。アウトプットをするには、膨大なインプットを経験しなければならない。これは、Reading にもあてはまる。

遠回りに見えるが、流暢な英語を話せるような英語力をつけるには、まずはインプットが肝要だ。

2005/10/12

ウェブ投票締切  信毎ホームページ大賞

10月5日をもって、「信毎ホームページ大賞 2005」ウェブ投票が締切られました。当ブログにご投票いただいた方には、この場を借りて御礼を申し上げます。審査結果および投票結果発表は今月末の予定です。全部門ノミネート作品は こちら をご覧下さい。

2005/10/12

懐かしの・・・  子育て

先日実家の本棚を整理していたら、Sidney Sheldon 著 『DRIPPY - The Runaway Raindrop』を見つけた。邦題は確か『家出のドリッピ−』。“英語の成績急上昇”などの謳い文句で、誰もが一度は新聞広告で目にしたことがあるアレである。

私がこれを購入したのは1998年。しかし、当時は全12章395ページのうち1章34ページをやっただけで、その後は本棚の肥やしと化してしまった。

今回は、妻にも薦められて、愛息が寝るときに少しずつ読んであげることにした。イラストも気に入ったのか、息子は真剣に聞いているではないか・・・。会話で使えそうな表現も結構入っている。大人が英語をやり直したいときの教材としても使えそうだ。カセット(CDではないのが時代を感じさせる・・・)も封を開けないままで残っているので、朝食時に聴いていきたい。

私の本棚には、購入しただけで手をつけていない英語の参考書や問題集がかなりある。全てを完璧にやってモノにした参考書類は数えるぐらいしかない。しかし、それでいいと思っている。以前読んだ何かの本に書いてあったのを思い出す。「本は読まなくてもいいから購入しておいた方がよい。買って手元にあれば、いつかは読むかもしれない。しかし、手元に無ければ、永遠にそれを読むことは無いのだから。」

今回もこの名言があてはまった形です。

2005/10/10

似顔絵道  閑話

私の知り合いで、イラストレーターを目指している「きすけ」さんが最近ブログを始めたので、紹介したい。その名も「似顔絵〜顔面狂喜〜」。

彼はライフワークとしてイラストを描き続けてきたのだが、その才能を天職にすべく奮闘中。「英語道」ならぬ「似顔絵道」を追求している。
クリックすると元のサイズで表示します
Courtesy of Kisuke
これは、私のブログのプロフィール写真をもとに彼が描いてくれた似顔絵。

本人の特徴を、外見からだけでなく性格や考え方などの内面からも的確にとらえ、それをプラス方向にデフォルメできる才能の持ち主。描く場合は必ずその人物のリサーチを欠かさない。よって、社会情勢にも詳しい。

毎日1枚のアップを目標にしているブログ「似顔絵〜顔面狂喜〜」、お薦めです。是非アクセスしていただき、イラストに対するコメントをお願いします。また、ビジネスで使用したいイラストをご希望の方のアクセスも待っているそうです。

2005/10/7

嬉しい瞬間 Part 3  指導現場にて

一昨日、塾の教え子だった現在大学1年生の女の子から久しぶりにメールをもらった。しかも、すべて英語で書かれており、彼女の大学生活の充実振りがうかがえた。

彼女は伊那北高校出身。当初から大学で実用英語を学びたいと志望していたため、塾での指導も必然的にレベルの高いものになった。基礎力も充分にあり、高度な内容で指導しても彼女は理解してついてきた。

受験校を決める際は、色々と悩んだのだが、早い時期から念頭にあった愛知県立大学と、私が薦めた獨協大学を受験。結果は見事、両方とも合格。入学金振込み締切り直前までどちらにするか悩みに悩み、前者の大学に進学した。

昨年の高校3年生で、私の指導に従って学習してきた生徒は確実に伸びた。3年生になった時点での英語の偏差値が40代前半の女の子がいた。あきらめずに私の指示したとおりの参考書を使い、勉強を続けた結果、センタ−試験の英語で173点を取得。見事、明治学院大学合格を果たした。

今年の3年生もようやく受験の雰囲気が出てきた。昨日も、数人が授業時間よりも早く来て、私が指示した内容の勉強を黙々とこなす姿が見られた。スタートが遅かった分、苦労しているかも知れないが、この調子で続けていってもらいたい。結局、受験は自分との戦い。最後まで「怠けたい」「楽したい」という気持ちに勝ち続けたもののみが、合格の美酒を味わうことが出来る。
JUST HANG IN THERE, ALL!!!

2005/10/4

SAFECOの思い出  閑話

昨日の午前中、NHKのBSでマリナーズの今期最終戦を見た。イチローは既に5年連続200安打を達成しており、最下位チームの最終戦のどこに見所があるのかと問われるかもしれないが、私にとっては特別である。

クリックすると元のサイズで表示します

2001年秋に留学のためシアトルに渡米した時、マリナーズ戦のチケットを入手することが出来、SAFECO FIELD に行った。この年入団したイチローの活躍でマリナーズは116勝という勝ち星を上げたのだが、観戦した試合は、同時多発テロで延期された試合であった。

その試合でもイチローは活躍し、第1打席で2塁打を放ち、すかさず3盗。歓声は起こるものの、日本の野球場のような鳴り物がないため、すぐさま異様な静かさに包まれる球場。その静かさを切り裂くAMTRACKの汽笛。それだけで満足だった。

大リーグのシーズンが終わると、シアトルは霧雨に覆われる陰鬱な冬を迎える。その時期は、私が日本を離れ、留学してホームシックにかかった時期と重なるため、大リーグの終了は私を感傷的な気分にさせる。
クリックすると元のサイズで表示します

それでも今は、日本での日常を離れ、そのシアトルに行ってみたいと思う。霧と寒さに包まれた街を、Tally'sのコーヒーを飲みながら歩いてみたい。
クリックすると元のサイズで表示します

早いものだ。今日で、帰国してからちょうど3年の月日が流れた。

2005/10/1

辞書を引くことの効用  英語勉強法

英語を教えていて、「この子は伸びるな」と思う要素がいくつかあるのだが、そのうちの一つが、辞書を積極的に引くことである。

デジタルの時代、ほとんどの生徒が電子辞書を持っており、私自身、教室間の移動が多いため、携帯に便利な電子辞書を今年になってようやく使い始めたが、それまでは紙の辞書を使用していた。ある程度の英語力(英検で言えば準2級)がつけば電子辞書の使用を薦めるが、それまでは紙の辞書がよい。

紙の辞書の利点として、
@一度引いた単語に線を引いておけば、二度目に引いたとき「一度調べたのに覚えていない」という自戒の念が生まれ、暗記しようとする

A単語には大抵二つ以上の意味があり、それらが一目瞭然となる。また、関連熟語も目を移動するだけですぐに調べられる。電子辞書は、ページ送りや成句検索などの操作が必要

といったことが挙げられる。

もし、電子辞書を購入するならケチらないこと。引き出物のギフトブックでもらえるような電子辞書は英語学習ツールの用に立たない。また、携帯電話の辞書機能を使っている生徒もいて驚かされるが、彼らに共通していることは、英語が全く出来ないという点である。

私の場合、高校1年で購入した『ライトハウス英和辞典』(研究社)が最初の英和辞典であった。1年生の後半で部活を止め、英語の勉強を本格的に開始した時、物足りなさを感じて、2年次に『新英和中辞典』(研究社)に切り替えた。結局、早稲田に合格するまでこの辞書を使ったが、表紙カバーは剥がれ、線を引いていないページは無かった。

大学時代は高校時に学校から買わされた『ロングマン英英辞典』をたまに使ったが、当時は英英辞典を使うのにはまだ抵抗感があり、先述の『新英和中辞典』を使い続けた。

社会人になってからは『カレッジ ライトハウス英和辞典』(研究社)を使い、留学のため渡米した時もこれを持参した。しかし、あるとき英和辞典の欠陥に気付かされた。

口語表現の説明が淡白なのだ。例えば、シアトルの床屋でマスターと会話した際、彼が友人についてこう言った。“He is big on bonsai.”

これを『カレッジ ライトハウス英和辞典』で調べると、
be big on …
[動]《略式、主に米》…に熱心である
としかでていない。

しかし、私がシアトルで愛用していた『LONGMAN DICTIONARY OF AMERICAN ENGLISH』には次のようにでている。
be big on
《spoken》to like doing something very much or to be very interested in it
(何かをすることがとても好きである、もしくは、それにとても興味を抱いている、ということ)
Jenny's big on health food these days.
(ジェニーは最近健康食品に嵌っている。)
うーん、わかりやすい。

この英英辞典も相当使い込み、使用に耐えなくなってきたため、年初来、電子辞書の『LONGMAN DICTIONARY OF AMERICAN ENGLISH Advanced』を愛用している。

遠回りに見えるが英語力を確実に培う方法、それは、辞書を引きまくる、ということである。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ