2015/10/31

英検1級語彙問題  TOEIC・英検など

2015年度第2回実用英語技能検定の問題がHP上にアップされたので、いつものように1級の語彙問題を解いてみました。

単語は1級であれば定番のものばかりで、いつもは難しく感じるイディオムも容易になりました。しかし、それは1級合格者の視点から見てのことですので、準1級の語彙力ではまだまだ手の届かないレベルには変わりません。1級合格には地道に語彙力を増やすしかありません。

私が英検1級合格時に使用し、手元にある『Pass単熟語1級』と『1100 WORDS YOU NEED TO KNOW』で今回の語彙問題の正解となった単熟語の収録率(派生語も含みます)を比較してみました。
『Pass単熟語』・・・48%
『1100 WORDS』・・・36%
『Pass単熟語』+『1100 WORDS』・・・52%
やはり今回も、英検に即した単語帳だけあって、『Pass単熟語』に軍配は上がりましたが、それでもカバー率は半分以下です。

英検1級の語彙問題を毎回解いてみて感じることは、一見難しい単語に見えて、実は、新聞や雑誌・小説ではよく目にするものばかりです。『Pass単熟語』をやりつつ、新聞・雑誌等で出会った未知の単語をカード化するなりして地道に覚えていくやり方が王道のように感じました。

英検と言えば、来年度の第1回から4級と5級でスピーキングテストが導入されることが、昨日発表されました。3級の二次面接試験の内容から判断すれば、そんなにも大それたものになることはありませんから、小学生の頃から音読などを通して、英語を口に出すことを習慣にしたいですね。
クリックすると元のサイズで表示します
今日はハロウィン。英語学習において、英語圏の文化を知ったり、ゲームや歌などのアクティビティを楽しむことは、英語に触れるきっかけになります。しかし、それは飽くまでも“きっかけ”です。楽しむことは大切ですが、それが主目的なっては本末転倒。単語を覚える、文法を学ぶ、長文を読む。そのような勉強から逃げていたら、いつまでたっても英語ができるようにはなりません。



※トラスト英語学院の案内は、上のバナーをクリックするとご覧いただけます。

2015/10/30

単語暗記の工夫  英語勉強法

最近読んだ高校生の教科書や大学入試の英文で、いずれも英検準1レベルの似たつづりの単語にたまたま出会いました。
acronym
anonymous
autonomy
autopsy
こうやって一覧にすると、知識が整理されて気持ちいいものです。

単語を覚える時、どうしても単語帳を中心に覚えるので、知識が断片的になってしまい忘れやすいのも事実です。ある程度単語帳で覚えたら、記憶を蘇らせる(refresh your memory ← 1991年のセンター試験で出題されました)ために、スペリングが似た単語や同義語・反意語等でグループ化して覚え直すと、忘れにくくなります。そうやって覚えた単語に再び出会ったとき、そのグループ化した単語も気になるはずなので、そこでまた記憶を refresh していけば、認識語彙に過ぎなかった単語が、確固たる運用語彙に昇華していきます。
クリックすると元のサイズで表示します



※トラスト英語学院の案内は、上のバナーをクリックするとご覧いただけます。

2015/10/29

11月29日 W無料セミナー  トラスト英語学院

クリックすると元のサイズで表示します
トラスト英語学院では、11月29日(日)に2つの無料セミナーを行います。友達と一緒に受講して、共に第一志望合格を目指しましょう!

高校入試 リスニング対策 (10:00〜11:30)
見落としがちなリスニング力アップの秘訣を大公開!長野県公立高校入試で20点を占めるリスニングで確実に得点するために、試験中の心構えと、受験本番までに何をすべきかをお話しします。


大学入試 第一志望合格のための英語力(19:00〜21:00)
早い段階からの意識づけと高めの目標設定が合格へと導く!第一志望合格のために、何をどこまでやるべきか。実際の大学入試問題を解きながら、やる気と向上心も伝授します。


※どちらの講座にも定員がございます。必ず、メール・お電話・FB等でお申し込みください。

トラスト英語学院
☎ 0265-96-0950  ✉ trust-english@chorus.ocn.ne.jp


※トラスト英語学院の案内は、上のバナーをクリックするとご覧いただけます。

2015/10/28

小6生の意識変革  子育て

先週の音楽会が終わった後、長男(小6)の小学校からのお便りに、先生からのこんな言葉がありました。
大きな行事が終わりました。卒業式までの登校日数も気づいてみると100日を切り、91日となっています。これからは、学習に集中して取り組める時期でもあり、6年生としては、中学での自分をより意識していくべき時期になります。(中略)ご家庭でも家庭学習への取り組みの様子を見ていただき、お声がけをお願いします。
確かに、毎年この時期の小6生は、来年度を意識して勉強が気になり始めます。きちんとした学習習慣がないと、中学へ行ってから慌てることになりますが、家庭環境的に少しずつ習慣化していかないと、リバウンドが起こってしまいます。つまり、今まで勉強をあまり意識していなかった子どもが周りからの急激なプレッシャーで押しつぶされてしまうこともあります。

自主学習の内容、学習時間、そして、家庭での声掛け。この3つのすべてが噛み合うことが大切です。
クリックすると元のサイズで表示します



※トラスト英語学院の案内は、上のバナーをクリックするとご覧いただけます。

2015/10/27

黄葉と幻日  趣味

最近は冷え込みが厳しく、昨日は1℃近くまで冷え込んだ伊那谷です。
クリックすると元のサイズで表示します
信州大学農学部のユリノキ並木の黄葉も見頃を迎えています。

そして、昨日の夕方は、珍しい幻日現象も見ることができました。
クリックすると元のサイズで表示します
英語では sun dog と言います。早稲田大学の入試問題の英文の中にも出てきたことがありますので、覚えておきたい語彙ですね。



※トラスト英語学院の案内は、上のバナーをクリックするとご覧いただけます。

2015/10/26

成功体験の積み上げ  子育て

先週金曜日の英検一次試験合格発表以来、嬉しい報告が続々届いてます。中でも、中1生で準2級一次合格はあっぱれですね。二次対策も私にお任せです!

さて、昨日は息子たちが兄弟で漢検を受検しました。長男(小6)は3級、次男(年長)は10級でしたが、2人とも受検の感触は良かったようです。合格発表を楽しみに待つとともに、それぞれまた次の目標に向かって、明日からスタートを切ります。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
会場の信州豊南短期大学は素晴らしい紅葉でした。

昨日は第204回TOEICでしたが、長野県では偶数月のTOEICは実施されないため、昨日は私は受験しませんでした。TOEICerから取り残された寂しさがあるものの、息子たちの漢検につき合えて応援できたからよかったです!

指導者として、そして、親として、生徒や我が子が小さな成功体験を積み上げていくステップを支えていきます。



※トラスト英語学院の案内は、上のバナーをクリックするとご覧いただけます。

2015/10/25

強い想い  指導現場にて

昨日は指導の後、入学希望の社会人の方と面談しました。

社会経験を積んだことで見えてきた自分のやるべきこと。大きな社会貢献へとつながるその夢の実現へ向かう決意が、彼女の目から確かに感じられました。

Where there's will, there's way.
(意志のある所には道がある)

全力でバックアップしてまいります。
クリックすると元のサイズで表示します



※トラスト英語学院の案内は、上のバナーをクリックするとご覧いただけます。

2015/10/24

明日という日  子育て

昨日は長男(小6)の小学校の音楽会に行ってきました。
6年間の締めくくりでもあり、長男は6年生全体合唱の伴奏を担当させていただきました。

最後の6年生全体合唱は、みんなの気持ちがビシビシと伝わって来て、感動しました。保護者の方のほとんどが涙を流していました。長男の伴奏もいつも以上に感情が入っていて、親バカですが、前奏を聞いた時点で涙腺が緩み始めました。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
また一つ行事が終わり、時間は確実に卒業式へと向かっています。素晴らしい小学校、素晴らしい学年とめぐり合えて幸せです。歌の題名にもあるように、すべての子ども達が明日という日を素晴らしい日であると思えるよう、成長してもらいたいです。



※トラスト英語学院の案内は、上のバナーをクリックするとご覧いただけます。

2015/10/23

TOEIC的良問  指導現場にて

先日行われた全統記述模試からの問題を引用します。
Amy came in looking ------- and lively.
(a) happy (b) happily (c) like happily (d) at happiness
日本語訳は「エイミーは嬉しそうに生き生きとして入ってきた」ですが、「嬉しそうに」という日本語訳につられて、そして、並立の and で結ばれている単語が lively なので(b)を選んでしまう受験生が多いと思われますが、もちろん不正解です。

まずは looking という分詞構文が見抜けないといけません。そして、その分詞構文内で ------- には補語となって第2文型をつくる形容詞が入ります。よって正解は(a)になります。lively は語尾が -ly ですが形容詞です。

様々な角度から基礎力を試す素晴らしい良問です。TOEICでもこのような、日本語で考えてしまうと間違ってしまう品詞問題が出題されます。やはり英語は英語。日本語訳は補助的な役割として使うようにして、主語と動詞を中心とした英文構造で考えていかなければなりません。



※トラスト英語学院の案内は、上のバナーをクリックするとご覧いただけます。

2015/10/22

人生のターニングポイントたれ  指導現場にて

中一の保護者の方と面談しました。中学校生活が半年を過ぎましたが、部活動中心の生活になりつつあり、勉強に対して前向きな気持ちが感じられないという相談でした。

部活動が勉強に対して負の影響を及ぼしていることが考えられますが、私は部活動自体は否定しません。要は、生徒自身の気持ちと勉強のやり方の問題です。ただ「頑張れ」というだけのアドバイスは、何の意味もありません。

・細切れ時間の有効活用。
・日々の小さな努力の積み上げ。
・勉強は要領。
・出来ないことを出来るようにする。
・妥協しない生き方。

翌日、生徒に対しても、勉強に対するアツい気持ちを持たせ、さらには部活動との両立をさせるための具体的勉強法をアドバイスしました。まずはアドバイス通りやってみること。そして、その様子を見ながら、自身の勉強法を最適な形へ向けて微調整していくことで、成績も伸びてきます。今回の面談が彼の人生のターニングポイントになるよう、これからも全力のバックアップをしていきます。
クリックすると元のサイズで表示します
保護者の方からはハロウィンのチョコレートをいただきました。お気遣いには本当に恐縮するばかりです。



※トラスト英語学院の案内は、上のバナーをクリックするとご覧いただけます。

2015/10/21

人生に関わっていく  トラスト英語学院

商工会議所の方と県信保の方が、たまたま同じ日に訪ねて来て下さいました。開業して1年半になりますが、改めて、多くの方に支えられているのだと実感。

最近は推薦入試の過去問解答作成と志願理由書の添削依頼が多くなってきました。生徒の人生に関わっているという充実感は、何物にも変え難いです。

これからも英語指導を通して一人でも多くの方々の人生に関わっていき、やる気と向上心を与えていきたいと思います。
クリックすると元のサイズで表示します



※トラスト英語学院の案内は、上のバナーをクリックするとご覧いただけます。

2015/10/20

高2生よ、今こそ赤本を解こう!  指導現場にて

秋もいよいよ深まり、大学受験は推薦入試のシーズンを迎えます。大学入試センター試験の出願も締め切られたこの時期、高校生からは「赤本(過去問)はいつから解き始めたらいいですか」という質問をよく受けます。

結論から言うと、「遅すぎる!まだ解いていないの?」

高3生には、受験勉強を本格的に始める前、つまり遅くても3年生になる直前の春休みまでには、第一志望の大学の1年分は解いておくように指示するのですが、それを実行に移す生徒は少ないのです。

なぜ、本格的な受験勉強を始める前に過去問を解くか?答えは簡単。第一志望に合格するために、志望校の傾向を知り、その傾向にあわせた勉強方法を組み立てるためです。極端な例を挙げると、慶應義塾大学経済学部では長文しか出題されません。それなのに、いつまでも文法問題演習中心の勉強をしてても、受かるものも受かりません。そのように利用すべき赤本を、ほとんどの受験生が力試しとして、年が明けて入試直前に手をつけるのです。もし、正答率が低かったらどうするのでしょう(まあ、ほとんどがそうなるのですが・・・)。入試が直前に迫っているのに自信を失うだけです。

受験勉強を本格的に始める高2のうちに第一志望の過去問を解き、「1年後にはこの問題に対応できる力をつけよう」という決意のもと、出題傾向に沿った勉強方法を確立していくのです。

かくいう私は、実は高2の時には解いておりませんでした。しかし、浪人したときの4月中に第一志望である早稲田大学政治経済学部の3年分を解き、英語に関しては全て音読を完了していました。自分の母校となるべき大学で出題された英文。暗記してしまおうという意気込みで取り組んだのを覚えています。

高2生諸君!いよいよ君たちが大学受験を意識する番です。目標はいくら高くたって構わない。大切なことは、その高い壁をいかにして越えてやろうか、というヤル気と向上心です。だからこそ今、第一志望の赤本を解こう!
クリックすると元のサイズで表示します



※トラスト英語学院の案内は、上のバナーをクリックするとご覧いただけます。

2015/10/19

オン・オフの切り替え  閑話

今日はTOEIC(=1019)の日です。先日、近所でナンバーが「10-19」の車が走っていて、後を追っかけていた自分に気づきました。ここまでくると病的です(汗)。

さて、昨日は家族で鹿嶺高原に行ってきました。大学4年の時に高校時代の同級生と訪れて以来、20年ぶりです。
クリックすると元のサイズで表示します
甲斐駒ヶ岳(2,967m)と仙丈ヶ岳(3,033m)
紅葉と晩秋の南アルプスの競演。そして、きれいな空気を思いっきり吸って、最高の気分転換になりました。

昨年トラスト英語学院を開業してから日曜日と月曜日の週休二日でしたが、嬉しいことに多くの方から受講の問い合わせをいただき、今年の7月から月曜日も指導を開始しました。体を休める時間が少なくなった分、今まで以上にオンとオフの切り替えが大切だと感じています。

季節は本格的な秋。大学入試は推薦入試の佳境に入っていきます。生徒の人生に関わっているという何物にも変え難い充実感を矜持として、指導に打ち込んでまいります。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



※トラスト英語学院の案内は、上のバナーをクリックするとご覧いただけます。

2015/10/18

本質をとらえる  指導現場にて

1999年東京大学(前期)の問題。
文法的な誤りを指摘せよ。
…, although she is possible to have called the fire department.

2005年学習院大学(文学部)の問題。
Our boss is ------- to get along with.
(a) ability (b) impossible (c) incapable (d) unable
東大の問題は、もちろん although it is possible for her to have …に訂正しなければなりませんが、ここで説明するときに「possible は人を主語に取れない」と解説してしまうと、生徒たちは学習院の問題で(d)を選んでしまいます。(正解はもちろん(b))

安易な解説をしてしまっている指導者や参考書が多いのも事実です。しっかりと本質をとらえる勉強が求められます。



※トラスト英語学院の案内は、上のバナーをクリックするとご覧いただけます。

2015/10/17

チャンスをつかむ  心に響く英文

高3の甥っ子が、昨日から約1週間の予定でシンガポールに出かけました。今年の7月に行われた「2015 シンガポールの学生との青少年交流」に参加し、その交流の一環で現地を訪れるのだそうです。7月の交流会以来、甥っ子の中で何かにスイッチが入り、英語の勉強にも今まで以上に真摯な姿勢で取り組むようになりました。来月には大学の推薦入試を控えているにもかかわらずシンガポールを訪問することに、疑問を感じる人もいるかも知れません。しかし、このような機会を逃さずに自分の人生を自らの手で動かしていこうとする行動力は、18歳の彼にとって大学入試以上の経験をさせてくれることでしょう。

How sad it is for a person not to answer when opportunity knocks and to wait the rest of his life for opportunity to knock again.
(チャンスが訪れているのにそれに応えず、その後の人生で再びチャンスが訪れるのを待つなんて、なんて悲しいことだろう)

成蹊大学法学部の入試問題でこんな英文が出されました。自ら行動することでチャンスが訪れ、自分の思った通りの人生になっていきます。
クリックすると元のサイズで表示します



※トラスト英語学院の案内は、上のバナーをクリックするとご覧いただけます。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ