2010/5/31

様々な角度からのアプローチ  英語勉強法

TOEICから一夜明け、今回受験されたTOEICブロガーの方々のブログを巡回しました。

私はリーディングに満点の自信がありましたが、どうやら4問ほど取りこぼしがあったようです。

中でも voucher = credit certificate と、anyway を but とともに使う相関構文は知りませんでした。

anyway については、英和辞典の下の方に出ていました。
[通例but節で文尾に置いて]
とはいうものの、それでもやはり《◆neverthelessより口語的》
ex.)I'm tired, but I'm going anyway.
私が選んだ選択肢 likewise でも意味は通ると思いますが、相関構文である以上、やはり anyway が正解ですね。


10年位前に受けた旧TOEICで albeit という接続詞を選ばせる問題を思い出しました。今回取りこぼしてしまった問題も含め、このような類の問題は市販の問題集には出てきません。感覚で解けるかが勝負です。その感覚を養うには、ネイティブがよく目にする自然な英語にいかにふれているかです。

今日は胃検診のため、早朝から市の健康センターで時間をつぶさなければなりませんでした。2時間以上もの待ち時間に『〈クイズ〉英語生活力検定』を読みました。いやはや、TOEICで狙われそうな表現が盛りだくさんで驚きました。

例えば、
half-empty 半分しか残っていない
apply sun block 日焼け止めをぬる
treadmill ランニングマシン
このような表現は、実際に海外で生活し、必要に駆られないと出くわすチャンスは少ないですから、本著に収められているものを覚えれば、かなり実用的な英語力がつくと思いました。

問題集だけでなく、英語関連の様々な書籍を読むことで、難問・奇問にも対応できる感覚を養っていきたいと思います。


※ブログランキングのランクアップが励みになっています。お時間がありましたら、以下のバナーのクリックをお願いします。

2010/5/30

終わりが始まり  英語勉強法

TOEICを受験した時、いつも思う。受験後、「自分の頭は“英語脳”になっている」と。

だって、否応なしに2時間集中して英語の問題と格闘するわけだから。

だからこそ、TOEICを受験し終えた今日から勉強を続けることが大事。

昔ゴルフに夢中だった頃、1日2ラウンド(36ホール)を回って、「このまま自宅に帰らず練習場に行けば絶対に上手くなるのに」と思ったのと同じ感覚。

英文法の問題集でもいい、TIMEを読んでもいい。CNNを聴くのだっていいし、模試本のリスニングを解きなおすのだっていい。

とにかく次のTOEICへ向けて、今日スタートを切ろう!


※ブログランキングのランクアップが励みになっています。TOEICの必勝祈願に、以下のバナーのクリックをお願いします!

2010/5/30

第154回TOEICの感想  TOEIC・英検など

本日のTOEICを受験された方、お疲れ様でした。

私は1年ぶりの受験でしたが、試験を終え会場の外に出た時の開放感と爽快感は、何度味わってもたまりません。この快感を味わうために受験しているようなものです。


私が受験したフォームは 4GIC9 でした。

受験会場の近くまでは約1時間30分かけて車で行ったのですが、ものすごい睡魔に襲われ、途中コンビニの駐車場で仮眠をとったりしました。おそらく、毎日服用しなければならない甲状腺ホルモンの薬の影響だと思いますが、リスニングの試験が始まっても多少ボーっとしていたため聞き逃しそうになり、消去法で何とか乗り切った問題がいくつかありました。

リーディングの問題を解き始めたころにはいつものペースが出てきて終了15分前には解き終わり、ゆっくりと見直しをすることもできました。

試験問題の詳細を述べることは禁じられていますので詳しくはかけませんが、関係代名詞の所有格、likewise、be instrumental in などが、今まで受けたTOEICでは目にしたことがない問題でした。


TOEICを受験した夜はビールで乾杯するのですが、明日は健康診断があり飲めません・・・。しかも、夕方から次男(0歳)が38.5℃の熱を出し、先ほど夜間診療の病院で診てもらったところです。とても打ち上げムードにはなりませんが、その分、TOEICの結果が出たら、思いっきり美味しいビールをいただきます!


※ブログランキングのランクアップが励みになっています。TOEICの必勝祈願に、以下のバナーのクリックをお願いします!

2010/5/30

終了!  TOEIC・英検など

たった今、第154回TOEICが終わりました。フォームは4GIC9でした。

何回受けても、終わった直後の爽快感はたまりません!

2010/5/30

受験会場に到着!  TOEIC・英検など

試験開始までいつも通りのルーティーンを行い、万全を期します。´▽`

2010/5/29

明日はTOEIC  TOEIC・英検など

今日は朝早くから、長男が通う小学校のPTA作業があり、額に汗して敷地内の凸凹道をならしていました。大人たちが集い、子供たちのために汗を流す。これぞまさに unconditional love の体現といった感じで、とても清々しい気持ちになりました。

さて、明日はいよいよ第154回TOEICです。受験票に写真を貼り、私が受験必須アイテムと考える脳ミソの栄養源、ブドウ糖も購入しました。合法的ドーピングです(笑)。

天国にいる Lynn さんに満点を捧げるべく、全力で頑張ってきます。


※ブログランキングのランクアップが励みになっています。お時間がありましたら、以下のバナーのクリックをお願いします。

2010/5/26

The Economist の英語  英語勉強法

coolpenguins さんのブログ記事読んで、久しぶりに The Economist を読んでみました。

最近はTOEIC模試本を高速で解く訓練をしているので速読はいつも通りですが、The Economist となると使用語彙が英検1級以上のレベルです。第1段落を読んだだけでも insatiable, apocalypse, squabble などの高度な単語が続々。因みに insatiable と apocalypse は『英検Pass単熟語 1級』に収められています。

国連英検特A級に合格するには、このような世界情勢に関するネイティブ向けの英文を毎日読み、地道に高度な語彙力を培っていくしかありません。


※ブログランキングのランクアップが励みになっています。お時間がありましたら、以下のバナーのクリックをお願いします。

2010/5/24

自分の型を持つ  閑話

魁皇が1000勝を達成しました。

同い年の力士の偉業に、思わずアツいものがこみ上げてきました。

私は昔からの相撲ファンですが、自分が大学生受験生だった20年以上も前に相撲をとっていた魁皇の記憶が残っています。


こつこつと積み上げてきて1000勝。

決して派手なお相撲さんではありませんが、今日の取り組みで右上手を取ったときのファンの声援でも分かるように、魁皇には自分の型があります。

自分のみならず他人からも認められている左四つ右上手という魁皇の型。

そんな誰からも認められる自分らしい型を、私も自分が歩む英語道で作り上げていきたいと思います。
クリックすると元のサイズで表示します


※ブログランキングのランクアップが励みになっています。お時間がありましたら、以下のバナーのクリックをお願いします。

2010/5/22

息子に教えられる  子育て

『TOEICテスト 文法1000』で on the double というイディオムが出てきました。LONGMAN では次のように定義されています。
on the double
… very quickly and without any delay
ex.) I headed for the Commander's office on the double.
quickly と言えば、先日、妻から「quickly と fast の違いってな〜に?」と聞かれました。

ほとんど同じだと思うけど・・・。eat quickly とは言うけど、run quickly とは言えないような・・・。

答えに窮していた私に向かって6歳の長男が一言。
「パパ、ぼく知ってるよ。Run fast. って言うんだよランナー

その通り!細かいことを気にするのはやめよう!^v^


追記:
それでも一応調べました。ライトハウス英和辞典に、形容詞 fast と quick の違いが出ていました。
fast  人や物の速度が速い
quick  速度よりもむしろ行動がすばやい
LONGMANで fast を引くと moving quickly と出ています。違いは微妙ですね・・・。@〜@


※ブログランキングのランクアップが励みになっています。お時間がありましたら、以下のバナーのクリックをお願いします。

2010/5/22

昔の問題集  TOEIC・英検など

9年前のワシントン大学留学時に日本からもっていった問題集『TOEICテスト 文法1000』を書斎から引っ張り出してきて、昨晩寝る前に1セット(40問)を解きました。

最近は本物のTOEICのレベルに限りなく近い問題集や参考書が多く出回るようになり、TOEIC受験者はその恩恵を受ける機会が多いと思います。しかし、私が留学した当時はそのような良書が少なく、また有益な情報を提供してくれるブログもなかったものですから、ただ書名に惹かれては購入する状態でした。

『TOEICテスト 文法1000』もそんな一冊ですが、TOEIC型の問題を解きながら純粋に知識を増やしていくという観点からみれば、とても良い問題集です。


第154回TOEICまであと1週間です。英語そのものの知識を増やしつつ、TOEICの出題形式に自分の英語脳をあわせていく・・・。そんな勉強を心がけています。


※ブログランキングのランクアップが励みになっています。お時間がありましたら、以下のバナーのクリックをお願いします。

2010/5/21

モノ化させる  英語勉強法

Tommyさんの記事で、参考書や問題集を違う物体と感じるぐらいまで使い込む効用について書かれていました。

私の場合、モノ化した教材は「LONGMAN」でしょう。
クリックすると元のサイズで表示します
アメリカに留学したときに現地の書店で購入した英英辞典。留学中は常に持ち歩き、出会った語彙はすべてこの辞書で引きました。調べた単語には赤線を引いてありますが、線を引いてないページはありません。英英辞典に慣れてからは、日本の英和辞典を信用できなくなり、それ以来ずーっと英英辞典を愛用しています。最近は電子辞書を使ってますが、紙辞書は使い込むほどに手に馴染んでくるので、自分の体と一体化する感じが好きです。

モノ化した問題集は、松野守峰著『TOEIC TEST GRAMMAR パーフェクト攻略』(桐原書店)です。
クリックすると元のサイズで表示します
旧TOEICのPart6(Error Recognition)に特化した形式でしたが、本当に数え切れないぐらい繰り返して、自分の英語力が昇華した思いがあります。英文構造を瞬時にとらえられるようになったのは、本著のおかげです。

単語集では、大学受験時に使用した『試験にでる英単語』です。
クリックすると元のサイズで表示します
ここに載っていない単語は表紙や裏表紙にサインペンで書き込んで、“My単語帳”化させていました。

これと決めた一冊に惚れ込んでやり込むのは、英語を学ぶ上で絶対に必要なことだと思います。


※ブログランキングのランクアップが励みになっています。お時間がありましたら、以下のバナーのクリックをお願いします。

2010/5/20

受験票届く  TOEIC・英検など

今月30日に行われる第154回TOEICの受験票が届きました。
クリックすると元のサイズで表示します
会場はいつもと同じ専門学校なので、私にとってはホームグラウンドです(笑)。

英語の勉強をしていても短期的かつ具体的な目標がなければ、だらけてしまう時があります。でも、受験票を目にするだけで自然とやる気が湧いてきて「やってやろう!」という気持ちになります。資格試験を受験する効用の一つですね。


※ブログランキングのランクアップが励みになっています。お時間がありましたら、以下のバナーのクリックをお願いします。

2010/5/19

模試本とボキャビル  TOEIC・英検など

昨日は『TOEICテスト 新・最強トリプル模試3』3回分のPart5・120問、Part6とPart7の20問、イクフン本『解きまくれ!リスニングドリルTOEIC TEST Part3&4』を30問ほど解きました。

『TOEICテスト 新・最強トリプル模試3』は昨年1回やっているのですが、解きなおしをすると同じところを間違えたりして、自分の弱点が分かります。同じ問題を何回も解きなおすことの意義が分かってきました。30日のTOEICまでに、もう2回は解き直したいと思います。

それと並行してボキャビルも地道にやっています。昨日の問題文中に出てきた contingency や dingy という単語は『英検 Pass単熟語 1級』で覚えたはずですが、忘れていて、文脈から推測して意味が分かった程度でした。やはり、単語を見たり聴いたりしたときにすぐに意味がわかる“瞬発力”が大事です。

今年TOEIC990点満点を取得したPon子さんによると
「模試本の繰り返しとボキャビルで990点を取れたと思います。でも、この方法はfukkenさんが教えてくれたんですよ」
とのこと・・・orz。

推奨者の私自身が実行しなければいけませんね。^o^;


※ブログランキングのランクアップが励みになっています。お時間がありましたら、以下のバナーのクリックをお願いします。

2010/5/17

Life goes on.  TOEIC・英検など

Lynn さんの死を知り、この週末は感情的になっていましたが、ホストマザーの Judy からも励ましのメールをもらい、落ち着いた気持ちを取り戻すことが出来ました。

人それぞれに人生があります。その人生で色々なことが起こり、そこから学び、人生は続いていく・・・。

Life goes on …. 私は今の自分に出来ることをやるのみです。

昨日は、『1日1レッスン!新TOEIC Test 千本ノック!2』を読了し、『TOEICテスト 新・最強トリプル模試3』の第2回Part7約50問を解きました。

夕食を終えて西の空を見上げてみると、三日月と金星が隣り合って輝いていました。見事なまでのランデブー。
クリックすると元のサイズで表示します
午後8時5分頃撮影
家族みんな、しばし見とれてしまいました。


※ブログランキングのランクアップが励みになっています。お時間がありましたら、以下のバナーのクリックをお願いします。

2010/5/15

今、私にできること  TOEIC・英検など

8年前のワシントン大学留学時、現地の様々な方と知り合いになり、お世話になりました。

最もお世話になったホストマザーの Judy を除いて、帰国後も有意義な時間を共有できた方が Lynn Stafford-Yilmaz さんです。

彼女との出会いは、大学のイクステンション・コースの TOEIC Preparation の授業でした。彼女の仕事はTOEICライター。TOEIC関連の出版や問題作成にも携わり、大学でも講義を持ったり、日本の高校でも英語を教えられた経験の持ち主でした。

当時、私は既にTOEICを20回以上受験していました。TOEIC Preparation の授業では、私も受講生の一人だったのですが、担当の先生とともに、テスト受験時の戦略などを受講生に提供していました。その授業を Lynn さんが見学取材に来られていて知り合ったのです。

私たちはすぐに意気投合し、メールアドレスを交換。日本でのTOEIC事情や英語学習法についていろいろな意見を交わしました。

1年間の留学を終え帰国が近づいたある日、Lynn さんは私と妻を自宅に誘ってくれ、Lynn さんのご主人、そして2人のかわいいお子さんとパーティーを開いてくれました。彼女の自宅はベルビューの高級住宅街にあり、庭にはプールもありました。そのプールサイドで飲んだビールは最高でした。夕方になってお子さんも連れてみんなで散歩に出かけ、アメリカン・ファミリーを体験できた貴重な時間でした。

そして、帰国直前、今度は Lynn さんが私のアパートを訪ねてきてくれて、近くのタイ料理店でご馳走をしてくれました。

私が日本に帰国してからはもっぱらメールのやりとりでしたが、Lynn さんが『Cross the TOEIC Bridge』という問題集を McGrow-Hill から出版すると聞いて、全面的に協力しました。出版時に Acknowledgments の中で“Thanks to you for your rigorous input on this work.”と書いて下さったのはとても嬉しかったです。

また、Lynn さんは、時を同じくして THE DAILY YOMIURI で、TOEIC関連のコラム連載の仕事が決まり、「コラム名はどうしたらいいと思う?」と相談を持ちかけられました。当時私が好きだったboosterという単語を使って、「TOEIC BOOSTER」という名前に決まり、連載が始まったときは自分のことのように喜びました。

そして、2003年12月19日付 THE DAILY YOMIURI の TOEIC BOOSTER で、私についてコラムを書いて下さいました。
クリックすると元のサイズで表示します
ご主人の母国トルコを旅されていたときも、わざわざ私の実家にまで絵葉書を送って下さるなど、その後も、ことあるごとに連絡を取り合っていました。

しかし、2008年3月のメールを最後に音信不通となってしまいました。昨日、ふと Lynn さんのことが頭をかすめ、彼女の名前をググってみました。すると、そこには衝撃の事実が出ていたのです。
クリックすると元のサイズで表示します
関連記事はこちら
→ Help Find the Missing
→ The Seattle Times

シアトルのピュージェット湾を巡るフェリーに車をおいたまま行方不明?
ご主人が見つけたメモで自殺をほのめかしていた?
遺体で発見?


何、何、何なのこれは。自分の見ているものが信じられません。
HFTMのホームページに載っている写真は、『Cross the TOEIC Bridge』に載せるために私が選んだ写真じゃないか!こんなところに載ってもらいたくないよ・・・!


昨晩は家族の目もはばからず一人号泣しました。

私のことを自分の子どものように心配してくれた Lynn さん。

連絡がとれなくなった2年前、なぜもっとメールをしてあげて、彼女の気持ちを聞いてあげることができなかったのだろう。


彼女と私を結びつけてくれたのは、間違いなくTOEICです。そして、私が990点満点をとることを最も期待してくれたのが Lynn さんです。

今月末のTOEICは、Lynn さんの追悼のために受験しようと決めました。そして必ずや990点を、天国にいる Lynn さんに捧げたいと思います。

最後に、Lynn さんが私に送ってくれた最後のメールを紹介します。2年前に私が家を新築したり、大病を患ったりしたことなどを近況報告したメールに返信してくれたものです。このメールには、Lynn さんの人柄、私を思ってくれる気持ち、そしてシアトルでの思い出がつまっています。

Congratulations on your new home! It is absolutely beautiful. And so big. I hope you will enjoy living in it.

It looks like you are living in a beautiful part of the countryside.

Your son is a dashing boy -- like his father!

How is your new life going? Are you adjusted to the medications?

Are you working? What job?

Are you still taking the TOEIC test every other week?(I am teasing you.)

Please give me an update.

My children are so big now, you wouldn't believe it. Do you remember when you came to my house for dinner? We told my children that you were from Japan. Then, that night, when we drove you home in Greenlake, my son asked, "Is this Japan?" That was a very funny story.

Hope you are well.

Lynn

Lynn Stafford-Yilmaz さんのご冥福を心からお祈りします。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
May you rest in peace, Lynn.

※ブログランキングのランクアップが励みになっています。お時間がありましたら、以下のバナーのクリックをお願いします。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ