2011/3/31

15年前の思い出  閑話

3月31日は年度大晦日。

15年前の1996年3月31日は、学生時代最後の一日ということで、今でも記憶に残っています。

翌4月1日に地方銀行の入行式を控えていた私は、式が行われる本店営業部の近くにあるビジネスホテルを予約していました。確か午後7時くらいに実家を出て、2時間近く列車に揺られました。車内では日経新聞を読んでいました。おそらく翌日の社会人デビューに備えてのことでしょう。

ホテルでは、静かに過ごしました。そして、日が変わる時、独りカウントダウンをしたのを覚えています。

「これで学生時代は終わり。明日からはいよいよ社会人だ・・・」と。

私は2年浪人した後に大学4年を過ごしたので、他の方より学生時代を長く謳歌できたと思います。あの6年間のモラトリアムに経験したこと・得たことはたくさんありました。しかし、学生という安泰な身分にマンネリを感じ、早く社会人になって大人の仲間入りをしたいという願望もありました。

15年経って、あの時期に戻りたいと思うこともしばしばですので、人間の気持ちなんていい加減なものです。


明日からは新年度になります。社会人や大学生になり、新しい環境で生活をスタートさせる方も多いと思います。新たなスタートは、期待と不安が入り交じり、日々が緊張感と充実感の交錯です。しかし、その一方で間違いなく、新スタートはマンネリズムの道を歩む第一歩でもあるのです。陳腐な言葉ですが、初心を忘れずに、新しい道を歩んでいって下さい。


社会人初日、配属支店の営業室に初めて入って行く時の緊張感、思い出すな〜。


※ブログランキングのランクアップが励みになっています。お時間がありましたら、以下のバナーのクリックをお願いします。

2011/3/30

友人のテレビ出演  閑話

小学生の時からつきあいである親友から、以下のようなメールが送られてきました。
各位
ご無沙汰しております。田畑です。BCCにて失礼いたします。

早速でございますが、下記の通り上智大学調査団のアンコール遺跡群における活動が放映されることになりましたので、ご案内申しあげます。

今回の番組では、2001年の仏像274体発見に引き続き、昨年(2010年)夏、地中から発見されました6体の仏像の謎に迫る内容となっております。

小生、発掘担当者として、遺跡の解説とクイズの答えに出演いたします。

ご笑覧賜れば幸いです。
 


番組:世界ふしぎ発見! カンボジア篇 −アンコール王朝の光と影
日時:2011年4月2日(土) 午後9時〜10時 TBSテレビ

これは絶対に見逃せません。普段の土曜日なら午後10時まで仕事で見られませんが、幸いにも当日は、私は仕事がお休みなのです!何かの巡り合わせでしょうか?

彼とはとにかくつきあいが長い。弊ブログでも何回か紹介させていただきました。
大学見学ツアー」(2009年11月9日)
 
an old friend」(2006年1月22日)
このブログを訪れていただいた方にも是非とも上記番組をご覧いただきたく、一友人としてお願い申し上げます。


※ブログランキングのランクアップが励みになっています。お時間がありましたら、以下のバナーのクリックをお願いします。

2011/3/27

怒涛の10日間  指導現場にて

高校入試の合格発表、合格お祝いコンサート、春期講習、小学生ホットケーキ大会と、先々週末から様々な行事と仕事が重なり、怒涛の10日間が過ぎました。

しかも春期講習初日から風邪をこじらし喉がガラガラで声が出ない状態でした。それでも気力で春期講習を乗り切りました。

塾生に写真部の生徒がたくさんいるので、仕事の合間をぬって彼らの写真展にも顔を出しました。
クリックすると元のサイズで表示します
青春を謳歌している彼らを見ると、とても羨ましいです。でもそんな彼らに刺激を受けられる環境にいる私も幸せです。

今日はとにかく体を休ませたい・・・。


※ブログランキングのランクアップが励みになっています。お時間がありましたら、以下のバナーのクリックをお願いします。

2011/3/20

日本の心遣い文化の真骨頂  閑話

家族みんなで地元の消防署に行って、義援金を寄付してきました。
クリックすると元のサイズで表示します
大人はそれぞれ5,000円ずつ、長男1,000円、次男500円で合計21,500円。わずかな金額ですが、私たち一家にできることは、このくらいしかありません。

また、お休みの今日、朝マックした時や買い物で地元のスーパーやコンビニに出向いた時も、長男に小銭をいくらか手渡し、募金箱に必ず募金するようにもしました。

そして気付いたことがあります。普段募金を呼びかけていないお店でも募金箱が置かれている。そして、実際に募金をされている方々を数多く見かけました。金額の多寡は問題ではないですが、店頭の募金箱にはお札が多く入っていることにも気付きました。

日本国民一人ひとりの心遣いが、東北地方の方々の復興の源になります。節電、買い占めをしない、募金・・・。今できる最大限のことを、みんなが心がけてやっていきましょう!


※ブログランキングのランクアップが励みになっています。お時間がありましたら、以下のバナーのクリックをお願いします。

2011/3/18

この瞬間のために  指導現場にて

今日は長野県公立高校入試の合格発表日でした。私の勤める塾では、この日に合わせて先生たちでバンドを組み、合格をお祝いするロックコンサートを開いています。

朝8時30分に各高校で合格発表を確認し、それからコンサートの準備。夕方にコンサートを終えて、夜6時30分に各校舎に向かいました。

春期講習の受付時期ですので、勤務は10時まで。中学3年生の高校合格発表とコンサートを終えて、緊張の糸が途切れんばかりに疲労して担当校舎の入口に着くと、ドアノブにレジ袋2つが掛けられていました。そして、そこにはレシートの裏に書かれたメッセージが添えられていました。
クリックすると元のサイズで表示します
メッセージの主は、私が2月まで指導し、見事に大学合格を果たした高校3年生の女の子2人でした。

このメッセージを読んで、疲労感が一気にぶっ飛びました。この瞬間のために今までの指導が積み重ねられたのだと思うと、感慨深くなります。

今日は心地よい疲労感と共にしっかりと休み、また明日からの指導を頑張ります。


※ブログランキングのランクアップが励みになっています。お時間がありましたら、以下のバナーのクリックをお願いします。

2011/3/16

小さな成功体験  子育て

長男(小学1年生)が先月受検した漢字検定8級の結果が出ました。
クリックすると元のサイズで表示します

見事合格でした!

驚いたのは点数です。
クリックすると元のサイズで表示します
150点満点中、書き取り1問落としの148点。

努力は如実に点数に表れるのですね。この点数を見たとき、小学1年ながら8級(小学3年生修了程度)の漢字を必死になって勉強していた息子の姿が思い出され、私も妻も胸にアツいものがこみ上げてきました。ただ、息子は満点が取れなかった悔しさも感じているようですが・・・。

小さな成功体験の積み重ねが、大きな結果につながります。この合格を次の目標へつなげていきたいと思います。

今度は、6月19日(日)の英単語検定に親子で挑戦する予定です。


※ブログランキングのランクアップが励みになっています。お時間がありましたら、以下のバナーのクリックをお願いします。

2011/3/14

頑張れ!日本  閑話

イギリスのインディペンデント・オン・サンデー紙が13日付けの1面トップで、日の丸の赤い円の中に「がんばれ、日本。がんばれ、東北。」と日本語で大見出しを掲げて、東日本大震災の被災地に応援メッセージを送ってくれたそうです。何とも心温まる計らいではありませんか。

世界も日本を応援してくれています。私も負けじとワードのクリップアートからのイラストをアップしますよ!
クリックすると元のサイズで表示します
頑張れ日本!今こそ日本人の団結力を!

日本ならこの難局を乗り越えられます。それは私たちの祖先が証明済みです。


日本人でよかったと思える復興の日に向かって・・・。


※ブログランキングのランクアップが励みになっています。お時間がありましたら、以下のバナーのクリックをお願いします。

2011/3/13

今、私たちにできること  閑話

震災の映像を見るたびに、何もできない自分に苛立ちさえ思えた。

この日本を立ち直らせ、復興への道を歩み、同じ災害を繰り返さないために、これからを生きていかなければならない自分の子供に、今この日本で起きていることを記憶に焼き付けてもらいたいという思いで、テレビを見させることしかできない自分。


今夜8時、菅首相の国民へのメッセージ。

首相としてだけでなく一人の日本人として、この国の復興へかける思いをストレートに伝えようとする姿。私は、家族の目をはばからず号泣しました。

そんな私の姿を見て、長男は「大きくなったら地震学者になって、たくさんの人を救いたい」とまで言ってくれました。


今、そして、これからの日本のために、大人も子供も一人ひとりができることをやっていきましょう。それがどんなかたちであれ、被災された方々を思う気持ちがあれば、必ずや復興の一助になるはずです。


※ブログランキングのランクアップが励みになっています。お時間がありましたら、以下のバナーのクリックをお願いします。

2011/3/12

東北地方太平洋沖地震  閑話

今回の地震で被災された方にお見舞いを申し上げるとともに、亡くなられた方々のご冥福をお祈りします。

アメリカに住むホストマザーの Judy からも、早々に安否を気遣うメールが届きました。

返信メールで、今回の地震で長野県でも誘発地震が起きている旨を伝えたところ、本当に心から心配していただきました。


世界各国に日本人を心配していくれている人がいます。そして、日本に協力と援助の手をさしのべてくれる国々がたくさんあります。

こんな時こそ、宗教・人種・民族の壁を越え、協力しなければなりません。

民主だの自民だの、マニフェストだの子ども手当だの、今は関係ありません。この史上最悪の大災害を乗り切るために、まずは日本人が一丸となることが試されています。


※ブログランキングのランクアップが励みになっています。お時間がありましたら、以下のバナーのクリックをお願いします。

2011/3/10

東京大学という証  指導現場にて

生徒が東京大学に合格しました。

合格発表の今日、私も朝からソワソワして落ち着きませんでした。

合格が発表される13時を過ぎても彼からの連絡はなく、職場で黙々と事務仕事をし、そして、会議が始まりました。

13時40分頃、ドタドタとあわただしい音が入り口玄関でし、勢いよくドアが開いたかと思うと、息を切らして受験票を右手に握りしめ、呆然とした様子で彼が入ってきました。

「先生、受かった・・・」

その一言だけで十分でした。私は彼とあつく抱擁をし、もう一人の担当の先生は号泣しました。そして、他の先生からは自然と大きな拍手がおこりました。


腰が抜けたように壁に寄りかからざるを得ない状況で、彼は今の気持ちを話してくれました。相当なプレッシャーの中で戦っていた彼。その表情は、安堵とともに達成感が漂っていました。

東大の二次試験対策として、授業では私が自作したプリント100枚以上を使いました。またその他に、彼が自宅でやってきた英文要約、英文和訳、英作文等の添削を行いました。その量は、大学ノート4〜5冊にのぼると思います。

彼を小学校の頃から見ていますが、勉強に対する追求心は群を抜いていました。彼の弛まぬ努力の先に、今日のような素晴らしい結果が待っていたのですね。

指導者として、素直に嬉しいです。

もちろん、彼自身の努力、特に小さい頃からの勉強の習慣があってこその合格だと思います。ただ、その1シーンにかかわれて、少しでも力になれたことが嬉しくてたまりません。


今年の大学入試では、東大の他、東京外国語大学、東京学芸大学、名古屋大学、信州大学、都留文科大学、青山学院大学、立教大学、立命館大学、南山大学等に合格者を輩出することができました。

長野県の一地方の塾として、地元の高校生たちの力になれて、この上ない喜びがあります。


※ブログランキングのランクアップが励みになっています。お時間がありましたら、以下のバナーのクリックをお願いします。

2011/3/10

粋な計らい  指導現場にて

昨日は長野県公立高校の入試日でした。

職場に向かう途中、あまり人通りがない裏道を通った時ふと足元に目をやると、解け残った雪にこんな文字が書かれていました。
クリックすると元のサイズで表示します
“合格に向けてがんばって!”

いったい、誰がこれを記したのでしょう?当の受験生か、後輩か、あるいは保護者か。

でも、誰が記したかなんて大きな問題ではありません。何とも粋な演出だと思いませんか?

ここを通りかかった時、私はしばらく足を止めて見入ってしまいました。そして、とても温かい気持ちになりました。

受験は、受験生だけのことではありません。彼らを取り囲む家庭、親類、友人、先輩、後輩等すべてを巻き込む人生の一大イベントなのだと、改めて感じさせられた瞬間でした。



※ブログランキングのランクアップが励みになっています。お時間がありましたら、以下のバナーのクリックをお願いします。

2011/3/8

春の使者  閑話

昨日は未明から大雪になりましたが、お昼前には晴れて、すっかり解けてしまいました。

我が家の庭にも福寿草が顔を出しました。
クリックすると元のサイズで表示します
日に日に春が近づいていることを実感できます。

明日は、長野県公立高校の入試日です。生徒たちの最後の頑張りを期待します。


※ブログランキングのランクアップが励みになっています。お時間がありましたら、以下のバナーのクリックをお願いします。

2011/3/7

春の一コマ  指導現場にて

昨日から国公立大学前期日程の合格発表が行われていますが、毎年この時期は、受験生から連絡や相談が多く、彼らの人生の選択肢に直面する機会を持ちます。


第1志望に合格し歓喜の雄叫びを上げる者。

第1志望は残念な結果に終わったが、他大学へ進学を決め、新たな目標に向かい始めた者。

様々な事情により、二部学部への進学を決めた者。

浪人の道を選んだ者。


私が住む地域では、高校受験は学校は違えど、ほとんどすべての生徒が同地域の高校へ進学します。

大学進学が本当の意味での試練であり、自分の人生を選択する機会なのです。

それぞれにそれぞれの人生が始まります。なぜか切なさを感じてしまう春の一瞬です。


※ブログランキングのランクアップが励みになっています。お時間がありましたら、以下のバナーのクリックをお願いします。

2011/3/5

子どもの存在  子育て

今日、お昼の弁当を一緒に食べていた長男が突然の一言。
「パパさ、TOEIC頑張って満点とってよ」
小学校1年生ながら、TOEICがどんな試験かを知っており、私が満点を目指しているのも知っている長男。

今は国連英検特A級に向けて必死ですが、長男の夢でもあるTOEIC満点も今年中に取得すると気持ちを新たにしたお昼ご飯でした。


※ブログランキングのランクアップが励みになっています。お時間がありましたら、以下のバナーのクリックをお願いします。

2011/3/4

勇気と決断  指導現場にて

突然、元塾生からこんなメールが来ました。
こんにちは!

アメリカで4年留学するにあたって、今、退学届を出してきました。

もう、失敗したときの保険はありませんので、さらに頑張れます。
彼はちょうど1年前、留学か、今通っている大学への入学かで迷い、夜遅く日が変わるまで、親を交えて相談にのったこともありました。

あれからちょうど1年後の今日、自分の道を進むべく、新たな決断をした彼。

留学のために、勤めていた銀行に退職届を提出した10年前の自分の姿と重なりました。


若さが生み出すその勇気を見習いたいと思います。自分の夢へ邁進するのに、年齢は関係ないですから・・・。



※ブログランキングのランクアップが励みになっています。お時間がありましたら、以下のバナーのクリックをお願いします。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ