2013/4/30

身近なきっかけ  子育て

日曜日に宿泊した鉱泉旅館。その時、長男から「温泉と鉱泉とは何が違うの?」という質問が出ました。クイズ番組などで温泉の定義を何となく知っていましたが、これを機会にきちんと調べてみました。以下、ウィキペディアの「温泉の定義」からの引用です。
温泉法第2条(定義)によると、温泉とは、以下のうち一つ以上が満たされる「地中からゆう出する温水、鉱水及び水蒸気その他のガス(炭化水素を主成分とする天然ガスを除く。)」と定義されている(法的な定義による広義の温泉)。

1.泉源における水温が摂氏25度以上。(摂氏25度未満のものは、冷泉または鉱泉と呼ぶ事がある)
2.以下の成分のうち、いずれか1つ以上のものを含む。(含有量は1kg中)
・溶存物質(ガス性のものを除く。) 総量1000mg以上
・遊離炭酸(CO2) 250mg以上
・リチウムイオン(Li+) 1mg以上
・ストロンチウムイオン(Sr++) 10mg以上
・バリウムイオン(Ba++) 5mg以上
・フェロ又はフェリイオン(Fe++,Fe+++) 10mg以上
・第一マンガンイオン(Mn++) 10mg以上
・水素イオン(H+) 1mg以上
・臭素イオン(Br-) 5mg以上
・沃素イオン(I-) 1mg以上
・フッ素イオン(F-) 2mg以上
・ヒ酸水素イオン(HAsO4--) 1.3mg以上
・メタ亜ひ酸(HAsO2) 1mg以上
・総硫黄(S)[HS-,S2O3--,H2Sに対応するもの] 1mg以上
・メタホウ酸(HBO2) 5mg以上
・メタけい酸(H2SiO3) 50mg以上
・重炭酸ソーダ(NaHCO3) 340mg以上
・ラドン(Rn) 20×10-10Ci以上
・ラジウム塩(Raとして) 1億分の1mg以上
これだけでも知識が増えましたが、実は伊那谷にもいくつか鉱泉があり、このGW中に訪ねてみることになりました。そして、この鉱泉探訪から、ある“勉強”につなげていくことを思いつきました。きっかけは常に身近なところにあるということに、改めて気づかされました。


※ブログランキングのランクアップが励みになっています。お時間がありましたら、以下のバナーのクリックをお願いします。

2013/4/29

充填期間  閑話

昨日の日曜日から8連休という、今の職場に転職して10年目で初めての長期連休です。

混雑が嫌いな我が家ですので、この連休中は、畑仕事、家の片付け、英語の勉強、安近短の家族サービスに従事する予定ですが、昨日は、普段あまり会えない妻の父母に会いに、少しだけ遠出しました(笑)。

昨夜は義父母・義兄夫婦といっしょに、群馬の“大島鉱泉”という超〜鄙びた旅館に宿泊しました。
クリックすると元のサイズで表示します
久しぶりのゆっくりとした時間・・・。かなり酔っ払いましたが、みんなが寝静まった後に、リスニングや音読などTOEICの勉強もしました。「今日くらいやらなくてもいいかな」という妥協から没落は始まりますから。弱い自分に打ち勝つことが、TOEIC満点への最低条件です。

帰りの横川SAでTULLY'sのアイスコーヒー、タピオカ入りを飲みました。
クリックすると元のサイズで表示します
私の地元にはスタバやタリーズがないので、出かけたときの楽しみの一つです。

シアトルに住んでいた時は毎日TULLY'sのコーヒーを飲んでいましたから、香りをかいだだけで、当時を思い出しました。10年前のあの頃、授業後にはいつもTULLY'sに行き、3〜4時間勉強していました。英語に対する当時のアツい気持ちを思い出させてくれた感じがします。

明日からは畑仕事と家の片づけをします。普段できないことをして、心にパワーを充填します。そんな中から、新たな気づきを得たいと思います。


※ブログランキングのランクアップが励みになっています。お時間がありましたら、以下のバナーのクリックをお願いします。

2013/4/28

なりたい自分へ  指導現場にて

塾の卒業生から、FBに添付ファイルとともにメッセージが入りました。
せんせー、行きたかったUCLAに受かりました!
大学受験では行きたかった早稲田に行けず、悔しい思いをしましたが、アメリカに来て努力した成果が報われたと思うと嬉しくて仕方ありません。
先生に習ったこと、しっかり生きてますよ!

クリックすると元のサイズで表示します


約2年前のブログ記事でも紹介させていただいた彼。日本の大学受験で満足のいく結果を出せなかったのですが、それでも自分のやりたいことを模索し、新たな目標とともにアメリカに旅立っていきました。

この2年間も努力と苦労の繰り返しだったと思いますが、こうして新たなスタート地点に立てた彼の姿を、とても誇らしく思います。


塾を卒業してからも、頑張る教え子たち。こうして連絡をくれるのは嬉しいつながりです。彼らの人生に何らかの形で関わることが出来ているのですから。そんな彼らからパワーを吸収し、明日への自分の活力になる。それが、教育という仕事の醍醐味かもしれません。


※ブログランキングのランクアップが励みになっています。お時間がありましたら、以下のバナーのクリックをお願いします。

2013/4/27

教科書の間違い?  指導現場にて

ある高校が1年生に今春から採用している教科書「PROMINENCE Communication English T」 (東京書籍)で、気になる点があるので紹介します。

Lesson 2・Part 1 の第一文に、
Ms. Nakazato wasn't able to use her arms and legs anymore after she fell and badly damaged her neck in 1999.
とあります。赤で記した and ですが、正しくは or だと思われます。

私の愛読書『Common Mistakes in English』の39ページにも、よくある間違いとして次のように記載されています。
Using and in a negative sentence instead of or.
Don't say: I don't like red and orange. I want the blue one.
Say: I don't like red or orange. I want the blue one.
否定文の中で「〜もない」の意味になるとき、and は使えず、代わりに or を使います。下の例文が分かりやすいと思います。
I cannot speak English and French.(×)
I cannot speak English or French.(〇)
もちろん、意味的には and でも通じますが、ネイティヴの文法書にも or が正しいと書かれている以上、教科書では正しい英文法を使うべきだと思いますが、いかかでしょうか?


早速、教科書の出版元である東京書籍にメールで問合せしました。回答を待ちたいと思います。

それにしても、高校の授業で担当教員がこの and に何ら疑問を抱かずに、授業で何も言及していないとしたら・・・。以前受講させていただいた指導者対象の講義であのキムタツ先生もおっしゃられていました。「指導者こそ日々勉強すべきだ」と・・・。


※ブログランキングのランクアップが励みになっています。お時間がありましたら、以下のバナーのクリックをお願いします。

2013/4/26

公立中高一貫校入試で求められる力  公立中高一貫校受検

長男の算数好きが加速しています。先日は『親子で楽しむ!わくわく数の世界の大冒険2』で紹介されていた「電卓ミステリーは2220」の解明に一生懸命でした。こういった数学の規則性の問題は、公立中高一貫校でもよく出題されるので、自然と受検対策になっているのではないでしょうか。

公立中高一貫校で試される学力は、知識量ではありません。事象を論理的にとらえ、共通点または非類似点を発見する思考力と、それを相手に伝える表現力・文章力です。まずは、子どもが興味を持っていることを入り口にして、親が上手に関わっていくことが大切です。

そういえば、折り紙名人の長男は、『数学パズル 時間制限編』の折り紙を使った角度の求め方にも夢中です。好きなことを勉強につなげられれば、最高ですね。


※ブログランキングのランクアップが励みになっています。お時間がありましたら、以下のバナーのクリックをお願いします。

2013/4/25

山寺やきもち踊り  閑話

昨日の「ナニコレ珍百景」で、私の地元・伊那市山寺のやきもち踊りが紹介されました。

ブログをお読みいただいている皆さんに私の地元を知っていただくせっかくの機会。もう一つのブログ「信州伊那谷の風土記」に、以前のお祭りの様子をアップしてありますので、ご覧いただければ幸いです。
山寺やきもち踊り(2008年4月16日)
山寺やきもち踊り(2011年4月17日)

クリックすると元のサイズで表示します
やきもち踊りのクライマックス


※ブログランキングのランクアップが励みになっています。お時間がありましたら、以下のバナーのクリックをお願いします。

2013/4/25

待望の一冊  英語勉強法

英語を習得する上で音読は欠かせません。「音読せよ!」と言うのは簡単ですが、何をどのように音読するかは、なかなか話題にあがりません。私は、2005年6月11日の「確実に英語力がつく方法」という記事で、大学入試で出題された長文を題材にしての音読学習を具体的に書いておりますので、是非ご一読いただければと思います。ちなみに私が現在、毎日欠かさずに音読しているのは『金のフレーズ』のP89〜103と『新公式問題集 Vol.5』パート3・4のスクリプトです。

さて、英語学習者や指導者にとっては、音読する英文の内容やレベルが気になるところです。平易な英文を繰り返し音読するのは、英語を発話をする上では大事ですが、英語は読み・書きも大事な技能ですので、そちらの方もカバーできれば申し分ありません。

最近、国際語学社から『杉山式 究極の音読プログラム』という非常におもしろそうな音読本が出版されました。
本書の特徴が国際語学社のホームページに掲載されています。以下はその抜粋です。
《究極の音読プログラムの学習プロセスと効果について》
音読学習においては、中学文法のレベルのスクリプトを、大量に音読することで、脳内に英語回路をつくり、英語の出し入れを習慣づける、と言ったものが多く、それが、英会話にとても役に立つアプローチなのは間違いがないと思います。

ですが一方で、英語を話せる環境がない、もっぱら英語に触れるのは、メディアやWEB上の方が多い。というのも、私達をとりまく英語環境の現実かもしれません。

また、現実的にTOEICなどの、資格試験の受験が必要になったりと、「日本人の英語」は実際に、ネイティブが英語環境で使っているレベルの構文・語彙を、音読材料として使用しないと、実際の英語力として習得力が測れないのです。

たしかに、本書のスクリプトは、実際のメディア・ニュース・ビジネスに関連したものが多く、決して平易きわまるものではありませんが、音読に、文法を品詞と5文型の、綿密な構造の解析で、説明するSTEP2や、「英語の語順」で意味を取るための、スラッシュリーディングを行うSTEP3など折込み、4段階の音読法をプログラム化しました。

こうすることで、スピーキング・リスニングの向上だけが、音読効果なのではなく、「英語の総合力」を音読で、身体にしみこませる、ことが可能になっています。

私が長年思っていたことが具現化された本のように感じます。これは是非ともやってみたいところです。そして、英語音読の普及に全力を注がれている“音読の伝道師”安河内先生の推薦というのも心強いです!

私も現在の音読学習にプラスして本著を始めます。本ブログでも進捗状況を報告していきます。


※ブログランキングのランクアップが励みになっています。お時間がありましたら、以下のバナーのクリックをお願いします。

2013/4/24

人を動かす言葉  閑話

YouTubeに載っている東進ハイスクールのCMを、久しぶりに見てみました。
各先生が発する言葉は短いですが、それぞれが力強く心に響きます。今まさに旬の林先生はもちろんですが、特に安河内先生はアツいです。先月末、安河内先生と直接お話させていただく機会があったのですが、あの自然と出ているオーラは半端ではありません。それでいて、私とも気さくに話をしてくださるのですから、やはりお人柄ですね。

生徒を能動的にさせるには、授業内容はもちろんですが、やはり言葉だと思います。経験と知識に裏付けられた説得力ある言葉は、人を動かします。


※ブログランキングのランクアップが励みになっています。お時間がありましたら、以下のバナーのクリックをお願いします。

2013/4/23

見方を変えれば  指導現場にて

中3生の国語入試対策テキストに森本哲郎『日本語 表と裏』の文章が使われていました。
実は『日本語 表と裏』は母校・早稲田大学政治経済学部の1989年入試でも採用されており、合格後、原本である文庫本を購入して読んだ経験があります。何気なく使っている日本語の知られざる成り立ちなどを知ることができる良書です。

普段は英語を教えることが中心ですが、大人の日本人として、きちんとした日本語を使いたいと思っていますので、このような文章を読むと、得をした気分になります。入試英語だけでなく、入試現代文も見方を変えれば、興味深く読むことができます。


※ブログランキングのランクアップが励みになっています。お時間がありましたら、以下のバナーのクリックをお願いします。

2013/4/22

折り紙名人  子育て

長男(小4)のクラスで胃腸炎が流行っているらしく、先週は長男も感染して2日間休みました。すると週末、次男(幼稚園年少)が発熱し、39度以上の高熱でダウン。さらに、回復しかかっていた長男には蕁麻疹が出て、我が家は病院を往復していました。

そんな訳で、先週末は天気も悪かったため、ずっと家の中で過ごしました。こんな時、長男は得意の折り紙に勤しみます。今回は、正60面体を作ってくれました。youtubeの動画を見ながら1時間ほどで作ってしまったのですから、大したものです。
クリックすると元のサイズで表示します
「プレジデント Family 5月号」で灘中学や開成学園に合格した小学生が特集されていましたが、合格者の数人が、小学校低学年から折り紙を楽しんでいたということに気づきました。やはり手先を動かすのは、勉強にもいい影響があるのかもしれませんね。
長男の愛読書の一つに『英語で遊ぶ「折り紙」』があります。本著は英語と日本語で折り方が書かれており、大人が読んでも面白いですよ。大学入試でも、折り方を英語で説明させるなどの問題が散見されます。小さい頃から、日本文化と英語をリンクさせる環境に触れさせるのは大切ですね。


※ブログランキングのランクアップが励みになっています。お時間がありましたら、以下のバナーのクリックをお願いします。

2013/4/21

努力の可視化  指導現場にて

高校入試と違い、大学入試、特に私立大学や国公立二次試験は範囲があってないようなもの。受験生たちは日々勉強していてもゴールに近づいているという実感がないまま、不安な状態で受験生活を送っています。

だからこそ、自分のやったことが成果として目に見えると、気持ちが落ち着くのです。その典型が模試の結果でしょう。しかし、勉強した分がすぐに模試の成績に反映されるかというと、範囲が広く奥深い分、なかなか難しいです。そこで私は、「努力を可視化せよ」と受験生にアドバイスします。「努力の可視化」とは、参考書を絞り、それらに情報を集約しながら取り組む中で、汚していくことを意味します。

一昨日の高3生対象の英語の授業では、私が大学受験の時に実際に使用した『試験にでる英単語』と『新英和中辞典』を見せながら、「努力の可視化」の重要性を説きました。

単語帳は基本の一冊となるものを徹底的に繰り返します。発音、意味(多義語の場合でも一つの意味でOK)、綴りの優先順位で何回も声に出しながら繰り返す。覚えられないものはノートに書きまくるなどして、五感を総動員して覚えます。繰り返しているうちに、派生語も気になりはじめますので、それらも回数を重ねながら覚えていきます。
クリックすると元のサイズで表示します
それでも、模試や過去問ではその単語帳に載っていないものが出てきます。カード化するのも一手ですが、面倒な場合もありますので、私は表紙や中表紙にサインペンでどんどんと書き込み、オリジナルの単語帳に仕上げていきました。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
当時、電子辞書はありませんでしたから、私は引いた単語すべてに赤鉛筆で線を引きました。表紙もとれてしまい、大学に合格したころにはボロボロになっていました。
クリックすると元のサイズで表示します
ちなみにこの辞書は三代目です(笑)。そのくらい、辞書を引きまくっていました。

こうやって参考書が汚れてボロボロになると、自分の中に自信が生まれてきます。「自分はやっているんだ」と。この自信が、勉強への励みになり、さらに頑張ろうという気持ちを駆り立ててくれました。

「参考書は綺麗に使いましょう」という考え方の指導者も少なからずいらっしゃいます。でも私の場合、そんなスマートなやり方は性分に合っていません。だって、使い込んでボロボロになった参考書を持っている人が、受験会場で隣の席に座ったらどう感じますか?「こいつ、受かるな」って思いますよね。そう思った時点で受験結果は出たも同然です。勉強や受験は確かに自分との闘いかもしれません。しかし、大学には定員があるわけで、他の受験生との競争が避けられないのは事実なのです。

合格へ向けて、いかに自分をプラス思考へ切り替えることが出来るか。そのためには、努力の可視化こそ最も有効な術なのです。


※ブログランキングのランクアップが励みになっています。お時間がありましたら、以下のバナーのクリックをお願いします。

2013/4/20

向学心と家庭環境  子育て

3月に『「固有名詞」子育て』を読了していたので、その感想を・・・。
筆者の息子さんのヒロ君は、メディアにも頻繁に出られている小学生(この4月から中学生)ですので、ご覧になった方も多いかと思います。

小学生でTOEIC900点とか、ミニカー3000台やモック携帯600台を眼隠してすべて言い当てるなど、いわゆる“天才少年”としてメディアでは紹介されていますが、私は本著を読んで、それはすべて、子育て、つまり家庭環境の結果であり、然るべくして今のヒロ君が存在している、と冷静に受け止めることができました。

本著で一貫されているのが、「子どもの好きな世界、子どもが興味を持っていることを大切にし、全力で応援してあげること。そして、何より子供の可能性を否定しないこと」です。

子どもが生まれて間もない頃、すべての親が良い意味で“親ばか”だと思います。何か少しできただけでも「○○ちゃん、すごーい!天才だね!」と言い、子どもは、その親の喜ぶ顔を覚えます。だから、喜んでもらおう、褒めてもらおうと、いろいろなことを覚えていくと思うんです。しかし、不思議なことに、時が経つにつれ、親が子に抱いていた期待は薄れていき、子どもに現実の世界を重ね合わせてしまいます。そして、「まだそんなこと言ってんの!お前にはムリだよ!」といった類の発言が親から出てきて、子どもの可能性の芽を摘んでしまっているような気がしてなりません。

その一方で、可愛さのあまり、または子どもに嫌われたくないからという理由で、子どもが言うがままにゲーム類を買い与え、好きなだけやらせているご家庭も多く見かけます。家族でファミレスに来ているのに、せっかくみんなでキャンプに来ているのに、DSを手放せない子を見かけたことがありませんか?
(ゲームを否定している訳ではありません。買い与える時にゲームの中毒性を説明し、子どもと話し合って「一日30分にしようね」などの約束が出来ていないご家庭が非常に多いのです)

親子の中で何かしらのバランスが崩れてしまい、それが修正されないまま思春期を迎えた時、特に中学生になった時、親がいきなり「勉強しなさい」と言っても、子どもは「何を突然言い出すの?」となるのです。幼少時からの親の子への関わり方、つまり、家庭環境が、子供の勉強習慣を形成していくことは、塾の現場や自分の子育て経験からも、明らかです。

本著を記された加藤さんのやり方も、子どもとの関わり方、向学心を育む家庭環境の作り方の一つです。少なからず私が実践してきたことに近いので、とても共感できました。エピソードの一つとして、ヒロ君がNHKのクローズアップ現代でのテロップの間違いを指摘されたお話があります。実は我が子にも同じようなことがありました。

長男が3歳4カ月で、一緒に本屋さんに繰り出し、子供の本のコーナーに立ち寄った時のことです。平積みされていた『にっぽん探検大図鑑』の表紙に47都道府県の県旗がデザインされていたのですが、それを見た長男が突然、「これは埼玉県、これは岩手県、これは鳥取県」と言い出したのです。

「本当?」と私は言いながら中を調べてみると、何と、全部彼の言うとおり。あまりにも驚いたので、妻を呼んで、再度、違う県旗を指して彼に答えさせると、「これは高知県、これは山形県、これは福島県」と答え始めました。確認のため本の中を調べると、これまた全部正解。気がつくと、周りには人だかりが出来ていて、「すごいな〜」「どうやって教えているの」と質問攻めになりました。中には目を丸くしている人も。

息子はパズルを使って、既に都道府県の形と位置、そして漢字の読みまで完璧に覚えていましたが、県旗まで憶えているとは思いもしませんでした。その頃、彼の朝食後の日課は『GLOBAL ACCESS 世界・日本地図帳』(昭文社)の「世界の国旗」と「日本の県旗・県章」のページを開いて古今東西ゲームをやることでした。大人の我々からしてみると、ただのゲーム感覚でやっていただけなのですが、彼は自然と全ての旗を覚えてしまっていたようです。

さらに『にっぽん探検大図鑑』の佐賀県のページで、紹介されていた県旗が滋賀県の県旗と同じになっているという誤植を発見し、小学館さんに電話して訂正用に佐賀県の県旗シールを送ってもらったのでした。その後、地理好きが高じて飛び地にはまり、小2の時にテレビの特番に出演させていただいたこともありました。


こう考えてくると、子どもが好きなことを親がバックアップしてあげて、家庭内で自然とアカデミックな環境を作り上げることが大事だということが分かります。本著以外にも、向学心を育む家庭環境を紹介した本や雑誌の特集記事は枚挙に暇がありません。『「固有名詞」子育て』を参考に、我が家のやり方を微調整し、これからも子育てを楽しんでいきたいと思います。


※ブログランキングのランクアップが励みになっています。お時間がありましたら、以下のバナーのクリックをお願いします。

2013/4/20

今でしょ!  閑話

風疹・麻疹の予防接種に行ってきました。現在(41歳)になるまで、風疹をやったか分からず、母子手帳を見ても判断不能。人と接する職業ですので、「念には念を入れ」ての接種。長男が生まれた時からお世話になっているお医者さんで、注射してもらいました。

息子が普段お世話になっていることを告げたら、帰り際に先生が「あの子は良い子に育っているよ」と一言。社交辞令かも知れない。でも、人の心を捉えるこのようなマジックワードをさらりと言える人は、そうはいません。

医者を目指している長男。もしかしたら、この先生の様になりたいのかも知れませんね。


さて、病院での待ち時間などを利用して、『いつやるか?今でしょ!』を読了しました。
まさに飛ぶ鳥を落とす勢いの林先生の本。同じ業種ということもありますが、“旬”の方からパワーをいただくという意味でも、興味深く読めました。

大学受験の指導者として私自身が普段から心がけていることが多く書かれていて、納得しながら読むことが出来た一方、新たな発見もたくさんありました。特に第4章の「権威トレンド」に関する一考は非常に面白く、普段の指導現場でもすぐに意識できそうです。結局、生徒をいかに自主的に動かせるかが、講師の力量。その新たな切り口が「権威トレンド」です。生徒たちの指導者に対する権威トレンドを高めるために、指導者自身の自助努力は欠かせません。

また、第6章「流れをとらえる眼を備える」では、悪い流れに耐える必要性とその意義が書かれています。少なからず今の自分に当てはまるところもあり、むしろ今しかできないことをやる大切さに改めて気づかせていただきました。この時期に本著を読めたことこそ流れですね。

林先生の冷静だけどアツい気持ちが詰まった一冊。この本を読んだら、実行するのみ。いつやるか?今ずら!(←南信州バージョン)
クリックすると元のサイズで表示します


※ブログランキングのランクアップが励みになっています。お時間がありましたら、以下のバナーのクリックをお願いします。

頑張ろう、日本!クリックすると元のサイズで表示します

2013/4/19

親の在り方  子育て

『10歳までに知っておきたい!心の強い男の子の育て方』を読了。
和田先生の本は、古くは高校時代に『偏差値50から早慶を突破する法』や『受験は要領』から読ませていただいており(高校時代、劣等生だった自分が早稲田に合格できたのは、この2冊のお陰です)、今回も興味深く読めました。

競争が歓迎されない生ぬるい世の中だからこそ、健全な負けん気をもった子供を育てようという、和田先生の従来からのメッセージが貫かれています。母親向けに書かれていますが、父親が読んでも全く問題ありませんし、むしろ父親の役割が分かって勉強になります。

我が家としては、長男の中学進学先について真剣に考えている時期でしたので、190ページの「子どもを誤った方向にいかせないために親ができるのは、友だち環境を整えることです。」「周辺に評判の悪い公立中学しかないのなら、中高一貫校への進学をすすめる。」は、他人事ではなく我が家に置き換えて読ませていただきました。


※ブログランキングのランクアップが励みになっています。お時間がありましたら、以下のバナーのクリックをお願いします。

頑張ろう、日本!クリックすると元のサイズで表示します

2013/4/18

教材を絞る  TOEIC・英検など

『TOEICテスト新公式問題集Vol.5』のパート3・4のスクリプト計40題の暗記に取り組んでいます。
でかい声で音読し暗唱に努めていると、それまで気づかなかったことに気づきます。例えばTEST1に
〜, we could really use your help updating the interior.
とあります。

この could use は、『新公式問題集』には何の解説もありませんが、実は口語ではよく使われる表現です。LONGMANでは次のように定義されています。
if you say you could use something, you mean you would really like to have it
私がこの表現を知ったのは、1年間の留学を終えてシアトルから帰国した2002年のことです。英語力のブラッシュアップのため、NHKラジオ講座「ビジネス英会話」を毎日聞いていました。2002年10月号で主人公の大滝怜治が面接の場面で、何か飲み物は欲しいか聞かれて
I could use some water, please.
と発言していました。

その後、大学入試でも見かけるようになり、2005年日本大学理工学部の対話文問題で
I think I'm just burned out. I could use a vacation.
と出されていました。

昨日は3ヶ月に一度の術後定期診断のため、大学病院に行って来たのですが、病院までの車中で聴いていた『解きまくれ!リスニングドリル TOEIC TEST Part1&2』の128番でも I could use a vacation. と出題されているのに気づきました。
一つの教材を何回も繰り返しやり直し、奥深く追求していくと思わぬ発見があり、それによって知識は定着していくものです。大学入試の時を思い出してみても、やはり多くの教材に手を出し過ぎていた時は、勉強時間は取れるが成績は思うように伸びていませんでした。

英語力の向上には必ずしもたくさんの教材は必要ありません。自分で「これだ!」と決めたものと心中するつもりで、やってみる。そうすると確実に力がついてきます。


※ブログランキングのランクアップが励みになっています。お時間がありましたら、以下のバナーのクリックをお願いします。

頑張ろう、日本!クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ