2008/10/31

一冊の重み  英語勉強法

地元の進学校(と言っても私の母校ですが)で、2年生に『Next Stage』(桐原書店)が配布されました。

大学受験英語の定番参考書である『Next Stage』。現3年生までは、指定図書のように毎年一括採用されていました。しかし、生徒達の話によると、今年の2年生からは、新たに別の単語集とイディオム集に取って代わり、『Next Stage』は採用されない予定だったそうですが、生徒たちからの熱い要望で、ついに『Next Stage』の一括採用になったようです。

『Next Stage』に限ったことではありませんが、英語の勉強をしていて、新しい参考書を始める時のワクワク感はたまりません。2年生達も、今は真剣に取り組んでいます。

しかし不思議なもので、次第にその気持ちは薄れ、様々な理由をつけて、他の参考書や問題集に浮気したくなるのです。

「こんなのやってても力がつかない」
「単調でつまらない」
「紙質や二色刷りがいやだ」などなど・・・。

“女房と畳は新しいほうがいい”とはよく言いますが、果たしてそうなのでしょうか?
勝手知ったる女房と、自分のにおいが染み付いた畳ほど、落ち着くところはありません。
参考書や問題集も、「これだ!」と決めたものをとことんやってみるべきです。

中途半端はだめです。自分が信じた参考書を、何回も繰り返し、汚していく。そうすることで、手に馴染み、愛着が湧き、知識が血肉化していくのです。

一つのことを徹底する意義は、前回のエントリでお話しました。
参考書にも同じことが言えます。一冊を繰り返してやってみる。そこからすべてが始まります。

一冊すらできないのに、他の参考書に手を出しても、同じことの繰り返しになるだけです。


1日1回の応援クリックをお願いします!m(__)m
  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
日本ブログ村 英語ブログ 英語講師・教師
長野県ホームページランキング
※「日本ブログ村 英語ブログ」の総合ランキングが下がってきました。
ポチっとワンクリックをお願いします!


2008/10/29

一つのこと  英語勉強法

先週の土曜日、久しぶりに親友と飲みました。

私は当日も午後10時過ぎまで仕事だったため、飲み始めたのが午後11時過ぎでしたが、お互いの仕事のこと、高校時代のこと、同級生の近況など、遅くまで語り合いました。

不惑の年が近い私たちにとっては、生活において仕事が大きな比重を占めています。
その仕事に対して、彼が言った次の言葉に、意見を同じくしました。
「一つのことを、手を抜かず、自分に嘘をつくことなく、追究し続けていくと、その先に自分が思ってもみなかった大きな未来が開けてくる」
小学校・中学校・高校、そして大学の学部・学科・ゼミまで同じ彼の存在はとてつもなく大きいものであり、生き馬の目を抜くIT業界の entrepreneur として自分の信じる道を突き進む彼を、尊敬して止みません。

彼のこの言葉を聞いた時、今年前半に読んだ『夢をかなえるゾウ』の一節を思い出しました。
「人がやりたいこと、人が持っている夢、人がどうなったら幸せやと感じるのか、そのことを考え続けていけば、成功なんてすぐそこや」
(『夢をかなえるゾウ』283ページより引用)
私が英語の勉強を続けることで、他の英語学習者がやる気を出してくれる。
大学受験英語の指導を通じて、生徒の可能性を引き出し、夢へ近づけてあげる。

私がすべき‘一つのこと’は、やはり英語に集約されるのです。

そんな意味でも、ブログ「英語道」は大切なツールかも知れません。

親友と再会して、気持ちも一新しました。今、外を見ると、秋深まる信州伊那谷は快晴です。
クリックすると元のサイズで表示します
気分爽快!今日も頑張って仕事をしよう!


1日1回の応援クリックをお願いします!m(__)m
  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
日本ブログ村 英語ブログ 英語講師・教師
長野県ホームページランキング
※おかげさまで、「日本ブログ村 英語ブログ」総合ランキングのトップ10に入っています!「長野県ホームページランキング」は、1位を維持できています!

2008/10/27


昨日のTOEICを受験された皆さん、お疲れ様でした。試験後の脱力感・達成感・爽快感は格別だと思います。

国連英検まで2週間となりました。私も、試験終了後の充実感を味わうべく、今日からスパートをかけたいと思います。

2位のブログが猛追しています。
1日1回の応援クリックをお願いします!m(__)m

  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
日本ブログ村 英語ブログ 英語講師・教師
長野県ホームページランキング

2008/10/25

可能性  指導現場にて

センター試験まで80日余りとなり、高3生は、今まで感じたことないプレッシャーの中で日々勉強に取り組んでいます。「合格するんだ!」という強い意志を持ち続けられるよう、我々もバックアップするのみです。

さて、昨日は、高1・2生に大学受験へ向けて意識を高めてもらうのが目的で、「大学入試説明会&ミニ模試」を行いました。
クリックすると元のサイズで表示します
教室は溢れんばかりで、ものすごい熱気。10月下旬なのにクーラーをつけて授業をするほどでした。

大学全入時代を向かえ、早めの目標設定とそれに向けた取り組みで、第一志望大学合格の可能性はグッと高まります。「自分には○○大学は無理」「今の偏差値で入れる大学でいい」などと自分を卑下していると、伸びるものも伸びません。
・自分の可能性を信じる ・日々努力を続ける
当たり前のことですが、この二点を心がけるだけで、第一志望の大学に合格できるのです。

余りにも陳腐すぎで「何だ、そんな当たり前のことか」と思われる方も多いでしょう。しかし、当たり前のことが当たり前にできないのが、人の性なのです。

今の学力や偏差値は問題ではありません。可能性を信じさせて、いかに潜在能力を引き出せるか。指導者としての手腕が問われるところでもあります。


1日1回の応援クリックをお願いします!m(__)m
  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
日本ブログ村 英語ブログ 英語講師・教師
長野県ホームページランキング
※おかげさまで、「日本ブログ村 英語ブログ」総合ランキングのトップ10に入っています!
「長野県ホームページランキング」は、1位を維持しています!

2008/10/24

木登りに思う  英語勉強法

クリックすると元のサイズで表示します
息子が通う幼稚園の園庭に、大きなイチョウの木があります。

毎年、銀杏を収穫して幼稚園祭で販売するのですが、一昨日、その銀杏刈りがありました。

午後から仕事だったため、午前中だけ参加させてもらいました。銀杏の悪臭対策にカッパを着て木に登り、銀杏を揺すり落としました。

木登りは30年ぶりぐらいでしたが、あれは全身運動ですね。当日は無風で太陽も顔を出し、カッパを着ていたせいでサウナ状態。たった2時間で汗だくになりました。「これは健康にいい!」と、その時は笑っていたのですが・・・。

翌日から、全身が乳酸バリバリの筋肉痛でした。運動は急にやっても意味がないですね。毎日続けてこそ、体にもいい影響が出ると思います。

このことは、英語の勉強にも当てはまります。一気にまとめてやっても何の意味もなく、毎日少しずつコツコツ続けてこそ、力がつくのです。

因みに、私は身長169センチ、体重56キロ。ウエストは69センチ、体脂肪率は19%で、メタボとは無縁です。しかし、最近は腹筋が弛んできたので、これを機に、腹筋を引き締めていこうと思います。もちろん、一気にやらず、毎日継続して・・・。


1日1回の応援クリックをお願いします!m(__)m
  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
日本ブログ村 英語ブログ 英語講師・教師
長野県ホームページランキング
※おかげさまで、「日本ブログ村 英語ブログ」総合ランキングのトップ10に入っています!「長野県ホームページランキング」は、1位を維持できています!

2008/10/23

英検1級語彙問題分析  TOEIC・英検など

2008年度第2回英検1級の語彙問題の分析です。

全25問の内訳は、単語は21問、イディオムは4問。

単語21問の正解選択肢のうち、何かの単語と結びついてセットフレーズ的に使われるものは、次の6つでした。
forge an alliance
be tantamount to
pique one's interest
a backlog of orders
in jeopardy
the salient points
対策としては、未知の単語を調べるとき、常に英英辞典を使い、どんな文脈で使われやすいか確認をしながら覚えます。

私が愛用している Longman では、このようなセットフレーズ的なものを太字で示していてくれるので、学習者のことを考えた嬉しい配慮です。

その Longman で《formal》、つまり、格式語として掲載されている単語は、以下の4つでした。
acrimony
surreptitiously
abscond
salient
Longman で《informal》、つまり、くだけた感じの略式語として掲載されている単語は、以下の2語です。
rustle up
rope in(to)
口語では滅多に使われない硬い語彙だけではなく、スラングとまでは言わないまでも、砕けた口語表現も出題されているのが分かります。

さて、気になるのは、受験者の多くが使用しているであろう『英検Pass単熟語1級』(旺文社)のカバー率です。

正解選択肢25語彙中、『Pass単』が見出し語で収録しているのは12語彙(=48%)、派生語で収録されてしているのは5語彙(=20%)でした。2つをあわせたカバー率は68%になります。『Pass単』を完璧にやっておけば、最低でも17問以上の正答率となるはずです。

上記のような分析は、毎日の語彙学習の検討材料になります。資格試験合格に向けた勉強をする場合は、過去問を繰り返しやって、その試験にあった勉強に特化することが、合格への近道です。


2位のブログが猛追しています。
1日1回の応援クリックをお願いします!m(__)m

  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
日本ブログ村 英語ブログ 英語講師・教師
長野県ホームページランキング

2008/10/22

語彙学習の奥深さ  TOEIC・英検など

19日(日)に実施された2008年度第2回実用英語技能検定1級の語彙問題(全25問)を解いてみました。

結果は17問の正解。4年前の英検1級合格後も、英語学習の中心は語彙力増強でしたが、それでも7割をとれません。

英検1級の難しさとその価値は、ここにあるのかも知れませんね。今後も、真摯に語彙力アップに取り組みたいと思います。

まずは、今日解いた25問を完璧にします。


2位のブログが猛追しています。
1日1回の応援クリックをお願いします!m(__)m

  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
日本ブログ村 英語ブログ 英語講師・教師
長野県ホームページランキング


2008/10/20

TOEICセミナー  TOEIC・英検など

昨日、渋谷で開かれた「TOEICスコアアップセミナー」の講師を務めさせていただきました。
このセミナーは、私が留学したときにお世話になったICC国際交流委員会が主催されたものです。

普段の英語指導は高校生が相手ですが、今日は大人の方ばかり。いつもとは違う、しかし、心地よい緊張感の中、TOEICを中心に、英語の勉強法について話しをさせていただきました。
クリックすると元のサイズで表示します
終了後も、多くの方からご質問をお受けし、参加された方々の意欲には頭が下がる思いです。

また、「ブログをいつも拝見しています」という嬉しい出会いもあり、ブログという情報媒体の影響力にも、改めて気付かされました。

このような貴重な機会を与えてくださったICC国際交流委員会に改めてお礼申し上げるとともに、セミナーに参加された方々の英語力の向上及びTOEICスコアアップをお祈りしております。

さて、息子へのお土産ですが、「北海道だけの地図」と「中央道双葉サービスエリアの“サービスエリアガイド”」という、地図オタクらしいリクエストがありました。地図は、帰りのバスまでのわずかの時間に、新宿の紀伊國屋で購入し、サービスエリアガイドはもちろん無料で入手しました。
クリックすると元のサイズで表示します
お土産を手渡した時の息子の満面の笑みを見て、充実した日曜日の締めくくりができた気がしました。


1日1回の応援クリックをお願いします!m(__)m
  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
日本ブログ村 英語ブログ 英語講師・教師
長野県ホームページランキング

2008/10/19

I can hardly wait!  TOEIC・英検など

先月のエントリでもご紹介しましたが、本日、東京で開かれるTOEICセミナーで講師を務めさせていただきます。
既に約40名の申込みがあるそうです。どんな出会いがあるか、とても楽しみです。

そして、今日は英検が実施されますね。生徒はもちろんのこと、勉強会のメンバーも受験します。皆さんの健闘をお祈りします。

では、東京へ行ってきます!

※セミナーの様子や感想は、月曜日以降にアップします。


2位のブログが猛追しています。
1日1回の応援クリックをお願いします!m(__)m

  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
日本ブログ村 英語ブログ 英語講師・教師
長野県ホームページランキング

2008/10/18

指導者としてのやりがい  指導現場にて

指導している高校生の中間テストの結果が出る時期ですが、先日、ある高校2年生が、
「先生が『和訳が出るぞ!』って教えてくれたところが出ました。バッチリできました!!」
と嬉しそうに話してくれました。こういう言葉ほど嬉しいことはありません。

英語の指導を生業としている者として、テストに出るところを予想するのは、はっきり言って朝飯前。それよりも指導者の手腕が試されるのは、テストに出る箇所を如何に生徒に実感させ、覚えさせられるかです。

昨日は、また別の高校2年生が、第2回全統記述模試の結果を嬉しそうに見せてくれました。英語の偏差値は、何と73.3でした。

半年前、彼女の英語センスを感じた私は、「僕の言ったとおりに英語を勉強してみな。面白いことが起きるから」とモチベーションを高めてあげました。そして、彼女はその通りの勉強をコツコツ続け、半年で見事な結果を出しました。第1志望の上智大学外国語学部も夢ではありません。

やる気を出してくれた生徒を見ると、私のやる気も倍増します。そして、このやる気が他の生徒にも伝わっていき、全体としていい流れができてきます。

10人の生徒に熱い話をしても、そこから何かを感じ、行動に移してくれる生徒は1人いるかいないかです。

しかし、その繰り返しによって、変わる生徒は確実に増えていきます。この反復が、指導者の役割なのでしょう。


2位のブログが猛追しています。
1日1回の応援クリックをお願いします!m(__)m

  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
日本ブログ村 英語ブログ 英語講師・教師
長野県ホームページランキング

2008/10/15

in practice  子育て

I'd like to talk about how my son uses his knowledge in practice.

I grow blueberries in my garden. The fluits they bore this summer were quite small, and so was the number of them.

Then I asked an acquaintance of my mother's, who runs a large blueberry farm, how to grow blueberries properly. He suggested that the soil be improved by using peat moss.

So, my son and I went to a DIY store to buy peat moss. The peat moss we bought was huge and weighed about 40kg.
クリックすると元のサイズで表示します
And its label said that it was of Latvia origin. As soon as my son found the letters“Latvia”, he said,“Wow, it is made in Latvia! Latvia is one of the Baltic States, which are Estonia, Latvia, and Lithuania from north to south.”
クリックすると元のサイズで表示します
As I mentioned before, I know my son is a map fanatic.
I was surprised, however, to know that he not only remembered the Baltic States but used what he knew in practice.

I think it is important to show what one acquired when learning something. That is not a showoff but a process of a younger child acquiring new knowledge.


日本語訳は↓

息子が、どのようにして知識を実際の場で活かしているか紹介します。

私は、庭でブルーベリーを育てています。この夏に結んだ実はとても小さく、その数もたいしたことはありませんでした。

そこで、母の知り合いで大規模なブルーベリー農場を経営されている方に、適切な育て方を教わりました。その方は、ピートモスを使って土壌を改良することを、すすめられました。

そこで、息子と共に、ホームセンターへピートモスを買いに行きました。我々が購入したピートモスはとても大きく、40kg位はある代物。そしてその表示には、ラトビア産の文字がありました。息子が、“ラトビア”の文字を見るや否や、「わー、ラトビア産だ!ラトビアはバルト三国の一つなんだよな〜。バルト三国は北からエストニア・ラトビア・リトアニアなんだよね。」と言うではありませんか。

以前も述べましたように、私の息子は地図オタクです。バルト三国を知っていることは承知していましたが、彼が自分の知っていることを実際に口に出して使ってみたということに、私は驚きを覚えました。

何かを学んでいる時に、習得した知識を示すことは大切なことだと思います。それは、顕示とは言わず、小さい子が新しい知識を習得する上の過程です。


1日1回の応援クリックをお願いします
    ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
日本ブログ村 英語ブログ 英語講師・教師
長野県ホームページランキング

2008/10/11

息子の継続力  子育て

私と息子(5歳0ヶ月)は、毎日、朝食前にドリルをやる約束をしています。ドリルの内容は足し算で、現在は1日1ページ(45問)です。

しかし、先週は、息子が「できなーい」「後でやるー」と駄々をこねる日が続きました。

集中してやれば、彼の能力的に5〜6分でできる内容です。決して、できない内容のものではありません。息子は6:50位に起床するのですが、この“駄々こね”の原因は、朝7:00から始まる見たいテレビ番組が気になってしまうからです。

毎朝くり返されるようになった駄々。その都度、話しをし、何とかドリルは終えていました。しかし、いささか私も業を煮やし、ついに先週の金曜日、怒鳴り声を上げました。彼が生まれて以来、最も大きな声で怒りました。

「朝から『やだー』『できないー』ってうるさいんだよ!やりたくなかったら、やらなくていい!朝からそんな言い草を聞いたら、気分が悪くなるんだよ!お前が『毎朝ドリルをやる』って約束したからやってるんだろ。できない約束ならするんじゃないよ!」

ものすごい剣幕で叱責し、彼の手元にあるドリルを取り上げました。

すると、彼は私の怒鳴り声に対してむせび泣きながら「で、できる(ヒック)。や、やる(ヒック)」と言い、その日は意地でドリルをやり通しました。

私は続けてこう言いました。「パパとママはお前が出来ない約束はしない。このドリルなら出来ると思ったから約束したんだぞ」と。

毎朝のドリルで息子に勉強が出来るようになってもらいたいのは二の次のこと。主たる目的は、単調でつまらないことを毎日継続し、それに立ち向かう忍耐力を培うことなのです。

叱責を受けた翌日から、彼は見事に変わりました。約束を守ろうとしなかった不甲斐ない自分に、息子は明らかに気付いたようでした。朝は6:30には起床し、「足し算やっちゃおーっと」と言って、家族で最初にリビングのテーブルを陣取り、ドリルを済ませるようになりました。

彼が生まれて5年。ものすごい剣幕で、最も怒鳴り声を上げた日。でもその翌日から変わった彼の姿と、その日の散歩で嬉しそうに私と楽しい時間を過ごしてくれた彼の笑顔を見て、「子育ては難しい。でも何よりもやりがいがある。お互いに信頼できる親子関係を続けよう」と決意を新たにしました。

そして今日、95ページ・総問題数3720問のドリル帳を一冊終えました。1日1ページのペースで約3ヶ月かかりましたが、見事な継続力です。

息子は、「足し算のドリルが終わったから、引き算と英語のドリルをやる!」と意気揚々です。


1日1回の応援クリックをお願いします
    ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
日本ブログ村 英語ブログ 英語講師・教師
長野県ホームページランキング

2008/10/8

私のTOEIC偏差値  TOEIC・英検など

ブログを通して交流させていただいているMorite2さんが、そのブログ「TOEIC満点&アメリカ移住への道」で、TOEIC偏差値について書かれていました。

偏差値は、「(個人の得点−平均点)×10÷標準偏差+50」という数式で算出され、平均点と同じ点数なら偏差値は50となります。

大学受験生を指導している立場上、生徒の偏差値を目にするのは毎日のことですが、自分の偏差値となると、大学受験生だった16年前が最後です。

早速、自己最高点(970点)だった今年5月のTOEIC偏差値を、計算してみました。

 【第138回TOEICにおける私の偏差値】
Listening  
(485−313.9)×10÷85.6+50≒69.99

Reading
(485−272.2)×10÷95.6+50≒72.26

Total
(970−586.1)×10÷171.8+50≒72.35

自分の実力が、偏差値という点数以外の数字で示されると、新鮮な気持ちがします。


1日1回の応援クリックをお願いします
  (共に1位をキープしています!)
    ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
日本ブログ村 英語ブログ 英語講師・教師
長野県ホームページランキング

2008/10/7

目標とする英語  英語勉強法

昨日届いたアルクの『学びカタログ 2008 秋号』に、川合亮平先生の英語習得法が取り上げられていました。

以前から、ネイティヴでもイギリス人と間違うくらいのイギリス英語を話す川合先生のことは存じ上げていましたが、先生の具体的な英語習得法を知るのは初めてでした。先生はインタビュー記事の中でこう言われています。
「特にハマったのが、俳優ヒュー・グラントの上品な話し方と、有名シェフのジェイミー・オリヴァーが話すコックニー(ロンドンの下町言葉)。CDを聞きながら、彼らの発音を徹底的にまねしてシャドーイングを繰り返しました。英語学習の基本は、『物まね』だと思うんです」
(アルク『学びカタログ 2008 秋号』6ページより引用)
英語習得において、シャドーイングが絶大な効果を発揮することは知ってはいましたが、約25年に及ぶ私自身の英語学習において、徹底したシャドーイングが実行されたことはありませんでした。

今年は英語を話す機会が多く、自分の英語発話力を向上させたいと、最近強く思っていました。これは、神様の思し召しかも知れません。私も、徹底したシャドーイングをやってみたいと思います。

そこで、まねるべき英語を誰にするか。アメリカ在住経験もある私ですので、目指すはアメリカ英語。そこで真っ先に思い浮かんだのが、アメリカの作家、Nicholas Sparks です。仕事である作家としての実績は当然のこと、家族との時間を大切にする彼の姿勢は、英語以外においても私の理想とするところです。

「English Journal」の2006年1月号にインタビューが収録されており、その収録CDも手元にあります。実は、このCDは数え切れないほど聞いており、半ば暗記できています。今日から、シャドーイングに取り組み、Nicholas Sparks の発音を目指したいと思います。

こんな私ですが、麻生首相が就任早々に国連で行ったスピーチのものまねは、怖いくらいにそっくりです。


1日1回の応援クリックをお願いします
  (共に1位をキープしています!)
    ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
日本ブログ村 英語ブログ 英語講師・教師
長野県ホームページランキング

2008/10/6

a birthday card  子育て

シアトル留学中にお世話になったホストマザー Judy の誕生日が近づいてきました。
昨日は、家族みんなで誕生日カードを作りました。息子も、Judy の写真を見ながら、絵を描いてくれました。Judy も喜んでくれるでしょう。
クリックすると元のサイズで表示します
今月はハロウィンもあるため、息子が英語に触れる機会が多くなります。
「英語は楽しい!」と思わせるように、このようなイベントを家庭で盛り上げていきたいと思います。


1日1回の応援クリックをお願いします
    ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
日本ブログ村 英語ブログ 英語講師・教師
長野県ホームページランキング



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ