2014/2/28

文字通り「完全」  TOEIC・英検など

昨日発売になった「TOEICテスト 完全ガイド 公式問題集+αでTOEIC730点を獲る方法」。
改めて読み返してみて、今回の完全ガイドは、2014年現在の日本のTOEICを取り巻く学習環境を、完全に近い形で網羅・分析していると思いました。本著を通じて、一人でも多くの方がTOEICスコアを伸ばされることを祈ってやみません。

私のTOEIC受験と学習歴も載せていただきましたので、是非お読みください!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


※ブログランキングのランクアップが励みになっています。お時間がありましたら、以下のバナーのクリックをお願いします。

2014/2/27

TOEICの認知度  TOEIC・英検など

先日、本日発売の「TOEICテスト 完全ガイド」を、地元の本屋さんに注文してきました。
店員さんが書いてくれた注文票が「TOEC」に・・・。
クリックすると元のサイズで表示します
確かに、馴染みのない方にとって「TOEIC」のつづりは難しいかもしれません。私も受験し始めた20年前はそうでしたから・・・(苦笑)。

信州の片田舎では、英検と比べるとTOEICの認知度はまだまだ低いです。TOEICの裾野を拡げていくために、私にできることがあるかも知れませんね。

本日発売の「TOEICテスト 完全ガイド 公式問題集+αでTOEIC730点を獲る方法」に、特集記事として私のTOEIC受験と学習歴を載せていただきました。多くの方にお読みいただければ幸いです。
クリックすると元のサイズで表示します


※ブログランキングのランクアップが励みになっています。お時間がありましたら、以下のバナーのクリックをお願いします。

2014/2/26

2001年の自分  TOEIC・英検など

書斎にあるTOEIC関連の書籍を整理していたら、2001年の留学前後に購入した「TOEIC Friends」が出てきました。まだ旧TOEICで、TOEIC関連の参考書や問題集も数少ない当時に、隔月で発行されていた「TOEIC Friends」は、最高の motivation booster でした。毎号収められている200問の実戦模試は、本番のレベルとはかけ離れていましたが・・・(苦笑)。

そんな「TOEIC Friends」2001年7月号の読者投稿コーナーに掲載された自分の投稿を見つけ、懐かしい気持ちで読み返しました。
クリックすると元のサイズで表示します
あの頃のアツい気持ちを忘れてはいないか・・・。今の自分を見つめ直す時かも知れません。


※ブログランキングのランクアップが励みになっています。お時間がありましたら、以下のバナーのクリックをお願いします。

2014/2/25

タイミング  子育て

長男と久しぶりに本屋へ行ってきました。彼が真っ先に向かったのが文庫本コーナーでしたが、興味を引く小説がなかったようでした。そして、次に向かった地図コーナーで、手にとって発狂しそうなまでに歓喜したのが『2014年度版 首都圏 のりもの情報』。
JRと私鉄・地下鉄の乗り換えはもちろんのこと、所要時間と運賃まで記されている優れものでした。家に帰ってきてもずーっと本著を見ていたので、呆れながら感心しました(笑)。

ちょうど、「タモリ倶楽部」で鉄道の特集をやっていたのを見たので、「デッド・セクションって知ってる」と聞くと、「あーっ!それは、線路で電気が通っていない箇所のところでね・・・」と詳しく説明してくれました。

タイミングよく子どもが興味を持っていることに情報を提供することでコミュニケーションがとれ、学習意欲を刺激することは親の大切な仕事だと思っています。子どもの価値観は親のそれと違うので、何気ないことが探究心を刺激することだってありえます。昨年、東京への家族旅行から帰宅して、長男が「大手町で乗り換えた時、丸ノ内線まで走ったのが一番面白かった」と言った一言を思い出しました。


※ブログランキングのランクアップが励みになっています。お時間がありましたら、以下のバナーのクリックをお願いします。

2014/2/24

『金フレ』の精度  TOEIC・英検など

韓国の『TOEIC定期試験既出問題集』を解いていて気づくことがあります。
クリックすると元のサイズで表示します
それは、TEX加藤先生の『新TOEIC TEST 出る単特急 金のフレーズ』の精度の高さです。

今日解いた問題の中で出てきた、多くの受験者がひっかかりそうな単語に definitive と entail がありましたが、両方とも『金フレ』の「990点レベル 頂上の100語」に収められています。『金フレ』は発行部数が100,000部を超えるようです。多くのTOEIC学習者に指示される理由が、今日また分かりました。


※ブログランキングのランクアップが励みになっています。お時間がありましたら、以下のバナーのクリックをお願いします。

2014/2/23

曲がりくねった道  閑話

教え子でもあり、高校・大学の後輩でもあるS君と飲みました。社会人となって3年が過ぎようとしている彼から仕事や人生に対するアツい思いを聞き、時が過ぎるのも忘れて、おいしいお酒が飲めました。

彼が、今の思いを俳人・種田山頭火の句で表してくれました。
まっすぐな道でさみしい

私もそうでしたが、ほとんどの新社会人が3年目くらいまでに、就職活動時に行った以上に自己分析ができて、己の人生をどうしようか考え始めます。自分の人生を過ごすために、それはとても大切な過程であり、避けては通れないものだと思います。

そんな彼に、フェイスブックの「名言集」で紹介されていた言葉を送ります。
自分の考えた通りに
生きなければならない。

そうでないと、
自分が生きた通りに
考えてしまう。

ブールジェ(詩人)

曲がりくねった道を通ったことで、その時は遠回りになったと思っても、時が経って振り返ると、実はそれが一番の近道だったということになるかもしれません。その判断は、他の誰でもない“自分”がすることです。
クリックすると元のサイズで表示します


※ブログランキングのランクアップが励みになっています。お時間がありましたら、以下のバナーのクリックをお願いします。

2014/2/22

遠回り  閑話

昨年末に放送され、録画したままになっていた「プロフェッショナル 仕事の流儀 独占インタビュー イチロー4000本への道」を観ました。

その道を究めた本当の“職人”の口からしか出てこない珠玉の言葉ばかり。なかでも最も響いたのが次の言葉です。
遥か理想の道に近道はない。自分の理想に近づく一番の方法は遠回りすること。遠回りと思っていたことが実は一番近い。今ははっきりとそう言えます。
遠回りしてこそ見えてくるものがあり、それがその後の糧になります。

思えば、浪人の時、退職して留学した時もそうでした。無駄な経験は何もありません。常に自分の“理想形”へ向かって遠回りしようと思います。
クリックすると元のサイズで表示します
Safeco Field, Seattle


※ブログランキングのランクアップが励みになっています。お時間がありましたら、以下のバナーのクリックをお願いします。

2014/2/21

心と向き合う  閑話

ソチオリンピック・女子フィギアスケートの浅田真央選手のフリー演技。期待に応える難しさと、期待を越える素晴らしさ。ここに全てが凝縮されており、本当のアスリート魂を見ました。

スポーツに限らず、仕事でも勉強でも、結果を残さなければならないプレッシャーのかかる場面は、人生で必ず訪れます。そんな時に自分の心とどう対峙するか。大切な何かを真央ちゃんに教えてもらった気がします。
クリックすると元のサイズで表示します


※ブログランキングのランクアップが励みになっています。お時間がありましたら、以下のバナーのクリックをお願いします。

2014/2/20

水晶婚式  閑話

今日は15回目の結婚記念日。水晶婚式と言うそうです。

それにしても、時の経つのは速いです。この15年の間に、退職と留学をし、我が子が誕生し、マイホームを建て、大きな病気を克服しました。家族と共に重ねてきた15年。

これからも家族と共に時を重ね、自分の人生の頂を目指していきたいと思います。
クリックすると元のサイズで表示します

そう言えば、今日は母校・早稲田大学政治経済学部の受験日でもあります。受験生たちよ、頑張って!


※ブログランキングのランクアップが励みになっています。お時間がありましたら、以下のバナーのクリックをお願いします。

2014/2/19

パート5の原点  TOEIC・英検など

Rabbitさんが旧TOEICの公式ガイド本を買われた記事を読み、私も10年以上も前に購入した英語版の旧TOEIC公式ガイド『TOEIC OFFICIAL TEST-PREPARATIONA GUIDE』を書斎から引っ張り出してきました。
クリックすると元のサイズで表示します
これは2001年のワシントン大学留学時代、エクステンションコースで「TOEIC Preparation」という授業をとっていたのですが、その指定テキストでした。

昨日久しぶりにやり直しました。当時は何度も繰り返した覚えがあるのですが、今の公式本ほどはやりこんでいなかったので、どの問題も初めて解く感じでした。

旧TOEICは現在の新TOEICとは傾向が違うのであまり参考にはなりませんが、パート5については検証の価値大と判断します。例えば、Practice Test 1 の104番の問題。
Because we value your business, we have ------- for card members like you to receive one thousand dollars of complimentary life insurance.

(A) arrange
(B) arranged
(C) arranges
(D) arranging
答えは現在完了形(B)で簡単なのですが、注目すべきは arrange for 人 to do の語法。これは昨年のTOEICで出題されました。この問題にパート5の原点を見た気がします。

122番の問題では、allow for が出ており、TOEICerにとっては珠玉の表現がてんこ盛りです。
Passengers should allow for ------- travel time to the airport in rush hour traffic.

(A) addition
(B) additive
(C) additionally
(D) additional
この他にもパート5の後半に何度の高い語彙を試す問題が出ていたりして、それは新TOEICにも受け継がれている伝統のような気がしました。


※ブログランキングのランクアップが励みになっています。お時間がありましたら、以下のバナーのクリックをお願いします。

2014/2/18

徹底音読の最終段階  TOEIC・英検など

ヒロ前田先生の『TOEICテスト900点。それでも英語が話せない人、話せる人』を読んでから、『TOEICテスト新公式問題集 Vol.5』のパート3・4の音読に熱が入ります。毎日各パート1セットずつ10回音読をするようにしていますが、一文一文に気持ちを込め、その人になりきったつもりで音読暗唱する“アクティング”を心がけています。(アクティングについては、本著の138ページをお読みください。)
  
音読の最終段階がアクティング。実際にその英文を使う場面に自分を落とし込み、英文が自然と口から出てくるようにしなければならないため学習者には相当の負荷がかかりますが、この壁を越えると“英語が話せる”という感覚がつかめます。音読は英語を話せるようになるために避けては通れない道、つまり、語学習得においては不可欠なものであるということを身を持って証明したいと思います。そして、TOEICで培った英語力が実用的な英語力になるということも示したいと思います。
クリックすると元のサイズで表示します
それにしても、公式問題集はやればやるほど新たな発見があり、使い方によって様々な英語力の強化につながります。「TOEICは公式問題集に始まり公式問題集に終わる」というどこかで耳にした格言に意義が、今よく理解できます。


※ブログランキングのランクアップが励みになっています。お時間がありましたら、以下のバナーのクリックをお願いします。

2014/2/17

SNSの意義  閑話

昨日はFBを通じて、本当にたくさんの方から誕生日のコメントをいただきました。改めてお礼を申し上げます。

昨夜は長男の理科の宿題でオリオン座を観測しました。東の空を見ると満月がちょうど昇ったところで幻想的な風景でした。
クリックすると元のサイズで表示します
しかし、その後、その月が見えていた東の空の下にある山梨県が非常事態にあるということを知り、地元の宮下一郎衆議院議員にFBでお力添えをお願いし、早速ご対応いただきました。雪害にあわれた地域の復旧を祈るばかりです。

FBを含めたSNSの存在価値を考えさせられる一日となりました。今週も火曜日の夜から、また降雪の予報です。先週末の雪害を対岸の火事で終わらせないよう、非常時の対応をしっかり準備しておきたいと思います。


※ブログランキングのランクアップが励みになっています。お時間がありましたら、以下のバナーのクリックをお願いします。

2014/2/16

山梨が非常事態!  閑話

拡散希望です。→山梨県が非常事態です!!

隣県・山梨が大雪のため非常事態です。なぜか全国ニュースではあまり取り上げられないため、対応が後手後手になっているようです。少しでも多くの方に状況を理解していただければと思います。塾の卒業生も特急あずさで4泊目に突入しています。

先ほどFBで地元の衆議院議員・宮下一郎先生にもお願いをしたところ、対応に入ってくださっているとのことです。みなさん、よろしくお願いします!


※ブログランキングのランクアップが励みになっています。お時間がありましたら、以下のバナーのクリックをお願いします。

2014/2/16

誕生日の想い  閑話

今日、42回目の誕生日を迎えました。一つ歳を重ねたことで何か思いが強くなるということはありませんが、たまたま今朝、同い年の葛西選手が銀メダルを獲得したのを目にし、目標に向けて努力し夢を実現するのに歳は関係ないのだということを実感しました。
クリックすると元のサイズで表示します
この写真は、5年前に佐渡で撮った家族写真です。妻のお腹には次男がいたことが後で分かったので、家族4人初めての写真ということになります(笑)。家族の幸せのため、そして、充実の四十路にするために、これからも日々の小さい努力を続けていきたいと思います。


※ブログランキングのランクアップが励みになっています。お時間がありましたら、以下のバナーのクリックをお願いします。

2014/2/15

自然の怖さ  閑話

記録的な大雪のため、今日の授業はすべて休講とさせていただきました。

授業を休講とするのは、2006年7月の豪雨で天竜川の堤防が決壊した時以来で、私が現在の職場に勤めている10年間で2回目のことです。忘れた頃に自然の怖さを知らされます。

写真・上は2006年7月の豪雨で堤防が決壊した直後の天竜川、下は水が引いた後の天竜川です。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
自然と共にいるということを肝に銘じておきたいですね。


※ブログランキングのランクアップが励みになっています。お時間がありましたら、以下のバナーのクリックをお願いします。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ