2016/7/31

退職して15年  閑話

15年前の2001年7月31日は、大学卒業後5年4ヶ月勤めた地方銀行を退職した日です。

5年前の今日のブログには退職後10年の想いを記してありました。

現在就職活動をしている大学生のほとんどが、自分という言う人間と向き合い、これからの自分の生き方と仕事のやりがいを考えて、就職先を決断していきます。でも、新卒で入社した先が自分の適性にあっているかは実際に働いてみないと分からないし、適性にあっていたとしても、他にやりたいことが見つかり、転職という決断を下す必要が出てくるのも事実です。

留学、我が子の誕生、現在の職場への転職と重責、人生観を変えた病気。そして、独立開業。

私の場合は、退職の決断には勇気が要ったけど、辞めて良かったと言えるのは、その後の自分の生き方に依るのだと思います。
クリックすると元のサイズで表示します
銀行を退職して2ヶ月後にはシアトルにいました。それから英語に関わる本格的な人生が始まりました。



※トラスト英語学院の案内は、上のバナーをクリックするとご覧いただけます。

2016/7/30

冷静に読む  指導現場にて

大学院入試を来月受験する大学生を指導しておりますが、以下はその過去問題の英文です。

Food security programs begun since World War U, both by national governments and international agencies such as the UN FAO and the UN WFP, were generally designed to address undernutirition.

最初に読んだとき、英文構文に不可解さを感じ、「were が不要では?」と疑いました。しかし、しばらく考えてみると、1行目の begun を began と勝手に解釈している自分に気づきました。

そうすると、begin が他動詞だと考えられ、その過去分詞 begun 以下が後置で主語の programs を修飾、were が本動詞だと納得の解釈ができます。begun を began と思い込んでしまい、圧倒的に多い自動詞用法でとらえようとする思考回路に、新たな経験知が加わった気がしました。

英文を読むときは文法的に解釈して主語と動詞をとらえていきますが、思い込みによって英文構造が見抜けなくなるのはTOEICのパート5でもよくあります。常に冷静に英文を読んでいきたいと思います。
クリックすると元のサイズで表示します



※トラスト英語学院の案内は、上のバナーをクリックするとご覧いただけます。

2016/7/29

夏到来!  閑話

関東甲信越もようやく梅雨明けしました。
クリックすると元のサイズで表示します
今年も暑くなりそうですね(^^)/

先日、友人から松本市波田の下原スイカが送られてきました。
クリックすると元のサイズで表示します
旬のもの、地のものを満喫できる心の余裕を、いつも持っていたいですね。

さあ、アツい夏を乗り切ろう!



※トラスト英語学院の案内は、上のバナーをクリックするとご覧いただけます。

2016/7/28

偶然を必然に  閑話

ワシントン大学留学時代に extension course の授業で一緒に学んだ韓国人の友人と、Facebookでつながりました。当時「将来は英語講師になりたい」とともに話していましたが、あれから14年経った今、お互いに自分の英語学校で指導をしていることが分かりました。

夢は追いかければ成就する。強い想いとちょっとした行動力が、偶然を必然に変える。
クリックすると元のサイズで表示します



※トラスト英語学院の案内は、上のバナーをクリックするとご覧いただけます。

2016/7/27

歩を進める  指導現場にて

ある社会人の生徒さんが、これまでの彼女の人生について話してくれました。

高校時代、就職、東京での生活、信州に戻ったこと、大学を目指そうと思った理由、英語を学ぼうと思った理由・・・。

人それぞれに人生があり、その人生を充実させるために、もがいています。途中で挫けそうになっても、その望む人生のために今日も少しの努力を積み上げる。わずかでも歩を進めていったその先に、大きな成果が待っています。
クリックすると元のサイズで表示します



※トラスト英語学院の案内は、上のバナーをクリックするとご覧いただけます。

2016/7/26

夏におススメの一冊  英語勉強法

暑い夏が続いています。しかし、学生の方は夏休み、社会人の方はお盆休みで、比較的まとまった時間が取れる時でもあります。英語学習の一助になるこの夏に読んでおくべき書籍を紹介します。秋以降の飛躍につながる一冊です。

英文法講義の実況中継
1985年が初版で現在まで多くの英語学習者に読まれている、言わずと知れた名著。山口先生が授業をしているのとまったく同じ口調で書かれており、あたかも授業を聞いているかのように読める参考書です。

高校英文法基礎パターンドリル
英文整序を中心にしたドリル形式の問題で、徹底的に文法の基礎が鍛えられます。中学英語を一通り終えたら、揺るぎない基礎を固めるためにやっておきたい一冊。英会話での発話もスムーズになるでしょう。

TOEICテスト英文法プラチナ講義
学習した文法知識をどのように使って英文を読んでいけばいいのか?TOEICの問題を使いながら解説された珠玉の一冊です。

英語に好かれるとっておきの方法
同時通訳者の筆者が英語を習得した過程を追いかけながら、英語の4技能を身につけるためのヒントを与えてくれる、エッセイ風の読み物です。

30秒でできる!ニッポン紹介 おもてなしの英会話
今やテレビでも引っ張りだこの安河内先生が、シンプルでもしっかりした英語で日本を紹介するために書かれた本です。本書をマスターすれば、すすんで外国人に話しかけたくなるかも知れません。

机に向かって鉛筆を動かすことだけが勉強ではありません。空いた時間に気軽にページを開いてみましょう。文法関連の書籍も、頭の中で考えるだけでも立派な勉強になります。自分の解答を声に出してみるのもいいでしょう。様々な方法を駆使し、英語学習へのモチベーションを維持していきましょう。
クリックすると元のサイズで表示します



※トラスト英語学院の案内は、上のバナーをクリックするとご覧いただけます。

2016/7/25

次男が得た達成感  子育て

昨日は次男(小1)が長野県ピアノコンクールに参加しました。通っているピアノ教室の発表会ではなくコンクールに参加した目的は、より高いレベルと緊張感の中で演奏することでしか味わうことができないものがあるからです。

演奏本番では、ノーミスで2曲を見事に弾き切りました。参加した「小学1・2年生の部」は2年生と一緒に審査されるので、残念ながら努力賞でしたが、「来年は奨励賞を取るように頑張る!」と手にした銅メダル以上に、次男は得たものがあったようです。

私も今回の結果は二の次と考えておりました。とにかく、目標へ向かって毎日少しずつ努力を積み上げること。そして、緊張感の中で達成感を味わうことが出来ればと考えていました。演奏を終えた次男に、「ノーミスで凄かったじゃん。練習の成果が出たね」と言ってあげたら、とても嬉しそうに満足感に満ちた笑顔を見せてくれました。

今月初旬にはピアノに対する態度で次男を厳しく叱責しましたが、あの日以来、彼は変わり、ピアノコンクールに臨む姿勢も前向きになりました。彼の考え方や姿勢を教育できるきっかけになったのも、ピアノコンクールのおかげです。

そして、親は子どもの唯一無二の応援団で在るべきだと感じました。子どもの努力や頑張りを認めることで、その信頼関係が強くなります。これからも我が子達を見守っていこうと思います。
クリックすると元のサイズで表示します
昨日は第212回TOEICが行われましたが、ピアノコンクールに参加したため、私は受験できませんでした。9月に実施される第213回はもちろん受験します。子どもと共に、目標に向かって日々の小さな努力を積み上げるのが当然の家庭環境をつくってまいります。



※トラスト英語学院の案内は、上のバナーをクリックするとご覧いただけます。

2016/7/24

勉強する環境  子育て

職業柄、「どうしたら勉強をする子になるか」という相談をよくお受けしますが、それは子育ての難しさを感じる時でもあります。私がアドバイスさせていただくのは以下の点です。

・幼児の頃から学習習慣をつける。
・小さな成功体験を積み重ねる。
・勉強法は押し付けず、話し合いながら子どもの意見を尊重した形にする。
・子どもの頑張りを認める。
・「勉強しろ」と言い過ぎず、その姿勢を長い目で見守る。
・勉強以外の話題で親子間のコミュニケーションをとる。

要は、親が言い過ぎてしまうと子どもは反抗するだけで、逆に勉強をしなくなってしまいます。そのために、幼少期から家庭学習を習慣化させ、常に子どもと話し合いながら物事を決めることで、子どもに責任を持たせる方向付けが大切です。そうすれば、子どもは自己責任の下、自発的に勉強するようになっていきます。



※トラスト英語学院の案内は、上のバナーをクリックするとご覧いただけます。

2016/7/23

ひたすら愚直に  指導現場にて

「勉強していても、実力がついている実感がありません」

勉強している君たちに実感がなくても、教えている指導者は、客観的に手に取るようにわかる。安心しな、伸びてるよ。だから、ただ愚直に毎日の勉強を継続するだけだ。

勉強をしているからこそ、不安に思ってしまうのは当然のこと。

学ぶ者の心に常に寄り添う指導者でありたいと思います。
クリックすると元のサイズで表示します



※トラスト英語学院の案内は、上のバナーをクリックするとご覧いただけます。

2016/7/22

雨の後には  閑話

昨夜7時過ぎのゲリラ雷雨のおかげで、今朝は庭のアルストロメリアが生き生きとしています。
クリックすると元のサイズで表示します
アルストロメリア 花言葉は「持続」「未来への憧れ」
雨の後には成長がある。

今は辛いと思われることも、後から振り返ると自分を大きくする貴重な経験となっている。

事象をどう捉えるか。その人の資質が試されているように思う。



※トラスト英語学院の案内は、上のバナーをクリックするとご覧いただけます。

2016/7/21

原点は整理整頓  閑話

昨日は朝8時から車を運転して、松本の信州大学医学部附属病院まで、9年前に受けた甲状腺全摘出手術の術後定期診断に行って来ました。手術以降9年間、3ヶ月に一度の定例イベントでした。通常は触診のみで処方箋を書いてもらうだけですが、今回は超音波で頸椎近辺をしっかり見てもらい、“異常なし”の診断を受けました。超音波やCTなどの検査を受けると、嫌でも9年前に診断された時のことを思い出します。

10年ほど前から仕事に追われてしまい、心に余裕のない毎日が続きました。そんな時に罹患した大きな病気が、自分を見つめ直すきっかけを与えてくれました。それは、身の回りの整理整頓です。

その当時、リビングテーブルの一角は私の本やプリント類が乱雑に積み重ねられ、食事が出来るスペースもままならない程でした。そして、最たるものが、通勤に使う軽自動車の後部座席。授業で使ったプリントや、ゴミが入ったコンビニのレジ袋が散らかり、目も向けられない状況でした。そして仕事に使うカバンがプリント類やテキストで膨れて、パンパンに膨れひどい状況でした。

そんな時に病気になり、入院と手術。自分を見つめ直す時間が取れ、一冊の本と出合いました。『人生カンタンリセット!夢をかなえる「そうじ力」』です。
書かれていることに衝撃を受けました。著者は、「あなたの住む部屋が、あなた自身である」「あなたの心の状態、そして人生までもを、あなたの部屋があらわしている」と唱えています。部屋は心の反映であり、掃除や整理整頓ができていないと、その心が発しているエネルギーと同質のマイナスの磁場ができてしまい、全てが悪循環となるそうです。

整理整頓が出来ていない時は、体や心から何らかのメッセージが放たれるんだなと実感して以来、身の回りの整理整頓を心がけています。ちょっとした日々の心がけで、身の回りの整理整頓は出来ます。そういった何気ないことに気づけないときは散らかるし、逆に、整理整頓が出来ず散らかるから、大切なことに気づけないのではないのでしょうか。

今日も、ちょっと身の回りを見渡し、気持ちのよい環境を作りたいと思います。
クリックすると元のサイズで表示します



※トラスト英語学院の案内は、上のバナーをクリックするとご覧いただけます。

2016/7/20

繰り返す夏  英語勉強法

文法に基づいて英文構造を把握する。
繰り返し音読する。
単語や熟語を覚える。

教科書や模試などに出てきた長文を、以上のやり方で繰り返せば、誰でも間違いなく英語力が伸びる。それが礎となって、リスニングやスピーキングの力も伸びていく。こんな単純なことなのに、それができない。

正しいやり方で同じことを繰り返せばいい。ただそれだけで英語力は伸びていく。

何度も英文を音読しよう。声に出して読んでみよう。

そうすれば、誰でも英語が出来るようになる。

単純なことを貪欲に繰り返す夏にしよう。
クリックすると元のサイズで表示します



※トラスト英語学院の案内は、上のバナーをクリックするとご覧いただけます。

2016/7/19

当たり前がいい  閑話

自宅の西側に植えたゴーヤ。
クリックすると元のサイズで表示します
今年は実の出来が良くて大きい!

梅雨らしく雨がたくさん降り、晴れたときはカッと暑くなるからでしょう。暦通りの“当たり前”が大事なんですね〜(^^)d

次男(小1)が漢検8級(小学3年修了程度)に合格しました。我が家の“当たり前”は毎日やると決めた勉強やピアノ。そんな当たり前の積み重ねが小さな成功体験につながり、やがて大きな夢の実現へとつながっていきます。



※トラスト英語学院の案内は、上のバナーをクリックするとご覧いただけます。

2016/7/18

指導におけるパラドックス  指導現場にて

授業でどんなに教えても、生徒自身が自学の時間を増やさない限り、生徒の英語力は伸びない。

結局、カリスマ講師とは、教え方が上手いのではなく、学ぶ側の自発性を引き出すような、心に訴えかける話ができる人のこと。

指導している高校2年生の一人が、宿題を完璧にやってきました。
「先週、先生の話を聞いて、やらないといけないと思った」

英語力を向上させるのに、必ずしも英語を教える必要はないという逆説的境地。私自身の英語力の向上も、生徒を振り向かせる一つの術に過ぎない。一時間の授業で50分を雑談に費やしても、やる気と満足感を得て、英語力が伸びる生徒は多数いる。

昨日からGW以来の連休。仕事から離れることで私自身が心身ともにリフレッシュし、一人でも多くの方のやる気を引き出す夏に挑みます。
クリックすると元のサイズで表示します
車で15分でこんな場所に来られるなんて、最高な環境で暮らせていることに改めて気づかされます。昨日は川遊びと泥遊びで、久しぶりに童心に帰りました。



※トラスト英語学院の案内は、上のバナーをクリックするとご覧いただけます。

2016/7/17

珠玉のアイスコーヒー  トラスト英語学院

当学院と同じテナントビルの1階 癒cafe さんがアイスコーヒーのテイクアウトを始められたのでご紹介します(^^)/
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
ハワイのカウコーヒー豆を100%使用し、独自の水出しで10時間かけてドリップするため、一日20杯限定だそうです。それで350円はかなりお値打ちです。サラサラと角がなく、非常に滑らかで柔かい味です。是非お試しあれ!
クリックすると元のサイズで表示します



※トラスト英語学院の案内は、上のバナーをクリックするとご覧いただけます。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ