2015/6/30

シアトル旅行記 #1  シアトル旅行記

今回の旅行の目的は、以下の5点に集約できます。

@トラスト英語学院で留学先として紹介しているワシントン大学とノースウェストスクールの現状把握。
A13年前に帰国した時、そのままにしてきた銀行口座の解約手続き。
Bホストマザーのお見舞い。
C13年前に滞在していた英語力と、帰国してからTOEIC990点満点・英検1級を取得した自分の英語力で感じる違いの発見。
D子ども達の学習の動機付け。

昨年9月頃から計画し始め、出来ることから実行に移してきました。いよいよ出発となると、準備期間はアッという間だったなというのが正直な感想です。

渡米前日は成田空港近くの成田山新勝寺で旅の安全を祈願しました。
クリックすると元のサイズで表示します



※トラスト英語学院の案内は、上のバナーをクリックするとご覧いただけます。

2015/6/29

another sky  シアトル旅行記

クリックすると元のサイズで表示します
13年ぶりにシアトルを訪れました。そこは紛れもなく、私にとっての another sky でした。

TOEIC990点満点、英検1級に合格して初めての海外旅行となりました。自分の英語力や英語学習法で確信を持てた点と改善しなければならない点が明確になった有意義な旅行となりました。

今回の旅行の目的は、トラスト英語学院で留学先として紹介しているワシントン大学とノースウェストスクールの現状を見てくるというものでしたが、家族と共に訪れたことで、いろいろな経験ができました。

FBとブログで旅日記をアップしていきますので、お楽しみに!



※トラスト英語学院の案内は、上のバナーをクリックするとご覧いただけます。

2015/6/28

after a fashion  閑話

中央大学の過去問で after a fashion(曲がりなりにも)という熟語が出てきました。

13年前の留学中、ネイティブスピーカーにこの表現を使ったら、「なぜ日本人のあなたが、こんな表現を知っているの?」と驚いていました。おそらく、斬れる表現なんでしょうね。このような表現に出会えるのも受験英語の魅力です。「受験英語だから」ではなく受験英語を極めれば、自ずと実用英語の運用能力も高まります。受験英語の弊害を口にされる方は、実用英語に昇華できるほどやっていない場合がほとんどのように見受けられます。



※トラスト英語学院の案内は、上のバナーをクリックするとご覧いただけます。

2015/6/27

時を経て  トラスト英語学院

学院の壁クロスのつなぎ目を隠すために、2002年にアリゾナ州セリグマンを訪れた際にお土産で買ったルート66のプレートをつけました。
クリックすると元のサイズで表示します
ずっと自宅玄関の下駄箱の隅でその出番を待っていました。13年の時を経て、意外なところで役に立つとは・・・(^^)/。
インテリアとしても最高ですね。



※トラスト英語学院の案内は、上のバナーをクリックするとご覧いただけます。

2015/6/26

蘇る記憶  実用英語

授業で読んでいた英文中に both ways が出てきたので、「そういえば、留学中に both ways を使ったイディオムを習ったな」と思い、ワシントン大学の授業で使った教材『THE IDIOM ADVANTAGE』のページをめくったら出てきました。
クリックすると元のサイズで表示します
『THE IDIOM ADVANTAGE』1ページより
ロングマンでは次のように定義されています。

you can't have it both ways
used to say that you cannot have the advantages from both of two possible situations

14年前に習ったイディオムと思わぬ形で再会できました。これでまた使える表現の復習ができました。



※トラスト英語学院の案内は、上のバナーをクリックするとご覧いただけます。

2015/6/25

偏差値をあてにしない  閑話

以下の表現の意味が分かりますでしょうか。
・be laid up with 〜
・work one's way through college
・keep me posted
・it comes as no surprise that 〜
これらは沖縄国際大学の入試問題で出題された表現です。沖縄国際大学の偏差値は河合塾で35.0〜42.5、駿台で36〜39です。偏差値だけから判断し、いわゆる「すべり止め」校として受験する受験生は少なくないと思います。しかし、もし過去問を研究せずに甘い気持ちで受験し、上述のような問題に出くわしたとしたら、顔面蒼白、「こんなはずでは・・・」となり、合格はおぼつかないでしょう。受験大学を決めるとき、偏差値は参考までにし、学べる内容・キャンパスの雰囲気・過去問等で総合的に判断する必要があります。



※トラスト英語学院の案内は、上のバナーをクリックするとご覧いただけます。

2015/6/24

語彙と再会する必要性  英語勉強法

英検1級の語彙問題に go awry が出題されました。『Pass単熟語1級』にも awry は収められていますが、この単語は go awry という形で使う場合がほとんどです。単語帳だけで awry の意味だけ知っていても、使える単語とはなりません。常にコロケーションを意識して覚えたいですね。

私がこの表現を覚えたのは、英検1級合格を目指して2003年。当時『全国大学入試問題正解』で難関大学の問題を片っ端から解いていて、上智大学外国語学部の同義語を選ばせる以下の問題がありました。
The company's plans for a merger went awry.
(a) forward  (b) smoothly  (c) overboard  (d) wrong
「さすが上智。Pass単1級にも載っている難しい単語を問うんだな〜」と感心したのを思い出します。

でも、Pass単でうろ覚えだった go awry と上智の問題で再会したことで、確実な知識となりました。どんな方法であれ、単語を覚えるにはその単語と多く「出会う」ことが必要です。



※トラスト英語学院の案内は、上のバナーをクリックするとご覧いただけます。

2015/6/23

先見の明  閑話

24年前の代ゼミ時代に師事していた潮田五郎先生のテキストを読み直しています。
クリックすると元のサイズで表示します
収録されているイディオムのほとんどが当時の参考書や問題集には収められておらず、「こんなの覚えて意味があるのか?」と疑心暗鬼でした。しかし、現在の参考書類には載っており、大学入試や英検に頻出で、会話でもよく使う実用的なものばかりであると分かります。

潮田先生の先見の明には驚かされます。



※トラスト英語学院の案内は、上のバナーをクリックするとご覧いただけます。

2015/6/22

最善の策  トラスト英語学院

指導スペースを模様替えしました。
クリックすると元のサイズで表示します
ちょっとした工夫がその後の大きな違いをもたらすであろうことに気づきました。環境に慣れてしまい、それが当たり前と思ってしまうことが最もいけないこと。常に最善の策を追求し、違った角度から物事をとらえる姿勢を大事にしていきます。



※トラスト英語学院の案内は、上のバナーをクリックするとご覧いただけます。

2015/6/21

限界ではない限界  指導現場にて

「自分の壁を超えてみろ!」と授業でアツく話した生徒が、先週末にこの英文の音読だけを徹底して行ってきました。その回数、なんと170回。
クリックすると元のサイズで表示します
限界を感じているのなら、寝食を忘れるくらい一つのことに徹底し打ち込んでみる。そうすると、限界は限界ではないことに気づけます。



※トラスト英語学院の案内は、上のバナーをクリックするとご覧いただけます。

2015/6/20

修学旅行  子育て

長男(小6)が修学旅行から帰宅しました。私と妻へのお土産は、東京タワーの置き物と箸セットという渋い選択^v^。5歳の弟へは、東京タワー限定の妖怪ウォッチメダル。
クリックすると元のサイズで表示します
こんなにも気を遣えるようになったんだと成長を感じた瞬間でした。

国会議事堂の見学で、地元の代議士・宮下一郎先生からお話を聞けて握手を出来たことが最高の思い出になったようです。
クリックすると元のサイズで表示します
宮下一郎議員のFBより
(宮下一郎議員の許可を得てシェアさせていただきました)
私は小6の時に虫垂炎になり、診断と手術が遅れてしまったために腹膜炎を併発して1ヶ月の入院を余儀なくされました。その結果、修学旅行に行けず、涙したのを覚えています。楽しそうに土産話をしてくれる長男を見て、健康で楽しく学校行事に参加できる幸せも感じました。



※トラスト英語学院の案内は、上のバナーをクリックするとご覧いただけます。

2015/6/19

ディクテーション  英語勉強法

最近、ネット上で話題のクイズ。
クリックすると元のサイズで表示します
クイズそのものも面白いですが、アメリカのAOLのネットニュースでは音声が聞けるので、英語を聴き取るトレーニングとして最高の教材です。→ こちら

この位の長さなら、ディクテーション用としては適度ですので、精聴のトレーニングになります。
There is a puzzle circulating the Internet that is stumping adults, but kids seem to find it easy.
何度も繰り返し聴いて、こんな風に一言一句正確に書き取っていくと、自分の聞けてない音が分かり、英語のリズムや抑揚が理解できます。私の場合、kids がどうしても can に聞こえていて、文法的に推測すれば、その後の英文は can seem to find easy. かなと思いこんでいましたが、数回聴き直してようやく kids と分かり、後ろの英文の it が聞こえずらいながらも入る意義を納得できました。そして、気になった単語の意味を英英辞典で調べれば、運用語彙に早変わりです。

stump
… to ask someone such a difficult question that they are completely unable to think of an answer

この単語は使えそうですね。


ちなみに、この問題を幼稚園年長の次男(5歳)に見せたところ、2秒で即答しました(汗)。子どもの頭は柔らかくて羨ましい・・・。


※トラスト英語学院の案内は、上のバナーをクリックするとご覧いただけます。

2015/6/18

英検1級語彙問題  TOEIC・英検など

2015年度第1回実用英語技能検定の問題がHP上にアップされたので、いつものように1級の語彙問題を解いてみました。

結果は25問中20問の正解。相変わらずイディオムは厳しいところをついてきます。limber up なんていうイディオムは見たことすらありませんでした。これからは warm up より limber up と言うようにします。こういう地道な作業をするしか、語彙力を増やす術はありません(汗)。

私が英検1級合格時に使用し、手元にある『Pass単熟語1級』と『1100 WORDS YOU NEED TO KNOW』で今回の語彙問題の正解となった単熟語の収録率(派生語も含みます)を比較してみました。

『Pass単熟語』・・・56%
『1100 WORDS』・・・28%
『Pass単熟語』+『1100 WORDS』・・・72%

やはり英検に即した単語帳だけあって、『Pass単熟語』に軍配は上がりましたが、それでもカバー率は半分強です。『1100 WORDS』と合わせると7割を超えるので、理想としては2冊行うのがいいのでしょう。しかし、英検1級合格を目指す場合、語彙だけに時間をかけるわけにもいかないので、『Pass単熟語』をやりつつ、新聞・雑誌等で出会った未知の単語をカード化するなりして地道に覚えていく方が効率的です。
クリックすると元のサイズで表示します
英単語検定1級合格時に作成したカード



※トラスト英語学院の案内は、上のバナーをクリックするとご覧いただけます。

2015/6/17

Ichiroing  実用英語

四球を選び、そして驚異のスピードで盗塁をするイチローに対して、現地解説者が Ichiroing という動詞を造語したそうです。日本でいえば、親父ギャグ的な感覚での造語といえるでしょうか。

Seattleマリナーズ時代、本拠地セーフコ・フィールドでは Ichiro + terrific で、Ichirrificという造語が、よく電光掲示板に表示されていました。造語は覚えやすいので、元となった単語も覚えられて一石二鳥です。
クリックすると元のサイズで表示します



※トラスト英語学院の案内は、上のバナーをクリックするとご覧いただけます。

2015/6/16

第200回TOEICの結果  TOEIC・英検など

先月受験した第200回TOEICの結果が出ました。
クリックすると元のサイズで表示します
今回はリスニングで2問ほど不安な問題がありましたが、リーディングでは迷った問題はありませんでした。しかし、蓋を開けてみると、結果は予測と真逆。リーディングでは、ETC作問者の罠にまんまと引っかかってしまったと思います。

これでリスニングは12回目の満点となりましたが、リーディングではまだ5回しか満点を取得しておりません。今回のTOEICでどこで点数を落としたかはスコアシートのAМを見てからでないと分かりませんが、再度、公式問題集を使ってパート7の解き方を修正するとともに、従来通りパート5のスピードと正確性を維持するトレーニングを積み上げます。

それにしてもTOEICは奥深いです。だからこそ、やめられないのでしょうね。



※トラスト英語学院の案内は、上のバナーをクリックするとご覧いただけます。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ