2009/8/27

5歳の発想  子育て

5歳の息子は、毎朝起きてすぐに、問題集やドリルをやることを日課にしています。

現在は算数(小学2年生)と漢字(小学3年生)をやっていますが、算数の文章題を解いていた今朝の一コマです。
「3×9は・・・。30から3を引けばいいから、27か。」

まだ九九をしっかり覚えていないため、“3×9=27”とストレートに答えが出ませんが、今朝の彼のこの一言を聞いて「おぬし、なかなかやるな」と思いました。



2009/8/23

往く夏を惜しんで  閑話

今年の夏は、曇りや雨の日が多く、気温も例年より低かったと思います。

往く夏を惜しんで、今日は伊那市長谷の黒川に行って来ました。見上げた空は、もう秋を感じさせます。
クリックすると元のサイズで表示します

妻・愛息といっしょに、飯盒でご飯を炊き、カレーを作り、川で水中昆虫を取ったりして楽しみました。
クリックすると元のサイズで表示します



2009/8/22

save face  指導現場にて

ある生徒が「先生!今週受けた模試で lose face が出ました!先生のプリントを復習しておいて良かったです!」と嬉しそうに話してくれました。

2005年の長崎大学二次試験前期日程で出題された語彙問題を授業で扱ったのですが、彼女は夏休み中にそのプリントを復習し、その直後の模試でたまたま同様の問題に出くわしたようです。

私は、大学の過去問を解いて、直感的に「これはまた出題されるな」と思うものを採用します。しかし、授業でやっただけで満足してしまい、暗記という名の復習をしなければ、何の効果もありません。

彼女が復習をきちんとして、私の直感の正しさを証明してくれました。私にとっては lose face(面目を失う) どころか save face(面目を保つ) です。



2009/8/20

ボキャビル  英語勉強法

『South of the Border, West of the Sun』を多読しながら、新出単語や気になった語彙を抽出して覚える作業が順調にすすんでいます。その際、英検1級に合格した時に使用した『英検Pass単熟語 1級』と照らし合わせています。驚いたことに、その多くがこの『Pass単』に収められています。

英検1級受験時には手垢がついてボロボロになるまでやり込んだ『Pass単』。しかし、悲しいことに忘れてしまっている語彙が多いです。

国連英検特A級一次試験合格まであと4点。もう一度『Pass単』を徹底復習し、捲土重来を期します。
クリックすると元のサイズで表示します



2009/8/18

good chemistry  英語勉強法

『South of the border, West of the Sun』に読み耽っています。

読みすすめていく中で未知単語も出てきますが、コンテクストからすべて意味が想像できるため、多読・速読に向いています。

ただし、11月に国連英検特A級受験を控えているため、ボキャビルもしなければなりません。その日に読んだ範囲で、気になる単語や表現をピックアップし、暗記するようにしました。

普通の単語帳と比べて、好きな文学作品から抽出した語彙は与し易いので、苦になりません。やはり、村上春樹作品の英訳者である Jay Rubin の英語と私は馬が合うようです。
There is chemistry between English Jay Rubin employs and me.
と言ったところでしょうか。



2009/8/16

summer break 2  閑話

今日は、伊那市長谷にある釣堀に行ってきました。経営されている方が父の知り合いのため、色々と気を遣っていただきました。ニジマスの塩焼きや岩魚の刺身を思う存分堪能しました。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
その後、子供たちを連れて、近くの川へ。
クリックすると元のサイズで表示します
我が愛息も夏休みは今日でおしまい。明日から幼稚園が始まります。夏休み最後の一日を思いっきり楽しめたようです。

私も明日から仕事が再開し、またいつもの日々が戻ってきます。また充実した休日を過ごせるよう、英語指導に傾注したいと思います。


2009/8/15

summer break  閑話

家族で木曽に行ってきました。といっても、トンネルが開通したお陰で、30分ほどで目的地に到着しましたが・・・。ETCで渋滞にはまったGWの反省を活かし、近場でお茶を濁す作戦。

木曽川の支流のひとつ黒川でバーベキューをしました。天候不順な今夏ですが、空を見上げたら、ようやく夏らしい入道雲を見ることができました。
クリックすると元のサイズで表示します
甥っ子達は橋の上から川に飛び込んだりして、信州の短い夏を満喫していました。
クリックすると元のサイズで表示します
私個人的には、開田高原で見た一本のコナラの木が印象に残りました。広々とした草原で孤高に構えている姿は、何故か心に訴えてくるものがあります。
クリックすると元のサイズで表示します



2009/8/13

Haruki Murakami  英語勉強法

夏期講習中は大学受験英語に傾注していたので、お盆休みの今、心に自然と入り込んでくる英語を欲しています。

今日、アマゾンから『South of the Border, West of the Sun』が届きました。『国境の南、太陽の西』(村上春樹 著)の英訳版です。早速10ページほど読みましたが、スーッと心に入ってくる英語は、Haruki Murakami と英訳した Jay Rubin のベストコンビがなせる業でしょう。村上春樹の英訳版は『Norwegian Wood』以来ですが、私にとっては英語を意識せずに読める英語なので、多読にも最適です。
クリックすると元のサイズで表示します



2009/8/12

さあ、お盆休みだ!  閑話

1年で最も過酷な夏期講習が終わりました。正直ホッとしています。今思えば、2週間半はアッと今に過ぎた感じがします。しかし、喉はガラガラ、体重も2キロ落ちました。

13日からは束の間のお盆休みです。家族と楽しい時間を過ごし、2学期に向けての英気を養いたいと思います。

夏期講習を終えた私に、癒しのクリックをお願いします!^v^

2009/8/12

5つの文型  指導現場にて

昨日は、高校1年生から3年生までが一堂に会して共通の問題を解く「下剋上テスト」なるものを実施しました。

「後輩に負けない!」「先輩を追い越そう!」という気持ちが作り出す試験の雰囲気は、なかなかなものです。
クリックすると元のサイズで表示します
英語の出題範囲は文型と時制。テストの採点をしていて気付くことですが、基礎力がある生徒は5文型の知識が定着しています。

英文構造を瞬時に見抜き、直読直解で英文を速読するためには、文型の知識が不可欠です。文法問題の単文だろうが長文読解の英文だろうが、英文を見たときは常に「主語と動詞はどれか?」と意識するようにします。そうすると、英文を“型”で見る習慣が身に付きます。

日本語と違って助詞が存在しない英語は、“型”が命。文法はこの“型”を見抜くための心強い味方なのです。


↑FC2のブログランキングに参加しました。
応援クリックをお願いします。

2009/8/11

地震  英語勉強法

今朝の地震には驚きました。私の住む長野県伊那市も震度3を記録しました。5秒ほどの細かな揺れが続き、その後大きな横揺れに変わりました。大地震の典型的な揺れ方でした。

以前のエントリにも記しましたが、私は地震学者になりたかったときがあり、地震には人一倍興味があります。今朝の地震も揺れが収まったときに、「震源の深さは20km、マグニチュードは6.5くらいかな」と妻に言いました。

そして、すぐにNHKの臨時ニュースを見ました。するとどうでしょう。ぴたり、私の予想と当たりました。これには妻もびっくりです。

ここで地震関連のボキャビルをやっておきましょう!
・seismic center 震源地
・epicenter 震央
・after shock 余震
・fault 断層
・the Richter scale マグニチュード
・seismologist 地震学者
・tsunami / tidal wave 津波
・vertical shake 縦揺れ
・horizontal shake 横揺れ
・primary wave P波
・secondary wave S波

2009/8/9

夏期講習終盤  指導現場にて

昨日の土曜日は、今年を含めて過去6年の夏期講習の中で最もハードな一日となりました。

朝9時から個別指導で高校生を中心に延べ約30人を指導し、夕方から「できる!英語長文読解 〜discourse marker によるパラグラフリーディング 〜」「究極の現代文読解法」のグループ講座で延べ約40名を指導しました。合計延べ数70名は過去最高です。

毎日8時間の指導が2週間続き、昨日の70名指導で、喉はガラガラになりました。もちろん、2年前の甲状腺摘出手術で反回神経が多少なりとも傷ついているのも原因だと思います。話しすぎたり疲れがたまると手術跡が硬直するので、疲労蓄積の目安になっています。

今日(日曜日)の休みを挟んで、12日まで夏期講習は続きます。指導者として悔いが残らないよう今日はゆっくり休み、残り3日間を走り抜けたいと思います。
クリックすると元のサイズで表示します

2009/8/6

motivation  指導現場にて

進学校に入学するも勉強に対して自信が持てずにいたある高校1年生が、先日の面接で、私に言ってくれました。「先生、早稲田に行きたいです!」と。

彼には、私の高校時代の話をしながら、「誰にでも難関大学合格の可能性はある。大切なのは、自分の可能性を信じ、毎日努力を続けることだ」と説いてきました。

その彼が、早稲田大学のオープンキャンパスに参加し、お土産を買ってきてくれました。
クリックすると元のサイズで表示します
早稲田を体感し、ますますやる気を出した彼。生徒が変わる瞬間を目の当たりにできるのが、私の仕事のやりがいです。

2009/8/2

He is what I was 32 years ago.  子育て

この週末は、「伊那祭り」がありました。

息子の通う幼稚園では、年長の組が鼓笛隊を組んで演奏を発表するのが、恒例となっております。すべての子供と先生が、この日のためにハードな練習を繰り返してきました。

あいにくの雨模様で発表ができるか危ぶまれましたが、なんと演奏予定時刻の10分前に雨が上がるという奇跡が起こったのです。

先生、父兄をはじめ多くの観客が見守る中、演奏が始まりました。3曲・15分ほどの演奏でしたが、子供たちはみんな素晴らしいパフォーマンスを見せてくれました。シンセサイザー担当の我が愛息も素晴らしい演奏でした。
クリックすると元のサイズで表示します
生まれてから5年。よくここまで成長してくれたと嬉しく思います。そして、鼓笛隊だけでなく、普段から熱心に指導にあたってくださっている先生方にも頭が下がる思いです。

この鼓笛隊演奏は、息子の通う幼稚園の代名詞にもなっているものですが、実は、同じ幼稚園に通っていた私も、32年前にこのお祭りで演奏しました。

息子が鼓笛隊の制服に着替えた姿を見て、目頭が熱くなりました。そう、紛れもなく、目の前にいるのは、32年前の自分だったのです。両親がどういう気持ちで私を育ててきてくれたかが、この日の息子の姿を見ることで、分かりました。私が受けた愛情を何倍にも大きくして、息子と、生まれてくる第二子に注いでいきたいと気持ちを新たにしました。
クリックすると元のサイズで表示します
32年前、5歳の私です!

2009/8/2

点が線になる瞬間  英語勉強法

昨日の夏期講習で、ある高校3年生に関係詞の体系を教えていた時のことです。その生徒が、
「先生、正直な話、すごい分かりやすくて感動した」
と言ってくれました。

私が普段指導している教室が違うため、彼女には夏期講習などの特別講習の時にしか会えませんが、彼女が中1の時からの付き合いですので、会えば色々と話をします。

彼女は、恥かしがり屋の裏返しから、自分の思いを正直に言わず強がりを言ってくるタイプ。そんな彼女から引き出せたこの一言は、ハードな夏期講習のスケジュールで疲労困憊であった私にとってのカンフル剤(a shot in the arm)となりました。

高校3年生ということで、彼女自身が受験勉強に真摯に取り組み、私の解説を咀嚼できる“受け皿”が用意されていたことも大切なこと。

教える側と教えられる側が、ともに高いレベルでかみ合ったときに、分からないことが分かるようになる。点であった知識が線になる瞬間。教える喜びは、この瞬間にあるのです。

彼女からの一言に対して、私は以下のように答えました。
「今の一言で、今夜も美味いビールが飲めそうだよ」



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ