2016/3/31

第209回TOEICは早稲田で  TOEIC・英検など

いよいよ来月のTOEICが現行形式での最後となります。偶数月のTOEICは長野県では行われないので普段は受験しませんが、今回は東京まで受けに行ってきます。2年ぶりの“出張TOEIC”です(笑)。
クリックすると元のサイズで表示します
そして、現行形式最後の受験会場が母校・早稲田大学というのも何かの縁ですね。長男が受験票を見るなり「パパ!早稲田が受験会場じゃん!凄い偶然!楽しんできてね!」と、私以上に興奮していました。

慣れ親しんだキャンパスで、現行形式TOEICと最後の宴です。



※トラスト英語学院の案内は、上のバナーをクリックするとご覧いただけます。

2016/3/30

社会人成人  閑話

昨日は2015年度最後の指導日でした。
クリックすると元のサイズで表示しますいつものようにコーヒーと英字新聞で一日のスタート!
2015年度は社会人20年目でした。1996年に大学を卒業して以来、結婚・留学・転職・我が子の誕生・マイホーム建築・大病・独立開業など様々な経験をしました。決して平たんな道ではありませんでしたが、何とか社会人成人の年を終えられそうです。

これからも真摯に生徒と向き合い、いつも通りの一日を大切に過ごしていきたいと思います。



※トラスト英語学院の案内は、上のバナーをクリックするとご覧いただけます。

2016/3/29

高1での意識改革  トラスト英語学院

各高校で、新高1生のためのオリエンテーションが行われています。

入学式までにやってくるように出された課題帳に気持ちも新たに向き合う姿勢は、毎年のことですが見ていて清々しいです。高校合格で浮かれていると、大学受験へ向けての意識改革ができず、高3になる頃に慌てることになります。


高3になってからでは意識を高めるのも難しいですし、すでにその時点で全国の受験生からは遅れをとっています。高校入試の主戦場は地域ですが、大学入試のそれは日本全国です。高1の早い時期からその意識改革ができないと、苦労することになります。

トラスト英語学院では、英語の指導は当然ですが、その意識改革に最も力を注ぎます。だからこそ、高校名は問わず、難関大学を目指す向上心溢れる生徒たちが集っています。大学受験を通して、そして英語を通して人生をプラスに変える。この春からも、志高い生徒たちとの指導が楽しみです。
クリックすると元のサイズで表示します



※トラスト英語学院の案内は、上のバナーをクリックするとご覧いただけます。

2016/3/28

蘇る記憶  実用英語

昨日、甥っ子の引っ越しを手伝っていた時のこと。

冷蔵庫を運んでいて重かったので、玄関でいったん下ろそうとした時、

Put down! Put down!

と英語を連呼しました(笑)。

何気なく出た一言。でも、これは14年前のシアトルで、ホストマザー・Judy の家から近くのアパートに引っ越しをしていた時に、手伝ってくれた Judy の息子の Matt が、ソファーが重すぎて「Put down!」と叫んでいたのを見て覚えた表現でした。
クリックすると元のサイズで表示します
Victor Steinbrueck Park よりMt. Rainier と Safeco Field
日本で独学で英語を勉強するとなると、単語帳や表現集でボキャブラリーを増やしていくことは不可欠です。しかし、実際にネイティブが使った表現を目の当たりすると自然と覚えられ、しかも忘れにくいと思います。それは生きた英語であり、表現が運用語彙として自分のものになった証でもあります。

おそらく、新形式のTOEICでも、実際の生活の場面で出くわす表現が多く問われることになるでしょう。新形式対応の公式問題集に出てくる could use も、そんな表現の一つですね。
クリックすると元のサイズで表示します
Floating Bridge




※トラスト英語学院の案内は、上のバナーをクリックするとご覧いただけます。

2016/3/27

春・スタート  閑話

春のポカポカ陽気の中、甥っ子の引っ越しを手伝いました。

見事に第一志望の大学に合格した甥っ子。この春から独り暮らしを始めます。みんなこうして大人になっていくんだな〜。

新しい環境で春を迎える人も多いと思います。気持ちも新たに、目標に向かってスタートを切る時ですね。
クリックすると元のサイズで表示します



※トラスト英語学院の案内は、上のバナーをクリックするとご覧いただけます。

2016/3/26

積み重ねた時間の重さ  閑話

1990年3月26日、一生を共にする人と出会いました。

あの日から今日で26年。時間を積み重ねて、今があります。子どもたちは今年、中学生と小学生になります。あの日の出会いがなければ、この日もないわけだから不思議です。

人との出会いは一期一会。その瞬間を大切にし、これから出会う人の人生にプラスの影響を与えられる人間でいたいと思います。これまで積み重ねてきた時間が現在の自分を創っています。そんな自分であり続けるために、変える努力と変えない勇気。その狭間での葛藤が、個性というブランドになっていくと確信しています。
クリックすると元のサイズで表示します
学院のハイビスカスが春の日差しに向かって咲き誇っています。英語を学ぶすべての人が、太陽に向かって拡がるこの花のようになってもらいたいと思います。



※トラスト英語学院の案内は、上のバナーをクリックするとご覧いただけます。

2016/3/25

年度末雑感  閑話

年度末の最近、なかなか納得できないことが多く、世の中の“当然”に疑問を抱いております(笑)。

区費問題、水道減算メーター取替問題、交通安全協力費問題等々、本来は議論の余地があるのに疑問を抱かなければ当たり前のことのようにまかり通ってしまうことが、多すぎるように思います。

「あれ?これは何かおかしいな?」と疑問を抱くことが、学びの原点であるように思う。そして、そのために修めるのが学問ではないのか。昨日はそんなことを思った一日でした。

でも、そんな中、嬉しい知らせも。次男が漢検9級(小学校2年生修了程度)に合格しました。幼稚園年長での9級合格は、長男のペースに追いついたことになります。

なかなかマイペースの次男ですが、今後も小さな努力を積み上げ、勉強に関しては「健全な勝ち癖」を身につけていってもらいたいです。



※トラスト英語学院の案内は、上のバナーをクリックするとご覧いただけます。

2016/3/24

動き出せ!  指導現場にて

高校生たちは終業式を終え、いよいよ春休みです。宿題もたくさん出ますが、自由に使える時間もたくさんあるため、大学合格のために、思いっきり勉強ができる時期ですね。

通知表を見ながら、指定校推薦も含め志望大学を真剣に考える生徒たちを見ていると、その無限の可能性を羨ましく思います。

今抱いている願望は、必ず実現します。そのためには、その想いを日々のちょっとした行動につなげ、それを継続することです。たったそれだけで、自分の思い描いた人生を歩むことができます。自分の未来へ向けて、この春、動き出そう!
クリックすると元のサイズで表示します



※トラスト英語学院の案内は、上のバナーをクリックするとご覧いただけます。

2016/3/23

それぞれの春  指導現場にて

高校生のグループ授業が終わった昨夜10時過ぎ、東北大学に現役合格した生徒とその親御さんが、学院に訪問してくださいました。私の趣味が観葉植物だということを知っていて、ガジュマルというクワ科の木をいただきました!
クリックすると元のサイズで表示します
幸運を招く植物だそうです。大きく育てて、トラスト英語学院で学ばれる生徒さんに更に多くの幸運を呼び寄せます(^^)/。
クリックすると元のサイズで表示します
大学受験という厳しい戦いを終えた彼からは、安堵感と自信が共存する優しさがにじみ出ており、でもその眼には固い意志と矜持を感じることが出来ました。

これからの人生でも多くの困難があるかも知れません。でも、大学受験を通して培った術をもってすれば、どんな局面でも乗り越えることが出来ます。

今春、見事に合格を勝ち取った受験生諸君。改めて、合格おめでとう。そして、次のステージへ向けて、一歩を踏み出そう。

捲土重来を期すことになった諸君。“合格”というゴールに到達するために“経験”という名のチャートを手に入れたはずです。今回の結果から多くの学びがあったはずです。その貴重な財産を最大限に生かし、もう一年間走り抜けよう。
クリックすると元のサイズで表示します
それぞれに最高の春が訪れますように・・・。



※トラスト英語学院の案内は、上のバナーをクリックするとご覧いただけます。

2016/3/22

英語力はプラスα  指導現場にて

アメリカで行われる学会でプレゼンをする学校の先生の、渡米直前指導をさせていただきました。授業で使うために製作してきたオリジナル教材を紹介するプレゼンですが、その教材のクオリティの高さに驚かされました。子ども達のことを思い時間を惜しまずに製作してきたその事実こそが、英語力を上回る魅力になっています。

指導者のこのような姿こそが信頼に変わり、その姿勢が範となり子ども達に伝わります。
クリックすると元のサイズで表示します
いざ、アメリカへ!
誰にも負けない専門分野を持ち、そこに英語力がプラスされたことで実現した今回の学会発表。英語力はプラスαに過ぎませんが、確実にチャンスを拡げてくれます。



※トラスト英語学院の案内は、上のバナーをクリックするとご覧いただけます。

2016/3/21

春の風物詩  閑話

先週の日曜日のTOEICから始まり、二人の子どもたちの卒業式・卒園式があった怒濤の一週間。昨日は「春の高校伊那駅伝 2016」が行われました。全国の強豪校が集う屈指の大会に成長し、伊那谷の春の風物詩にもなった伊那駅伝。我が家も総出で応援し、市民一丸となって盛り上げました!
クリックすると元のサイズで表示します
第一中継所

クリックすると元のサイズで表示します
すべてのランナーから若いエネルギーを感じて、清々しいです。

その後は、お彼岸ということで家族でお墓を大掃除しました。なぜだか、気持ちがとてもスッキリ。お墓参りはご先祖様への感謝だけでなく、自分自身の気持ちを整えるために大切なことなんですね。

さあ、今日からは春期講習です。年度末を締めくくるべく、もう一頑張りします。



※トラスト英語学院の案内は、上のバナーをクリックするとご覧いただけます。

2016/3/20

次男の幼稚園卒業式  子育て

昨日は次男の幼稚園卒業式でした。
クリックすると元のサイズで表示します
長男の時と合わせて6年間お世話になり、私も38年前に卒業させていただいた幼稚園。新しい園舎が完成したため、現在の園舎での卒業式は最後となりました。私も学んだ園舎での最後の卒業式が次男というのも、何かの縁を感じます。

3年前の入園式では泣いてしまった次男も、強い心を持った子どもに成長してくれました。
クリックすると元のサイズで表示します
3年前の入園式

クリックすると元のサイズで表示します
厳しい練習を乗り越えた鼓笛隊

クリックすると元のサイズで表示します
「RPG」は心の曲となりました
4月からは小学生ですが、この幼稚園で学んだすべてを糧にして、心身とも更に成長してくれると思います。

一つずつ子育ての行事が終わっていきます。ホッとする気持ちと寂しい気持ちが同居するこの感覚・・・。子育てはきっとこの気持ちの連続なんでしょうね。



※トラスト英語学院の案内は、上のバナーをクリックするとご覧いただけます。

2016/3/19

学びの道に進まばや  閑話

一昨日、長男が私の母校でもある小学校を卒業した時、卒業式で校歌をフルコーラスで32年ぶりに歌いました。

その4番の歌詞の一節。
学びの道に進まばや

我等に高き使命あり
小学生の頃は意味も分からずただ歌っていましたが、歳を重ねてから歌うと、その歌詞の意義と重さを考えさせられます。

小学校は勉学を志す者に取ってスタート地点です。でも、さして勉強しなくてもテストなどでは100点が取れてしまうのも事実。こんな状況が当たり前だと思って、内容が難しくなる中学に進んでしまうと、勉学の道から足が遠のくことになります。

勉強する意義は何なのか、そして、勉強することで担う使命は何なのか・・・。小学生のうちに、子どもと胸襟を開いて語り合うのが、親の使命でもあると思います。
クリックすると元のサイズで表示します



※トラスト英語学院の案内は、上のバナーをクリックするとご覧いただけます。

2016/3/18

長男の卒業式  子育て

昨日は、長男(小6)の卒業式でした。

心地よい緊張の中、いつもより早く起床し、最高の日の出を見ることができました(^^)/。
クリックすると元のサイズで表示します
校長先生の式辞で、素晴らしいお言葉をちょうだいしましたので、紹介させていただきます。

夢を叶えるために心がける三つのこと
@自分の考えを持つ
インターネットを使えばあらゆる情報が手に入るが、それはすべての人ができること。すべての人が同じ考えを持っていては一人一人の存在価値が薄れてしまいます。常に自分の考えや意見を持つことが大切。

A真理は平凡の中にある
当たり前のこと、つまらないことのなかにこそ、意味がある。新しいことを追い求めず、日常の充実に答えを求める“凡事徹底”こそ、人生を好転させるきっかけになる。

B変わらざるものに学ぶ
挨拶、掃除、他人を思いやる気持ち。日本人が昔から変わらず大切にしてきたものの中に、その意義と価値を学ぶ。
この3点は、TOEICの満点を目指す過程で私も必然的に感じていたことです。素晴らしい式辞を聞くことができました。



あっと言う間の6年間。

6年前の入学式の時、保護者代表として挨拶をさせていただいたことが、つい最近のことのように思います。2年前、前担任の不祥事により急遽担任が変わることになった時はどうなることかと思いましたが、現担任の強力な指導力とリーダーシップによりクラスが見事にまとまり、子ども達の学校生活が安定したように思います。そして、担任がつい最近、教育委員会から表彰されたように、指導者が常に学ぶ姿勢を見せることが子ども達の自発的に学ぶ心を育ててくれたようにも思います。

6年生のみんな、卒業おめでとう。そして、成長した素晴らしい姿を見せてくれてありがとう。

中学に行くと、勉強・部活・友人関係など様々なことで悩むことがあると思います。でも、君たちの周りにいる親や大人たちはいつも君たちの味方です。自分の生き方に壁を感じたらいつでも相談してください。共に悩み、考え、答えを探していきましょう。


月日の経つのは速いですね。4月からは次男が新入生としてお世話になります(^^)/。そして、32年前のこの場所に、私自身がいたことも信じられません。32年前の卒業式は、雪が舞っていたことをはっきりと覚えていますが、昨日は春を思わせる快晴無風の最高のお天気でした。
クリックすると元のサイズで表示します
伊那小学校から望む仙丈ケ岳
南アルプスは変わらず私たちを見守っていてくれています。

History repeats itself. こうして人は年月を重ねていくんですね。



※トラスト英語学院の案内は、上のバナーをクリックするとご覧いただけます。

2016/3/17

愚直な実行力  トラスト英語学院

3月も折り返しを過ぎました。高校1・2年生には、「壁を超える」をテーマにして、英語に関して3月中に何かを徹底してやりぬくように指示してあります。何をするかは本人の自由ですが、私に宣言してもらい、自由になる時間が多い3月に徹底して取り組んでもらっています。

「部活で疲れたから、今日はやらなくてもいいや」
「今日の分はまとめて、明日やろう」
「やったかどうかは、どうせ誰にも分からないから」

そんな甘えや妥協から、人生が望まない方向へ動き始めています。

上智大学を志望する高2生に進捗状況を聞いたところ、IBCパブリッシングのラダーシリーズを読み進めているそうです。このような自発的な行動と実行力が、目標を叶えてくれます。

愚直に実行できるか・・・。思い描く道を進むための、最も簡単な方法です。
クリックすると元のサイズで表示します



※トラスト英語学院の案内は、上のバナーをクリックするとご覧いただけます。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ