2013/3/31

新たな自分に  TOEIC・英検など

初めてオフ会に参加させていただきました。

Tommyさん、HUMMERさん、安河内先生、ヒロ前田先生、TEX加藤先生という素晴らしい方と話ができ、間違いなく新たな方向性が見えました。

今、感じること。英語やっていて良かった。TOEICやっていて良かった。そして、まだまだ自分はできる。今、TOEIC満点は通過点だと感じます。その先の新たな自分に向かって、明日の新年度からまた頑張ります。


※ブログランキングのランクアップが励みになっています。お時間がありましたら、以下のバナーのクリックをお願いします。

頑張ろう、日本!クリックすると元のサイズで表示します

2013/3/31

学生最後の日  閑話

今日は3月31日、しかも日曜日。今日が学生最後の日曜日で、明日から社会人という方も多いことでしょう。4月1日が月曜日というのは、なかなか辛いですね。社会人として迎える初めての週末まで一週間フルに働かなければならないのですから・・・。

私が大学を卒業し社会人になった1996年も、今年と同じで3月31日が日曜日でした。翌4月1日の月曜日は本店で入行式があったため、日曜日は近くのビジネスホテルで過ごしたことを思い出します。夜中の12:00になるのを独りでカウントダウンしていました。もうこれで学生生活が終わるのだという寂しさと、大人の仲間入りをする少しの期待と共に・・・。

社会人になると自分のために費やせる時間が極端に少なくなります。そんな中でも、自分を見失わないための時間をいかに作れるか。今日が学生生活最後のみなさん、今の複雑な気持ちを大切に覚えておいて下さいね。5年後、10年後、きっといい思い出になっているはずです。

私が塾で指導した生徒の多くも、明日から社会人になります。皆さん、おめでとうございます!


※ブログランキングのランクアップが励みになっています。お時間がありましたら、以下のバナーのクリックをお願いします。

頑張ろう、日本!クリックすると元のサイズで表示します

2013/3/30

春、動き出す  閑話

今日は春期講習最終日。今日で2012年度も終わりです。この1年間、病欠することもなく指導現場に立てたことに感謝します。今日も夜10時まで指導ですが、頑張ります!

出勤前に実家に立ち寄ったら、梅が綺麗に咲いていました。
クリックすると元のサイズで表示します
明日はオフ会に参加するため、久しぶりに上京します。行動の春。楽しみです。


※ブログランキングのランクアップが励みになっています。お時間がありましたら、以下のバナーのクリックをお願いします。

頑張ろう、日本!クリックすると元のサイズで表示します

2013/3/29

本気で、そして、死ぬ気で  指導現場にて

高校受験のとき、倍率の関係で直前で志望を下げ、とある高校に合格した生徒がいました。大学受験では同じ轍を踏みたくないと高1から勉強を頑張り、学年トップクラスを維持していました。昨年、大学受験に挑んだ彼ですが、大学受験独特の雰囲気に飲まれ、止む無く浪人の道を選択し、捲土重来を期すことになりました。

その時の彼からのメールです。
「3年間、誰にも負けないくらい頑張ってやりましたが、現実は現実でした。この結果には自分なりに様々な反省点が浮かび上がってきます。

やはり、本気になっていなかったのではと。死ぬ気になってやっていなかったのではと。

自分はまだまだ未熟だなと感じさせられます。

今現在、泣いてばっかりで無力感しか感じられず、はっきり言って死にたいくらいです。

これから先、浪人生活が待っていますが、希望を捨てず、前を向いて志望校に向けてかじりついていきたいと思います」
浪人してからの様子が気になり私からメールをしたこともありましたが、そのメールは戻ってきてしまいました。大学受験で納得のいく結果を出せてあげられなかったのは事実だったので、「アドレスを変えてしまったのかな?」と切ない気持ちだけが残りました。

今年の受験も終わり、彼のことが脳裏をかすめました。いい結果が出せてればいいのだが・・・。そんなことを思っていた昨日、突然、「こんばんは!」という挨拶と共に、彼が塾舎に顔を出してくれました。


話を聞けば、浪人してから携帯は解約。予備校の寮に入って勉強と本気で向かい合っていたとのこと。自分をギリギリまで追い込んでいる姿が想像できました。そして、浪人中にいろいろ考えて、理系から文転。教師という新たな、そして確固たる目標ができたとのことでした。そして、昨年不合格だった大学に、見事合格を果たしたのです。

丁寧な言葉遣いと謙遜する姿は、高校時代の彼とまったく変わっていません。しかし、その顔には、明らかに自信がみなぎっていました。そして、すでに次の目標を定め、その先にあるものを見つめている視線。これこそ、大学受験を通して培われるべき姿なんだと、改めて感じました。

「後輩たちに差し入れです」と、彼の手にはレジ袋いっぱいのアメが入っていました。そう、彼も塾で勉強していた時、先輩から差し入れられたアメを口に頬張りながら頑張っていたのです。そのことを忘れずに気持ちをつなげてくれた彼の姿に、とても感動しました。


「浪人すれば受かる」

これは迷信です。残念ながら、浪人しても自分と向き合えず、周りに流されダラダラと過ごしてしまい、変われないままに受験を迎え、現役時代と似たような結果しか残せなかった生徒を何人も見てきました。

結局のところ、チャンスを活かせるかは本人次第。自助努力できる人間を育てられる指導者にならなければ、気持ちを引き締めています。


※ブログランキングのランクアップが励みになっています。お時間がありましたら、以下のバナーのクリックをお願いします。

頑張ろう、日本!クリックすると元のサイズで表示します

2013/3/28

習慣化  閑話

土・日以外はお酒を飲まない!」と決心し実行に移してから、ちょうど1年が過ぎました。

もちろん、お正月やお盆など、平日が休日にあたる日は飲みましたが、よく1年間続いたと思います。昨年秋の健康診断の数値が劇的に改善したのはもちろんのこと、食事をしてから寝るまでの時間をうまく使えるようになり、TOEICのリスニングを30問以上解くという新たな習慣も定着しました。

最近は体調はいいですが、冬の間の運動不足がたたり、お腹が弛んできた気がします。ベストのウェストは70cmですが、現在は76cm。身体の中心にある腹筋が弱くなると腰痛を引き起こします。夏に向けて少し引き締めようと思います。


※ブログランキングのランクアップが励みになっています。お時間がありましたら、以下のバナーのクリックをお願いします。

頑張ろう、日本!クリックすると元のサイズで表示します

2013/3/27

指導者の資質  指導現場にて

春期講習と新年度準備が重なるこの時期は、普段以上に自分の時間がとれませんが、日々の英語トレーニングのノルマは欠かしません。これを止めたら自分の raison d'etre を否定することにすらなります。忙しいときこそ自分の真価が問われると思って、やるのみです。


さて、「英語の授業は英語で行うことを基本とする」という高校英語の指導要領が文科省から出されました。
※詳しくはこちらをお読み下さい。

御上は何を考えていることやら・・・。現場を見ているのか?理想論を掲げても何の解決にもなりません。こうしてまた多数の英語難民が生み出されていくのでしょう。

教科書や指導要領を変えても何も変わりません。とどのつまり、生徒を動かすのは、指導者の英語力・指導力・カリスマ性。指導者の一人として、日々鍛錬です。


※ブログランキングのランクアップが励みになっています。お時間がありましたら、以下のバナーのクリックをお願いします。

頑張ろう、日本!クリックすると元のサイズで表示します

2013/3/26

Haruki Murakami  英語勉強法

4月からスタートするNHKラジオ講座の一つに「英語で読む村上春樹」があります。

村上ファンの私としては絶対にはずせません。村上春樹とその英訳を手がける Jay Rubin のベストコンビが織りなす世界は、英語を読んでいることを忘れさせてくれます。

最近はTOEIC一辺倒だったので、自分の興味のある分野の英語に耽るのは最高の気分転換であり、かつ最高の勉強法です。1994年(大学3年)にTOEICを受け始めた時と、2002年に留学から帰国した時に1年間聴いた「やさしいビジネス英語」以来、久しぶりにラジオ講座に取り組んでみたいと思います。


※ブログランキングのランクアップが励みになっています。お時間がありましたら、以下のバナーのクリックをお願いします。

頑張ろう、日本!クリックすると元のサイズで表示します

2013/3/25

TOEICの鉄人  TOEIC・英検など

今日から春期講習です。この一週間の講習が終わると今年度が終了し、いよいよ新年度に突入していきます。

昨晩は久しぶりにゆっくりとした時間がとれたため、書斎から『TOEIC Test 鉄人伝説』を引っ張り出してきて読み返しました。
これは、まだ旧TOEIC時代だった10年以上も前の書籍ですが、ワシントン大学留学時代にシアトルの紀伊国屋書店で購入して、モチベーションをあげたのが思い出されます。この中で、英文法を体系的に理解する必要性が書かれていて、紹介されていた江川先生の『英文法解説』を同じく紀伊国屋で購入して読破した時、パート5や当時のパート6を解くのが楽しくなったのを思い出します。

当時はブログなんてなかったですから、満点をとっている人がどのような勉強をしているか知るのに貴重な本でした。現在はブログを通じて満点取得者の方から様々なことを学べるのですから、時代も変わったものです(笑)。


※ブログランキングのランクアップが励みになっています。お時間がありましたら、以下のバナーのクリックをお願いします。

頑張ろう、日本!クリックすると元のサイズで表示します

2013/3/24

春の高校伊那駅伝  閑話

今日は「春の高校伊那駅伝」が行われました。男女計182の高校がエントリーする全国的にも有名な大会。男子は昨年の全国大会で優勝の豊川、準優勝の西脇工など入賞した7校が出場する豪華な顔ぶれです。
クリックすると元のサイズで表示します
我が母校・伊那北をはじめ上伊那地区の高校も全国の強豪を肌で感じることができる貴重な経験の場となっています。

今日は一家総出で応援をしました。長男は、豊川高校の選手には「稲荷寿司食べたか〜」、滋賀学園には「琵琶湖大きいぞ〜」、鯖江高校には「眼鏡つけてるか〜」と独自の応援をしていましたよ(笑)。

この駅伝が終わるといよいよ伊那谷にも春が来ます。我が家の梅もちょうど見頃を迎えました。
クリックすると元のサイズで表示します


※ブログランキングのランクアップが励みになっています。お時間がありましたら、以下のバナーのクリックをお願いします。

頑張ろう、日本!クリックすると元のサイズで表示します

2013/3/23

小学高学年へ向けて  公立中高一貫校受検

長男は4月からいよいよ小学4年。高学年へ突入です。公立中高一貫校の受検も考えていますので、これからの家庭学習は特に大事になってきます。

3年生終了時の学力チェックテストでは、算数はすべての項目で満点でしたが、国語の読解力に少し苦手意識があるような結果が出ました。

以前読んだ『子供を東大に入れるちょっとした「習慣術」』では、計算力・漢字力・健全な負けん気をつけることが大事だと挙げられてますが、小学校からの国語の読解力も同様に大事だと、指導の現場で実感しています。その読解力が、その先にあるセンター試験の国語、そして英語の読解力にも大きな影響を及ぼすからです。

ということで、春休み中の長男は、学研の『小学3年の長文読解 毎日のドリル 国語』をやっています。ここで老婆心ながらアドバイス。上述の読解力の大切さを含め、ドリルをやることもすべて長男と話し合って決めています。親の一方的な決定や押し付けは、子どもの反抗につながります。常日頃から話し合う姿勢、勉強の大切さを刷り込む子育てが大事です。
   
漢字と算数については4年生のうちに小学6年間の範囲を終え、中学の範囲に進んでいけるようにしたいと考えています。


※ブログランキングのランクアップが励みになっています。お時間がありましたら、以下のバナーのクリックをお願いします。

頑張ろう、日本!クリックすると元のサイズで表示します

2013/3/22

ゴールという名のスタート  指導現場にて

今日は長野県公立高校後期試験の合格発表日。
クリックすると元のサイズで表示します
母校・伊那北高校の合格発表に行ってきました。毎年見に行ってますが、番号が掲示される瞬間の緊張感はたまりません。26年前の自分の姿と重なります。

今年は各高校とも倍率が高く、合格発表までの日々をすべての受験生が緊張して過ごしたことと思います。努力が結実し当然の合格を手にした者、スタートが遅れたが辛うじて合格できた者、悔し涙を流した者・・・。さまざまな思いが錯綜する一日。すべての受験生に「お疲れさま」と声をかけたいです。そして、どんな結果であれ、“今日”という日の真価が問われるのは3年後である、ということを強調したいです。

今日はゴールではなくスタート。新たな気持ちで次の目標に邁進していって下さい。

※甥っ子も、志願者が募集定員を66名もオーバーしていた高校に合格しました。一安心です。


※ブログランキングのランクアップが励みになっています。お時間がありましたら、以下のバナーのクリックをお願いします。

頑張ろう、日本!クリックすると元のサイズで表示します

2013/3/21

英語の入口  指導現場にて

「ノートに教科書の英文をすべて写し、全訳しなさい」

こんな時代遅れの馬鹿げた指導をしている教師がまだいるようです。

英文を写している間、生徒たちは何を学んでいるのでしょうか?
分かりきっている英文の全訳までを書かせることに何の意義があるのでしょうか?
入試本番ですべての英文の日本語訳を書く時間があるのでしょうか?

旧態依然としたやり方では、英語力はつきません。

人生の可能性を広げてくれる英語。その入り口での間違った指導が、生徒の可能性の芽を摘んでいるとしたら・・・。生徒に苦痛を与えているだけで、英語難民を生み出している元凶としたら・・・。それは教育ではありません。


※ブログランキングのランクアップが励みになっています。お時間がありましたら、以下のバナーのクリックをお願いします。

頑張ろう、日本!クリックすると元のサイズで表示します

2013/3/20

fine-tuning  英語勉強法

今日は春分。ここ数日の暖かさで、信州にも春がやってきたと実感できます。庭のクロカッスも見事に咲き誇っています。
クリックすると元のサイズで表示します
最近は、TOEIC実戦型の勉強ばかりでした。次回のTOEICまでは2ヶ月ありますので、特化した勉強から少し離れて、時間を気にせずに文法問題をじっくり解いたり、ENGLISH JOURNALを聞いたりしています。そんな時にこそ新たな発見があり、結果的にTOEICにもつながる経験を数多くしてきました。

TOEICを意識しながらも、自分の勉強法を微調整していきます。


※ブログランキングのランクアップが励みになっています。お時間がありましたら、以下のバナーのクリックをお願いします。

頑張ろう、日本!クリックすると元のサイズで表示します

2013/3/19

心の状態  TOEIC・英検など

昨秋から、ただ我武者羅に満点を追いかけ、走り続けてきました。毎日平均3時間はTOEICと向き合い、970→980→985 と結果も出せてきたことから、勉強法も間違っていないと思います。

しかし、どんな状況でも実力を出しきるために心の状態をいかにコントロールするか、つまり、いかに平常心を維持するかが、最近の課題です。

第178回TOEICが終わり、改めて自分の解答スタイルと向き合おうと、HUMMER本を読み始めました。
その203ページを読んで手が震えました。まさに、HUMMERさんが私にメッセージを与えてくれているかのように感じたからです。
以前Part2を苦手としていた頃、次々と襲い掛かってくる問題からのプレッシャーに負けそうになり、ともすると過呼吸になるのでは、というくらいの息苦しさに苛まれたこともありました。
私もリスニングではパート2に苦手意識があります。ここを乗り切れば、得意なパート3・4で全問正解を目指せます。今回も、パート2は手に汗をかき、受験票を右手の下に敷いて、マークシートが湿らないようにしていた位です。そして、パート2をおそらく全問正解で乗り切ったと思ったとき、「これはいける!」と平常心を失い、パート3で変な緊張感が襲ってきて、出だしで躓いてしまいました。やはり、平常心を保ち、自分の心をコントロールするために、呼吸を整える大切さを身をもって感じました。

自分のスタイルでTOEICの問題と向き合える力は、英語力だけの問題ではありません。いろいろな課題をひとつずつクリアーしてこそ、その先に満点があると思います。次回のTOEICへ向けて、また一歩ずつ進んでいきます。


※ブログランキングのランクアップが励みになっています。お時間がありましたら、以下のバナーのクリックをお願いします。

頑張ろう、日本!クリックすると元のサイズで表示します

2013/3/18

続・第178回TOEICの感想  TOEIC・英検など

TOEICから一夜明け、冷静に昨日の試験を振り返ってみました。

まず反省しなければならないのは、どっしりと構えて受験できていない自分です。リスニングでは、この4ヶ月間、パート3・4を徹底的に鍛えました。おそらく、このパートだけで5,000問以上は解いてきました。その結果、前回は満点を取ることもできたのですが、今回は途中から「満点取れるかも」と気負いすぎてしまい、変な緊張感に襲われました。冷静さを失った時点で負けです。どんな状況でも、冷静に対処できるようになるには、まだまだ練習が足りない証拠です。

リーディングでミスしたのは、パート7での capacity の言い換え。今朝、単語カードを見直していたら、何と、やっていました。
クリックすると元のサイズで表示します
この単語は、『全問正解する 新TOEIC TEST 990点対策』の実戦模試の No.121 で習ったものです。狙われる単語をきちんと押さえている加藤先生、スゴイの一言です。
満点を取るレベルになると、やっていない問題に出くわすことはほとんどありません。今までやっとことを徹底的に復習し、すでに知っていることを違う角度から「どこまで掘り下げられるか」が満点のカギだと、改めて気づかされました。

次は5月にTOEICを受験します。それまでの2ヶ月間、今までやったものを徹底的に繰り返し、ブレない英語力・TOEIC力を身につけたいと思います。


※ブログランキングのランクアップが励みになっています。お時間がありましたら、以下のバナーのクリックをお願いします。

頑張ろう、日本!クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ