2008/7/30

夏期講習始まる  指導現場にて

夏期講習2日目が終わりました。

高校1・2年生は、夏休みの課題帳を徹底指導します。夏休み明けに実施される実力テストの出題範囲の大半を、課題帳が占めているからです。

夏期講習を受講している生徒が通う7高校全学年の課題帳の予習はかなり大変で、この3日間で30,000語以上の英語を読みました。

受験英語好きを自認する私でも、気持ちが悪くなるくらいの量でした。高校生の課題帳ですのでレベル的にはそんなに高くはないですが、このような基本的な英語を徹底して読まざるを得ない状況が、私の英語力の維持につながっているのは事実ですので、貪欲に読み込んでいます。

中には pluck up the courage(勇気を奮い起こす)などの斬れる表現も出てきました。確実に物にしていこうと思います。

まだまだ続く夏期講習ですが、体調には気をつけて過ごしたいと思います。

2008/7/26

ピアノ発表会  子育て

今日は、愛息(4歳)の初めてのピアノ発表会でした。

2曲の発表曲を毎日一生懸命練習してきました。夏期講習直前の忙しいときでしたが、職場に無理を言って抜け出させてもらい、私も観に行ってきました。

「たくさんの人の前で大丈夫かな?」と心配しすぎていたのは、親のほう。当の息子は、親の心配はどこ吹く風。落ち着いて堂々と発表曲を演奏できました。

昨日は、ママの漢検合格通知が届き、今日は息子が発表会で立派にピアノを演奏してくれました。今年の我が家の目標では、残すは私の国連英検特A級合格です。

しかし!その前に、明後日から始まる1年で最も過酷な夏期講習を乗り切ることが、直近の課題です。

その夏期講習の教材研究のため、今日は某高校の長文課題帳を1冊読破しました。といっても、1冊でも総語数は5,000語程度ですが・・・。

明日も教材研究のため、20,000語程度の英語を読み込む予定です。

2008/7/23

音読学習再開  英語勉強法

「英語の習得において、音読を避けることはできない」と、私はこのブログで何回も唱えてきました。

しかし、私が徹底的な音読学習をしたのは浪人時代のことで、既に17年前のこと。シアトル留学時代も、多少音読をしましたが、浪人時代ほど徹底したものではありませんでした。

留学以来、リスニング力が向上し、文法力・読解力も確固たるものになりました。語彙力もそれなりにはついてきましたが、ボキャビルを常に行っていないと、自分の英語力が袋小路(dead end)に入ってしまった感じがしてしまいます。

定例の英語勉強会で、『速読速聴・英単語 Advanced 1000 ver.3』(Z会)をテキストの一部として使うことになりました。前版の ver.2 と比して、かなり改善されており内容が充実しており、「久しぶりに、音読学習を徹底してやってやろう!」という気持ちが強くなってきました。音読を通じて、ボキャビル(語彙力増強)と自身の英語力基盤の再構築をしようと思います。

8月のお盆休みまでは、夏期講習で多忙を極めます。しかし、毎年この時期は、高校生の教材研究で、3万語以上の英語を多読しなければなりません。

仕事で否応なしに多読が出来ます。そこに、隙間時間を上手く利用した音読を行っていけば、11月の国連英検特A級対策としては必要かつ十分でしょう。

2008/7/20

夏本番  指導現場にて

今日は午後7:00から、私の勤める塾主催の「大学入試フォーラム」がありました。

約80名の保護者の方に出席していただいて、塾長が1時間講演し、私も20分程度ですが、大学入試制度について話しをさせていただきました。このような大勢の前で話す機会は滅多にないので、貴重な経験になります。

さて、昨日の梅雨明けと共に、蒸し暑く夏っぽい天気が続きます。世間は3連休ですが、私の休みは明日だけです。1週間後には夏期講習も始まります。

1年で最もハードな夏期講習前の休養日を、家族サービスに充てて思いっきり楽しみたいと思います。
クリックすると元のサイズで表示します

2008/7/19

大学入試の現代文  閑話

昨日の「笑っていいとも!」テレフォンショッキングのゲストは、糸井重里だったそうです。

私が、初めて彼の名前を知ったのは、今から約20年前の高校3年生の時のこと。当時、糸井氏を一躍有名にしたキャッチコピー「不思議、大好き」を取り上げた言語論が、第一志望である早稲田大学政治経済学部の入試問題で出題されていたのです。1986年(昭和61年)の出題で、出典は松本健一著『死語の戯れ』です。
クリックすると元のサイズで表示します
今日は、久しぶりに当時の過去問を引っ張り出して、解いてみました。

大学入試の現代文と聞くと、難解なお堅い評論文が出題されるイメージがありますが、その時代の話題になっていることを取り上げた評論文も出題されるなど、時代を反映しています。

大学入試で出題され興味を持った文章の原書を渉猟するのも、知的向学心がくすぐられます。

2008/7/18

文脈が決める  指導現場にて

次の英文は、2003年昭和女子大学で出題された英文の一部です。
On an outward-bound train, which means a train heading for Kyoto or Osaka from Tokyo, the mountain is always seen on the right side.
(東京から京都・大阪へ向かっている電車を意味する下り線に乗っていると、その山はいつも右手に見えます。)
この英文は富士山の美しさを述べた文章の一部であり、the mountain が富士山を指すことは必ず分かります。

しかし、高校生に訳させると、outward-bound を辞書に載っている「海外行きの」という訳語を平気で使います。

そこで私は、「おいおい、日本に海外行きの電車なんて存在するのかい?常識で考えてもないだろ?辞書の意味を鵜呑みにしては駄目だ。単語の意味は、全て文脈が決定するんだ」と指導します。

語彙の意味は全て文脈(context)に依存しています。難しい単語に振り回されて、英文全体の意味まで気が回らず、長文を読み終わった後で、「結局、この英文で筆者が言いたいことは何なのか分からない」ということは、英語力が発展途上の場合、よくあることです。

単語に振り回されず、文脈に意識が集中できるようになるためにも、語彙力をつけることは大切です。

2008/7/16

接頭辞と接尾辞  指導現場にて

高校1年生の教科書『PRO-VISION』(桐原書店)に、malnutrition が出てきました。

接頭辞と接尾辞を理解するのは、英単語の暗記においては必要不可欠になります。mal- は「悪い」「悪く」といった意味ですので、malnuturition を「悪い」+「栄養」=「栄養失調」と説明し、医療ミスが多い昨今、medical malpractice(医療過誤)という表現まで、高校生に教えています。

現在の高校教科書では、このような実用的・時事的語彙を習えるので幸せなことです。

20年前の私が高校生の時に使っていた教科書では、このような語彙は習えませんでした。記憶をたどってみても、高校3年の時に、by leaps and bounds(とんとん拍子に)という表現が出てきて、「早稲田の条件英作文で使えそうだな」と覚えた程度で、その他は記憶にありません。当時の私の語彙力は、教科書ではなく、受験参考書に拠るところが大きかったからです。

英語を教える立場になった今、当時の教科書を品定めしたい気持が強いですが、浪人決定と共にすべて廃棄してしまったので手元にありません。もったいないことをしたものです。

今後も、教科書に出てくる表現が、実用英語の世界でも使えるのだということを、実体験に基づいて教えて行こうと思います。

2008/7/13

beat 〜 at one's own game  実用英語

『Legally Blonde』 17ページ4行目より
Elle decided around 3:00 A.M. that she would go to law school and beat Warner at his own game.
(Elle は、Warner と同じく法律学校に通い、彼にぎゃふんと言わせようと、朝方三時ぐらいに決心した。)

Longman では、beat 〜 at one's own game を次のように定義しています。
to beat someone or fight back against them by using the same methods that they use
ふられた女性が、ふった彼氏と同じ土俵に乗り込んで見返してやるという感じでしょうか?

因みに、ふられた恋人を再び振り向かせて付き合うことを、win back と言います。
結婚する前の付き合っていた時期に、妻に一回振られたことがある私にとって、人生を語る上では欠かせない表現です。

2008/7/12

音読の効用  指導現場にて

英検二次面接試験の対策講座を行いました。

普段、英語を話す機会が皆無の高校生は、相当のストレスを感じているはずですので、それを取り除くのが大きな目的です。

この講座を実施するたびに感じるのですが、英語の発話以前の問題として、英語の音読を苦手とする高校生が多いようです。
その場で初見の英文とはいえ、たかだか50〜60語の英語を、自然のリズムで読めないのです。

語学の基本は音読だと思います。同じ英文を何回も繰り返し音読することで、真の英語力が培われます。普段から音読を通じて英語を口から出す訓練をしておくと、英検2級二次試験に耐えうるくらいの英会話力は、自然と養われています。

「大学受験英語」と言われると難しい文法や長文読解を想像してしまいますが、やはり音読が基本です。受験生諸君、大きな声で同じ英文を何回も音読しよう!

※音読の具体的なやり方は、以下の過去エントリを参照して下さい。
→2007年10月5日「別に・・・
→2007年7月13日「音読!音読!音読!
→2005年6月11日「確実に英語力がつく方法

2008/7/10

bring 〜 down a peg  実用英語

『Legally Blonde』 15ページ8行目より
In fact, Elle remembered, when she wanted to bring Warner down a peg, she would gently mock his political ambitions.
(事実、自分が思うほど大した人間ではないんだということを Warner に気づかせたい時、Elle は、彼の政治的野心を穏やかにからかってやったことを、思い出した。)
私の愛用辞書 Longman によると、bring sb down a peg (or two) は次のように定義されています。
to make someone realize that they are not as important or as good at something as they think they are
(自分という人間が、そうであると考えてるほど重要でもないし秀でてはいないということを、分からせること)
日本語の「鼻を折る」という表現に近いでしょうか。英検1級で出題されそうなイディオムですね。

ところで、ジーニアス英和辞典では、「〈人〉をやりこめる」とだけしか出ていません。Longman の定義とは、ニュアンスにもズレがあります。こういうときこそ、英英辞典は重宝します。

2008/7/9

be engrossed in  実用英語

『Legally Blonde』 11ページ3行目より
Not expecting Elle to come home for at least a few more hours, Margot and Serena were completely engrossed in The Osbournes.
(少なくてももう数時間は Elle が帰宅しないと思っていたので、Margot と Serena は The Osbournes(米MTVの密着ドキュメタリー番組)に夢中になっていた。)
be engrossed in は、Longman では以下のように定義されています。
to be so interested in something that you do not notice anything else
「〜に興味がある、夢中になっている」という表現はたくさんあります。
be interested in / be intrigued in / be carried away with / be absorbed in / indulge in など。

また、本文の「for a few more hours」も覚えておきたい表現。「もう数時間」というと、for more a few hours(×)と間違えてしまう場合が多いからです。

2008/7/5

浪人生へのアドバイス  指導現場にて

最近、浪人生から「夏休みの英語の勉強をどうしたらよいか」という相談を受けます。

彼らの英語の偏差値は、マーク・記述模試とも65を超えています。着実に力がついてきていて、「この夏にもっと飛躍を!」と考えて、相談に来てくれるのです。

そんな彼らに、私は「基礎を固めろ」とアドバイスします。皆、レベルの高い難しいことをやりたいと考えているのですが、偏差値70を超えるには、ここで今一度足元を固める勉強が必要です。

具体的には・・・
@文法知識の虫食い状態を無くす
浪人生といえども、これまで習得した文法知識は断片的なものです。そこで、山口俊治著『英文法講義の実況中継(上)』『同(下)』を読破します。口語調の平易な文体で書かれた本著で、文法知識を基礎から系統的に整理できます。

A瞬時の英文構造把握力の錬成
少し古いですが、伊藤和夫著『英語構文詳解』を使います。私の受験生時代から定評ある本著ですが、この一冊を繰り返せば、英文構造を見極める力は揺るぎないものになり、読解力・速読力の礎となります。

B既習英文の音読
教材は、1学期中に受けた模試の長文、第1志望の大学の過去問、予備校等の授業で既習済みの長文を使います。英文構造は当然のこと、ひとつひとつの単語の発音・アクセントにまで気を配り、1つの英文を少なくても30回、声に出して音読します。
以上のことを徹底してやれば、2学期以降、英語の偏差値は70以上で安定します。センターの英語なら、軽く190点以上は取れるでしょう。

夏休みと言っても、暑かったり、誘惑があったりして、意外と勉強の能率は上がりません。

背伸びをせずに、足元を固める単調で辛い勉強に、如何に固執できるか?秋以降の飛躍は、ここにかかっています。

2008/7/5

10万件到達!  閑話

今しがた、総アクセス数が100,000件に到達しました。ブログを始めて3年1ヶ月、訪れていただいたすべての皆様に感謝です!
クリックすると元のサイズで表示します

2008/7/3

奥深き“例外”  指導現場にて

関係代名詞を勉強していると必ず出会う例文、
There is no rule but has some exceptions.
(例外のない規則はない)
何事にも例外は付き物ですが、言語を学ぶ上で、例外は結構な曲者です。

ある高校で配布された仮定法の問題演習用プリントに次のような問題がありました。
He behaved as if he          before.
空欄に、didn't meet her か hadn't met her を入れさせる問題です。

as if (まるで〜であるかのように/まるで〜であったかのように)は、as if 以下が主節の時制と同時の時は仮定法過去を、主節の時制よりも前の事柄を表す時は仮定法過去完了を使います。

本問の場合、as if 以下に before があるため、主節の時制よりも前の時制を表しているのは明らか。よって、hadn't met her を選びたいところです。

しかし、解答は didn't meet her なのです。
「これはどうしたものか・・・?」久しぶりに難題に出くわした感じで、ワクワクしました。

愛読書『英文法解説』(江川泰一郎 著)を隈なく読むと、261ページにちゃんと説明がありました。
《参考》文の動詞が be, act, appear, behave, feel, look seem などの場合は、直説法の動詞も使われる。
つまり、仮定法のルールを適用しない(=直説法を使う)ということなのです。もっと簡単に言えば、主節の動詞の時制と一致させればいいということなのです。
クリックすると元のサイズで表示します
『英文法解説』 261ページ
言葉は生きものですので、そのルールがすべての事象に当てはまるとは考えませんが、今回の例外には、言葉の奥深さを教えられた感じです。

2008/7/1

今年前半の反省  閑話

今日は英語の勉強会がありました。

以前も紹介させて頂きましたが、参加されている皆さんのレベルは高く、英文記事の精読とサマリーも相当のレベルです。皆さん、おのおのの目標があり、それに向かって勉強されているため、私も出席するたびにモチベーションをいただいております。

この勉強会では、リスニング教材として『速読速聴・英単語 Core 1800 ver.2』を使っていましたが、今日から同シリーズ『速読速聴・英単語 Advanced 1000 ver.2』を使い始めました。この単語集の難易度は、市販のものでは最高レベルでしょう。一回の勉強会で進むのは見開き2ページ分ですが、「継続は力なり」です。私も、確実に出てきた単語をものにしていきたいと思います。

勉強会のメンバーの皆さんは多趣味で、様々なことに造詣が深い方ばかり。
今日は、勉強会の終わりに、自家製ジャムをいただきました。
クリックすると元のサイズで表示します
ラベルも手作りだそうです。
8月には暑気払いをかねて、「BBQ & 流しそうめん大会」を開く予定で、今から楽しみにしております。

このような交流を通じて人の輪が広がっていくのって、素敵なことだと思います。


さて、今日から7月。2008年も後半に入りました。元旦に立てた New Year's Resolutions を見直したいと思います。

@健康維持
術後の体調は何の問題もありません。昨年の手術・入院は飲酒とは全く関係のないものでしたが、健康管理の一環として休肝日をもうけようと思いつつも、缶ビール(350ml)2本程度ですが、毎日飲んでしまっています。週に1日は休肝日をもうけたいと思います。

A趣味の充実
この半年間、ピアノは子供の練習につきあう程度でした。反省です。毎朝30分は練習します。
畑仕事は、半農生活と言ってもいいぐらいに充実しています。趣味の一つとして続けていきます。

B英語
目標は年内のTOEIC990点満点取得でしたが、5月のTOEICは970点。満点は次回受験時のお楽しみとして、今年後半は11月の国連英検特A級合格へ邁進します。


何事も無理しないペースで、日々の生活を送っていこうと思います。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ