2006/1/30

やはり最後はvocabulary  英語勉強法

昨日行われた英検の解答速報が出たので、早速答え合わせをしてみました。準2級は筆記・リスニングとも満点で75/75、2級は筆記が満点でリスニングは2問落として73/75でした(不覚)。敢えて言い訳をさせてもらうと、2級の筆記を解き終わったあと、リスニングに取り掛かるまでに間を置きすぎてしまい、集中力が切れてしまいました。それにしても1級合格者が2級ごときで間違っているようじゃ〜いけません。反省して英語道に精進します。

さて、昨日の夕方は、久しぶりに妻と二人で本屋に行き、雑誌などを立ち読み。そこで『AERA English 3月号』の“英語は単語力だ”の特集に惹かれて購入。改めて、英語は単語力が大事だということを痛感させられました。

しかし、単語力だけが全てではありません。揺ぎ無い文法力と英文構造把握力があってこそ、単語力をつける意味があるのです。単語を覚えただけでは、実際の会話においては単語だけの羅列になり、大人が話す英語としてはいただけません。見識ある一大人としては、やはり内容のあるきちんとした英文で発話したいものです。

バランスよく偏らない英語学習を心掛けましょう。

2006/1/29

妻の再挑戦  TOEIC・英検など

今日は英検。勤務先も準会場になっているので、試験監督のため出勤しました。試験終了後、2級の問題を解いてみました。

筆記75分のところ30分で解き終わり、1級に合格していて英語を仕事にしている私から見れば「簡単」というのが率直な感想でした(「当たり前だろ〜」というお叱りの声が聞こえてきそうですが・・・)。しかし、私が2級に合格した14年前と比べると、若干難易度が上がった印象を受けました。合格するには文法はもちろんですが、とにかく語彙力をつけるしかありません。

妻は英検2級合格を目指しています。今回は受験しませんでしたが、次回の6月の英検は受験予定です。御多分に洩れず、妻の弱点は語彙力。衰えていく脳味噌に刺激を与えながら、どんどんと単語を覚えるしかありません。

2006/1/25

Acorns grow up to be ・・・  子育て

昨日の午前中は、ポカポカ陽気で、仕事も午後からだったので、愛息・妻とともに久しぶりに散歩に出かけました。我が家は散歩途中でも、英語は欠かせません。

いつもの散歩道にある鶏小屋の前を通るときは、"How do roosters say?" と必ず息子に尋ねることにしています。すると彼は、"Cock-a-doodle-doo!" と元気よく答えます。路傍にドングリが落ちていたので、"What's this?" と聞くと、"Acorn." と答えます。歩道の縁石を歩こうとするので、"This is a curb." と教えると、すぐに"Curb." と発音し、自分の単語にしてしまいます。

些細なことですが、この積み重ねが大切だと思っています。千里の道も一歩から・・・英語で言うと Big oaks from little acorns grow.(樫の大樹も小さなドングリより育つ) です。まさに、acorn から始まるのです。

クリックすると元のサイズで表示します
a pinecone and acorns Eigo picked on his way

因みに、松ぼっくりは pinecone と言います。cone は「円錐」の意味で、traffic cone と言えば、道路工事のときに置かれる円錐柱のことです。角錐は pyramid です。

息子は、このような単語を実践の場で学ぶだけでなく、家の中でも自分で勝手に本を見ながら勉強しています。彼のお気に入りの英語の絵本は『0さい〜4さい こどもずかん 英語つき』(学研)シリーズです。

2006/1/24

センター試験から一夜明けて  指導現場にて

昨日から、塾生たちのセンター試験自己採点結果の集計を始めた。普段の地道な学習が実を結び花咲いたもの、実力通りの高い( or 低い)点数を取れたもの、極度の緊張から実力を発揮できなかったもの・・・など、皆悲喜こもごも。

大切なのは、全ての結果を真摯に受けとめ、善後策を講じることです。2次試験で逆転が不可能であれば、私立大受験の科目に特化した勉強に切り替える。2次・私立ともに不可能であれば、来年へ向けて新たなスタートを切る。全ては自分の責任で行い、その結果は正直な形で戻ってくる。これが大学受験です。今回のセンター試験でその厳しさを垣間見た受験生も多いと思います。

しかし、その厳しさから逃げ出さず、むしろ自らすすんで受け止める勇気をもってもらいたい。それが、目標に邁進していくエネルギーに変わっていくのです。

2006/1/22

an old friend  閑話

I enjoyed talking with an old friend of mine, Mr. Yukitsugu Tabata, who is now an lecturer at Sophia junior college. We have known each other since childhood.

His major is archaeology. He recently has published a book called 『アンコール・ワットを読む』 as a joint work.
We talked about a lot of things over beer.

Mr. Tabata, Mr. Takayama, who is president of Ocean Bridge I have mentioned a couple of times in this blog, and I used to be called "the trio of fool" by our family when we were in high school. However, Takayama and I entered Waseda University and Tabata entered ICU. Since then we have been active in our own fields. I'm very proud of having such talented friends.
クリックすると元のサイズで表示します
with Mr. Tabata(right)

2006/1/22

平成18年大学入試センター試験「英語」  指導現場にて

先程、朝刊に掲載された今年の大学入試センター試験の英語を解きおわりました。文法・長文のレベルとも昨年並ですが、総語数が減少したため“やや易化”したとみます。しかし、今年の高校3年生は、ゆとり教育1年目にあたるため、現役生全体のレベルから判断して、平均点は昨年並み(116.18点)の118点前後になるのではないでしょうか。

英語が始まった午後3:35。私はいつも通り指導をしていましたが、やはり受験している塾生のことが気になり、多少感情的になりました。「普段どおりの実力を出せればいいが」「あいつはプレッシャーに弱いから大丈夫かな」「おっちょこちょいだからマークミスしなければいいが」などと、この日の為に頑張ってきた一人一人を思い出しながら、気を揉んでいました。

塾生諸君、センター試験は、大学受験の一部に過ぎません。2次試験・私立大一般入試とこれからが本番。体調を崩さずに受験シーズンを乗り切ろう!

2006/1/21

いよいよセンター試験  指導現場にて

今日と明日、平成18年大学入試センター試験が行われます。いよいよ受験シーズンの幕開けです。普段おちゃらけを言う男子生徒も「こんな気持ちになったのは人生で初めてだ」と緊張の色を隠せない様子。塾生の健闘を祈るばかりです。

英語は本日の最終時限に行われます。翌日(日曜日)の朝刊には問題が掲載されますので、自分自身で解答し、問題分析と平均点予想、そして冬期講習以後に使用した自作テキストで的中問題があるかを確認した後、本ブログにコメントを掲載します。生徒はドキドキ、私はワクワク。

ワクワクといえば、昨日アマゾンに注文していた洋書『THE JOY OF VOCABULARY』が届きました。数ページ読みましたが、ネイティブ向けの語彙増強本で、知的好奇心をくすぐられます。英語マニアには堪らない一冊。英語道追求の一助になってくれそうです。

2006/1/19

難問ではないけれど・・・  指導現場にて

前回の投稿記事で紹介した問題は、難問でした。今回は、基本的な問題であるにも拘らず正答率が0%に近い問題です。チャレンジしてみてください。

2003年杏林大学外国語学部の文法問題。
The problem was        we should buy the camping equipment.
@ what A which B where C from

関係詞についての基本的知識を問うものです。英語指導の現場で関係詞関連の問題を生徒に解かせると、関係詞の基本的な考え方そのものを理解しておらず、感覚で選択肢を選ぶ生徒が多いことに驚かされます。@かAを選ばれた方が殆どではないでしょうか?正解はBで、「問題は我々がどこでそのキャンプ用品を購入すべきかであった」が文意になります。

@ what と A which は、関係代名詞になります。関係代名詞の後ろには、不完全な文章、つまり、主語か目的語が欠けた不完全な文章が続きます。その欠けた単語が先行詞と共通になるわけですから、当然のことですが・・・。しかも、whatの場合にはそれ自身に先行詞the thing(s) が含まれるので、先行詞は必要なくなります。よって、
The problem was what we should buy.
(問題は我々が何を買うべきかであった/問題は我々が買うべきものであった)
となれば、正解になります。

本問では、空欄の後ろの文を見ると、主語(we)も目的語(the camping equipment)もある完全な第3文型の文章が続いています。ということは、関係代名詞では駄目。関係副詞を疑い、where を正解に選びます。しかし、もっと単純に考えれば、where を疑問詞とみなし、
Where should we buy the camping equipment? という文章が、The problem was … で始まる文章の補語として用いられて、間接疑問文になっているとも考えることも可能です。

今回、この過去問を生徒に解かせて、正解率の低さに唖然としました。授業中にきちんと解説したので、本番で間違わないことを祈るばかりです。

2006/1/15

難問  指導現場にて

英語の偏差値60以上の塾生ですら誰一人として解けない難問を紹介します。チャレンジしてみてください。

2005年学習院大学文学部の文法問題。
Our boss is        to get along with.
(イ) ability
(ロ) impossible
(ハ) incapable
(ニ) unable

いかがですか?殆どの方が(ニ)を選ばれたと思いますが、正解は(ロ)です。

どの参考書や問題集にも、「 impossible は“人”を主語にとらない」と書かれているため、多くの受験生が真っ先に(ロ)を消去するでしょう。そして、be unable to 〜 を思い出し、(ニ)を選択するパターンが多いと思われます。しかし、impossible などの難易や快不快を表す形容詞は、文の主語として人間でも物でもとることが可能です。

本問題正解文
Our boss is impossible to get along with.
(我々の上司は、折り合っていき難い。)
は見慣れないためしっくりこないかもしれませんが、実は次の英文と構文的に同一です。

This book is easy to read.
(この本は読みやすい。)

これらの構文の特色は、文頭の主語(This book)が意味上は不定詞(to read)の目的語になる点にあります。つまり、

It is impossible to get along with our boss.
It is easy to read this book.

と言い換えが出来るのです。

本問で(ニ) unable を空欄に入れるとすれば
Our boss is unable to get along with us.
というように、to 不定詞以下に目的語が欠けていない句をもってくる必要があります。

大学入試では、このように誰も解けない難問を正解する必要は全くありません。その他の基本的な問題で確実に得点できれば合格できます。

しかし、英語を教える側にとっては的を射た解説が出来なければなりません。日々受験問題と向かいあっていて難問に出合うと、長年追い求めた理想の女性に出会えたような気分になり、「どのように口説こうか(=どのように解説しようか)」と好奇心を掻きたてられるので、幸せを感じてしまいます(笑)。

一日の仕事を終え、妻と子供が寝静まった後で、布団に潜りこんで1本88円の缶チューハイを飲みながら難問に出合うために大学入試問題を解く。私にとっては、もっともリラックスできる時間です。


2006/1/14

試験にでる英単語  英語勉強法

昨日(13日)の「とくダネ!」で、現代大学受験事情の特集が組まれていたが、その冒頭で『試験にでる英単語』(青春出版社)が紹介された。

現役受験生の中でこの単語集を使っている人は少数派だが、私が受験生の頃は押しも押されぬバイブルであった。

関東近辺では“でる単”、関西周辺では“シケ単”の愛称で親しまれたこの単語集は、当時としては画期的な、“でる順”で記載されており、アルファベット順の構成ではないのが特徴。

現役・浪人時代を通じて繰り返し取り組み、ボロボロになったこの単語集は、私にとっては家宝級の代物。今でも私の本棚の主人公です。

クリックすると元のサイズで表示します
表紙に書かれている単語は、載っていない単語で過去問に出てきた単語

intellct(知性)から始まりwarrant(保証する)で終わる全1279英単語は、15年経った今でも完璧に諳んじることが出来ます。

クリックすると元のサイズで表示します

しかし、時代は移り行くもの。私が浪人した年あたりから、『英単語ターゲット1900』(旺文社)が主流となり、その後『DUO』(アイシーピー)→『速読速聴・英単語』(ビーエスエス)→『単語王2202』(オー・メソッド出版)と主役の座が移っています。

私の22年に及ぶ英語学習経験論からいうと、基本となる単語集はどれでもよいと考えます。自分がこれと決めたものを繰り返しやり、あとは過去問や模試など実際の長文の中で出合った未知のものを、英文音読を繰り返しやることで憶えれば、実際に使える単語力を備えることが出来ます。

2006/1/11

書換ドリル  指導現場にて

高校生に英語指導をしていて気づいたことがある。単語や熟語を知っていても、書換ができないのだ。
例えば、
He was so kind as to show me around the town.
という英文を目にしたら、
He was kind enough to show me around the town.
He had the kindness to show me around the town.
という2文に書換が出来ないと、入試英語では点数につながらない。書換ができるということは、文法・構文とも理解できており、英文解釈や英作文にも対応できる力がついている証拠になる。
そんな訳で、書換ドリルのプリントを作成した。現高校1・2年生に配布し、繰り返し取り組んでもらおうと思う。


私が書換が出来るようになったのは、高校2年次に副教材で購入させられた書換専用問題集『パスラインJ』(旺文社)に負う所が多い。当時の冬休み、友達と行ったスキー旅行でもこの問題集を持参し、夕食後、皆で解きまくったことをふと思い出した。あれも今思えば青春の1ページだ。

2006/1/8

my New Year's resolutions  閑話

そういえば、まだ新年の決意をしていませんでした。私の性格は“不言実行”というよりは“有言実行”派であり、「これを目指しています」とか「これをやります」と公言した方が自分へのプレッシャーとなり、目標達成へ向けて邁進できるので、ここで今年の決意(New Year's resolutions)表明をしたいと思います。

今年の決意は以下の三点です。

@国連英検特A級合格
A英語学習法関連書籍の出版へ向けての一歩を踏み出す
B息子への英語指導の徹底

@について
現状に満足することなく更なる英語力向上のため、国連英検特A級合格を目指します。そのためには、揺ぎ無い vocabulary と文法力、そして世界の出来事を英語を介して情報収集し、自分の意見を発話できる力が必要となります。

Aについて
昨年の目標の一つに、自分のpresence(存在感)を高める、というのがありました。名前を知ってもらうのは当然のこととして、自分という人間をもっと知ってもらい、意義ある存在として自分の価値を高めてもらう・・・(う〜ん、ちょっと哲学的かな?)。
そのために、英語関連雑誌に私の英語学習について取材を依頼し、そのつながりで3冊の雑誌で取り上げていただきました。また、本ブログ「英語道」を始めたのも、世の中の人に自分のことをもっと知ってもらいたいという考えからでした。
今年は、私の英語への取り組みについて、何か形あるものにしたいと考えています。書籍出版がその具体的な形になると思います。原稿をある程度のものに仕上げ、出版社の方に見ていただけるレベルまで仕上げたいと思います。

Bについて
息子の知識欲は目を見張るものがあります。こちらが教えたことはすぐに吸収し自分のものにしてしまうので、今年は更に難易度を上げて、英語力を向上させてあげたいと思っています。まだ2歳3ヶ月なので、英単語学習が中心になりますが、フレーズも憶えさせていきたいと思います。

上に挙げた3点を常に意識し、一日一日を大切に過ごしていきます。

クリックすると元のサイズで表示します
「今年も良い年でありますように」 駒ヶ根の光前寺で息子と鐘を撞いてきました。

2006/1/3

元旦早朝特訓  指導現場にて

あけましておめでとうございます。本年もブログ「英語道」をよろしくお願いします。

Seattle 在住のホストマザー Judy より、以下のメールと E-card が元旦に届きました。

Happy New Year!! I always thought of you guy's in New York...now I think of you the three of you and I wish you and your family the best in 2006. May you all be happy, healthy and peaceful ... Judy

http://www.icq.com/img/friendship/static/card_16961_rs.swf


そうなんです。4年前の留学当時、年末休暇に妻を日本から呼び寄せて、Seattle から New York に飛び、Times Square のカウントダウンに参加していました。もうあれから4年経ったのかと思うと、月日の流れの早さに呆然としてしまいます。

New York で活動的に過ごした元旦から4年後の今年の元旦は、私の提案で「センター直前!英語・数学元旦早朝特訓」と銘打ち、高校3年生を集めて、朝7:00から熱く講義をしておりました。高3生は42名が在塾しているのですが、驚いたことに、推薦などで既に進路が確定した11名を除く31名中19名の参加がありました。これは彼らが本気になってきている証拠。数学担当の先生と私の彼らに対する熱い思いが通じた証でもあり、新年早々清清しい気持ちになれました。

クリックすると元のサイズで表示します
元旦の朝7:00から、この真剣な表情。高3受験生に正月気分はありません

講義終了後は、皆で近くの神社に合格祈願の初詣。センター試験まで後18日です。高3生諸君、悔いを残さぬよう最後まで諦めずに全力投球だ!

クリックすると元のサイズで表示します
「第一志望校に合格しますように」



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ