2010/9/30

カードの効用  英語勉強法

国連英検特A級合格に向けて、「1日1記事の精読 → 新出語彙のカード化 → 徹底暗記」という流れが定着してきました。

カード化による暗記のやり方は、HUMMERさんの記事を参考にさせていただきました。ありがとうございます。

カードを毎日数周させることを心がけているので、市販の単語集を使うよりも効率的に覚えられます。そして、新たな記事を読んでいて、覚えたての単語と“再会”する機会が増えてきました。これによって認識語彙が運用語彙に昇華していくのを実感できます。

今日は、尖閣諸島問題に関するエコノミストの記事を読んだのですが、premeditated, vehemence, nefarious, squabble, usher in などの語彙と“再会”しました。これらは、ここ1ヶ月の間にカード化し覚えたばかりの語彙です。

このような再会が繰り返されることを祈って、今後もカード暗記を続けていきます。
クリックすると元のサイズで表示します


※ブログランキングのランクアップが励みになっています。お時間がありましたら、以下のバナーのクリックをお願いします。

2010/9/29

長男と次男  子育て

小学1年生の長男を久しぶりに抱っこしてみた。

最近は、生後8ヶ月の次男ばかりを抱っこしていたので、長男をものすごく大きく感じた。

その一方で、ランドセルを背負って通学する長男の姿は、とても小さく感じる。

どうしても、長男と次男を相対的に見てしまう。そういえば、次男が生まれた直後、長男に「急に大きくなったなあ。さすがお兄ちゃん!」と言っていたことを思い出す。

親として、等身大の彼らと向き合っていきたい。


※ブログランキングのランクアップが励みになっています。お時間がありましたら、以下のバナーのクリックをお願いします。

2010/9/26

イチローと白鵬の共通点  英語勉強法

イチローの10年連続200本安打は、本当に素晴らしいと思う。マリナーズに移籍してから10年間、今年までコツコツとヒットを積み重ねてきたのだから凄い。

4場所連続の全勝優勝を果たした白鵬がインタビューでとても印象深い言葉を言っていました。

「僕には運があると思います。色んなことを勉強し精進することで、運を神様が与えてくれると思います」

謙虚さの中に、横綱自身が証明して見せた確固たる自信が伺えました。

イチローと白鵬の共通点は、当たり前のこと・やるべきことを毎日コツコツ積み重ねる努力をしている点です。そして、おそらくそれは難しいことではなく、基礎的で単調な連続であるはずです。だからこそ、日々継続するのが難しいのかもしれません。

単調な継続のその先に、大きな成果が待っていることを教えていただきました。心の底から尊敬します。
クリックすると元のサイズで表示します


※ブログランキングのランクアップが励みになっています。お時間がありましたら、以下のバナーのクリックをお願いします。

2010/9/25

信州大学農学部AFC祭  子育て

妻と長男が、信州大学農学部のAFC祭に行ってきたそうです。
ちなみにAFCとは“信州大学農学部附属アルプス圏フィールド科学教育研究センター”のことだそうです。

都心の大学だけでなく、地元にある大学の催しに行くのも良いですね。
クリックすると元のサイズで表示します
丸太切り競争に挑戦!

<追記>
木工教室でおもちゃを作ったようです。
クリックすると元のサイズで表示します


※ブログランキングのランクアップが励みになっています。お時間がありましたら、以下のバナーのクリックをお願いします。

2010/9/25

長文読解力を構成するもの  英語勉強法

長文が読めるようになる(or 解けるようになる)には、多くの大学受験生が、次のようなレベルを歩んでいくと思われます。

1.単語レベル
一語一語の単語をつなげて訳すレベル。文型などの英文構造には無頓着。

2.一文レベル
英文構造、つまり主語と動詞を意識して文章をとらえられる。しかし、前後関係には無頓着。

3.複数文レベル
各文章の前後関係・つながりを意識できる。しかし、段落の関係には無頓着。

4.段落レベル
段落間のつながりを意識できる。

5.鳥瞰図レベル
各段落の役割を把握し、長文全体で筆者の言いたいことをくみ取れる。


多くの受験生が2か3のレベルにいるときに英語の壁を感じてしまうようです。文章全部は読めるものの、読み終わった後、長文全体で筆者が主張したいことがわからず、「文章は読めるが、問題が解けない」「時間内に長文を読み終わらない」状態で、問題を解き終えても煮え切らないものが残り、「英語を勉強しているのに伸びない」と感じてしまうのです。

長文読解力・速読力はあらゆる英語の力が一体となったものなので、総合的な力を上げていくしかないのですが、その一端を担うのは、紛れもなく、パラグラフリーディングです。


しかし、時間内に相当量の英文を読み、問題を解答するには、違う見方が必要だと私は考えます。つまり、長文読解力と速読力を構成する影の主役は、リテンション(retention)と背景知識なのです。

リテンションは保持力・記憶力と訳せましょうか。長文を読んでいく過程で述べられていることを覚えていく力です。私もそうでしたが、英語力がつき始めた最初の頃は、どうしても一文一文を必死になって読み、結局、前後の関係なんか意識するなんてできませんでした。そして、文章全部は読めるものの、読み終わった後、「とどのつまり、この長文で言いたいことは何なんだ?」ということになり、結果、内容一致など配点が高い問題を落とす羽目になるのです。上述した「文章は読めるが、問題が解けない」状態です。

普段からリテンションを意識して、読んだ英文の内容を覚えていく訓練を積み、全体で何を言おうとしているのか常に意識できれば、設問を解く際の時間を節約できます。また、英文が聞こえた端から消えていってしまうリスニングにおいては、リテンションは絶大な効果をもたらします。

背景知識は、言わずもがなですね。書かれている英文のトピックに詳しければ、英文の流れを推測しながら読めます。予想とずれていれば予想を修正しながら読んでいけば良いだけのこと。たまたま、自分の趣味などの得意分野の英文がでると、自然と予測しながら読めているので、「今回はできた」という感覚に陥るわけです。

TOEICでも、問題集などで類似した内容のトピックがでると、気持ちに余裕を持って問題と対峙できます。


※ブログランキングのランクアップが励みになっています。お時間がありましたら、以下のバナーのクリックをお願いします。

2010/9/24

シアトルでの最初の1枚  閑話

留学のために渡米した日から、ちょうど9年。

9年前、送迎バスに乗せられてシアトルのSea-Tac空港を出ると、バスは Alki Beach に直行。お天気が良かったため、これから1年を過ごすシアトルの街全体を見渡せる Alki Beach に寄ってくれたのです。

そこで、使い慣れないデジカメを取り出し、シアトルで最初の1枚。
クリックすると元のサイズで表示します
この写真のデータをずっと探していたのですが、昨日やっと見つけ出しました。再会した9年ぶりの景色は、当時と変わらず素晴らしいものでした。


※ブログランキングのランクアップが励みになっています。お時間がありましたら、以下のバナーのクリックをお願いします。

2010/9/23

1枚の写真  閑話

2001年9月23日、安定した仕事を辞め、留学のためにアメリカへ旅立ちました。

ここに1枚の写真があります。
クリックすると元のサイズで表示します
成田へ向けて中央道を走っている車中から、雲に隠れている富士山を撮った写真です。フィルムカメラがまだ主流だった当時、デジカメで撮った写真は数枚しかなく、フロッピーを漁っていてたまたま見つけました。

芸術性の欠片もない写真。しかし、なぜかこの光景は私の脳裏にしっかりと焼きついていました。

このとき雲に隠れていた富士山は、私が探し求めていた人生そのものかも知れません。その“富士山”を見つけようと、もがき苦しんだ留学。9年経った現在、私は“富士山”をはっきりととらえることができます。

当時のアツい思いを忘れずに、日々を過ごしていこうと思います。


※ブログランキングのランクアップが励みになっています。お時間がありましたら、以下のバナーのクリックをお願いします。

2010/9/22

不安だからこそ・・・  指導現場にて

この時期、大学受験生は不安になり始めます。特に、第一志望の大学へ向かって毎日の勉強を継続してきた受験生の不安は相当なものです。

「最近、英語の勉強方法に悩んでます。不安だらけで、何をやってればいいのか分からなくなってしまいました」

「模試の成績が伸びません。むしろ下がってきてて、英語が得点源だったのに苦手科目になってしまった感じです」

こんな相談を受けるのも、毎年この時期です。私も大学受験生だった時、この時期から精神的に追い詰められ、体重も50sを割り、抜け毛が増えたのを思い出します。

そんな大学受験生に以下の言葉を送ります。
まず発想を変えてみよう。

勉強をやっているからこそ、成績が伸びないことに不安を感じる訳です。やってなければ伸びないことは、本人が最も実感できるわけですから。

現役生は、本気になってやり出したのは3年生になってから。特に夏休み以降です。
そんなにすぐに成績の伸びは実感できません。しかも、今は受験生みんなが本腰を入れ始めているので、模試の偏差値も伸びづらいだけなのです。

とにかく、今の勉強法を信じて続けよう。早ければ11月末には実感できるはずです。そして、努力を続けた受験生は、年が明けてから伸びるのです。今、この辛い時期に、いかに継続して勉強時間を積み増すか・・・。

年明け後の伸びは、今にかかっています。自分を信じて頑張っていこう!


※ブログランキングのランクアップが励みになっています。お時間がありましたら、以下のバナーのクリックをお願いします。

2010/9/21

尖閣諸島問題  英語勉強法

尖閣諸島周辺での中国漁船衝突問題が連日報道される中、アメリカメディアはどうとらえているか興味が湧き、ニューヨークタイムズの記事を読んでみました。しかし、事実の詳述と日中両国の主張を中立的に伝えているだけで、「こうすべき」というような主義主張は読み取れませんでした。アメリカにとっても、尖閣諸島問題は難しいのかもしれません。

そこで、5月に購入してあった『日本人が行けない「日本領土」』を読み返しました。

『日本人が行けない「日本領土」』

本著は、尖閣諸島のみならず北方領土・竹島・南鳥島・沖ノ鳥島について、生々しい写真とルポで書かれており、興味深く読めます。

何が問題となっており、どのように主張して解決策を導き出すか?歴史的事実を追い、現状を把握することで、それが明確になってきます。私を含め、日本人はあまりにも自国のことを知らない、そして知ろうとしないということに気付かされました。英語力云々の前に、まずは諸問題についての背景知識を学ばなければと思いました。


※ブログランキングのランクアップが励みになっています。お時間がありましたら、以下のバナーのクリックをお願いします。

2010/9/20

alphabet maze  子育て

クリックすると元のサイズで表示します
長男が描いてくれた「アルファベット迷路」。

7年前に生まれた時、私はなるべく英語で接することを心がけて、長男もかなり英語に興味を持っていました。しかし幼稚園に通い始めてから、良い意味でも悪い意味でも日本人らしくなり、周りと同じようになりたいと、英語を自分から遠ざけているようでした。

でも、小学生になった今年、英語に再び興味を持ちはじめたようで、嬉しい限りです。


※ブログランキングのランクアップが励みになっています。お時間がありましたら、以下のバナーのクリックをお願いします。

2010/9/19

秋空の下  子育て

世間は3連休ですが、私のお休みは今日だけです。有意義な1日にしたいです。
クリックすると元のサイズで表示します
秋晴れの清々しいお天気なので、今朝は近くのグラウンドで、長男の自転車特訓を行いました。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
空には鰯雲。伊那谷の秋は深まりつつあります。


※ブログランキングのランクアップが励みになっています。お時間がありましたら、以下のバナーのクリックをお願いします。

2010/9/18

大学受験時代の参考書たち  英語勉強法

先日の記事で紹介させていただいた『試験にでる英単語』に引き続き、高校時代・大学受験時代(1990年前後)にお世話になった参考書を紹介したいと思います。

◎:自分で購入    ○:高校の副教材として強制購入
★:当時の私の実力と使いやすさという観点から、独断と偏見で判断。5点満点。


『試験にでる英単語』★★★★★
言わずもがなの単語集。大学受験に出る英単語の基本がここにありました。


『WORD POWER』★☆☆☆☆
高校1年から語彙力増強用に採用されていた副教材。記憶に残っているのは“苦痛”以外の何物でもありません。欧米の出版社であったため、日本語は一切使われておらず、定期テストでは半端でない範囲が指定されるため、もう片っ端から辞書(当時は紙辞書のみ)を引くしかありませんでした。調べるだけで時間を浪費した‘ありがた迷惑’的な教材。しかし、今冷静に考えてみると、本著には、身の回りのあらゆる具象名詞から始まって、yawn(あくびする)などの生活に必要な動詞、自然現象に関連するものまで、ほとんどが網羅されていたと思います。


『試験にでる英熟語』★★☆☆☆
アイロンを背表紙に当てて糊を溶かして本をばらし、小出しにして持ち歩いて覚えました。
turn over a new leaf なんていうかっこいい熟語も、いまだに記憶に残っています。ただ、私にとっては覚えづらい構成でした。


『試験にでる英文法』★★★☆☆
上記2冊と合わせて、青春出版社の3部作!文法知識がスーッと頭に入ってくる感覚を味わいました。


『英文法頻出問題演習』★★★★☆
当時、桐原書店の『大学入試英語頻出問題総演習』(略して英頻)と本著のどちらを使うかで、大学受験生の中ではかなりの論争がありました。本著はPart1(文法篇)とPart2(熟語篇)に分かれていましたが、どこかの合格体験記で「Part2が絶品。Part1はやる必要なし」みたいなことが書かれていたことを鵜呑みにして、やはりアイロンで分解して、Part2を完全暗記しました。


『チャート式 英文法』★★★☆☆
高校で強制的に購入させられた市販されていないチャート。高校2年から文法知識を徹底するために使いました。内容的にもかなり良かったと記憶しているのですが、その後廃棄してしまったのが悔やまれます。


『パスラインJ』★★★★☆
学研の書換専用問題集。高校の副教材として買わされましたが、定期テスト対策で本著を繰り返したことで、文法に強くなりました。


『標準英語構文160』★★★★★
高校の副教材として強制購入させられた参考書の中で、唯一、徹底して何回も繰り返して完璧にした参考書です。英語難民になりかけていた私を救ってくれた恩人。160の例文の完全暗記で怖いものなし!


『基本英文700選』★★★★☆
「700の例文を全部覚えれば東大入試も万全」という合格体験談を信じ、また後述する『英文解釈教室』をやらないと決めた自分への足枷として、暗記に取りかかりました。
暗記は500位で挫折しましたが、何回も繰り返して700全ての例文のポイントを把握し、音読を徹底しました。これで、英文を型でとらえる基礎ができたのは事実。今でも記憶に残っているのが、633番の
Can you keep standing on one of your legs with closed eyes for a minute?
(目を閉じて片足で1分間立っていられますか。)
という英文。友人と共に、実際に目を閉じて片足で立ちながら覚えたのが、昨日のことのように思い出されます。その友人も、見事第1志望の国際基督教大学に合格しました。


『英文解釈教室』★☆☆☆☆
当時の大学受験でバイブルと言えば本著を指しました。しかし、その難解さでも有名で、挫折する受験生は多々いました。ご多分に漏れず、私もその内のひとり。
様々な文章を英文構造に注目して精読する訓練を続ければ、本著は必要ないかも。ただ、正しい文法知識に基づいた精読による一貫した方法論を独学で身につけるのは、至難の業なのですが・・・。


『英文解釈その読と解』★★☆☆☆
高校時代は入試英語を楽しむ余裕なんてありませんでしたが、浪人して一定以上の英語力がついたときに本著と出会い、英文の奥深さを垣間見ることができました。

受験参考書という括りでは収まらない内容で、一つの英文を通じて、その背景にある知識と様々な周辺知識を駆使して、英文を‘楽しむ’著者の姿を感じることが出来たのです。
それでも当時の私には内容が高度すぎて半分ぐらいで挫折してしまい、大学合格と共に、廃棄してしまいました。現在は絶版となっていますので、復刊を期待しています。


『新英和中辞典』★★★★★
高校時代から大学合格まで英語学習を友に過ごした戦友とも言える紙辞書。大学合格時には赤線の引いていないページはなく、表紙も取れてボロボロになっていました。


以上の他にも、買っただけでほとんどやらず廃棄してしまった参考書や問題集がたくさんありました。記憶に残るもの、そして今も手元に残っていて書斎の本棚を飾っているものは本当に数えるくらいしかありません。この数冊との出会いの後ろには、私によって葬られてしまった多くの参考書があることも、しっかりと記憶にとどめておきたいと思います。


※ブログランキングのランクアップが励みになっています。お時間がありましたら、以下のバナーのクリックをお願いします。

2010/9/17

『試験にでる英単語』  英語勉強法

先日、朝の情報番組で「学校のロングセラー」という特集があり、大学受験用の単語集『試験にでる英単語』が紹介されていました。

『試験にでる英単語』

1967年の発刊から現在まで、約1500万部を売り上げているロングセラーです。現在この単語集を使っている受験生を見かけることはほとんどありませんが、私が受験生の頃は押しも押されぬバイブルでした。関東近辺では“でる単”、関西周辺では“シケ単”の愛称で親しまれたこの単語集は、当時としては画期的な“でる順”で記載されており、アルファベット順の構成ではないのが特徴です。そして、さらに驚くべきは、発刊当時の大学入試では1万語近く覚えなければならなかった英単語の中から、よくでる単語を分析し1274語に絞ったところです。

私はこの単語集を徹底的に繰り返し、完全暗記しました。ここに載っていない単語は表紙や裏表紙にサインペンで書き込んで、“My単語集”化させていました。
クリックすると元のサイズで表示します
ボロボロになったこの単語集は、私にとっては家宝級の代物で、今でも私の本棚の一等席に鎮座しています。

私が大学受験生だった時から20年あまりが経過し、大学入試の英語もだいぶ変わりました。しかし、大学受験生を指導する立場になった今みても、『試験にでる英単語』は現在の大学入試でも通用する単語集だと断言できます。

テレビで紹介されてから、アマゾンの書籍売上ランキングで1位に躍り出たそうです。おそらく40代の方を中心に懐かしさから購入された方が多いのではないでしょうか。「おお!“でる単”はまだ売られているんだ!」と。

これと決めた1冊を徹底してやり込むのは、英語を学ぶ上で絶対に必要です。大学入試英語・TOEIC・英検対策のみならず、英語を学びなおそうと考えられている方は、『試験にでる英単語』を手にとられてみてはどうでしょうか?


※ブログランキングのランクアップが励みになっています。お時間がありましたら、以下のバナーのクリックをお願いします。

2010/9/16

7歳  子育て

長男が7回目の誕生日を迎えました。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
誕生日ケーキを注文する時に、長男に送る言葉をママから尋ねられた時に真っ先に思いついた言葉です。
May you be happier.
(幸せになれますように)

そして誕生日カードには次の言葉を記しました。
7歳の誕生日おめでとう。夢や目標に向かって毎日少しずつ努力できる小学生になろう。

パパとママの人生は、あなたなしでは語ることができないものになりました。これからも、笑顔をもたらしてくれる我が家の主人公でいてください。


※ブログランキングのランクアップが励みになっています。お時間がありましたら、以下のバナーのクリックをお願いします。

2010/9/14

長男の読書  子育て

小学1年生の長男が、学校の図書館から1冊の本を借りてきました。


富士山にのぼる 石川直樹 著
著者が初めて富士山に登る様子が、写真と共に書かれています。文体はドキュメンタリー風に綴られているエッセイで、大人の私もとても興味深く読めました。

子供にはとにかく本を読んでもらいたいと思っています。どんなに短い本であっても、1冊を読了する充実感は、長編小説のそれと何ら変わることはありません。


※ブログランキングのランクアップが励みになっています。お時間がありましたら、以下のバナーのクリックをお願いします。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ