2011/5/31

TOEICから国連英検へ  TOEIC・英検など

一昨日のTOEICでは脳ミソをフル回転させました。

そのお陰で、今でも英語を読むスピードが高速状態で維持されているので、不思議なものです。

TOEICなどの時間に追われる英語の試験で、極限状態において自分の能力以上の負荷をかけざるを得ない状況を体験するのは、潜在的な英語力の向上につながるのかも知れません。それだけでも、資格試験を受ける効用はあります。

さて、今回のTOEICは、国連英検特A級に向けての勉強をしているなかでの受験でしたので、TOEIC対策が100%だった訳ではありません。

しかし、それなりに達成感を感じることができたのは、根底にある英語力の底上げにつながる勉強をしていたからかも知れません。

つまり、「ボキャビル×音読」です。今年1月から1日たりとも休んでいないこの日々のルーティーンは、今後も意地でも継続していきます。


さあ、いよいよ今度の日曜日は国連英検特A級です。2週連続の英語の試験ですが、自信と謙虚の心、そして何より楽しむ気持ちを忘れずに、問題と対峙したいと思います。


※ブログランキングのランクアップが励みになっています。お時間がありましたら、以下のバナーのクリックをお願いします。

頑張ろう、日本!クリックすると元のサイズで表示します

2011/5/29

第162回TOEICの感想  TOEIC・英検など

第162回TOEICを受験してきました。フォームは4HIC10です。

ここ8年ほどは毎年1回ずつ受験していますが、私が毎回気にかけるのが、パート3・4の先読みについてです。

今回受験した直後に感じたのは、「パート3・4に関してすべての設問と選択肢を、パート1〜4のイントロダクションの間に完璧に先読みするのはそもそも不可能である」ということ。

ある程度読んでおいて、気持ちの安定剤にするくらいに考えるのがベター。パート3・4に入ったら、次のダイアログやショートトークの3つの設問と選択肢を先読みし、内容を推測する。そして、実際に音声が流れて解答を終えたら、次の設問のダイアログやショートトークが流れるわずかの間に、その3つの設問と選択肢を先読みし、内容を推測する。この繰り返しを20回(=計60問)、テンポよく行うことが大切だと改めて気付きました。そのためには、やはり速読力をつけ、話しの内容を推測する力を養うことが大切です。

Tommyさんが直前対策の一つとして紹介されていた対策を引用させていただきます。
今の時期に有効な手段として、こういう方法もあるというのを紹介します。
模試を引っ張り出してきて、パート3と4の設問と選択肢に目を通します。
出来るだけたくさんです。
自分の目の置き方、頭の入れ方、何を聞かれそうか・・・などイメージするんです。

これはイメージするだけの練習。
なので、出来るだけ、パッ、パッ、パッと見て頭に入れるようにする。
そうすると、本番で先読みする方もしない方も少しだけ設問と選択肢が早く読めます。
私もこの対策を実行し、今回の本番では、テンポよく先読みと解答ができたと思います。

リーディングについては、やはり読ませる英文量が増えたと思います。毎回受けていらっしゃる受験者の方はあまり気付かないかもしれませんが、私のように1年に1回、同じ時期にコンスタントに受けていれば、その違いを実感できるのではないでしょうか。

パート5の40問中、悩んだ問題が3問ありました。112番の問題は連鎖関係代名詞を問う問題でしたが、試験終了直前まで連鎖関係代名詞だと気付かず、「あ、連鎖関係代名詞じゃん!なんで初見で気付かなかったんだろう」と正答をマークしたところで試験終了のアナウンスがありました。こういったわずかな時間のロスの積み重ねがTOEICでは全体に負の影響を与えてしまいます。

分かっている問題でも何回もトレーニングを繰り返して、無意識のうちに答えが見えるようにしないといけません。

今回は時間内に全問解答できましたが、時間に追われる自分がいました。こういった場合、精神的にブレてしまうので、何らかのミスを犯しているかもしれません。990点満点とはいかないかもしれませんが、前回よりはいい結果がでることを祈っております。


それにしても、「TOEICはスポーツだ」と改めて実感しました。試験会場を出た時は、心地よい疲労感とともに緊張の糸が解けるのを感じました。

この感覚が癖になるんですよね。TOEICって本当におもしろいです。

帰宅後は家族で居酒屋に出向き、ご苦労さん会を慣行。いつも以上においしいビールをいただきました。


※ブログランキングのランクアップが励みになっています。お時間がありましたら、以下のバナーのクリックをお願いします。

頑張ろう、日本!クリックすると元のサイズで表示します

2011/5/29

自信と謙虚  TOEIC・英検など

岩崎武雄『正しく考えるために』にこんな一節があります。
自信と謙虚さということは相矛盾するものではなく、むしろ批判的精神という同一の根源から生じてくるものであるといえましょう。権威に対する盲信を捨てて自信を持つということは、自己の能力に対する自信を持つということであるよりも、むしろいかなる人間も絶対の真理を把握しているとは限らないということについての反省であるといえましょう。そしてこの反省は謙虚さに通ずるものなのです。

自信を持ちながらも、謙虚さを忘れずに・・・。

そんな心構えで、自身32回目となる今日のTOEICに臨みたいと思います。

岩崎武雄 『正しく考えるために』


※ブログランキングのランクアップが励みになっています。お時間がありましたら、以下のバナーのクリックをお願いします。

頑張ろう、日本!クリックすると元のサイズで表示します

2011/5/27

今日の気づき  閑話

“一地方の商店街”と聞いて、皆さんは何をイメージしますか?

郊外型大型店の出店によりお客を奪われ、シャッター街化するかつてのメインストリート。

私はそんなイメージを抱きます。


しかし、地元の通り町商店街で買い物して、そのイメージは覆されました。


昨年の記事で紹介させていただいた我が家の薔薇。手塩に掛けたせいか、この1年で大きく成長し、大きな鉢に植え替える必要が出てきました。

昨年はインターネットで鉢とツルを巻かせるオベリスクを手頃な価格で購入しましたが、今年はもっと大きなものを探すことに。でも、どうしてもネット上では、妻がイメージするものが見つかりません。

郊外のホームセンターでも探しましたが、鉢はあってもオベリスクがありません。

途方に暮れていたとき、通り町商店街が薔薇栽培で商店街を盛り上げていることに気づき、観察に行きました。どこの店先にも我々が理想とする大きさの鉢とオベリスクに、薔薇が大切に育てられていました。

ふと見ると、ある金物屋さんの店先に、様々な大きさの鉢とオベリスクが置かれているのに気づき、早速ご主人と話しをしてみました。

ご主人は、本業の金物のこと以上に薔薇に詳しく、我が家で育てている薔薇の種類、環境、今後の育て方の希望などを聞き出し、土のことから剪定まで詳しく教えていただきました。

話しながら、「絶対このお店で買うぞ!」と感じている自分に気づきました。

郊外のホームセンターで買い物するときは、安さを優先し、店主と話しをして買うべきものを決めるという買い物の楽しさはどこかに忘れ去られています。

そして、驚いたことに、購入した鉢とオベリスクは、ホームセンターのものと比較しても同じくらいの値段なのです。

商店街というイメージだけで足を遠のけるのではなく、実際に足を運び、お店の人と色々と話してみると、意外な発見があります。

そして、お客の立場からではなく、経営の観点から改めて気づいたこと。それは、「親身になってお客さんのニーズを聞き出し、お客さんが期待する以上の付加価値を提供し、いい意味で期待を裏切ることができれば、お客さんの財布のひもは自然と緩くなる」という点。

これは、どんな業種でもあてはまることです。


通り町商店街では、季節ごとに様々な催しをやっています。また行ってみよう!

※今日は‘春の呑み歩き’が夕方からあるそうですが、仕事で行けません。残念!


※ブログランキングのランクアップが励みになっています。お時間がありましたら、以下のバナーのクリックをお願いします。

頑張ろう、日本!クリックすると元のサイズで表示します

2011/5/26

仙台のお菓子  指導現場にて

東日本大震災・長野県北部地震で被災された多くの方々に対する支援の手が差し伸べられています。

私の勤務する塾でも何かできることがないかと話し合い、避難して来られた被災学生に学習支援をしようとの結論に至りました。

仙台から避難し、今月から塾に通われている小学生の親御さんから、菓匠三金の「萩の月・伊達絵巻・伊達小巻」の復興支援菓子セットをいただきました。
クリックすると元のサイズで表示します
心痛める状況にありながらも、私たちにまで気を遣っていただき、恐縮するばかりです。常に周りに気を配る、古き良き日本人の心意気を感じました。


被災者支援の一環として7月には、塾の先生たちのバンドでチャリティーコンサートを行う予定です。♪x3


※ブログランキングのランクアップが励みになっています。お時間がありましたら、以下のバナーのクリックをお願いします。

頑張ろう、日本!クリックすると元のサイズで表示します

2011/5/23

何気ない光景  閑話

昨日は所用で中央道を利用しました。

不安定な天気でかなりの雨が降りました。
普段ならあまり目が向かない道路沿いの木々。でも、今日は雨に洗われた新緑が一層に鮮やかに映りました。
クリックすると元のサイズで表示します
伊那市の案内板近くで、助手席からパシャ!
何気ない光景も、少し見方が変わると、心にスーッと入ってくるから素敵です。

凝り固まった見方をせずに、身の周りにある当たり前のものを、あらゆる角度から捉えていくことを心がけたいです。


※ブログランキングのランクアップが励みになっています。お時間がありましたら、以下のバナーのクリックをお願いします。

頑張ろう、日本!クリックすると元のサイズで表示します

2011/5/22

やるべきはリサイクル  英語勉強法

今年1月から始めた『1100 WORDS YOU NEED TO KNOW』を使ったボキャビル。

今日まで一日も欠かさずに続け、未知の単語をカード化した結果、こんな枚数になりました。
クリックすると元のサイズで表示します
国連英検まで2週間。

やるべきことは、このカードを何回も見直すことで脳内でリサイクルし、認識語彙・運用語彙のレベルまで近づけることです。

とにかく、毎日の継続。何があっても、自分の決めたノルマは毎日実行します。


※ブログランキングのランクアップが励みになっています。お時間がありましたら、以下のバナーのクリックをお願いします。

頑張ろう、日本!クリックすると元のサイズで表示します

2011/5/21

hence の用法  英語勉強法

今日は、少し真面目に文法の話しを・・・。

私は大学で言語学を修めたわけではないので学術的なことは詳しく分かりませんが、小6の時から現在までの28年間、中・高を除いてほぼ独学で勉強してきた結果、文法についてある結論めいたものを自分の中にもっています。

それは、“英語は主語と動詞があって成り立つ言語である”というものです。当たり前のように聞こえるかも知れないことですが、意外とこの大原則に気づかずに、辞書で調べた英単語の意味をくっつけて、何となく解釈して済ましている学習者が如何に多いことか。

日本語の「が・は・て・に・を」のような助詞がない英語は、語順を重要視します。そのため、文頭の名詞はほぼ間違いなく主語となり、その主語の人称と時制により、動詞の形が決まります。そして、その動詞が、後ろにどのような文型を成立させる決定権を持っています。よって、ノンネイティヴが英語を習得する際、主語と動詞を見抜けることが、最大のポイントとなります。

しかし、英語も言葉ですので、いくつか例外があります。

昨日読んだ、ある私立大学で出題された英文では、動詞を省略してしまう副詞 hence の用法が出てきましたので紹介します。

hence は、「それゆえに、したがって」という意味で覚えている方も多いと思いますが、動詞なしで文頭に使われることがあります。
No one helped him. Hence his failure.
(誰も彼を手伝わなかった。それゆえ、彼の失敗ということになったのだ。)
Hence the phrase “bell the cat”.
(したがって「猫に鈴をつける」という句が出た。)
He said nothing, hence her anger.
(彼は黙っていた。それで彼女が怒った。)
hence は格式語ですので、あまり会話では使わないと思われますが、副詞の意外な用法はTOEICでも出題されますので、覚えておいた方がいいかもしれません。

そういえば、去年受けたTOEICでは anyway の相関的な構文が出題されていました。
anyway
[通例but節で文尾に置いて]
とはいうものの、それでもやはり《◆neverthelessより口語的》
I'm tired, but I'm going anyway.

私は、こういった類の文法事項の例外が大好きです。昨日も hence の用法を調べていたら深夜1時を回ってしまいました。

魅力的な文法の奥深さ。でも、それを極めるには、やはり基本である「主語と動詞」を瞬時に見抜ける構文把握力が大前提です。


※ブログランキングのランクアップが励みになっています。お時間がありましたら、以下のバナーのクリックをお願いします。

頑張ろう、日本!クリックすると元のサイズで表示します

2011/5/20

ブログ開設6周年  閑話

気がつけば、ブログ「英語道」を始めて6年が経っていました。

6年前は“ブログ”という言葉自体が珍しい、ブログの黎明期でした。
「ブログ?ウェブログの短縮形?何それ?」
といった感じで、私自身、HPとの違いすら分かっていないような状況でした。
今からでは、考えられない時代です。

2005年5月にAOLダイアリーで始めた「英語道」は、2008年12月までに128,000件あまりのアクセスをいただきました。

その後、AOLダイアリーの廃止に伴い、現在の AutoPage に引越し。今日まで約130,000件のアクセスをいただきました。

6年間で合計、258,000件のアクセス。この数字は私にとってはとても大きな意義を持っております。

飽きっぽい私が6年間続けてこられたのは、弊ブログをご覧いただいている皆様のお陰です。改めてお礼申し上げます。

今後も、英語のある何気ない日常と、子育て・趣味などについて書いていきたいと思いますので、よろしくお願い申し上げます。

ブログ「英語道」管理人 fukken


※ブログランキングのランクアップが励みになっています。お時間がありましたら、以下のバナーのクリックをお願いします。

頑張ろう、日本!クリックすると元のサイズで表示します

2011/5/19

奥深い if 節  TOEIC・英検など

英検3級の過去問を見ていたら、こんな英文整序問題がありました。
もし遅れるようなら知らせて下さい。

〔 @you Ame Bbe Cif Dtell Ewill 〕

Please ----- ----- ----- ----- ----- ----- late.
答えは
Please tell me if you will be late.

3級の問題なので、出題者の狙いは、接続詞 if を使って複文を作られるかを試していると思われます。

しかし、もっと奥深いのは if 以下の副詞節で will が使われている点です。

多くの高校生は、次のように習います。
・時や条件を表す副詞節の中では、未来形の代わりに現在形を使う。

・if 節内で will が使われる場合は名詞節であり、if = whether (〜かどうか)。
しかし、この問題文のように、副詞節内でも will を使える点について言及している高校の授業は少ないようです。言及したところで複雑になるだけですが・・・。

副詞節内でも will が使えるのは、時や条件を表す場合だけですので、当然のように、本問のように意図(〜するつもりなら)の意味を表す副詞節内であれば、will は使えるわけです。

「副詞節」という言葉から紋切型で判断してはいけないです。しっかりと「時や条件を表す」という、それこそ“条件”とセットで覚えておきたいです。

偉そうに書いてきましたが、この用法を知ったのは留学中の10年ほど前のこと。英文法は奥深いです。


※ブログランキングのランクアップが励みになっています。お時間がありましたら、以下のバナーのクリックをお願いします。

頑張ろう、日本!クリックすると元のサイズで表示します

2011/5/18

運用語彙を増やすボキャビル  英語勉強法

私は、日曜日以外は帰宅するのが午後11時を過ぎるため、平日は子どもと一緒にお風呂に入れません。

長男は小学生になってから平日は一人でお風呂に入るようになりましたが、ママ曰く、耳の後ろの洗い方がいい加減だそうです。

子どもだから仕方ない反面、
「まさに wet behind the ears だな」
と妙に納得しました。
LONGMAN より
wet behind the ears
very young and without much experience of life
このように、状況に応じてサッと口から出てくるのが運用語彙です。

でも、あらゆる場面、その時の状況に応じて、適切な英語表現を発話できるにはまだまだです。

より簡易な表現や関係詞などを使って遠回しに発話できたとしても、私の目指すところはそこではありません。

英語の使い手として、また、一人の大人として、適切な斬れた英語表現を駆使できる日を夢見て、ボキャビルに励む毎日です。


※ブログランキングのランクアップが励みになっています。お時間がありましたら、以下のバナーのクリックをお願いします。

頑張ろう、日本!クリックすると元のサイズで表示します

2011/5/17

上へ向かって  TOEIC・英検など

先日の記事で、英単語検定の受験級を迷っていると書きました。

しかし、よくよく考えれば、合格確実の準1級を受けることは自分の英語人生と真逆のことをやることになります。

英語の勉強を始めた小学校6年生から今までの自分の英語人生を考えたとき、後から考えれば無謀と思えるかも知れないけれども、自分の実力以上のものに挑戦することで、間違いなく英語力が伸びてきました。

大学受験時に模試の偏差値70以上、
実用英語技能検定準1級・1級合格、
TOEIC730点・800点・900点・950点以上、
そして、無謀とも言える三十路を前にした留学。

これら一つ一つの目標に向かってもがき苦しみ、試行錯誤した末、すべてをクリアーしてきました。


現在の目標は国連英検特A級合格、TOEIC990点満点、英単語検定1級合格。

越えられそうでない壁だからこそ、挑む価値がある。すでに得点率が90%以上の英単語検定準1級を受験したところで、得るものは何もないでしょう。

先週は体調を崩していたので、思考回路が守りになり、気持ちが消極的になっていたに違いありません。
私の場合、人生に対してマイナス思考・守りの姿勢である限り、有意義なものは何も生み出されません。

今までの自分の歩んできたやり方でやっていけば大丈夫。

こう考えると、体調管理と維持はとても大切です。健全な体にこそ健全な精神が宿るのだと思います。


※ブログランキングのランクアップが励みになっています。お時間がありましたら、以下のバナーのクリックをお願いします。

頑張ろう、日本!クリックすると元のサイズで表示します

2011/5/17

ボキャビルに光明  英語勉強法

ボキャビルに年齢は関係なく、教材とやり方を試行錯誤すれば、自ずと道は開けてくる。

そんな一筋の光が見えた5月。

今も左手に携帯、右手に教材をもち、次男と散歩しながら、ボキャビルに励んでいます。


※ブログランキングのランクアップが励みになっています。お時間がありましたら、以下のバナーのクリックをお願いします。

頑張ろう、日本!クリックすると元のサイズで表示します

2011/5/16

春の探勝会に参加  閑話

地元地域の自治会が主催する「春の探勝会」に参加しました。

山野草鑑賞と森林浴をし、山野草のてんぷらと豚汁を堪能して、穏やかな春の一日を過ごしてきました。

詳しくはこちらで紹介させていただきましたので、ご覧ください。
→ 春の探勝会

静かな山の中で、綺麗な空気と穏やかな陽射しを浴び、心身ともにリフレッシュできました。
クリックすると元のサイズで表示します


※ブログランキングのランクアップが励みになっています。お時間がありましたら、以下のバナーのクリックをお願いします。

頑張ろう、日本!クリックすると元のサイズで表示します

2011/5/13

英単語検定に向けて  TOEIC・英検など

先週末の食中毒(?)では、大変な思いをしました。『1100 WORDS YOU NEED TO KNOW』で最近習った単語を使って表現すれば、
I vomitted a lot into a stupor.
Then I appear gaunt now.
てな感じです。

さて、6月に受験予定の英単語検定のために注文していた『英単語検定問題集』が手元に届きました。
クリックすると元のサイズで表示します
『英単語検定問題集』 714円
さっそく準1級と1級を解いてみましたが、準1級の正答率は9割以上ですが、1級となると5割前後に落ちてしまいます。

どちらの級を受験するか迷っています。いっしょに受験予定の長男は5級ですが、合格確実な準1級を受験して、かっこいいパパを見せるか?

しかし、実力以下のレベルを受験しては検定試験の受験意義が薄れるので、1級に挑戦するか?

まさに、I'm wavering between the two.

英単語検定の2週間前に受験する国連英検特A級の語彙レベルを考えれば、英単語検定1級レベルはクリアしていなければなりません。

毎日欠かさずにやっている『1100 WORDS YOU NEED TO KNOW』とこの問題集の進捗状況・定着状況を見ながらになりますが、1級申し込みの気持ちの方が強いかな?


※ブログランキングのランクアップが励みになっています。お時間がありましたら、以下のバナーのクリックをお願いします。

頑張ろう、日本!クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ