2009/1/29

CHANGE  指導現場にて

大学入試センター試験が終わり、「次は自分の番だ!」と入試を意識し始めなければならないのが現高2生です。

みなの意識の向上と改革を狙い、先週は、授業の中でちょっとした受験講話をしました。その後、生徒達に感想と意気込みを書いてもらったのですが、特に印象に残った文を紹介します。
先生の話を聞いて、「やらなきゃ、やらなきゃ」って思っているだけじゃ駄目なんだと、改めて思いました。今から(本当はもっと前だけど・・・)始めることによる可能性の広がりを知りました。

“何も考えていない”から“意識”に変わり、そして“意識”から“実行”に変えていきたいと思います。

頑張る。

自分を変えるチャンスは誰にでも平等にあります。そのチャンスを生かして行動に移せるか・・・。ここに、可能性の有無が存在するのです。

些細なことでも行動に移してしまえば、事は意外にスムーズに運ぶもの。
いまこそ、絶好のチャンスです。Don't be a procrastinator!


応援クリックをお願いします!
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ 1位です!応援ありがとうございます!
カテゴリー「英語」では断トツの1位です!
長野県ホームページランキング 1位をキープ!

2009/1/27

やればできる!  指導現場にて

塾生のセンター試験の結果がまとまりました。

塾生の英語の平均点は、大学入試センターが発表する全国の平均点を大きく上回りました。しかも、昨年と比して、今年の全国の平均点が約10点下がっているにもかかわらず、塾生の平均点は上がりました。

この結果を鑑みて、「私の指導は間違っていなかった」と確信しました。大学入試センター試験が大学入試のすべてではありませんが、自分の指導が具体的な数値として現れて嬉しく思うとともに、生徒達の努力に敬意を表したいと思います。

現高校2年生にも、アツく指導し、来年も今年以上の結果を残したいです。


応援クリックをお願いします!
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ 1位です!応援ありがとうございます!
カテゴリー「英語」では断トツの1位です!
長野県ホームページランキング おかげさまで1位に復活しました!

2009/1/25

1問の重み  指導現場にて

「ようやく1問の重みに気付きました。」

これは、センター試験の自己採点を終え、各予備校のリサーチ結果を目にした生徒達に共通する感想です。

部活動中心の高校生活を過ごし、3年の夏休みから本格的な受験勉強を始めるという生徒は少なくありません。しかし、そんな彼らも素晴らしい追い上げを見せ、大学入試センター試験では7割前後の得点率になります。しかし、現実的に、この程度の得点率では、彼らが当初志望していた大学に合格するのは厳しく、志望大学の再考を余儀なくされます。

「解答を見たら知っていることばかりで悔しいです。なぜ本番でできなかったんだろう?」と彼らは異口同音に言います。

原因は一つ、“トレーニング不足”。これはケアレスミスで失点するよりも悔しいはずです。
以前のエントリでも述べましたが、「分かっている」「知っている」というレベルで満足して、それらを繰り返して徹底暗記するというトレーニングを怠ると、入試本番では痛い目に遭います。

意識しなくても、問題を見たときに脳が勝手に反応する・・・。そんな無意識の感覚になるまで繰り返すことが勉強だと思います。

大学入試センター試験の英語は1問2点〜6点。国語は1問10点という問題もあります。
これが1問の重みです。もちろん、入試でも“たら・れば”を言い出したらきりがないですが、もし、各科目の各大問で1問を拾えていたとしたら、5教科7科目の合計では100点近く変わるはずです。

この「1問の重み」に気付かずに、普段の勉強で難しいことばかりを追いかけていると、取り返しのつかない結果を招くことになります。

大学入試はセンター試験がすべてではありません。センター試験で感じたことを、私立大一般入試・国公立二次試験に生かして、残りの受験勉強を意義深いものにしてもらいたいです。


応援クリックをお願いします!
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ 1位です!応援ありがとうございます!
カテゴリー「英語」では断トツの1位です!
長野県ホームページランキング おかげさまで1位に復活しました!

2009/1/24

10,000件達成!  閑話

昨日、総アクセス数が10,000件を超えました。
クリックすると元のサイズで表示します
AOLダイアリーからteacup.ブログに引っ越した12月4日から51日での達成です。

毎日多くの方からアクセスをいただき、励みになっております。今後もブログ「英語道」をよろしくお願いします。


応援クリックをお願いします!
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ 1位です!応援ありがとうございます!
カテゴリー「英語」では断トツの1位です!
長野県ホームページランキング おかげさまで1位に復活しました!

2009/1/23

everyday English  子育て

最近、再び英語に興味を持ち始めた息子。なるべく家庭の中で英語に触れる機会を増やしたいと考えていたところ、我が家の階段に陣取る Mr. CONTAC が協力してくれました。
クリックすると元のサイズで表示します
Thank you, Mr. CONTAC!


応援クリックをお願いします!
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ 1位です!応援ありがとうございます!
カテゴリー「英語」では断トツの1位です!
長野県ホームページランキング おかげさまで1位に復活しました!

2009/1/22

Huge!  閑話

A snowman showed up this morning!
He is huge, isn't he?
クリックすると元のサイズで表示します



応援クリックをお願いします!
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ 1位と2位を右往左往。
カテゴリー「英語」では断トツの1位です!
長野県ホームページランキング おかげさまで1位に復活しました!

2009/1/21

験担ぎ  閑話

センター試験が行われていた日曜日、妻と愛息と共に木曽のスキー場にソリ遊びに行ってきました。

「生徒がセンター試験を受けているのに・・・」という声が聞かれそうですが、これは験(げん)担ぎ。生徒の代わりに私が思いっきり“すべって”きました。

生徒諸君、安心して受験に臨んでくれ!
クリックすると元のサイズで表示します
くるまや本店で蕎麦を食べてきました


応援クリックをお願いします!
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ 1位と2位を右往左往。
カテゴリー「英語」では断トツの1位です!
長野県ホームページランキング おかげさまで1位に復活しました!

2009/1/20

センター試験過去問  英語勉強法

一部TOEICブロガーの間で流行って(?)いるのが、大学入試センター試験の過去問を解くことです。

80分・200点満点の試験ですが、TOEICで高得点を目指している方は、解答時間を50分に設定すると、いい訓練になります。

語彙問題や会話問題では、思わず「う〜む、これは使える!」と唸らされる表現に出会えます。一部、センテンスのイントネーション問題を除き、良問ぞろいです。

教学社の過去問題集には第1回目のセンター試験(1990年)から昨年までの本試験と追試験あわせて29回分が収録されています。しかも880円(税別)で、1回あたり約30円とコストパフォーマンスも最高です!
クリックすると元のサイズで表示します
昨日は1990年に実施された第1回本試験を解きました。仕事柄、ここ10年くらいのセンター試験の過去問研究は徹底して行っていましたが、それ以前は傾向も変わってきているため、手をつけていませんでした。

1990年は、私が高校3年生の時の問題です。当時は、参加する私立大学も少なく、早稲田を目指していた私はセンター試験は受けなかったため、新鮮な気持ちで問題と対峙できました。解答時間40分で、190点/200点。語法問題で1問、会話問題で2問間違えました。侮れません。


応援クリックをお願いします!
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ 1位と2位を右往左往。
カテゴリー「英語」では断トツの1位です!
長野県ホームページランキング おかげさまで1位に復活しました!

2009/1/19

2009年大学入試センター試験英語  英語勉強法

大学入試の皮切りである大学入試センター試験が終了しました。受験生の皆さん、お疲れ様でした。今日は、自己採点をしながら一喜一憂することでしょう。しかし、その点数が今の実力です。大切なことは、この結果を踏まえて、2月の私立大一般入試・国公立二次試験に気持ちを切り替えることです。

現高校2年生は、来年のセンター試験に向けて、気持ちを新たにしましょう。基本的な文法と語彙・イディオムを押さえた後、直読直解による速読を鍛えれば、9割(=180点)以上は必ずとれます。


昨日の朝刊で英語の試験を解いてみました。各予備校のHPで平均点予想や講評がなされているので、ここでは私見を述べたいと思います。
クリックすると元のサイズで表示します
【第2問】
A:文法・語法
近年のセンター試験の特徴ですが、純粋な文法知識を問うものが少なくなりました。
日常生活で出くわす場面を説明するのに必要な語彙や表現を問うものが増えているように思います。

C:英文整序
問3で仮定法過去完了で従属節のifが省略されると倒置する知識を問う問題が出ました。
正解 → I could have joined the party had I answered the phone yesterday.

Had I answered the phone yesterday, I could have joined the party.

というように、文頭にある if 節(=従属節)が倒置するパターンは、大学受験生ならできて当然。しかし、本問は倒置した従属節がコンマなしで主節の後ろにくるパターンで、面喰った受験生も多いはずです。
この内容は、私は、たまたま今回の冬期講習で指導しました。

【第4問】
昨年に引き続き、グラフやフォームを見て答える問題。ここは大学入試センターがTOEICを意識しているのを感じ取れます。

【第6問】
英英辞典の効用を述べた英文の読解。
個人的な好みもあると思いますが、出題されている英文は、繰り返し音読したいと思えるほどの良文です。ただ、設問が多少ひねってあるので、正答を導き出すにはきちんと行間まで読む必要があります。


応援クリックをお願いします!
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ 1位と2位を右往左往。
カテゴリー「英語」では断トツの1位です!
長野県ホームページランキング おかげさまで1位に復活しました!

2009/1/18

私が筋トレを始めた理由  閑話

先日のエントリで宣言しましたとおり、腹筋を中心とした筋トレを始めました。

実は突然思いたったのではなく、前々からやってみようと思っていました。
その理由は以下の3点です。
@毎日の継続が大切
Aすぐには結果が出ない
B目標が数値として明示できる
以上の3点、何かと共通することはないでしょうか?

そうです、英語の勉強と似ているのです。

@について・・・語学は毎日やらないと伸びません。
Aについて・・・毎日やっても英語力がついていると実感する機会は、ありふれた日常の中では希有でしょう。でも、英語力を身につけるには、毎日続けるしか術がありません。
Bについて・・・そんな無味乾燥に見えてしまう勉強だからこそ、「TOEIC○○点!」や「英検△級合格!」といった具体的目標や数値があると継続できるのです。

さて、身長170cmの私が設定した今回の筋トレの目標は、
体重55.0s・腹囲69cm・体脂肪率15%(期限:海の日)
(現在は、体重57.8s・腹囲75cm・体脂肪率22%)

目標を達成するには、厳しい自己管理も必要になります。食事のカロリーから始まって、運動による消費カロリーを考え、食事内容にも気を配る必要があります。幸い、食事に関しては、結婚以来、妻が野菜中心の献立で気を配ってくれています。今でも高校の卒業式のためにオーダーメイドしたスーツを着られるのは、そのお陰です。私としては飲酒を(多少?)自制しなければなりません。

ブログ「独学でTOEIC990点を目指す!」のHUMMERさんも、見事に肉体改造に成功されたそうです。HUMMERさんに刺激され、私も、英語と同様に「やればできる!」ということを証明したいと思います。

(余談)
実は、大学時代は筋トレにのめり込んでいて、腕立て伏せ200回・腹筋100回・鉄アレイ・エキスパンダー・アームバーを毎日の日課にして、その他にもランニング・水泳も週2〜3回はやっていました。そして、トレーニング後には必ず動物性プロテインを飲んでいました。36歳の今、このようなことをやれば逆に体を壊します。
回数は少なくてもトレーニングの質を高めて、目標達成します。


応援クリックをお願いします!
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ 1位と2位を右往左往。
カテゴリー「英語」では断トツの1位です!
長野県ホームページランキング おかげさまで1位に復活しました!

2009/1/17

Be CONFIDENT!  指導現場にて

今日はいよいよ大学入試センター試験。


高校1年から大学入試を意識して勉強してきた生徒。

部活に夢中になって受験勉強のスタートが遅れたものの、部活引退後に必死に追い上げた生徒。

捲土重来を期して浪人生活を過ごしてきた生徒。


一人ひとりにドラマがありますが、センター試験を受けるという点では条件は一緒です。

みなが最善を尽くし、このセンター試験を3月まで続く大学受験の springboard にしてもらいたいと思います。

Just believe what you have done so far and be confident!



応援クリックをお願いします!
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ 
長野県ホームページランキング →おかげさまで1位に復活!

2009/1/15

家族という存在  閑話

一昨年の11月、7時間にも及ぶ大きな手術を受けました。

手術は大成功で1週間後には晩酌ができるほどになりましたが、その後は自分の健康に自信が持てない日が続き、自分の生き方や死について考えるようになりました。

妻の薦めで、先週、全身のPET/CT検査を受けました。昨日はその検査結果を聞きに、大学病院まで行ってきました。結果は、何の問題も無く、主治医から「全快」の太鼓判をいただきました。

妻は喜び、母は泣いてくれました。そう、僕にはこうやって我が事のように心配し、応援してくれる家族がいるのです。

手術後1年以上たった今、ようやく自分の健康に自信を持てるようになりました。今日はこの場を借りて、私の生命の源である家族の存在に、改めて感謝したいと思います。


応援クリックをお願いします!
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ 
長野県ホームページランキング

2009/1/14

another resolution  閑話

年も改まり「何か新しいことを始めたい!」と思うのは人の性でしょうか?

英語以外の今年の目標を、ずっと模索していました。常日頃から生徒達に「勉強は基本がすべて。応用力とは基本を徹底的に追求できる力だ!」と力説していますが、ふと体の基本はどこか考えてみましたが、その答えは、やはり体の中心であるへそを含む“腹筋”でしょう。

身長170cmの私ですが、昨年の夏は体重54.8s・体脂肪率19%でした。
ところが、昨日計測してみると、体重57.8s・腹囲75cm・体脂肪率22%に“成長”していました。明らかに、正月太りです。

そんな訳で、今年は腹筋にこだわってみたいと思います。体の中心である腹筋を鍛えて、メタボ予防です。目標は、夏までに体重55.0s・腹囲69cm・体脂肪率15%を目指します。
クリックすると元のサイズで表示します
私の腹筋のお供、exercise wheel


応援クリックをお願いします!
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ 
長野県ホームページランキング

2009/1/11

追い込み  指導現場にて

センター試験まで1週間となりました。高3生の追い込みは凄まじいものがあります。これからの1週間は、最も集中できるため、中身の濃い勉強ができます。受験生の皆さん、焦らず慌てず、腰をすえて頑張りましょう!

私の普段の指導は個別指導のため、元旦特訓のようなグループ授業は新鮮です。志を同じくする者が揃っている空間だからこそ、伝えたい話ができる貴重な機会でもあります。

今年の元旦特訓では、講義中の雑談で、私の浪人時代の英語勉強法を、当時使っていたノートや参考書・辞書と共に紹介しました。(浪人時代の英語勉強法については→「音読!音読!音読!」「試験に出る英単語」)

するとどうでしょう。早速その勉強法を実践しはじめた生徒を目にしました。
クリックすると元のサイズで表示します
私の授業で使用したプリントが見開きA3版のノートに貼られ、そこでは、私の講義が忠実に再現されていました。
彼女は背伸びをしない勉強、つまり徹底暗記の姿勢を貫いています。暗記ノートもこの通りです。
クリックすると元のサイズで表示します
他にも、単語帳の表紙に、その単語帳に出ていない単語をペンで書き込んで覚えようとする生徒も出てきて、とても心強く感じました。

「こうすれば、英語ができるようになる!」という話を、毎回の授業ではもちろんのこと、事あるごとに言ってきています。しかし、それを実践するのは生徒です。100人に話し、そのうち1人でも行動に移してもらえれば御の字です。

とにかく、生徒を能動的に動かすような具体的な勉強法、成功例、そして私自身の体験をアツく語り続けることが、私の役目です。


応援クリックをお願いします!
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ 
長野県ホームページランキング

2009/1/9

守・破・離  閑話

畑村洋太郎著『組織を強くする技術の伝え方』に、茶道や武道の世界の教えである「守・破・離」が紹介されています。
「守」・・・決まった作法や型を守る段階。すべての学習は真似から始まる。手本に従ってそれと同じようにする。決められていることを生真面目に守るこの段階は、繰り返しも多く非常に面倒。なによりもやっているほうは面白くもない。しかし、手本を素直に真似るほうが結果として早く進歩する。

「破」・・・「守」の状態を破って作法や型を自分なりに改良する段階。自分で創意工夫しながら試行錯誤できる。作法や型を破るのは悪いことのようだが、「守」を徹底した人はしっかりとした経験と根拠に基づいているので、合理的な方法の創出につながる。

「離」・・・作法や型を離れて独自の世界を開く段階。「破」の段階で試行錯誤を繰り返した人は、従来とはまったく別のものを新たに生み出すことができる。制約条件や外的要因にあわせて全体をつくり変えることができる。つまり、過去の経験や知識に加えて、先人の理解などを織り込んで判断ができる。

英語学習にもあてはまることだと思います。基本を大事にして何回も何回も繰り返す。そうすると、自ずとその基本事項を追究する姿勢が生まれ、違った角度からとらえられるようになり、いわゆる応用力が身につくようになります。

「学ぶ」の語源は、「まねぶ」です。習い、真似をすることが、学問をすることにつながります。自分のレベルを買いかぶらず、背伸びをしない勉強を心がけたいと思います。


※ブログランキングのランクアップが励みになっています。お時間がありましたら、以下のバナーのクリックをお願いします。

頑張ろう、日本!クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ