2016/1/31

第207回TOEICの感想  TOEIC・英検など

自身54回目の受験となる第207回TOEICを受験してきました。受験された皆さん、お疲れ様でした。会場は松本医療福祉専門学校、フォームは4MIC2のメジャー(マークシートのA面がピンク色)でした。以下、個人的な感想です。

【パート1】
受動態の進行形と完了形の発音の区別が難しいものが一問ありましたが、消去法で対応できます。その他も、選択肢を一つずつふるいにかけていけば、100%解答できる問題でした。

【パート2】
ここ最近の傾向でしょうか、今回も一問目のNo.11の出だしが Where なのか When なのか聞きとりづらかったです。その他はいつも通りでした。

【パート3と4】
いつも通りの難易度のように思いました。「設問の先読み」→「内容推測」→「聴きながら解答」→「解答指示アナウンスの時に次のセットの設問を先読み」のリズムを、20セット(60問)崩さずに続けられる速読力とスタミナが必要です。

【パート5】
最近は文法・語彙問題を自作しているので、自然とテスティングポイントを意識して解けました。前置詞、語彙問題等、「いい選択肢だなあ〜」と感心しながら解きました(笑)。前回(第205回)より難しい感じがしました。

【パート6】
4セットとも短めでしたが、標準的なレベルだと思います。

【パート7】
パート5とパート6を合わせて約15分で解き終わり、14:00頃にパート7に突入しました。前半はいつもより、2〜3問のセットの問題が多かったように思います。DPに突入したのが14:30頃。前回と違い、内容を推測しづらい問題はありませんでしたが、同義語問題が難しいように感じました。14:50に全問を解き終わり、11分間で見直しもできました。

毎回の感想で述べておりますが、時間内にパート7まで全問を解き終わるには、パート5の40問をいかに速く正確に解くかにかかっています。パート5を速く解けるということは、英文をかたまりでとらえ、瞬時に英文構造をとらえることができる証でもあります。英文を速く読めれば、自ずとパート6・7でも功を奏しますし、パート3・4での先読みにも生かされます。もし、リーディングで最後まで解き切れない方は、徹底的にパート5を鍛えることをお勧めします。


今回はお腹の調子が良くなく、直前まで何度もトイレに行く羽目になってしまいましたが、十分に実力を発揮できたと思います。大学受験生たちには常々、どんな状況下でも実力を出せる準備をするように言っているので、自ら有言実行できた感じですが、やはり、体調管理は大切ですね。

最近は、学習者としてより指導者としての目線で問題と対峙出来るようになった気がします。今回の受験でも指導に生かせる多くの学びと気づきがありました。それらを自分の中で完全消化し、授業を通して還元していこうと思います。
クリックすると元のサイズで表示します



※トラスト英語学院の案内は、上のバナーをクリックするとご覧いただけます。

2016/1/31

今日は第207回TOEIC  TOEIC・英検など

昨日は午前8時から午後10時までの12人連続のプライベート授業でした。土曜日は exhausted です。しかも、月末だったため、会計チェックをしなければなりませんでした。そして、今日は自身54回目のTOEIC。

体は大丈夫か、自分?

大丈夫です。いつもTOEICを受験すると、体が軽くなるのを実感しています。好きなTOEICを受験させてもらっていることに感謝して、楽しみます。受験後の感想は、夜アップさせていただきます。
クリックすると元のサイズで表示します
Commanding a stunning view of Seattle



※トラスト英語学院の案内は、上のバナーをクリックするとご覧いただけます。

2016/1/30

二次試験の奥義  指導現場にて

大学入試センター試験から二週間、出願大学も決まり、受験生は二次試験対策に取り掛かっています。この時期に毎年受ける相談が、「記述式は苦手です」。

結論から言うと、マーク式も記述式も変わりません。ただ、解答の仕方が変わっただけです。求められるのは、論理的思考。なぜその答えになるのか?客観的に順序立てて説明できるかがポイントです。

設問で問われていることを、自分の言葉で説明する。自分が先生になったつもりで、その設問の解説ができるか?それを意識するだけで、勉強のやり方が変わってきます。結局、マーク式であろうが記述式であろうが、問われていることは論理的客観的思考なのです。
クリックすると元のサイズで表示します
東京大学 安田講堂



※トラスト英語学院の案内は、上のバナーをクリックするとご覧いただけます。

2016/1/29

伝えたい気持ち  指導現場にて

昨夜は高3生最後のグループ授業でした。英語を指導するのはもちろんですが、受験直前期は気持ちも大事ですので、講義の合間には、いつも以上に雑談をして、メリハリのあるものにしました。

そして講義の終わりに、リチャード・カールソン著『小さいことにくよくよするな!』(原題『DON'T SWEAT THE SMALL STUFF … AND IT'S ALL SMALL STUFF』)の中から「幸せはいまいる場所にある」を紹介しました。
私はアルフレッド・ディソウザの言葉を引用するのが好きだ。彼はこう言った。

「私は長いこと、本物の人生はこれから始まると思って過ごしてきた。だが、いつもなにかに邪魔されてきた ― 先に片付けなければならないこと、やりかけの仕事、借金の返済。それが終わったら人生が始まるだろう、と。やがてついに私は悟った。こういった邪魔ものこそ、私の人生だったのだ」

幸せになる道などないことを私は彼のことばに教えられた。そう、幸せこそが道なのだ。

(リチャード・カールソン『小さいことにくよくよするな!』より引用)


生徒全員が、今までに味わったことのないプレッシャーと戦っています。そして、みんながそれを辛いと感じ、一刻も早く解放されたいと思っています。しかし、長い人生においては、受験の苦しさは幸せな経験なのです。「実はこの辛さこそ本当の幸せなんだ。そして、その辛いことの中にこそ、意味深い何かがあるのだ」ということを、私は訴えたかったのです。

大学受験を通じて、彼らがその後の厳しい社会を生き抜いていく力を養っていく。自分に起こっている全てのことに意味があり、それらをプラス思考でとらえれば乗り切ることができる・・・。大学受験の指導を通して、そのようなことを受験生に伝えていくのが、私の仕事です。
クリックすると元のサイズで表示します



※トラスト英語学院の案内は、上のバナーをクリックするとご覧いただけます。

2016/1/28

セミナーと体験授業のご案内  トラスト英語学院

クリックすると元のサイズで表示します
トラスト英語学院では、以下のように2月に特別無料セミナーと無料体験授業を開催します。


特別無料セミナー 「公立中高一貫校に合格する法」
諏訪清陵高校附属中学校などの公立中高一貫校に合格するために求められている力とは?実子を合格させた学院長が、全国の公立中高一貫校の適性検査の実態を踏まえ、合格する術と求められる親子関係・家庭環境について、余すことなく語ります。

日時:2月28日(日) 午前10時〜12時

対象:来年度以降に諏訪清陵高校附属中学校の合格を目指す小学生の保護者。強い合格願望があれば、児童本人の参加も可。



無料体験授業 「大学受験 英語ゼミ」
大学受験生よ、第一志望合格へ向けて最高のスタートダッシュを!トラスト英語学院のグループ授業で、大学受験で求められる英語力を体感してみよう。

日時:
「基 礎」 2月9日(火)・16日(火) 午後8時〜9時40分
「総 合」 2月18日(木)・25日(木) 午後8時〜9時40分

対象:「基礎」は高校1年生、「総合」は高校2年生・浪人を決めた高3生。



※どちらの講座にも定員がございます。必ず、メール・お電話・FB等でお申し込みください。

トラスト英語学院
☎ 0265-96-0950  ✉ trust-english@chorus.ocn.ne.jp
クリックすると元のサイズで表示します



※トラスト英語学院の案内は、上のバナーをクリックするとご覧いただけます。

2016/1/27

歩を止めない  子育て

寒い日が続きます。信州伊那谷の最低気温は連日マイナス10度以下です。しかし、大寒を過ぎ、季節は確実に春へ向かっています。
クリックすると元のサイズで表示します
寒い冬こそ、その歩を止めずに少しずつでも前に進むことが大切です。その先にある春に向かって、日々の継続を積み上げましょう。
クリックすると元のサイズで表示します
これは、先週大雪が降った時の次男の足跡。今はこんなに小さくても、未来というゴールにつながっていれば、それは、意味ある小さな一歩となるはずです。



※トラスト英語学院の案内は、上のバナーをクリックするとご覧いただけます。

2016/1/26

己に頼る  心に響く英文

旺文社『基礎英文問題精講』より。
Your best opportunity is in yourself. The help you get from others is something outside of you, while it is what you are, what you do yourself that counts.
(最良の機会は自分自身の中にある。他人から得る助けは自分の外にあるものであって、大切なのは自分という人間、自分自身がする行為である。)
誰に教えを請おうとも、どんなに本を読んだとしても、結局、行動できる人しか己の望む人生を切り拓くことはできません。

英語や大学受験は切り口の一つに過ぎない。それを通して自分を変え、なりたい自分になり、夢を実現させる。そのきっかけを与えられる指導者でありたいと思います。
クリックすると元のサイズで表示します



※トラスト英語学院の案内は、上のバナーをクリックするとご覧いただけます。

2016/1/25

気づきと確認  閑話

日本列島は大寒波に襲われた昨日でしたが、知人にお声をかけていただき、英語学習法のセミナーに参加させていただきました。

多くの気づきをいただき、自分のやってきたことの確認もできた3時間半でした。これからの英語指導とビジネスのきっかけになると思います。
クリックすると元のサイズで表示します
寒波の後の信州伊那谷はさらに一段と冷え込んでいますが、満月はその美しさを増しています。



※トラスト英語学院の案内は、上のバナーをクリックするとご覧いただけます。

2016/1/24

確固たる基礎  指導現場にて

クリックすると元のサイズで表示します
この6つの英単語を完璧に解答できますでしょうか。もちろん、すべて中学で習うものですが、驚くことなかれ、大学受験生の正答率は10%にも満たないものでした。もちろん、それぞれの単語の意味やつづりはみんな知っていて、英文の中では当然の様に分かるのですが、このような表で出題されると正答率はグッと下がります。

この6つがサッと出来た生徒のセンター試験の結果は当然のように高く、出来なかった生徒の結果は満足いくものではありませんでした。このような基本を疎かにして難しいことを追いかけても無意味であるということが、よく分かります。つまり、知っている基本知識を整理し、どの角度から問われても揺らがない力こそ、確固たる基礎力なのです。

今後の指導は今まで以上に、「当たり前のことを当たり前に出来るようにする」を、厳しい指導の下、徹底させます。



※トラスト英語学院の案内は、上のバナーをクリックするとご覧いただけます。

2016/1/23

寒波到来  閑話

週末は数十年に一度の寒波到来するとのこと。でも、前夜の月は明るく輝いています。
クリックすると元のサイズで表示します
小学校の時、教科書に「沖縄で雪が降るのは100年に一度」と記されていたのを今でも覚えていますが、いよいよそれが現実味を帯びるほどの寒波だそうです。

24日(日)には英検が実施される予定でしたが、HPによると中止の可能性もあるようです。当日の朝6時に最終決定されるようですので、受験予定の方は要チェックです!英検協会HP

皆さん、十分に備えをして、寒波を乗り切りましょう!



※トラスト英語学院の案内は、上のバナーをクリックするとご覧いただけます。

2016/1/22

夢実現の道程  指導現場にて

人はいつでも夢を抱くことができるし、その夢のために努力をすることができる。

夢の実現を左右するものはただ一つ、気持ちと想い。「どうせ無理だろうな」ではなく「こうすれば出来る」という前向きな思考を抱くこと。ただこれだけで、道が夢実現へとつながっていく。

やればできる。行動すれば変わる。常に前向きに。人生の選択肢は、常に己の中にある。
クリックすると元のサイズで表示します



※トラスト英語学院の案内は、上のバナーをクリックするとご覧いただけます。

2016/1/21

abandonの思い出  英語勉強法

今月16日に実施された大学入試センター試験の英語のアクセント問題で abandon が出題されました。大学入試おいては難しい部類に入る単語ですが、この単語には思い出があります。

高校2年生だった当時、英単語を単語帳で覚えても載っていない単語が分からないのが納得できなくて、辞書で覚えようとしました。もちろん当時は紙辞書しかありません。辞書に載っているすべての単語を覚えるのは不可能なので、単語の左上に重要度を表すアスタリスク(*)がついているのをアルファベット順で覚えようと決めました。そして、意気揚々とAから始めていきました。最初に*がついているのは a ですが、これは飛ばして次に*がついていた単語が abandon でした。そしてその意味を確認すると「〜をあきらめる、〜を捨てる」。そして、私も辞書を使って覚えるのは不可能と気づき、あきらめたのでした・・・(笑)。
クリックすると元のサイズで表示します
大学受験時代の戦友 『新英和中辞典』
その後、青春出版社の『英単語連想記憶術』で「『あ、晩だ』と勉強を“捨てる”」と語呂合わせが紹介されていて、記憶に深く定着しました。

この語呂合わせは、今でも私は授業で必ず紹介します。残念ながらウケはあまり良くないですが、それでも何とか記憶の片隅に残っていれば、今年のセンター試験のように役立つ時は必ず来るはずです。



※トラスト英語学院の案内は、上のバナーをクリックするとご覧いただけます。

2016/1/20

何を学べるか  閑話

今回の一連のSMAP解散騒動。様々な憶測や意見であふれかえっていますが、大学入試の観点から見れば、小論文の格好なテーマになります。

情報の取捨選択、メディア報道、企業統治、個と集団のあり方、パワハラ、人権、放送倫理・・・。多種多様な切り口で述べることができます。

身の回りで起こっているどんなことにも自分の意見を持ち、何かを学び取る。そして、そこに客観性を持たせることが出来れば、それは立派な社会学へと変わっていくでしょう。
クリックすると元のサイズで表示します
昨日の伊那谷は、大雪の後でキンキンに冷え込みました。これこそ冬の光景ですね。



※トラスト英語学院の案内は、上のバナーをクリックするとご覧いただけます。

2016/1/19

19年前のセンター試験  閑話

大学入試センター試験が終わりました。受験生は自己採点とリサーチで二次出願大学の選択に入っていくと思いますが、すべての結果を受け入れ、前向きな選択をしていってもらいたいです。

新聞に載ったセンター試験の問題を解いていて、社会人1年目の1997年のことを思い出しましたので、今日はそのお話しです。

1997年1月、私は一週間の休暇が取れて、天竜川沿いの道を太平洋まで車で下る旅を敢行しました。大学時代から民宿めぐりを趣味にしていたので、その旅の一泊を浜名湖近くの「楽書荘」という民宿に予約していました。チェックインして、すぐに夕食となったのですが、食事処で独りビールを飲みながらいろいろ考えていました。誰しも感じる時があると思いますが、社会人として「自分の人生、このままでいいのかな?」と葛藤していた時でした。

そして、部屋に戻り新聞を見るとセンター試験の英語の問題が載っているのに気づき、何ともなしに解き始めました。当時、英語の勉強は受験勉強の延長のような感じでやっておりましたが、TOEICは720点で、英語力はまだまだ発展途上でした。

一時間ぐらいでしょうか。解き終わって答え合わせをすると、194点。その時「英語の問題を解くのって、楽しい!」と感じたのを覚えています。

いま振り返ると、あの時のあの感覚が、留学と転職へ突き動かしてくれたような気がします。そして、あれから19年たった現在、英語を教えることを生業としているのですから、人生は分からないものです。

人生の転機を与えてくれた大学入試センター試験。そんな風に感じるのは、受験生だけではないはずです。
クリックすると元のサイズで表示します
信州伊那谷も大雪となりました。昨日は送迎が難しいと予測されたので、臨時休講とさせていただきました。今日からは雪かきによる筋肉痛との戦いです(笑)。



※トラスト英語学院の案内は、上のバナーをクリックするとご覧いただけます。

2016/1/18

癒されるとき  トラスト英語学院

昨日は、同じテナントビルの癒cafeさんで、ずっと気になっていたモーニングをいただきました。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
食材にこだわった優しい味のマフィンとコナコーヒーのセット。このクオリティで500円です。食前にはマテ茶もサービスしていただき、文字通り、体の中から癒されました。

トラスト英語学院にお越しの際は、是非とも癒cafeさんにもお立ち寄りください。いつもとは違った空間で過ごすひと時は、最高の贅沢です。



※トラスト英語学院の案内は、上のバナーをクリックするとご覧いただけます。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ